ぷらすてぃっく

ゲーム・アニメ・ホビーなどオタ話や管理者 神代そらの日常をセキララにお届けするブログです。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014/06/08 (日) | -
- | -

 明日希:『長々と書いていた記事を更新前に消してしまって書き直す時間がかかって久しぶりの更新になっちゃいました(涙) 最近はじめたPS2のるろうに剣心ちょっと遊んだ感じで意外と簡単かなと思って中級でh始めたら、飛天御剣流奥義習得の修行で師匠に何度やっても勝てません。街にも戻れないからレベル上げができないし、中断セーブもできないみたい…こんばんは、初級でやりなおしも検討中の遊 明日希です。はぅん…2周目ならレベルも引き継げるし、なんとか勝てると思うんだけど…。』

 小波:『師匠、無敵で池田さんボイスで最高なんだよね〜。お姉ちゃんが勝てないのは龍翔閃と龍槌閃ばっかりにポイント振り分けすぎて、体力と防御力が低いからなんじゃないの?』

 明日希:『だって原作だとこの2つがすごく強い感じだし、剣心はタフさよりも回避の方が重視かなって思ったらこんな育て方になるわよ?』

 小波:『じゃあ、ちゃんと師匠の攻撃避けなきゃダメだよ。一発入ったらコンボで連撃されて瀕死になるから基本ノーダメージのつもりで、あとはせっかく強くした技を積極的に当ててくしかないよね。』

 明日希:『龍翔槌閃(原作とは逆)が確実に出せないのよね〜。これができればかなり違うと思うんだけど。』

 小波:『とりあえず、続けるならもうちょっとテクニックを磨かなきゃね。あ・挨拶がまだだったよ。最近どこらへんがツボに入ったのかお父さんが【かんなぎ】にハマったみたいです。こんばんは遊 小波です。基本普通の家の親よりは全然漫画読む方だと思うけど、まさかこういういわゆるオタク受けする作品読むとは思わなかったよ。シティーハンターとかこち亀とかどっちかっていうと劇画系の少年・青年漫画がストライクゾーンだったのにストーリーとか細かいオタクネタとか理解できるのかな?っていうか友達の家のお父さんとか仕事から帰って来てから勉強の本読むとかお父さんの机があるとかウチじゃ考えられない(笑)』

 明日希:『休みの日とか放っておいたら、一日中TV見てるわよね〜。海外ドラマとか短いのから見せたら結構夢中になるんじゃないかしら?』

 小波:『そうだね。基本私らファザコンだから、そんな勉強するようなお父さんよりは、趣味とかに没頭してるお父さんの方が好きだからいいんだけどね。あーお父さんの部屋カッコよく趣味の部屋に改造したいーー。』

 明日希:『釣竿や工具・画材がちゃんと整理されてたり、天井から飛行機の模型が吊るしてあったり、ラジコンとかが飾ってあったり、映画のDVDとか趣味の本とかが本棚に並んでたり、そんな感じね。今、そういうの私達が沢山お金稼げるようになったら、やりたいわね。』

 小波:『っていうか、それ私達にとってもかなり羨ましい理想の部屋なんですけど!!』

 明日希:『キットハウスなんかでお父さんの専用小屋でもかなりいいわね。』

 小波:『ただキットハウスより、お父さんの方がだんぜんいい小屋建てれちゃうけどね。』

 明日希:『好きなものだけを集めた部屋は漢の城よね〜。今日紹介するお店もゲーム好きがこうじてお店をやったらこんなんなっちゃいましたっっていう感じよね。』

 小波:『最近ゲームセンターCXにハマって(今も後ろでエンドレスに流してる)番組内の人気コーナー【たまに行くならこんなゲームセンター】で出てくるようなゲーセンって札幌に無いのかな?ってネットで調べてる時に偶然たどり着いたんだよね。』

 明日希:『まずは住所ね〜。札幌市北区北35条西5丁目1-1 交通アクセスは地下鉄南北線で麻布方面 北34条駅で降りて2番出口から出たら、左を向くとベスト電器ゲオが見えるから、まずはソコを目指して、着いたら札幌自動車道を渡って、西5丁目樽川通りを麻布方面へ行くとすぐ着くわ。お姉ちゃん今回は一度も迷わなかったわよ。えっへん!』

 小波:『お店のHPに載ってた地図がかなり詳しく書いてあったからね。』

 

 小波:『ということで着きましたー。個性派零細ゲーム専門店(褒め言葉)ゲームショップ1983ですっ! 1983はファミリーコンピュータが発売された1983年が由来だと思うよ。 うーん建物のウェザリングに凝っていてすごく昭和っぽいね。』

 明日希:『小波ちゃん、それ汚し塗装じゃなくてたぶん素だと思うわよ〜。』

 小波:『そ・そうかな?お店ブログの記事にもあったけど確かにこれじゃ入口に大きく営業中って書かないとわかんないよね(笑) そんなに建物大きくないけど、存在感があるから直ぐ見つかると思うよ。』

