ぷらすてぃっく

ゲーム・アニメ・ホビーなどオタ話や管理者 神代そらの日常をセキララにお届けするブログです。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014/06/08 (日) | -
- | -
先日10月10日 前回の記事最後に書きました、『札幌プリンセスフェスタ2010秋』に行ってきました。こんばんは、有言実行な神代です。

 ただ…行ってきた事は行ってきたのですが…内容は酷いものでした…
 
 あまり縁のないアスティ45ビルのホールで行なわれたこのイベント。15:30の開場時間には着いていたのですが、ドアの向こうなので中の様子は入らないとわかりません。ここまで来たのはいいけどホントに入るかどうかいざとなるとチキンなので5分位迷ってました。 でも見ていると結構人が入っていくのでここまで来たんだし入るか!!ということで入場料200円を受付で支払い、ペラペラのパンフレットを受け取って入場。 
 ホールとはいいつつ、学校の教室位のスペースで意外と狭い。中に入ると、お客さんはそこそこ入ってるみたい(30人くらい) 日常の札幌ではとても持ち歩けないような大きな美少女イラストが描かれた紙袋を持った濃ゆい方々もいらっしゃいます。うんうん、イベントはこうでなくっちゃ。
 
 ただ…問題はイベント自体にありました。まずメインの同人誌即売会ですが、サークル参加が7つくらいかな?スペース余りまくってました。そんなに魅力ある同人誌も無かったので一瞬で巡回終了。


 コスプレは? …かろうじて一瞬 ミクっぽいのがいましたが、すぐにどっか行っちゃいました。

 痛プラモ展示会は? …見渡す限り皆無です。

 レトロゲーム大会は?  …あ・コレは一応ファミコンとプロジェクターが置いてある。

 あと部屋の隅に、いつもお世話になっております。北海道のパソゲー会社代表とも言える、『ブルーゲイル』さんと『テックアーツ』さんがいらっしゃいました。この2社は必ず参加してると思ってましたので、驚きはなかったです。とりあえずパンフレット(カラーコピー物)は頂きました。残念、声優さんが来ていたり、販売スペースや展示物は無いようです。 まぁ、パソゲー買えるほどリッチでは無かったのでいいのですが。
 それにしても貰ったパンフに書かれていた現在開発中のデバイスが、ここにはとても書けないですがスゴイです。こんなものを超本気で作るなんて…テックアーツさんの技術力には舌を巻きます。実勢価格2000円程度を目指しているようですが、コレは売れるんじゃないでしょうか?あ・一応念のため、ボクは、買わないよ!! 買わないんだからねっ!!

 とりあえず会場は、そんな感じ、ものの3分程でする事がなくなっちゃいました。見るとボクと同じ様にもう何もする事がない…でもこれからなんか催しがあるのでは?といった感じでお客さんが自然と窓際に集まってます。大体2〜3人友人同士で来ているのか雑談しています。一人の人は大抵携帯弄ってました。

 どうしようもないダレた空気が漂っています。そんな中、ファミコンのセッティングを終え手が空いた、
主催者らしき男性の方がマイクで挨拶しはじめました。

 『えー、会場に足を運んでいただいた皆さん、本日は誠にありがとうございます。 当イベントはみての通り、特にサプライズなどもご用意しておりません。勿論会場に車(痛車?)が入ってくるような事もありません。 ですので窓際に集まってらっしゃる方が何を期待しているのかわかりませんwwww
 ゆっくりとこの場を楽しんでください。 
 なお、痛プラモですが、飾りたいという方いらっしゃいましたら、申し出てください。スペースはありますので。 今から作られるのも歓迎です。 会場では販売してませんのでヨドバシカメラさんなどでお買い求めになるのが割引もあり、よろしいかと思います。 新発売の魔法少女リリカルなのはの痛車プラモなどもいいのではないでしょうか?大体3000円位です。 えーささやかですが、ゲーム大会といいますか、プレイコーナーを用意してみました。得点を競うような大会はしませんが、しばらくフリープレイで開放しますのでやりたい方がいらっしゃいましたらこちらに申し出てください。 (さっそく手をあげた方がいた) あ・ではどうぞ。』

 というような内容の気の抜けたそれでいてなんかムカツク挨拶がおわり再びダレた空気が…仕方が無いのでファミコンのフリープレイを休憩スペースに座って見ていました。 ソフトは『グーニーズ』 本来こういう場ならスターソルジャーとかをチョイスして、大会するべきなんじゃ… ボクはこのゲーム殆どやった事無いので、恥かしくてプレイする気にはなれなかったけど、見てるだけでもわかります、やってる人超上手い。 このゲームこんなに隠しアイテムがあるんですね。コレ出現場所覚えてないとかなりクリアキツイんじゃないでしょうか? しばらく見ていましたが、この人フリープレイでクリアしてしまいそうな勢いでしたので、ボクは自分で買った時の楽しみがなくなるので、途中で見るのをやめました。

