ぷらすてぃっく

ゲーム・アニメ・ホビーなどオタ話や管理者 神代そらの日常をセキララにお届けするブログです。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014/06/08 (日) | -
- | -
 おはようございます 今年最初の更新なのでちゃんとしなきゃなのに携帯からの短文なので簡潔に失礼します 神代です。
という事で恒例のリアルタイム更新ですが、只今 『 劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇跡 』 公開初日の為、ゲオディノス札幌劇場に来ています。
 毎度の如く現在位置は階段です。 3階くらいでしょうか。黒い集団の中で揉まれています。 朝7:30には家を出たのに初回で観れるかビミョーな感じです。
 今のところコスプレスタッフさんは見えないですが、これも楽しみの一つです。 おっ、列が大きく進み始めました! でわまた後ほどです。でわでわ。

 後ほどと言っておきながら間が空いてしまいました。(現在3月19日午前9:10分) 毎日来ていただいてた方本当にスミマセン、そしてアリガトウ!! (スカイハイ風)
 今回の記事はもともと映画の感想のみのつもりなので追記更新もちょっとだけなのですぐ書くつもりだったのですが…色々とバタバタしてるウチにこんなに…PCがかなり末期なのもありますが言い訳ですね。余談ですが最近誤字脱字にあとから気がついても怖くて修正できません、編集作業で記事自体が丸ごと消えてしまう可能性が低く無いので。 
 そんなこんなな近況報告を含めたちゃんとした今年初の記事は今月中にはUPしたい… (でないと3月の記事が0になってしまう) と思っていますのであてにしないでお待ちいただければと思います。という事で本日は事情もあって手短にいきますー。

 まず結果から言いますと、今回コスプレスタッフさんはいませんでした。残念!! ハッ!! まさか前回このブログに写真掲載したことで何かトラブルがあったのでわっ!! …イヤイヤ、そこまで影響力があるほどの閲覧数じゃないデスヨネ? ちなみに立て看板などもナシ。写真撮る物が何にもない状態でした。

 あとお気付きかと思うのですが、追記更新にあたり、サブタイトルを変更しました。 並んでる時には今回もかなり混雑してるなと思ったのですが、割とすぐ列が動き出して、ちゃんと初回で観れました。席も満席で結構前の方になってしまいましたが、それでも今までのアニメ映画と比べれば1/3くらいの観客数だったかな?という感触だったので、同じ志をもった同士のあつまりという 『一味徒党』 という四字熟語にしてみました。悪い意味で使われる事が多いこの言葉ですが、言葉自体にはそんな意味は含まれて入ないハズなのです。 当然 『とある〜』風 にするならば横文字の読み仮名をつけなければならない、まんまですとギャングとかファミリーとかそんな感じになりますが、常にハイセンスな本家には遠く及ばないまでも、それでも少々頭をひねって考えた末、 『ストレンジャー』 に決定。 本来、異邦人・その場にそぐわぬ人というような使われ方をするこの言葉ですが、その中に 『見知らぬ人』 という意味も含まれていて、この劇場には目的は同じで集まっているボクたちだけどそれぞれは全く面識の無い人同士の集団。という事であえて全く対極の読み仮名にしてみました。

  

 全く予備知識なしで行ったのですが、来場記念品として、原作者書下ろしの小説が貰えました。ちゃんと電撃文庫仕様ですので他の巻と並べても違和感なしです。背表紙上部の作者インデックスが げ-き-じょ になっているのはご愛嬌ですね。厚さも222ページと普通に売っててもおかしくないボリュームです。実はまだ読んで無いのですが、この映画 『エンデュミオンの奇跡』の当麻達サイドの前日談になっていて読んでおくとよりいっそう映画本編が楽しめるのだと思います。勿論始まるまでに読み終りませんケド…リピートも来てねっていう事ですね、わかります。
 
 席を確保したあと、始まるまでかなり時間があったのでグッズ販売の列に参戦。 実際こっちの方が全く列が進まないのでチケット購入より大変で、あやうく映画が始まってしまうかと思うほどにギリギリに。 でも無事パンフレットを購入。 今作のキー 『宇宙エレベーター』 がキレイです。

 内容ですが、まずその前に。この映画を観に行こうか迷ってる方の中には、『とある〜』は好きだけどアニメ版しか見てないからなー話わかんないんじゃないかなー? という原作本の巻数の多さに足踏みしてしまっている方!! 大丈夫です。 劇中の設定はアニメ2期にあった『大覇星祭』の少し前となっており、気軽に楽しめるようになっています。 いますぐ劇場にダッシュです。 その後の大覇星祭がちゃんと描かれてるんだから今回の世界の危機も何とかなっちゃうんでしょっていうのは言っちゃダメです。

 
 今作は、 『アスキーメディアワ−クス創立20周年記念作品』 だそうで現在の電撃文庫を支える長編シリーズ 『とある魔術の禁書目録』 はシリーズ累計1400万部を突破しているのだとか、巻数の多さなら 『フォーチュン・クエスト』 シリーズも(デュアン含めて)負けてはいないと思うのですが、あれはもともと角川スニーカーからの移籍だから記念作品ってわけにはいかないのでしょうか… とにかく原作者の鎌池先生は筆が早い印象があります。 AW・SAOの川原先生といい、最近のラノベ作家はニュータイプかなにかなのでしょうか。月刊コミックかそれ以上の速度で書き上げてる気がします。 
 そんな鎌池先生がストーリーの原案を担当されたという事で、本編と比べても遜色無い情報量と質の高さとなってました。(むしろ1回観ただけじゃ全てを噛み砕けないほど歯ごたえのある仕上がりに)  一昔前のアニメ映画(未来から来た猫型ロボットや嵐を呼ぶ幼稚園児以外)だったらアニメスタッフが考えたオリジナルストーリーでコレジャナイ感が漂ってたものですが、原作者がちゃんと製作に絡むというのは最近の風潮のようです。