 明日希:『じゃ、早速中に入ってみましょ。』

 

 小波:『これが噂のフリーゲームカウンター!! 店長さんオススメのレトロゲームで自由に遊ぶことができるみたいだよ。』

 明日希:『この建物は元々居酒屋さんらしくてここは元カウンターね。本体があるところが丁度お客さんが食べたりすることころでモニターのところがヘイ、お待ちっていう感じね。』

 小波:『なお今回、流石に初めて行ったお店で、写真とらせて下さいって言い出しにくかったから、店内の写真はHP上から写真お借りしてます。なので少し前状態の写真です。掲載マズかったらコメント等なんらかの形で連絡ください。謝罪及びあらためて写真撮りに伺います。また、マズくなくてもまた買い物には行きますっ!!』

 明日希:『私達が行った時は、ガンナック ファンタジーゾーン カプコンクラシックスコレクション(多分海外版?) あとWiiが遊べるようになっていたわね。ガンナックって初めてプレイしたけどなんかちょうどいい難易度でわりとサクサク進めたわ。コレ面白いわ〜。』

 小波:『カプクラにはスティックが繋いであってゲームセンター気分でプレイできたよ。うーんやっぱりちょっとお金出してもいいスティック一台あるといいね♪』

 明日希:『でもその場合どの機種のを買うか迷うのよね。とりあえずX360はコントローラー形状から格闘ゲームがプレイしづらいから必須かしら。』

 小波:『あとは持ってる本数からいうとやっぱりPS2用かなー?どうでもいいけど、ここのお店ロゴがカッコいいんだけど、設置してあるスティックにステッカーが貼ってあるんだよね。コレ地味に欲しい。』

 明日希:『そういえばここで遊べるファミコンって赤白の初代ファミコンなのね。』

 小波:『あ・コレ、ウチからリンクで行けるけど、初代ファミコンをフルレストアして更に、AV出力やノイズ除去・音声ステレオ化等の改良したファミコン上位互換機【TEA4TWO FC/AV】だよ。これ欲しいんだよねー。ここで実物が遊べるなんて思わなかったよ。』

 

 明日希:『フリーゲームの極みって感じでカウンターの隣には本物のゲームセンター用筐体が置いてあってコレもちゃんと遊べるのよね。』

 小波:『中の基盤もその時々で変わるらしいよ。行った時は鋳薔薇だったよ。基盤…いつかは手を出したい分野だよ〜。ハンダとか使いそうなイメージだけど難しいのかなぁ。』

 明日希:『中古なら筐体も手が出ない値段じゃないのよね〜。それよりも問題は置く場所よね。4畳半にはキツイと思うわ〜。』

 明日希:『ところでコンビニなんかだとレジの前のコーナーって衝動買いとか新製品を並べたりとかでお店の中でも一等地扱いなのよね〜。』

 

 小波:『このお店は一坪任天堂っていうコーナーになってて、FC・SFC・GB系・64・GC・Wiiが陳列されてるよ。PS3とかPSPじゃないところがこの店の本気度合いがわかるよね。HP通販にはファミコンとかカートリッジのみしか掲載されてないんだけど、実際お店に行くと結構箱・説明書付きも置いてるよ。私達は基本箱・説明書付きじゃないとイヤだからこれは嬉しいよ。』

 明日希:『実はお店の全滞在時間の中でも一番このコーナーにいた時間が長かったのよね〜。』

 小波:『宝捜しみたいに掘り出せば掘り出すほど、色々出てくるからねー。価格は、レトロゲームをもう重視してない、ゲ○とかに比べるとちょっと割高に感じるかもしれないけど、その分品揃えはいいよ。コレくらいは払っても惜しくはないよ。実際かなり欲しい物沢山あったんだよね。ハッ紹介するともしかしたら売れちゃうかも!! 皆さんはカセットだけのを買ってください(笑)』

 明日希:『できるなら保存用で箱・説明書付きと遊ぶようでカセットだけっていうのが理想なのよね。』

 小波:『特にナムコとかのメッキ加工されてるカセットね。経済上の理由でなかなかできないけどねー。』 

 
 
 明日希:『カウンターの逆側には今風のゲームPS・PS2・PS3・PSP・XBOX360等が置かれているけど、お姉ちゃんこんなにベスト版って出てるって初めて知ったわ。』

 小波:『ホント、ホントえっこれもあるんだって言う感じ。ビックリする程品揃えがいいよ。ここのお店は店長さんの方針で今でも新品で手に入るタイトルは積極的に中古買取しないらしいんだよね。理由はお店のHPにちゃんと書かれてるのでそっちを見て欲しいんだけど、これからのゲーム業界の為にもこの考えは正しいと思う。まぁ…それでもベストのパッケージ嫌いだから、あえてそういうのは中古探すけどね。あと輸入ゲームも沢山置いてるので日本では発売されてないゲームも見つかるかも。』

 明日希:『海外版って敷居が高いように思えるけど、店長さんがゲームに詳しいからわからない事はその場で聞けるっていうのがいいわね。』

 