 会場内がもっともりあがれば交流会みたいな感じで知らない人同士も情報交換したりするのかもしれませんが、ぜんぜん冷え切った会場です。入場料が勿体無かったので、楽しみたかったのですが、トータル会場に滞在した時間は10分が限界でした。 こんなで終了の18:30までもったのかは不明ですが、とりあえず、イベント主催者側が投げっぱなしなのはどうなんでしょう コスプレや痛プラモは参加も受け付けるけど、主催者側でも形になるくらいは用意しておくべきなんじゃないでしょうか?そもそも3時間程度では素組ですら痛車プラモは作れないです。 ボクは以前バイトでイベント主催を何度も経験しましたが、こんなに盛り上げる気の無いイベントじゃダメダメです。 とにかくガッカリなイベントでした。 この日は、妹が泊まりにきていたのですが、コレに参加すると、15時の汽車に乗れないので一緒には来ませんでしたが、来なくて正解でした。2人して、しょぼーーーんとする所です。危ない危ない。 コレならアニ○イトさんとかオタショップに行く方がかなり有意義です。とにかく入場料のわずか200円ですら勿体無いと思えて仕方が無い、そんなイベントでした。イヤ、ボクが帰ったあと超盛り上がったのかもしれませんが…

 
 妹から貰ったピカチューのストラップ、ボク達は、ポケモンそんなにガチでやってるわけじゃないのにポケモンセンターサッポロにはわりとよく行きます。結構欲しい物あったりして楽しいです。 
 ストラップは妹も自分の分買ってました、なんかネコっぽいポケモン(ニャースではない) ささやかにおそろいなのが嬉しいのでさっそく片腕のもげた『がいこつ剣士byDQ』を棄ててこっちに変えました。 でもお気に入りのストラップはすぐに人形部分が取れてなくなるというジンクスがありますので、ちょっと心配。

 さて、ほぼ一月遅れになっちゃたので激しくモチベが下がってますが、こっそりとまずはこの書きかけの記事から。
 
 ついに正式に発表となりましたニンテンドー3DS!! まずはそちらからまとめていきますー。


 ニンテンドー3DS 『持ち歩く、響きあう、毎日が楽しい』

●発売日 2011年 2月 26日

●価格 25000円(税込)

●カラーバリエーション アクアブルー コスモブラック 


主なセールスポイント

●裸眼で3D映像が楽しめる上画面
 3Dボリュームで立体感を調節したり、2D表示にしたりすることも可能

●2つのカメラで3D写真を撮る
 外側カメラは左右2個塔載。3D写真を撮影し、その場で3D表示可能

●新しい入力インターフェース
 スライドパッド・モーションセンサー・ジャイロセンサー 

●いつの間に通信
 ニンテンドー3DSがスリープモードの時に、ニンテンドーゾーンや無線LANアクセスポイントを自動的に探索し、インターネットから情報・ゲームのデータ・無料ソフト・映像などを「いつの間に」か届けてくれる機能 

●すれちがい通信
 ニンテンドー3DSがスリープモードの時に、自動的に他のニンテンドー3DSと情報を交換する機能。複数のゲームのデータを同時に通信する事が可能

●専用充電台をセットに
 常に充電されたニンテンドー3DSを快適に持ち歩るけるよう、本体セットに専用充電台を同梱

●ゲームを終了せずに呼び出せる便利機能
 HOMEメニュー、インターネットブラウザー、おしらせリストなど

●豊富な内蔵ソフト
 ニンテンドー3DSカメラ、ニンテンドー3DSサウンド、Miiスタジオ、すれちがいMii広場、ARゲームズ、思い出記録帳など

●ゲームソフト等のダウンロード販売
 ソフトの購入に加え、ソフトの紹介映像やランキングなども閲覧可能。Wiiのバーチャルコンソールと同様に懐かしのゲームボーイ、ゲームボーイカラーのソフトを順次展開予定

●ソフトとデータの引っ越し機能
 購入済みのダウンロードソフトを新しいニンテンドー3DSに引っ越し可能。ニンテンドーDSIやニンテンドーDSILLからニンテンドーDSIウェアを引っ越しすることも可能
 ※引っ越し回数に制限あり、引っ越しできないソフトもあり

●互換機能
 ニンテンドー3DS専用に開発された新作ソフトを楽しめるほか、ニンテンドーDSIを含むニンテンドーDSシリーズ用ソフトも遊ぶ事が可能

●保護者による使用制限機能
 お子様にも安心して使っていただく為に、レーティングによるゲームの起動制限やブラウザーの起動制限など、保護者による使用制限機能はニンテンドーDSIから更に機能拡充


スペック一覧

 サイズ 横 約134mm、 縦 約74mm、厚さ 約21mm(閉じた状態)

 重量 約230g

 上画面 3.53インチ
       裸眼立体視機能つきワイド液晶
       800×240ピクセル
       (横800ピクセルを左目用・右目用交互にそれぞれ400ピクセル割り当てることで、立体  
        表現が可能)

 下画面 3.02インチ
       タッチ入力可能
       320×240ピクセル

 カメラ 内側カメラ1個/外側カメラ2個
      解像度はいずれも640×480(0.3メガピクセル)

 無線機能 2.4GHz
        ニンテンドー3DS同士の対戦プレイやすれちがい通信が可能
        無線LANアクセスポイント経由でインターネットに接続可能
        (セキュリティーを強化(WPA/WPA2)したIEEE802.11対応)

 入力(操作系) ●A/B/X/Yボタン、十字ボタン、L/Rボタン、スタート/セレクトボタン
           ●スライドパッド
           ●タッチスクリーン
           ●内蔵マイク
           ●カメラ
           ●モーションセンサー
           ●ジャイロセンサー

 その他入力  ●3Dボリューム・・・3D表示の立体深度をスムーズに変更可能
          ●HOMEボタン・・・HOMEメニューを呼び出す
          ●無線スイッチ・・・ゲーム中でも無線をオフすることが可能
          ●電源ボタン

 コネクタ    ●ゲームカードスロット
          ●SDメモリーカード
          ●ACアダプタ接続端子
          ●充電端子
          ●ヘッドフォン接続端子

 サウンド 上画面左右のステレオスピーカー
 
 タッチペン 伸縮可能(伸ばした状態で約10cm)

 バッテリー リチウムイオンバッテリー

 ゲームカード ニンテンドー3DS専用のゲームカード
          サイズはDSカードと同様、容量は発売時点では最大2ギガバイト       
 
 
 ふぅ、コピペっぽいけどコピペじゃないのでちょっと面倒でしたが、スペックは基本知ってて当たり前!! って事で自分の勉強用という意味合いも含め、載せてみました。
 本体色は写真を見る限り、アクアブルーがキレイな感じですが、コスモブラックっていうネーミングが非常に気になるのでもし宇宙を感じさせるような神秘的な黒だった場合コスモブラックが欲しいです。DSもPSPもそうですが、『〜ブラック』とか書かれてもただのブラックにしか見えないですからね〜。
 カートリッジの容量2ギガってすごいですね。昔は衝撃的だったNEO-GEOの100メガショック!!なゲームなら何本収録できるんだ(笑)

 発売日は2月ですか、11月っていうあのウワサは一体なんだったのか、でもお客様が遠のく時期に発売は嬉しいです。今の所強力な対抗馬もいないですし、いいんじゃないでしょうか。ただ、今年のクリスマス、お正月のDS本体の売れ行きにちょっと不安が…価格で差をつけているのと、DSのソフトも使える仕様ということは、今後もDSと住み分けていくのでしょうか?3DS発売後もちゃんとDSソフトを供給してくれれば、3Dに興味の無い方は現行本体を購入してくれると思うんですけど。そのあたりはどうなんでしょう。

 さて、気になるソフトラインナップ文字だけなのに全部書いてもしかたがないので、 主に気になった物をピックアップしましょう。 各メーカーさんが3Dをどうやってゲームに活かしていくのかすごく難しい事だと思います。 3DSが発売されたからって別に3Dじゃなくてもいいじゃんっていうゲームばかり作ってるようじゃ飽きられてしまいますから。Wiiのようにはなってほしくはないです。たとえば桃太郎電鉄3Dとかたぶん出るんでしょうけど、コレダ!!っていうの作るのはかなり困難だと思います。
 一部の実力のあるメーカーさんは大丈夫でしょうけど、

 大半のタイトルはただ3D表現にしただけっていうのが発売されそうな予感に1億5千万ジンバブエ・ドル賭けてもいいです。

 
 不吉な予想はさておいて  
 最初はなんといってもこの日発表された、

 ロックマンDASH3 PROJECT

 やったーーー!! ついに、3です。まだ画面写真とかなかったのですが、期待しています。プロジェクトとしてあるのがこのソフト。ユーザーの意見を聞いて製作していくみたいです。

 http://www.capcom.co.jp/rockman/dash3/

 公式ページでは第一弾としてヒロインデザインコンペを行なっていました。(実は投票しわすれました)

 中間報告ではボクが推しているコマキシンスケさんのヒロインが第一位でしたが、このままいけるのか!! だって他の方のデザインだとなんかピンとこないんですよー。この娘が一番ロックマンDASHの世界観に合ってる気がします。他の娘とはオーラがなんか違う。
 自分ランキングなら次点から末次治樹氏・中山徹氏・日暮竜二氏・石川ヒデキ氏って感じです。ドベは吉川達哉氏これはないなぁ…

 BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D

 バイオハザードシリーズのスコアアタックゲーム ザ・マーセナリーズが単独の作品になったようです。 3Dを活かした迫力ある作品になるのではと思いますが、そろそろPSPでもバイオシリーズが欲しいと思うのはボクだけでしょうか?

 BIOHAZAED REVELATIONS

 こっちはいかにも完全新作って感じですね。Co-opも実装されているということで、ちょっといままで敷居が高かった感のあるシステムが、携帯ゲーム機というプラットホームでかなり、身近になったのではないでしょうか。

 レイトン教授と奇跡の仮面
 
 大人気アドベンチャーゲームの最新作ですね。これは3D表現を利用したナゾトキも用意されているとの事ですのでかなり期待しています。

 新・光神話 パルテナの鏡

 もうずいぶん前から発表されてますので新鮮味はないですが、3DSの任天堂タイトルの中でも注目の作品だと思います。考えてみたら、これがシリーズ第2弾って、よく今まで、64やGCで作らなかったなぁと逆に感心してしまいました。それだけ安易につくれる作品ではないということですねー。

 テイルズ オブジ アビス(仮題)

 名作ですが、できれば新作が来て欲しかったですねー。

 Project ラブプラス for Nintendo 3DS
 
 これは画像がキレイになったのはもちろん、3DSの機能を存分に活かしてくれそうな意気込みです。発売する時期にもよりますが、あまり期間をあけてしまうと熱が冷めてしまうので、アーケード版稼動→人気復活→発売が望ましいですね。 オタは熱し易く冷め易いので。
 同人誌コーナーみるとその推移が顕著にみられます。 あれだけガンガン描かれていたラブプラス同人誌が、今はすっかり俺妹コーナーにおされてますから。



ニコニコ動画



 オタといえば、この映像。何気なく専門用語を使いこなしているマナカさんがゲームオタクに見えてしまってしょうがないPVですよね。


 もちろんこの他にも、マリオカートやペーパーマリオ・スターフォックスなど単純に3Dにしただけだとしても面白そうなタイトルがありましたがあえて取り上げるまでもないのですね。
 


 Wiiもまだまだ頑張るみたいです。サードパーティに完全に見放されている感が最近特に強いので任天堂さんが出すしかないといった感じになってきてますが、購入する方としてはいいペースなんではないでしょうか。そんなにガンガン出されても買えなくて共倒れになるだけですし。

 11月11日 Wiiリモコンプラス発売決定!! 価格3,800円(税込)

 WiiリモコンにWiiリモコンモーションプラスが内蔵され、従来のリモコンと同じサイズでの発売となります。実質値下げでもあります。 見た目が殆ど変わりませんので買取の時注意が必要です。下部にロゴが入ってるくらい。 
 実はカンファレンスの時には発売日等未定でしたが、もたもたしているうちに決まりました。
 当然本体に同梱されている物もコレに変わるでしょう。実質ノーマルリモコンは廃盤って事ですね。
 いっそのこと箱が大きくて邪魔なWiiスポーツリゾートのソフト単品版も発売してくれるとありがたいんですけど。
 あとはモーションプラスの機能を使ったソフトがもっと出てくれると価値が上がるのですが…

 色は、白・黒・青・ピンクに加え、赤が発売されます。赤は限定マリオVer本体の発売に合わせてなんでしょうね。
  
 ところでお店にある在庫は?っていうのがあるんですが、リモコンに関しては出荷制限をかけているのかウチの本部が仕入れてないのか、長らく品切れが続いてますので大丈夫。
 某所の話によると、本体の在庫分はWiiモーションプラスが送られてくるのでソレを付けて販売するらしいです。 できれば一旦回収。新型に交換してほしいのですが、リモコンジャケットの時のようにはいきませんか、やっぱり…

 MARIO SPORTS MIX 11月25日発売決定!! 

 マリオタイトルなのでそこそこ売れるとは思うのですが、体感系の本体=スポーツっていう脊髄反射的な流れそろそろ止めません?
 特にWiiはこういう簡単スポーツ物が多いので一時期のDS脳トレフィーバー程ではないですが、そろそろお腹一杯です。
 あ・スマッシュボールプラスが11月18日に出ますが、メーカー公式HPのソフトラインナップでもスルーされてますのでその程度の扱いかと。ところでプラスって位なので続編なんでしょうけど、スマッシュボールって何で出てましたっけ?

 ドンキーコングリターンズ 今冬発売決定!!

 おそらくリモコン横持ちプレイタイトル 久しぶりの新作なので良いと思います。でもこうして見るとSFCのスーパードンキーコングがいかにグラフィックのクォリティが高かったのかが判ります。今作を見ても劇的に画面がキレイって違いがわからない位ですから。

 THE LAST STORY 2011年1月27日発売決定!!

 ファイナルファンタジーで有名な坂口博信氏渾身のA・RPGです。遂に発売日が決まりました。
 ゼノブレイドもそうでしたが、WiiでガチのRPG発売しても、そこそこ受け入れられるようですので、期待していいのではないでしょうか?キャラデザもクセがなく、CGとイラスト系の中間って感じですので、声優さんとの相性も良さそうです。トレーラーを観ただけでも、結構有名どころの方が出演しているようですので、Wii持っていたら『買い』のタイトルかなと。

 The Legend of Zelda:Skyward Sword (仮題) 2011年 発売予定

 発表されてから結構経つのにまだ出ないのーなタイトルです。まぁ任天堂さんなんで出るときは発売日決定から速攻で発売するんでしょうけど。
 開発が遅いのはDSで外しているのがやはりネックなのでしょうか…遊べばかなり面白いシリーズなのですが、なぜか大地の汽笛は売れなかったんですよね。あのちっちゃいリンクのキャラデザ個人的には好きなんですけど。風のタクト遊んだ時はこんなに面白いゲームあったんだ!!って感動すらしましたけど。 あ、受け入れられにくいのでタイトルは日本語にした方が良いかと思います。

 他、リズム天国や零の新作などが発表されていたようです。あれ?零っていつの間にか任天堂さんのタイトルになってたんですね。 

 あ・任天堂カンファレンスではないですが、先日のホビーショーで、予想どおりあの期待のタイトルの発売日等が発表されました。


 PSP ダンボール戦機 3月17日発売決定!! 5980円(税込)

 
 製品にはこのゲームでしか手に入らない『LBX AX-00』のプラモデルが付属します。
 プラモデルはバンダイさんが手がけますので出来はバッチリでしょう。アクションベース2にも対応しているようですので大きさはHGUC位かな? PVも熱い!! アニメ開始もそのころでしょうから今から楽しみです。 ぜひパッケージはプラモデル風にしてほしいなぁ


 ところで、現在開発中であろうPSP2ですが、ここまで何の発表も無い所をみますとブラビアで培った技術をいかして、LED液晶+3D くらいはやってくれるんじゃないかと勝手に思っています。 あとは6軸センサーとカメラかなぁ。あ・カメラをつかって非接触型タッチパネル(タッチしてないけど)なんて出来ないんでしょうか? 感覚的にはMOVEではなくキネクト的な物になりますが、画面の手前で指をスーっと動かすと画面が反応するみたいな。結構快適だと思うのですが? なんにせよアナログパッドは強化してほしいです。あと電源スイッチの確実な操作感を追求してほしい。
 さらにウォークマンの機能を追加してくれれば、ポータブルオーディオ王者の座を取り戻せるかも? モバイルとしての機能をもっと充実させてSONYさんらしい機能満載ものを作ってほしいですね。 SSDの塔載は…高額になりそうだからいいや。 もうここまできたらユーザーはPSP-4000じゃ納得しないですよー。 PSPgoを急に値下げしたのが何かの布石であると思いたい今日この頃でした。 
 でゎ、今日はこのへんで!! うー書きたい記事たまってますー 次はたぶん『X-BOX360新作タイトル内覧会2010 IN 札幌』の記事かなぁ? 超未来感覚なデバイス 『Kinect』体験してきましたので、その時感じた生の感想をお届けできればと思ってますっ!!


2010/10/28 (木) 04:59 | ゲーム
trackbacks(1) | comments(0)


2014/06/08 (日) 04:59 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

恐らく
  • ゲーム攻略
  • 2010/11/24 2:13 PM