 物語はSF物や中二病にはなじみも深い、 宇宙エレベーター(軌道エレベーター) を軸に劇場版オリジナルキャラ 歌でみんなを幸せにしたいと願う無能力者(レベル0)の少女 『鳴護アリサ』 と当麻達の出会いから始まります。  
 劇中でも言ってましたけどTV本編の時からあんな宇宙エレベーターありましたっけ?機会があったら見直したいんですけど。それとも魔術的な伏線?

 アリサを演じるのは最近の電撃作品の姫 三澤紗千香さん 歌うキャラなのでピッタリですねー。 彼女の歌を聞くと幸せになるという噂(いかにも佐天さんが好きそうな噂です)で人気が出始めた彼女。
 路上ライブで歌っていた所をインデックスと意気投合。 アリサの宇宙エレベーター開通記念の歌姫オーディション合格、そしてステイル達の謎の襲撃、さらに謎の勢力、そしてロリっ子と、またたく間に3人の生活が始まります。 さすが劇場版でも衰えを知らない安心安定な上条磁石(女子限定)です。ただ扶養家族が増えてしまった上条さん家の家計(主に食費)が心配ではあるところ。 それにしてもステイルはあんなに可愛いお弟子さんを隠してたんですね。人肉プラネタリウムにされたり、インデックスには報われなかったりで、かなり不幸な人だと思ってたんですが、慕われているようでなかなか充実の日々?
 
 3人の日常生活は若干の不安要素を抱えながらも肌色成分大目のサービスショット満載で描かれます。 インデックスとアリサの入浴シーンなんて作画気合入りすぎです。 あざといっ!あざといよっ!!(褒め言葉) 

 すでに美琴とも面識があるようで(公開直前に発売されたPSPのゲームでその話は描かれているらしいです) 超電磁砲メンバーもしっかりと登場。ストーリーにも絡みます。 姫神ちゃんなどほぼレギュラー扱いのキャラは少ないカットながらも一応全員登場してました。神代イチオシの男性キャラ土御門も大活躍です、彼はいいとこ持っていきますねー。

 果たして宇宙エレベーターを巡る陰謀とは? アリサの歌に奇跡は起こるのか? といったところでネタバレしない範囲で紹介するとこんな感じですねー。
 あ・今回歌がテーマなので劇中で何曲歌ったの?っていうくらい歌います。 まるで某銀河の歌姫(笑) あとからパンフ読んで知ったのですが、アリサのライブ衣装は いとうのいぢ氏など電撃文庫縁のイラストレーターさんたちがデザインされてるそうで、演出含めて今作の見所の一つとなっています。

 最後に一言付け加えるなら



 神裂さんって、なんでもアリなんですね…(汗)



 今まで『世界に20人も存在しない聖人』って言葉では何度も原作に登場しましたけどそのスゴさの断片を見ることができます。 その割りに扱いが不憫なのはいつもの事ですが。


 では本日は最初に書いた事情があるのでこの辺で。 数日前からなんか顔のリンパ腺のあたりが痒いようなイタイような症状だったのですが、それが右耳の裏を中心にどんどん激痛(頭痛なども併発)になってきて今朝に至っては2・3時間しか寝てないのに目が覚めるほどになりました。うなじには無数のしこりのようなものがいつの間にか出来ててアレ?ひょっとしてかなりヤバイ? というような感じなのでこれから病院に行ってこようと思っています。 (それでも更新してるあたりまだ余裕?) 
 脳の血管が詰まってますねーとかでいきなり緊急手術ですとかにはならないとは思いますが、そうなった場合今生の別れにならないとも言い切れないので。 そうでなかったら次の記事でお会いしたいと思います。 でわー。  
 
評価:
---
バンダイナムコゲームス
¥ 5,136
(2013-02-21)
Amazonランキング: 831位

評価:
井内舞子,中沢伴行,fu_mou
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 2,625
(2013-02-20)
Amazonランキング: 119位



2013/02/23 (土) 08:57 | アニメ
trackbacks(0) | comments(2)


2014/06/08 (日) 08:57 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

お久しぶりです。

暫くお店に顔出せてませんが、元気でしょうか?
病院に行った結果どうだったのか気になりますね。

更新がまだのようなので・・・心配です。

その内、お店に顔出しに行きますねー( ^ω^)

2013/05/24 01:52 | カミーユ

 カミーユさんお久しぶりですっ!! ご心配おかけしておりますなのです。 
 前回の終わり方から本来すぐ更新するハズだったのですが諸事情(理由は次の更新で)によりまた間が空いてしまい、ヤバイ、コレ死んじゃったみたいに思われてるのでは?と不安に思ってはいたのですが生存報告だけもなんだかなあ、という事で現在通常記事書いてます。なんとか今月中にはUPできるのではないかと…更新少ないとアレもコレもと書くことが増えて書くのが終わらない悪循環です(笑)
 っていうかカミーユさんも更新してないじゃないですか…って更新してるーーーーっ!! 順風満帆そうで何よりです。一応ボクはまだお店で働いていますのでご来店おまちしておりますです。

2013/05/25 10:40 | 神代 そら

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック