ぷらすてぃっく

ゲーム・アニメ・ホビーなどオタ話や管理者 神代そらの日常をセキララにお届けするブログです。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014/06/08 (日) | -
- | -

 前回の記事以来、モノ作り熱(既製品・自作・立体物に限らずあらゆるモノ)が急激に過熱してきています。実際の作業には入っていないのですがムズムズムズムズとした気持ちを落ち着けながら、色んなジャンルの事を調べまくっています。
 実はスルーしてしまったエイプリルフールネタも、とあるモノ作りだったのですが、これも嘘に信憑性を持たせるために基礎的な事を勉強していたら、…これウソにはしたくないなー、とホントに作ってみたくなったので、さらに煮詰める事にしました。ある程度の記事にできるのはまだまだ先っぽいですケド。 世の中にはプロでなくても同人誌やゲーム・ガレージキットやetc…色んなモノを作れる才能溢れる方々がいらっしゃいますが、ゼロの状態から短い期間で『商品』として販売できる物にまで昇華させる事ができるなんて改めて考えるとすごいなーと頭が下がります。
 『好き』という気持ちを原動力にして、『何か』を創造できるのは神サマからヒトだけに与えられたステキな贔屓なのかもしれないですね。っと恥かしいセリフ禁止っ!!です。

 エイプリルフールネタといえば今年、熱かったのはリンクにもあるCGサイト 『New's Network』さんの『魔法少女まじかるゆーみ』 が良かったです。
 普段の更新頻度が1週間に1・2ページ位のWeb漫画なのに対して、今回はなんと脅威の17ページ!! ストーリーももうネタじゃなくてコレ公式設定でいいじゃないですかって思うほどクオリティーが高かったです。お忙しいはずなのに一体いつから準備していたんでしょう? 命も危なかったという突然の入院から復帰し、現在作品が読めること自体奇跡のようなものなので無理せず体に気を付けてほしいです。でも個人誌新刊の発売も一日千秋の思いで待っています。(どっちやねん) 新さんの漫画が好きすぎて生きるのがツライっ!

 話を戻して関連して?ミニチュア熱も高まってきていて今興味あるのが、海外の製品?TRPGを行なう際にコマとして使用する小さいフィギュアです。 主としてホワイトメタルという金属で出来ているようで、そこに色を塗っていくのですが、大体30〜40mm程の大きさなのでチャレンジし甲斐がありそうです。(チョコエッグのような小さくて精巧なの大好き) TRPG自体も日本では決してメジャーなホビーじゃない(少なくともボクの周りでは趣味にしている人はいない)のにそもそもどうして興味を持ったのかと言いますと、


 お店のショーケースもっと凝った雰囲気を出せないかなー?(現在はガンプラやモンハンのフィギュアを置いてる程度)
               ↓
 粘土でゲームキャラクターを作ってもいいけど特にコレっていうものじゃない無個性のファンタジーっぽい感じにしたらちょっと変わってていいかな?(ちなみにカプコンさんのドラゴンズドグマの影響も入ってます。あのゲーム、ボクの中では海外製のTRPGみたいなイメージなんですよね。)
               ↓
 リアルなジオラマ…は流石にまだ技術が足りないですし、かなり時間がかかりそう。
               ↓
 ヴィネット位ならなんとか作れそうだし、チョコチョコ片隅に置いてもいいんじゃないかな?
               ↓
 じゃあ、ベースなどは自作するとしてもフィギュアはまだ作れないから1/35位のでミリタリーじゃない物ってないかな?→ ドラゴンやモンスターとかリアルなのは今まで怖くて興味なかったけど敵キャラとして飾るならコレもアリかな?大きいでしょうし。

 という流れで辿り付きました。 オーロラモデルさんなどが有名みたいですが、写真を見てすぐに惚れました。 小物やドア・階段 果てはダンジョンの壁とかまであるようです。 最初からヴィネットになっている指輪物語のドラゴンセットとかもイイ!! (といいつつもホントはイベント限定のワルキューレとサンドラが一番欲しかった…)

 最初はタミヤさんの人物フィギュアから改造しようかとも思いましたが、サイトにある簡単な改造の行程を見てもいきなり一足飛びでなかなかハードルが高くいきなりは無理かなと。タミヤさんでは定期的に人形改造コンテストが開催されているので、いずれはやってみたいですけど。
 とまぁ、そんなこんなで、ジオラマ・鉄道模型や建築模型・ガレージキットさらには最近注目のペーパークラフトなどの事まで調べ始めました。精巧なミニチュアの完成写真を見ているだけでドキドキしてキュンキュンして(死語)、時を忘れてしまいます。 ウン、人としてどこかおかしいのかもしれませんw

 この記事を書いている最中ちょうど深夜のTV番組でマツコデラックスさんがジオラマ好きという事を知り親近感により我ながら現金ですが、好感度上昇中です。 ちなみにその番組によると、ジオラマやミニチュアは実は男性よりも女性の方がハマりやすいのだそうです、理由は女の子が一番最初に夢中になる遊び『人形遊び』『おままごと』に通じるところがあるからだとか。 マツコさんが『だからオカマもハマるのね!!』 と凄い納得してました(笑) 意外な程しっかりした番組で面白かったです。ジオラマ…胸がアツくなりますねー。

 ここでちょっと興味深い話を小耳に挟んだので紹介。 ホンマでっかTVでも似たような話はやってましたが、いきなりですが手を見て人差し指と薬指の長さを比べてみてください。

 男性の方は人差し指の方が薬指より短く、 
 逆に女性は同じ位か人差し指の方が長い場合が多いそうです。
 
 保健体育で習ったとおり、胎児の期間、つまりお母さんのお腹にいる間に男性ホルモンに多くさらされると男の子に、さらされないと女の子として生まれるのですが、 この時点で指の長さも決まるらしく、男性ホルモンは細菌を殺す作用があり、指の先の細菌が死ぬことによって、短くなるのだそうです。(何故人差し指だけなのかは未だに不明)
 
 しかし少数派ながら例外もあり、男性として生まれていても人差し指の方が長い人は、女性的志向が強く、女性でも人差し指が短い人は男性的志向が強くなるとの事です。 (あくまでそういう傾向があるという研究結果ですので必ずしもではないですが。)

 ですので、ひょっとしたら模型好きには男女問わず人差し指の方が長い人が多いのかもしれませんねー?
  