 明日希:『そして、冷蔵庫の中にはフリードリンクが置いてあるのよね。』

 小波:『読んで字のまま、ホントに缶ジュースがタダで飲めるようになってる。いい意味でだけどこんな店ホント見たこと無いよ。』

 明日希:『勿論、貰う時は一声かけるのが大人のマナーね。』

 

 小波:『1Fの奥は靴を脱いで上がる小上がりになっていてセガの間と呼ばれているセガだけ否、セガだらけの部屋があるよ。この写真は入口だけど、ぜひお店で圧倒的な品揃えを見てほしいな。ここのお店全体に言えることなんだけど、印象としてはものすごーーーーくゲームソフト持ってる小学生の友達の家に遊びに来た感じ。時代は昭和。ちょっとごちゃごちゃっと置かれてるのがまたソレっぽい。几帳MENな人は片付けたくなっちゃってムズムズするかも。』
 
 明日希:『2階もあるみたいね〜。』

 

 小波:『わっっなんだコレ!!』

 

 小波:『えぇぇぇぇコレ全部ファミコンの燃えろプロ野球だ。なんで階段に?』

 明日希:『このお店とジャレコさんは切っても切れない関係の様ね〜。サーチエンジンでも燃えプロで検索するとこのお店のHPが出てくるくらい有名みたいよ。ジャレコさんは最近よくネットでネタにされてるけど好きなゲームの多い会社だから頑張って欲しいわね〜。』
 
 小波:『DSのワイズマンズワールドも面白そうだしね。ところでさりげなく階段とか店内に貼ってあるポスターがかなり貴重そうなんですけど!!いいなぁコレ。』

 

 明日希:『2階はゲーム図書館になっていて廃盤になってる貴重なゲーム本も読むことができるのね〜。』
 
 小波:『部屋に入る前に【ここではきものをぬいでください】ってわざわざ書いてある小ネタが面白いよ。ひらがなな上、濁点が入って無いから履物なのか着物なのか永遠の謎(笑)』

 明日希:『ふすまで仕切られてる所に【けっして中はのぞかないで下さい】って張り紙してあるのもフリなのか本当になのか悩む所よね〜。わざとなんだろうけど。』

 小波:『以前ここの本を盗んだ人がいるらしいよ。なんていうかそういう事されるとホント悲しいよね。ゲーム好きなんだろうけど、キミの情熱の向ける方向は間違ってるよって言ってやりたい。』

 明日希:『私達ももっとじっくり読んでいきたかったんだけど行ったのが午後過ぎだったのが残念だったわね〜、もっと時間に余裕をもって行くべきだったわね。』

 小波:『ホント小さいお店なのに情報量がハンパない、今日紹介したのは、ほんと浅く、浅く上辺だけを紹介しただけ、たぶんこのお店の魅力を1/50も紹介しきれてないと思うよ。もっと常連になって探索したいお店だね。この記事を読んで興味を持った人はぜひお店のブログにも行ってみて下さい。 
 あ・一つ不満点があったのは、真冬に行ったのもあるけど、お店が寒い事。がっちり厚着して行かないと長居(長居大歓迎らしいので)したいのに長居できなくてちょっと残念。』


 

 小波:『とりあえず今日の戦利品はジャケ買いしたいのも何個かあったんだけどおこづかい前だったから冒険は控えて迷った末、堅実にFCドラゴンクエスト機弊嚢1480円) 状態がすごく良かったんだよねー。ルイージの格好をした店長さんがオリジナルのハンドタオルとオリジナルゲーム(パソコン用)のCD-ROMをくれたよ。一つゲーム買っただけでこんなにオマケ貰っていいのかなー。』

 明日希:『私達が来店してた間お客さん来なかったけど、実は売上の8割は通販らしいから大丈夫みたいよ(笑)あら、カウンターに置いてある店長さんのお昼ご飯これパックマンの形してるわ。ホントにゲームが好きなのね〜。』

 小波:『このCD-ROMのパッケージDSのTHEシリーズ風になってて凄く凝ってる!! DSのケースサイズだけど実際にケースに入れたら今度はCDは入らないよ(笑)これはもう、自分でPSのTHEシリーズ風に作るしかないかな? かな?』

 小波:『ということで今回は色々とありえなさすぎる(いい意味で)とんでもないお店 ゲームショップ1983でした。レトロゲーム店が次々と無くなっていってますが、これからも頑張って下さい。あーこの記事書いたら無性にゲームしたくなってきちゃった。』

 明日希:『世間は任天堂さんの3DS発表とか騒いでるのに私達は常にマイペースよね〜。』

 小波:『今度は東区にあるっていうゲームセンターがなんかいい感じらしいのでそっちにも行ってみたいね。』



2010/03/28 (日) 00:29 | ゲーム
trackbacks(1) | comments(0)


2014/06/08 (日) 00:29 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ゲーム感覚でおこづかいアップ?
  • 無料で節約、学んで稼ぐ!!〜おこづかい研究日記〜
  • 2010/04/20 6:57 PM