 脱線してしまいましたが、とりあえずメタルフィギュアからということで、肝心の購入は人間サイズで1体1000円位みたいなのですが、TRPG関連商品自体札幌で手に入りそうな所があんまりなさそうです。 サイドのおすすめリンクにも入れてる手稲の『模型屋』さんが一番種類ありそうな感じですが、確かあそこはSF調な『ウォーハンマー』がメインだったような? 
 さらに調べてると以前挨拶文のネタになったリサイクルショップ『アレイズ』さんにヒットしました。 おー、名前からしてRPGだとは思ってましたが、もしかすると扱っているのかも?これは一度行かなければならないですねっ!! 前衛・後衛で4人くらいのパーティ組ませたいのでなるべく安いといいなぁ。 この件については現状では続報を待て!ってところです。

 あ・決してバイトに熱心なわけじゃなく純粋に趣味なのと、今のうちに色んな事ができるようになっておけば自分のお店を建てた時に役に立つはず!!…と思ってるだけなんですけどね? そもそも会社の人達にとっては『全然やらなくてもいい事』でしょうし、ホントいつ『余計な事はやめろ!!片付けろっ!!』って言われるかハラハラしながらやっています。 でも何事も経験なので。
 自分のお店はRPGに出てくるお店屋さんみたいな雰囲気を出したいです。(と言いつつ骨董品屋さんみたいな和レトロも捨てがたい) こうしたいっていう妄想だけはどんどん貯まってますが肝心のお金は…Orz。

 おはようございます。3月24日は『ミニ四駆』の日だそうでついでに今年は発売30周年だそうです。そんな事を知ってしまったら、お祝いせずにはいられません。 そんなわけで突然思い立ったように発売されたばかりでボディの塗り分けも簡単そうな
 
 

 『サンダードラゴン』
を衝動買いしてしまったのですが、組み立ててもいなく、24日当日に記事もUPできてないのでその日に買った意味もなく、こうして挨拶文に使うくらいしかできないことに気付いた神代です。
 そもそもミニ四駆は奥が深いらしいのでハンパにしか知らないとレビューもできないんですよね。 ボクの知識は VSシャーシ?なにソレ美味しいの?ってくらいです。電撃ホビーマガジンの記事を読んでいてもレベルが高くて半分も理解できてないです。 そもそもミニ四駆をディスプレイモデルとして扱っているボク(なのでグリスは未使用)と純粋に走らせる為に楽しむ方々とではアプローチの仕方が違いますし。 でもゼンキッシュ(MGが買える位の価格!!)は欲しいカモ。機能美萌え。

 ここでミニ四駆つながりで先日購入したコミックを紹介ですー。

 


 マイクロマガジン社から発行されております 久松ゆのみ先生の『ピコッとハニエル』1巻です。

 『人を幸せにする』という目的の為下界にやってきた下級天使ハニエルゲームが好きな女の子 ルイさん(ターゲットは天界で決められています。) の 『一緒にご飯を食べて、一緒にゲームをしてくれる人がいたらいいな』 という願いを叶える為、一緒に暮らす一見非日常な、でも普通の生活を描いた作品です。
 表紙見てもわかるように(わかる人にはですが)ハニエルがHORIさんの『グリップコントローラーPS』を持っています。攻略本を開いたままプレイする為に片手だけで操作できる様に開発された優れ物でスパロボやダビスタなどに最適な周辺機器ですが、これでもこの作品の中に登場する機器の中ではメジャーな方なのです、もともと『ゲームサイド』というレトロゲームを中心に紹介する雑誌で連載されていた事もあり、前半はネタがかなりマニアックです。(後半は掲載雑誌がなくなりWeb連載になったので一般向けにある程度自重) 
 毎日毎日ゲーム三昧、マニアというよりはゲームフェチなルイさんの日常に振り回されていたハニエルがだんだん馴染んでかけがえの無い家族になっていくそんなお話です。イヤ、そんな感動話じゃないんですけど。
 設定25歳前後のルイさんは毎日家にいてSRPGでキャラクターのジョブをコンプリートしたり、ゲームのし過ぎでご飯を食べるのを忘れて死にかけたりしてますが、かろうじてニートではなく、その正体は有名ブロガーのようです。
 レトロゲーから電子ゲーム、最新のオンラインゲーム・同人ゲームや果てはエロゲーまで幅広くこなし、スイカを16連打で割れる特技(元ネタは一緒に写っているDVDに収録されている映画 GAMEKING高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦) を持っているだけではなく、フィギュアやプラモデル・ミニ四駆なども作るのが得意です。(体の小さいハニエルの身の回りのものはルイさんが作っています) 
 『スハダクラブ』『コンゴトモヨロシク…』の意味がわかる人や、 『箱は重要なの!! 2Mビットとかついてるところが重要なの!! 箱を捨てたら当時の風情は戻らない!!』 や 『フルカウル世代じゃなくダッシュ世代ね。タイプ1・2・3シャーシの方。タイプ1シャーシはサイドローラーがが無かったからオプションでつけなきゃダメだし、肉抜きも自分でしなきゃならないし、そもそもプラがヤワいから結局エンペラーをタイプ2に乗せかえたんだよね。』っていうような会話を普通に繰り出してくるルイさんに激しく共感が持てる方はぜひ一度読んでください。 っていうかどうやらルイさんは作者の生き写しみたいですね。マニアックネタ全開のエッセイ漫画も描いていらっしゃるようですので、今度そちらも探してみますー。 あ・ハニエルの外見は作者が『ねんどろいど』を見て思いついたらしいです、確かにそんな体型です。
 ルイさんにはマリさんという姉が一人いて現在は結婚して家を出ているのですが、作中で触れられるまでルイージとマリオから名前を取っていた事に全く気が付きませんでした。むー不覚。
 タイトルのピコッとハニエルの『ピコッと』はセガトイズさんのキッズコンピューターピコからだそうですが流石にそれは言われなきゃ誰もわからないです。8ビット的なピコピコ音からかと思っていました。 初期タイトルは 『バグってハニエル』 これはわかる人多いと思いますが、ハドソンさんに怒られそうなので改題したそうです。2巻が待ち遠しいですー。
 
 
  ところでミニ四駆はスケール表記が1/32なのですが、コレって実車からの縮尺なのだと思います、ですが今回購入した『サンダードラゴン』は実車が存在しなく、もともとは『ラジコンボーイ』という漫画に登場するオリジナルのラジコンらしいのでラジコンカーからの縮尺にしないとダメなんじゃないでしょうか? あとダッシュシリーズやフルカウルシリーズはどちらもミニ四駆漫画からのキット化なので1/1ですよね。 最近はホビーが題材の作品が少ないので助かってますが、これらのホビー漫画読んだら絶対影響受けてやりたくなるんでしょうねー。 まぁ、ラジコンに関してはすでに『ふたばチャージ』(ゆ〜のす通信)や『あしたフルチャージ!』(田宮模型WEB連載)に影響されまくっていて手遅れな気もしますが。 
 それにしても配信のみのゲームなのが悔やまれてならない、『モーターストームRC』が現在、店内のプレイステーションスポットでよく流れていてバイト中後ろ髪を引っ張られまくっています。 なぜパッケージで発売してくれないのですかっ!! レースゲームは多々ありますが、ラジコンということで俯瞰視点というのが新鮮です。プレイするならぜひ欲しいですが、PS3用のプロポ型コントローラーって発売されているのでしょうか?非常に大事な事です。
 PCやPSでは確かラジコンのゲームはこの他にも発売されているハズ…これは探さずにはいられないですっ!! 

 図らずも3月はタミヤさんに貢献しましたねー。 ところで一見何でも置いてそうな大型の量販店では実は万人向けにガンプラ等がメインで、タミヤさんの製品やスケールモデルは意外と品揃えが悪かったりします。  そんな時は本当に模型を好きでやってる、ショーケースやウインドウに作品をかざっているような個人経営の模型店を覗いてみましょう。きっと探しているものが見つかるハズ。 って偉そうに言ってますが、ボクも近所の模型店が異常にスケールモデルの品揃えがいい事に気がついたのはごく最近なのでした、人間視野が狭いと何も見えてこないんです。 札幌でも駅周辺を離れればいいお店一杯あるんでしょうねー。
 余談ですが、最近ヨドバシさんの玩具売場が配置換えしたようで、プラモコーナーにショーケースが設置されたのですが…やっつけ作業なのか愛が全く感じられない作り方と飾り方で、アレでは購買意欲を損なわせて逆効果だと思います。箱の積み方も雑。
 大学の模型サークルさんとかに展示をお願いしたら快諾してくれそうな気もするんですけどねー? そういったいわゆる『お得意さん』とのパイプを太くする事も重要だと思いますが、個人経営店ではないので商売の仕方が違うのかもしれません。 
 札幌駅周辺のショーケース穴場ハンターとしてはドンキホーテ狸小路店さんの展示が、あー好きな人がやってるんだなーと感じられ、非常に買いたくなります。ぐっじょぶです。


 ちょっと気になった事なのですが、おすすめリンクにもしている『ゲーム屋さんのお店だより』さん、最近忙しくて見ていなかったのですが、久しぶりにいってみたら、『日記だより』に変わっていて内容もなんだか路線変更していました。ボクと考え方が近くて、同じゲーム屋店員という立場から勝手に親近感を抱いていたのですが…何かあったのでしょうか?しかも更新停止されるようで非常に残念です。 →更新作業中に再度確認してみたら新しい記事増えてました!! でもさらに路線変更してしまってますね。 んー、またゲーム話が読みたいですよー。


 
 近況報告ですー。春はお別れの季節…なのか、ウチのお店のベテランさんが次々と辞めていきます。たびたびコメントを下さっているカミーユさんもとうとうお店を去りました。 ボクと殆ど同期でお店に入ったので先越されちゃったなーという気持ちが強いです(笑) あ・でもまだちゃんと就職決まったわけじゃないですのでおめでとうとは言わないゾっ★(ウザい) 決まったらちゃんと報告するようにっ!!(そして何故か上から目線)
 このあとも4月中にさらに減る予定です。寂しいですが仕方がないですねー。っていうかそんな事言ってられない位遅番シフトがヤバイです。 Aスタッフ以上がボクしかいなくなってしまい、あとは新人さん(学生さん)の2人です。 それではあんまりなので早番から急遽ベテランさんが一人シフト変更になるらしいのですが、遅番と早番の業務内容がかなり違うので、そのあたりがツラそうです。 

 さらに追い討ちをかけるように先日からレンタルの準新作が100円(通常200円)のキャンペーンを実施していて、貸し出し&返却、そしてクレームが毎日鬼のようです。 5月6日までって言ってますけど、ウチの会社の事ですからどうせ『好評につき!!』とか期間延長していずれはそのまま100円が固定になるんでしょうねー。

 新しく人も採るらしいですが、研修期間が実質無くいきなり、お店に出て、OJTで覚えていくウチの会社のやり方ですと人数に余裕がなく、忙しい時に新人さんが増えるとそっちにも目をかけなければならない分余計に忙しくなるので、このままですと冗談抜きに死ぬ…かもしれません。 
 現状勤務時間が増えました & お休みの日もなんだかんだでお店でご奉仕活動してますので完全オフが無いです。 オレ…この戦いが終わったらゆっくり休むんだ…(死亡フラグ) 
 収入的にはありがたいんですケド、まとまった自分の時間が全然とれません、生活リズムもグチャグチャになってます。この記事も3月末からずっとチマチマ書いてたのにUPまでずいぶんかかってしまいました。 あまりに更新期間が空いてしまった為、オフ友でもある廉さんからもご心配のメールいただいてしまいました。…といいつつもショタゲー1本フルコンプするくらいは元気ですのでご心配なく(笑)。


 前々から思っていたのですが、バイトさんを入れては数年で使い倒して、新人さんにまた0から教育していくウチの会社の体制は、どうなんでしょう?
 一見人件費は安くすみそうにみえますが、マニュアル化が追いついていなく、内容も試行錯誤なので日々変化し、かつ、かなり複雑な業務内容ですので一人前になるには結構な時間と労力がかかります。 なのにいずれは辞めていってしまう。 まるで高い家賃をいくら払っても永遠に自分の物にはならない賃貸住宅のようです。
 一人前のバイト=なんでも出来る万能型 ではなく、例えば営繕・レンタル部門のスタッフ、販売・ゲーム部門のスタッフ、買取・加工専門のスタッフ、携帯・古本部門のスタッフ…というようにマニュアルを細分化して個人個人の覚える事を少なくし、専門部門ごとに一人前のスタッフを育てるのであれば、現在より育成期間の短縮になり、バイトの使い捨てでも運営していけるとは思うのですが…ファミレスとか多分そうですよね? ホールはホールだけ、キッチンはキッチンだけとかそんな感じだと思います。でも現状ウチの会社はその体制にできていないのでアレもコレもとやたらと覚えることが多いです。マニュアルの変更や業務連絡なども全員にいきわたり、理解・把握してもらうまでにはかなりの時間がかかります。専門部署体制なら担当部署のスタッフにのみ伝達すればいいのでこのあたりにも利点があります。 
 現実問題として、社員さんなのにキャリアの長いバイトさんにくらべて絶対的に経験値が足りない分、仕事を知らない・こなせない人もひょっとしたらいるかもしれません。 『アレもコレも体制』が通用するのは店舗面積の小さいコンビニくらいまでだと思いますよ? 『専門部署体制』でもベテランになってきたスタッフさんを部署異動すれば結果なんでもできるスタッフに育てる事だってできるのですから。

 また他の案としては、月々の給料は多少高くても、社員を増やして少数精鋭でキチンと育てていった方が会社の将来にはいいと思います。 (ボクたちは失業の危機ですが) 
 バイトさんなら個々の能力差による現場のバランスやシフトの希望を考慮しなければならないのでどうしても余裕をもって雇っておいて、出勤時間や日数で調節しなければならないですが、しっかり教育を受けた社員さんならそのあたりは全く考えなくていいですし、そうすると穴埋め用に人数を増やす事もいらないので、スタッフ数を半分位までは減らせると思います、結果人件費は安くなるのではないでしょうか? せめて店長の他にもう一人くらいは社員さんがいてくれたら楽なんですけどねー。 
 あ・ウチの会社は転勤の頻度がハンパないですのでたとえ社員募集してもボクは社員にはなりたくないです。(そんな選り好みする立場ではないんですけど) っていうか店舗業務的にどこの店に行ってもやる事はそんなに変わらないのに、そんなに転勤させるメリットがあるのか理解できないです。内部不正を防ぐって事以外に思いつかないですが、真面目に働きたい人には大迷惑な話です。 一応費用は会社持ちらしいですが、細かい所で確実に自費負担とストレスが大きいと思います。その分の労力を他に向けさせて欲しいです。


 ちょっとグチっぽくなってしまいましたが、お店を卒業された皆さん、季節の変わり目ですが、体に気を付けて下さい、なにをおいてもまず、健康第一ですよー。

 
 
 

 3月17日の公開初日に札幌シネマフロンティアに 『劇場版ストライクウィッチーズ』 観に行ってきましたー。 この日は『僕らがいた前編』 『プリキュアオールスターズNewStage』 の初日でもあったので、これはかなり混むのではと覚悟(と期待)をして行ったのですが、チケット売場で並ぶくらいで、残念ながら普通でした。 
 大きく分けて4種類のお客さんが並んでいて、それぞれ大体何を観にきたのかわかっちゃうところが悲しいです。 
 中高生の女子組&カップル=『僕らがいた』 
 一般人とオーラが違うボクたち(アウターでお洒落することが苦手で無難すぎる黒を選択してしまうが逆に浮いてしまう別名黒い集団)=『ストライクウィッチーズ』
 そのボクたちともまた違ったオーラを纏っている大きなお兄さん達=『プリキュア』(ボクも観たかったですが) 
 家族連れ=『ドラえもん』
って感じです。

 『僕らがいた』はCMでも印象的な『好きだバカ!』っていう台詞が乙女回路にキュゥっ!!ときている方が多いようで、チラホラその話題で盛り上がっているのが聞こえました。使ってみたいんでしょうけどなかなかシチュエーション的に使いどころが難しく人を選ぶ台詞ですね。
 『僕らがいた』はアニメでチラっとしか知らない(神代は小学館系の少女漫画の所有数が何故か少ない)のですが、高校生から始まって作中では20代半ばまで成長してますが、実写では美男美女とはいえキャストに無理がないのかちょっと気になる所です。メイクとかでなんとかなる範囲なのかな?といってもそこは物語の本質とは関係ないので気にする方がおかしいのかも。舞台だと役者の年齢と役なんて全く気にしないですし。
 劇中設定どおりに北海道の釧路市でロケが行なわれたそうなので、北海道庁では観光面の経済効果を期待して激プッシュしているみたいでウチの店でもポスターや釧路市の観光マップを設置するように道庁から依頼がきました。
 原作どおりの場所でロケを行なう。基本とはいえ、さすが映画です。その辺りすら適当に流してしまったTVドラマの『いいひと。』とはエライ違いです。あ・アレはヒドすぎて途中で『原作』が外れたんでしたっけ? 観てないけど『劇場版 最終兵器彼女』の方はどうなんでしょう。(高橋しん先生の作品大好きなので、アニメ版はしっかりDVDを購入。)

 おっと話を戻して、『スト魔女』の感想ですが、そこそこ混んでいましたので今回もまた後ろの方です。通路側の席が空いていたのでそちらを指定。(ボクは片方だけでも人がいない方が落ち着くのと、もし席を立つ場合の事を考えて毎回できるだけ通路側を希望。)

 気になる内容はファンの期待に充分応えた出来でした!!
 
 今作のストーリーは、2期の最終回その後からで、魔法力を全て失った宮藤は扶桑皇国に戻り、医学校に進むために勉強の日々をおくっていましたが、そこへ彼女の運命を変えるひとりのウィッチがやってきたというというところから始まります。 パネル(もうちょっと凝った感じにしてほしかった…)で宮藤の隣にいるのがその新キャラの服部静夏 軍曹です。 
 静夏の話によると坂本さんの計らいで、宮藤が希望するなら医学の最先端を学べるようになんと欧州へ留学させてもらえるとの事。画して宮藤は再び扶桑を旅立つ事になります。(いつもながら決断が早い)
 欧州へは空母天城(雲龍型ではなく赤城型の方。史実では関東大震災の為、未完成の幻の艦ですが、スト魔女の世界では震災がなかったので完成し就役しています)での船旅ですが、静夏は宮藤を無事に送り届ける任務の為同行するのですが、勝手に憧れを抱いていた『英雄』宮藤とはじめて目の当たりにする本人があまりにもかけ離れていた為、また、考え方の違いから2人は衝突します。 宮藤がどんな行動に出るかなんて事はファンなら用意に予想がつきますが、静夏は事ある度に面食らっています。 このあたりが今作のキーですね。 あ・ちょっとビックリな事にガリア奪還の功績により宮藤は少尉にまで特進していました。坂本さんも帰国していたようですが、坂本さんが忙しくて会ったりはできなかったみたいですね。といっても2期終了時からそんなに経ってはいないんですけど。

 第501統合戦闘航空団も現在は解散しており、元メンバー達はそれぞれの目指す生き方を歩み始めています。 劇中ではそんな彼女たちの姿が堪能できました。 501のメンバー以外も赤ズボン隊第502統合戦闘航空団のウィッチも登場します。 
 ガリアに宮藤が来ている事は伝わっているみたいですが、当初は合流するメンバーが少なかったですね。 『宮藤元気かなー』とか『どうしてるかなー』とか『芳佳の治癒魔法はもっと凄いのに』とか逢えたらいいなーくらいですね。 もちろんいの一番に合流したリーネちゃんとの激しい再会は百合百合しくて非常に良かったですw。 文字通り全速力で飛んできました。
 と、これ以上はネタバレになるので、後はぜひ劇場で観ていただくとして、これだけは!!
 ED後は完ではなく『つづく』でした!! ある程度予想はしていましたが、3期? OVA? どんな形は分かりませんが、ストライクウィッチーズ復活です!! 新キャラも増えましたし、なんといっても第501統合戦闘航空団再結成ですっ!!!!  館内では拍手こそおきませんでしたが、つづくの文字をみた観客からは『やった』 『3期やるのか』などの静かなザワめきがありました。 嬉しいですねー。 アキバとかだったらノリよさそうですから劇場が震撼するほどの雄たけびがあがったんじゃないでしょうか?   
 
 

 ストパンフパンフレットも買ってきましたー。 内容も設定資料なみに充実していて厚いです。 グッズもキャラクターごとに発売していましたので、ハルトマンのが何か残っていれば欲しかったのですが、坂本さんやミーネさん・ちょっと惹かれたけどスルーしたバルクホルンさんとかしか残ってませんでした。(涙)
 いつも思うのですが初日でほぼメインのグッズが売り切れてしまって、公開中に再入荷とかしてるんでしょうか? もっと入荷数を増やしたらいいのにと思いますが売れ残っても困るからなのか人気ゲームの様に配分制なのか真相は闇の中。 
 あ・一緒に写っている軍服は以前バイオハザードリベレーションズの時にも写っていたドイツ軍のジャケットで、中のブラウス・サマーベスト・ネクタイ(フランス軍)という感じで家にあるものでまとめてみたらリーネちゃん風だったのでなんとなく。
 ジャケット以外(これをアウターにするにはまだ寒いので)は今回観に行った時にも着ていったものです。もちろん普段着でありコスプレじゃないので下は履いてますケド。

 この日は まんだらけさんの移転リニューアルオープンの日でもあったので、映画館を出た後、友達と合流して、その足で行ってきました。 
 新しいお店はノルベサの2階フロアをほぼ全面使うほどの店舗面積で、非常に充実していました。他店舗からこの日の為にかき集めたのか品揃えも凄かったです。ありとあらゆる分野で欲しい物がありすぎて、リミッターを解除して買物しまくりたかったのですが、ギリギリのところで理性が働き、破産を免れました。 
 以前の店舗は建物が古いせいか若干薄暗い印象だったのですが、明るくなり、清潔な好印象です。オタク的視点としては商品の蛍光灯退色が心配なのはまた別な話ですが。
 店内の特徴としてコスプレ衣装売場やイベント会場?に大きく場所を割いているのも印象的でした。この次の日の翌日(日曜日)にはモモーイこと桃井はるこさんが来るらしかったのですが、さすがにバイトなので行けませんでした。知っていたら2連休希望だしていたのにぃー。(妹からのメール指定着信ボイスをモモーイにしてる位好きです。)
 開店初日のゲストはコスプレイヤーのうしじまいい肉さんが来ていて買い物して参加券を貰うと撮影会に参加できたのですが、恥かしながら神代この方全く知らなかったのでスルーしてしまいました。コスプレでもスポーツでも人のをみるより自分でする方が楽しいので興味なかったんですね。 あとから聞いたところ有名な方らしいですね、失敗したかな? 
 ボク的には普通にレジを打って接客していたセイバーさんの方が目立ってた印象です。 コスプレといえば、北海道ではたまに大きなイベントが開催されてるらしく職場で以前お誘いを受けたのですが、その時は敷居が高く感じられたのでお断りしてしてしまった(っていうか衣装も無いです。)のですが、そのうちまた機会があれば、見る方で参加できるなら行ってみたいですねー。まずはそこからです。
 爆誕した新生まんだらけ さらに濃ゆくなり大満足です。 あらゆるジャンルの商品を扱っている上、広すぎて隅々まで物色するのが大変なのでぜひ永住したいですねー。




 

 ここからはゲームの話。3月はゲームメーカーさんも決算前ということで大作が多かったですが、なんと言ってもクリスマス前からずっと展開していたPS3 『ワンピース海賊無双』が3月1日遂に発売したのが印象深かったです。久しぶりにバンナムさんの販促キットも多く(それでも少なく、使い難いモノばかりでしたけど)賑やかにすることができました。 
 ほぼ等身大なルフィ立て看板は目立ちましたが変な所に置くと他の物の邪魔になったりするので使いどころが難しかったです。
 特集平台には見えにくいですが、船の甲板をイメージした紙をパソコンで作成して敷いています。

 

 ワンピースといえば宝!! ポケット〜のコイン〜それとYou wanna be my Friend♪ ということでダンボールに金紙・銀紙を貼ったコイン(に見えているなら嬉しい…)をとにかく沢山作って100円ショップで購入した西洋剣を突き刺し、海賊帽を引っ掛け、兵どもが夢の跡って感じで、共に飾りました。
 頭の中のイメージで海賊の剣といえばカットラスなんですけど、売って無かったので。でも今後他のゲームでも流用できそうなので結果良かったのかもしれません。
 最初は安っぽいソフビ製なので金属色で塗装するつもりだったのですが、ソフビはプラモデル用の塗料では塗装できないんですね。知らなかったです。Vカラーという専用の物で塗装するらしいのですが、結構高額みたいです。 最初は所詮子供用なので大人の手にはショートソード位の長さしかなく迫力不足なのは仕方ないかと見くびっていましたが、無塗装なのも段々見慣れてきて、なんと言っても鞘付きなのでシャキーンっ!!と抜き放ったりするのが楽しくすっかりお気に入りです。ムダに抜刀していました。 クっ…コレが古より伝わりし剣(つるぎ)がもつ魔性の魅力というものだというの!? (黒猫風に)。 

 今回も当然ながら余計な事なので、材料費300円(税別)は自腹。 コイン作成も帰宅後に家でやりましたが、その手間に見合うだけの本数が売れてくれたので満足でしたー。 ただ反省点としてはコインが学芸会レベルなのでもっと改良の余地があるようですね。時間があればドラゴンクエストモンスターズの時にリベンジしたいと思いますが、小さなメダルって登場するのでしょうか?(ジョーカー等積みゲーなので未プレイ) ドラキーとかスライムとかも粘土で作りたいですねー。

 …ちなみに売れに売れた分、現在進行形でそれらがかつてのエクシリアを越える勢いで返ってきています… これはGWセールあたりで3980円!!とかセールの目玉商品になりそうな予感がします。

 

 3月8日はトロ・クロの参戦(PS3版のみ)が個人的に嬉しいカプコンさんの『ストリートファイター×鉄拳』 立て看板の構造が非常に凝っていてお気に入りでした。 販促物は一見派手な物の版権絵のパターンが少ないので同じ様な展開になってしまうのが悔やまれます。キャラの体格差を活かした立ち絵とか欲しかったです。 今回もポスターを複数枚使って、背景→リュウ→一八→ロゴの4重立体構造を作ってみました。 手間もかかったし割と気に入っているので発売後もショーケースの上に飾っています。 
 ネームバリューがある2作のコラボとはいえ、初動売り切り型の格闘ゲームで新規タイトルという事で、本部発注も17本(内360版は1本)という少なめの入荷でした。 
 デモもかなり長い期間流していて個人的には面白そうに見えていたのですが、予約は全然入らなく、初日売上は両機種各1本と大爆死しました…その後も動きがなく、それどころかウチの店で売れた本数以上に中古が売りにこられてしまう程。 ゲームセンターで稼動しているものではないというのと、最近のカプコンさんのベスト化と完全版化の発売スパンが短いのが原因ではないかと思います。半年くらいでキャラ追加&バランス調整したアッパーVer(しかも低価格)が発売されたしりたら、発売直後に新品で購入した方達はガッカリするでしょう。たとえ無料でアップデートできたとしてもです。 さらに今回は初めからVITA版の発売に合わせて、キャラ追加することが最初から告知されていましたのでユーザーは特に警戒してしまったのかもしれません。
 カプコンさんに限らず完全版商法を続けていると、自分の首を締める結果になるのではないでしょうか、ボクのようなバージョン違いも全部欲しいっていう人はかなり少ないと思います。ボクも中古で安くなってからしか買えないですし。 (格ゲーだと最近やっとソウルキャリバー靴鯒磴い泙靴拭) 
 インパクト的には2大格闘ゲームのコラボというのが強力なウリでしたが2Dになってしまった鉄拳のファン的には今回のシステムはどうだったんでしょう?(ボクはどちらかといえば2D格闘派なのでOK) タイトルをどうするか難しいですが、次回作があるなら 『カプコン×バンダイナムコ』 のメーカーキャラ対決だと嬉しいです。 アイルーVSクロノア とか リュウ(ブレスオブファイアの方)VSスタン・エルロン とか、ひょっとしたら ヴァリアントアーマーVSモビルスーツ もなんていうのもアリかも? おー、ゆめがひろがりますなー。
 いずれにせよ 『格闘ゲーム=家庭用版で練習してテクニックをゲームセンターで活かしたいから買う』 というのが購入の第一動機でありセオリーなのにその大前提を無視してしまったのはかなりの痛手だと思います。まだまだ 『友人集まって、またはネットで対戦する為』 だけでは購入動機としては弱いと思います。 
 ちなみにボクは格ゲーでは基本的に必殺技はあまり使いません。なるべく通常技の絡みで闘うスタイルです。 スキが大きいっていうのもありますが、必殺技は『必殺』の技なハズなのにポンポン連発とか、あまりカッコよくないなーという自分勝手な美学の為。 (実は掴んでからの攻防が熱いトバルNo1とかすごく面白いと思っていますが、キャラに魅力を感じないUFC等スポーツ系の格ゲーは全くプレイしないです。食わず嫌いなのかもしれませんが…) 
 なのでキャラの練習しているとコマンド入力ができない超初心者に見えるのか、よく対戦に入られてボコられる時があるので、ひたすら地味な練習をする為に家庭用版がゲームセンター稼動中に発売される昨今は大変嬉しいです。 アルティメットガードやブロッキングとかジャストディフェンスとか避けとか飛び道具連発を飛び道具以外で対処できるガードシステムが大好きです。

 

 3月22日はSEGAさんの 『クロヒョウ2』 が発売されました。1月頃からデモディスクは届いていたのですが、展開場所に空きがなかったので結構ギリギリにしか店頭で流せなくて申し訳ないです。ディスクには『1月末号』って書かれてましたので第2弾も来るのかと期待していたのですが結局その1枚きりでした。 『龍が如く』ならスタッフ用のバッチやネックストラップ等が販促キットに入っていたりするのですが、(バイナリードメインはお面でしたw) 50本程度の発注数だからなのか今回はそういった物は無かったです。 あっ、でも初音ミクの時はあったから数量とは関係ないのかも? そんなですので予約数もそこまで伸びる程ではなく、売れるのか心配でしたが、割とサクっと完売しました。中古もそれほど返ってきていないので、まだまだ楽しんでいただいているようです。
 クロヒョウは如くシリーズのようにヤクザモノというわけではなく、格闘家の物語って印象が強いので(未プレイ)個人的には好みです。別に如くシリーズにしなくてもいいんじゃないかなと思っているのですが必要なの?
 特集平台はホント時間が無かったので実はワンピースの時に敷いた船の甲板をイメージした紙がそのままです。モニター動かさないと剥せないので、一人では無理。 自分の中では、格闘家だもん修行はきっと道場だよ→この板間は道場の床をイメージしてるんだよ。ということにしました。
 
 それにしてもバイナリードメインの時からそうでしたが、ここまで開発スタジオを前面に推し出して展開するゲームって珍しかったです。 (小島監督ですらここまでは) 
 『名越さんステッカー』とか送られてきた時は一体コレをどうすればと思いましたが(笑) ゲームのお客様に『クロヒョウ2よろしくお願いしますー』と配ったら以外にも結構受け取ってもらえましたので早々に無くなりました。 中には俳優さんか何かと勘違いしたのかレンタルのお客様が『これ貰えないの?』と聞いてきたくらいで。 答えはもちろん『よろこんで!』

 

 3月ラストの大作は 『キングダムハーツ3D ドリームドロップディスタンス』 拡げすぎてしまった大風呂敷がプレッシャーなのか、なかなか3が発表されませんが今作は時間軸的に2.5あたりの位置付けだそうです。 やっと少し物語が進みましたw。
 なんといっても画像が美しすぎます!! GBAやDSの頃から他の作品より頭一つ飛びぬけている技術力で、なぜここまでできるのか!! と思うほどでしたが今作はそれ以上です。 ただデモは大きく画面一杯にしてほしかったですね。なんか周りがかなり邪魔でした。
 多分放映するモニターの比率の問題で、3DSは16:9 に対して販売店の殆どはまだまだウチのような 4:3のブラウン管 が多く、デモ映像を作る際、どのタイプのモニターにも対応できるようにするにはこうするしかなかったのだと思います。 他の作品ならそんなに気にしないメーカーさんが多いですが、ディズニーキャラの縦横比が狂う可能性がある事にウォルトディズニーカンパニーさんから許可が降りないんだろうとボクは推測しています。 初代キングダムハーツよりも15年も前にハドソンさんがファミコンでミッキーのアクションゲームを製作した時も、キャラのドット絵のチェックやイベントの時の警備がかなり厳しかったそうです。さすが世界のミッキー妥協一切無しですねー。 
 
 デモといえば逆に最近のは16:9用に編集しているメーカーさんも多く、そのまま流すと映像が縦長になり、昔のカンフー映画みたいになってしまいます。 プレイヤーの設定で直せるものもあるんですが上手くいかない時もあり、仕方ないかなーと思っています。

 バイオの時もそうでしたが、シリーズ初の3DSということで心配だったので、特集平台はちょっと気合入れて、ほぼ1/1キーブレード(っぽいモノ)をスチレンボードで作って天井から吊るしてみましたが、 柄のチェーンや鍵の先端部分のディティール(設定ではミッキーの耳みたいな形でくり抜いてある)が難しかったので省略して、ただのギザギザにしてしまった為、なんだかシャーッハハーって笑い声が聞こえてきそうな剣になってしまいました(笑) また、台は黒とグレーでチェス板風にしてみました、KHと言えばなんとなくそんなイメージだったので。  凝ってしまったのと追加入荷がドンドン入ってくるので、ドラクエモンスターズのキットが届くまではこのままの予定です。 (ファイアーエムブレム覚醒はデモディスクが無いので)
 売れ行きはどうかな?と思ったのですが、40本強サクっと無くなりました。
 ボクとしては『1』実家に置いたまま、ターザンのところで放置しているので、ファイナルミックスのシナリオも加えたPS3・360版HDVer(吹き替え・字幕選択可能)が発売される事を期待しているのですが、他の作品と比べて権利問題が難しいのかもしれません。 でもホントにいい作品なのでまだまだ未プレイした事の方にはぜひ遊んでほしいので、なんとかシリーズを振り返るチャンスが欲しいですね。 なんか今作に合わせて1や2のベスト版新品が結構な数売れたらしいという記事見かけましたのでどうせならもっとキレイにしてほしいなーと。 過去に売ってしまって買い直したい人にもいい購入動機になると思うのですケド。

 
 本日のサブタイ 『市虎三伝』(しこさんでん)とは、戦国時代、ほうそうが人質として囚われていた時に、国王である魏王に、もしだれかが街に虎が出たと言ったら信じますかと尋ねると、信じないと答えました。では、もう一人が同様に言ったらどうかと尋ねると、疑い始めるかもしれないと答えました。では三人ならどうかと聞くと、信ずるようになるだろうと答えた故事からきています。
 根も歯もないことでも、多数の人の口からくり返し言われれば人は信用してしまうという意味です。 
 有名な『火のないところに煙は立たない』の対極にある故事ですね。

 ゲーム業界では、そんな言葉のとおり、各方面で囁かれているうちに、だんだん信用してしまいそうな噂が飛び交う事が多々あり、その度にユーザーや販売店は踊らされています。ちょうどファミ通の記事でも噂の真相みたいな特集が組まれていましたが、夢のある噂についてばかりでした。
 ということで今回は先日目にした現実になると非常に困る噂をご紹介。

 
 とある海外のサイトでPS3の後継機にあたる次期ハードの噂情報について、

 

■ コンソールの名称

 * “Orbis”なるコードネーム/仮称で呼ばれているらしい

 * Orbisはラテン語で「円」「輪」「軌道」などの意味を持つ

 * 同じラテン語で「生命」の意味を持っていたVitaと組み合わせると「生命の輪」となる

 * ソニーのポータルサイト上にはOrbis.SCEDev.netというURLのページが存在

■ 計画段階のスペック

 * AMD x64 CPU

 * AMDの次世代GPU“Southern Islands”を搭載

 * 最大解像度4096x2160でゲームを表示

 * 解像度1080pで3Dゲームを表示(PS3は720p)

 * OrbisはPS3ソフトの後方互換性を持たない

■ リリースタイミング

 * 2013年ホリデーシーズンのリリースを計画

 * 今年初めに選ばれたデベロッパーが新型コンソールの開発キットを受け取っている

 * GDC開催前後にその改良版が配布された

 * 2012年の終わりにはさらに最終形に近いベータ版が用意される

 * このように早期に開発環境を提供することでローンチゲームが充実するはず

■ 中古ゲーム対策

 * 噂のXbox後継機と同じく何らかの中古ゲーム対策機能が組み込まれる可能性が高い

 * 全てのゲームはBlu-rayディスク版とPSNダウンロード版の2種類が用意される

 * ディスク版購入時はゲームデータをHDDにフルインストールする

 * 購入したゲームはひとつのPSNアカウントのみでの利用に固定される

 * PSN版のデータはいつでも無料で再ダウンロードが可能

 * 何かをするにはPSNアカウントを作ってオンラインでいる必要があるため、中古ディスクを購入してオフラインのみでプレイ、といったことはできない

 * 買取に出された中古ディスクを入手した場合、プレイに何らかの制限がかけられる

 * 中古ディスクに対しては、トライアルモードでの起動に制限、何らかのコンテンツ制限、追加料金を支払ってフルゲームをアンロック、といった仕様が噂される


 以上コピペでした。 ここで気になるのは中古ゲーム対策の部分。 特に 『購入したゲームはひとつのPSNアカウントのみでの利用に固定される。』 ですね。 この仕様ですと中古ゲームを購入しても遊べない、または何かしらの制限がかかる。という事になります。友達との貸し借りもできません。 
 現在でもゲームによっては中古ではオンラインプレイができないものもありますが、そういうタイトルに限って、オンラインプレイにウエイトがおかれているものが多いですね。結局充分に楽しむ事ができない。勿論中古で買ってもらっても、ソフトメーカーさんは一銭も儲からないのですから、なるべく新品を買ってもらうため、工夫をするのは当然、中古で買った人の面倒まで見る義理はないのが普通なのですけど。 ゲーム自体がこの仕様になってしまうのは流石に中古ゲームショップで働く身としては、想像するだけでも背筋が寒くなります。
 この仕様すでに一部のパソコンゲームでは行なわれていますが、ネット認証と呼ばれており、発売後一定期間は中古を購入しても認証されないようになっています。一定期間後は、ゲームディスクとネット環境さえあれば、ファーストプレイ時のみネット認証を行ないますが、そのあとは普通にプレイ可能です。 かなりユーザーの事を考えてくれてはいますが、それでも煩わしい仕様ですね。
  中古ショップは認証解除日以降にしか買い取ってくれませんし、そもそもネットに繋いでいない人は遊ぶ事ができません。 パソコンですらこうなので、家庭用ゲーム機のソフトを新品で買ってきてもまず、利用登録を行なわなければならないなんてネット接続率がどの位の割合かなんて問題以前の話かもしれません。
 別な話ですが、メーカーとしてはバグが出てもパッチで修正した方がコストがかからないからネット接続100%推奨なんでしょうね。 でもそれはさすがに甘えかなとも思います、最近の作品はボリュームがあり、複雑ですからバグが出るのは仕方がないのかもしれませんが…デバックに充分な時間を割いているのかも疑問な未完成状態のものを発売してるとしか言えないところもあります。 


 一方こちらは上記に対する経済的な視点からみた意見

  
 

本日早朝にも中古製品をブロックする機能を有したPS3後継機“Orbis”の噂をお伝えしましたが、Wedbush証券アナリストのMichael Pachter氏が次世代機の噂にて大きく語られるようになったこの中古対策に対し新たな意見を述べています。

Pachter氏はまず、中古対策を搭載することはソニーとMicrosoft両社の利益にはならないと指摘。AcitivisionやElectronic Artsが僅かに利益を得て、海外大手小売りのGameStopが大きな損害を被ることになるとし、またそれ故にGameStopが中古対策を持つコンソールを店頭に並べることはないとも述べ、結局は売り上げの面で自身の首を締めることになると主張しました。

さらにこの売り上げ損失から考えれば、各社が先行して中古対策を搭載することはまず有り得ないとPatcher氏。また各社が同調して一斉に中古対策を搭載するような可能性についても、「(各社は)そこまで邪悪では無い」と否定的なコメントを残しています。

またDFC IntelligenceのDavid Cole氏もこの意見に賛成し、中古対策は新製品を購入するために中古製品を次々と売っていくようなコアなコンシューマー利用者を止めることになるため、搭載される可能性はかなり低いと主張。IDCのリサーチマネージャーLewis Ward氏も、ディスクを研磨する“魔法の杖”のような中古市場を販売側が促進していることを認めつつも、ネット接続に制限があるような家庭にとっては中古取り引きこそがコンソール機購入の1番の理由になっているとコメント。また結局はDRMのように特定のハッキング行為で対抗策が立てられるとも指摘しています。



 以上コピペ ボクとしてもこの意見なので中古対策機能はつかないと信じたいですね。 最近は中古を購入しても、ユーザーの判断でメーカーさんに儲けが出るように、オンラインパスを販売しているところもあります。 これはオンラインプレイをする為の権利を小額で購入することで、新品購入者と同じようにオンラインプレイが楽しめるというものです。
 中古で買う奴には作品のメインであるネット対戦をさせてやらん!!とちゃぶ台をひっくり返すガンコ親父のように一蹴するのではなく、作った作品をどんな形(新品・中古・借りたり等)であれ、プレイしてくれるユーザーを大事にしてるそんなメーカーさんが確実に増えている事実があるということコレは今後のゲーム業界に希望が持てます。
 今回は中古で買ったけど、作品のファンになってくれれば次回作は新品で購入するかもしれませんし、長い目で見てもメーカー&ユーザーどちらにもいいこと尽くめだと思います。 もちろんそんなことをしないで、廉価版を発売し、あくまでも新品のみネットプレイ可能というところもあります。 ただ、ボクのように廉価版・普及版・ベスト版言い方は色々ありますがパッケージのデザインが変わってしまうため、それを購入する事を嫌がるユーザーは必ずいます。(メルルのアトリエの修正版パケもヤです。) もちろん廉価版になる前に、フルプライス版を買えばいい事なのですが、すべての欲しいゲームを新品で購入はさすがに夢物語です。発売後かなり経ってから評判を聞き、興味をもつソフトもあるでしょうし。
 こんな時、オンラインパス販売制度は非常に嬉しいですね。 パス代金だって環境整備や次回作への資金となっているのだと思うと全然安価だと思います。 勿論モンハンPみたいにそれすらも必要ないのはお財布的に非常に嬉しいですけど。

 販売側としては怖い噂に踊らされましたが、数年後には真偽がハッキリしていることでしょう。 ユーザー側としてはどんな形になろうとも、新品で発売日にバンバン買えるくらいの収入があれば大抵の事には対応していけると思います。 節約神(ガーディアン)モードでお金を貯めて、欲望解放神(リミッットブレイク)モードで無駄づかいですねっ!! ん?なんか矛盾しているような…。
 
 といったところで本日はこの辺で、模型話やマンガ・アニメ話などまだまだ書き足りないのですが、一応カテゴリーをゲームにしてしまったので別記事に分けます。
 あ・もう5月目前なのに『鬼が悶える』も今年はまだですし、完結しないうちにガンダムワールド2012が始まってしまいます。(今年も4月29日から5月6日までサッポロファクトリーで行なわれます。)ので、そろそろあの2人にも登場してもらわないと…その他、突撃レポゥトもアチコチ行ってもらっているので消化しきれていない写真が貯まっていてSDカードの容量がヤバイ。
 このまま次の記事にとりかかりたいところですが、本日もGWセール準備の為の準備(ややこしい)をする為、休みですがお店に出かけようと思います。本日発売の『マリオパーティ9』の飾りつけも全然できませんでしたので不安ですし… う〜GWに妹が泊まりにくるので、散らかってしまった部屋も片付けたいのにぃ…。



 P.S. 劇場でパンフを買う際、非常に混んでいる中でボクの直前で列の動きがピタっと停まってしまいました。 見ると20代後半位の女性の方がプリキュアのグッズをカウンターの上に沢山拡げてもらっています。(商品は全てカウンター内なので通常は欲しい物を店員さんに告げて購入する方式) ボクは、あー、たまにいる『とりあえず全部の在庫見せて』っていうタイプのお客さんなんだなーと思って10分くらいそれを眺めていたら 『お会計は1万9千〜円になります。』って えぇぇっ!! 見せてもらってたんじゃなくて全部買うものだったんですか!! その時ボクの頭の中には『アニメ店長完全燃焼版』が鳴り響いてました。 ここまで情熱をぶつけてアニメを支えて下さっている方にホント頭が下がります♪ 
 購入後店員さんに、大人は来場者記念品がもらえなくてすごく残念だったとか、自分の集めているグッズの話とか、映画の見所などを熱く語っていたのはご愛嬌ということで生暖かく見守ります。 オタ特有の好きな事を話す時のアノ、相手が初対面であろうが、例え周りが引いていようが関係なしにハードルの高い話を続けるハイレベルなテンションは身に覚えがありすぎて笑えないです。
 



2012/04/26 (木) 10:00 | ゲーム
trackbacks(0) | comments(0)


2014/06/08 (日) 10:00 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック