ぷらすてぃっく

ゲーム・アニメ・ホビーなどオタ話や管理者 神代そらの日常をセキララにお届けするブログです。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014/06/08 (日) | -
- | -

 
 デデデ、デデデ、ダ・ダッ (アイキャッチ)


 はい、というわけで久々のアイキャッチネタでBパートです。アイキャッチというよりは 『NOW LOADING』、後半っていうよりはB面へって感じです。 タバコを吸うと頭が冴えるハードボイルドさんです。実はこれくらい書いておかないと管理人も後から見直すと何なのかわからなくなるのです。

 えーっと何故に後半になったかと言いますと、ついにPCからの更新文字数限界数も突破してしまったようなのです。 めったに開かないヘルプページで調べてみるとその文字数約30000文字だそうです。えーっと400字づめの原稿用紙で75枚くらいですか、たいした内容も書いていなくただ羅列しているだけなのですが30000文字では書き足りないのニャ。 

 最初限界があることを知らなかったので丸1日分くらいの記事が消えてしまいました。orz… アレーと思ったけど、すぐに原因を突き止めたので仕方ない消えた分は書き直そうと気を取り直し、だったら後半はこのあたりかなというところから、このBパートにコピペし、記事更新をちゃんと確認した上で、Aパートからその分の文章を削除、記事を不自然にならないように手直し。その日はそれで終了したのですが、次の日Bパートの続きを…と思ったらサブタイトルはあるのに記事本文が白紙状態に…。 さすがに思いっきり凹みました。未だに原因はわかりません。 この他にももちろんPCのコンディションは最悪ですので何度も何度も記事が消え、一人癇癪をおこしていました。 ゲームとかしててもコントローラーを投げたりとか床を叩いたりとかそういう癇癪を起こす事は絶対に無いのですが、このパソコンに限ってはホントに何度壊してやりたいと思った事かわかりません。 それでも壊さなかったのはいまはコレしか無いから。 コレが無くなったらホントにネットカフェからしか更新できなくなってしまいます。 ひょっとするとその方が遥かに快適かもしれませんが。
 
 今回の事で思ったのですが、もしJUGEMさんのサーバーに何か不調があったとして、今までの記事が全て消えた場合、ウチのパソコンには何もバックアップを残していないので復帰もできません。 
 おそらくそうなればもう立ち直れなくてブログ自然消滅するでしょう。ということでこの教訓を活かし、今後はWordにコピーをとっておく事にしました。さらにUSBメモリにも入れておけばパソコンが逝ってしまっても大丈夫でしょう。少々面倒な作業ですが仕方ないですねー。
 そういえば全然関係無いですが、このUSBメモリというシロモノ、ボクのはデジタルオーディオプレーヤーの機能がついているのですが、コレがなかなか便利です。 
 ボクだけかもしれませんが、ドラマCDなどをCDプレーヤーで再生するのってなんとなくプレーヤーの方を向いてないとダメ&他に何かしながらは集中できないので聞けない ような感じがして、なんとなく気楽に聞けないので余程時間が無いとせっかく買ったのに聞かないまま放置してしまう事が多かったのですが、USBメモリに入れておけば、寝る前などに横になってボタンひとつで聞けますし、もし寝てしまっても充電が切れるだけですのでCDプレーヤーが付けっぱなし&ディスク入れっぱなしを気にしなくてもいいところが精神的に気楽です。
 ところで最近コンシューマーのゲーム特典はDLコードばかりで魅力を感じませんが、PCギャルゲー業界では未だに予約特典にCDドラマが付く事が多く、それが店舗ごとにキャラが違うとかメーカーさん気合入りすぎです。それはそれでメインキャラ以外が需要のユーザーには嬉しいのですが 妹オンリーゲー とかでお気に入りキャラが一人では無い場合は…一転、鬼の所業ですね。 さらに描き下ろしテレカとCDのキャラの組み合わせが絶妙になっている場合もまた然り。 特典物はある意味ゲーム本編よりも中古で手に入りにくいのでレアです。 全部買えればいいのですがそんなわけにはいかず泣く泣くスルー。という事でCDそのものを所有して無くてもデータさえあればいいという現代っ子はどんどん保存して中古屋に売ってしまってください、ココ非常に大事です。

 

 DVDの感想後半戦に入る前に、ちょっと最近のアニメ話。



 もっと早く書ければ良かったのですが、友人のあだ名にソレはないわーと思いつつ、まこピーがおんぷちゃんに似ててどんな流れで仲間になるんだろうと欠かさず見ていたドキドキプリキュア、最近すっかりレジーナが気になります。登場時から感じていたのですがあれって虎王ですよね?田中真弓さん(まるで悪いワタルにしか聞こえない)も出演してらっしゃいますしねっ! もう間違いなく5人目のプリキュア(モチーフはジョーカーかと思ってたらAらしい)で決定ですよっ! ラスボスの娘という事ですがきっと嘘に違いないです。
 予想ではアン王女が目覚めないように精神だけ抜き取りレジーナという存在を作り出し、さらに強力な暗示により『キングジコチューの娘』だと洗脳しているってところじゃないでしょうか。 あーだとすると最終回では消えてしまう&アン王女は何も覚えてないフラグがー。でもオールスターズで皆がピンチの時にはきっと駆けつけてくれるでしょう(笑)
 タイムリーな事に(そうか?) 角川スニーカー文庫さんより 『虎王伝説』 が復刊されたそうでウレシ。 読んでみたかった昔の作品がこのご時世に電子書籍では無くちゃんとした紙の本で発売されるだなんて角川書店さんはわかってらっしゃいますねー。この調子で 『ロードス島戦記』 もお願いします。

 ※6/30追記 って予想してたのに本日の放送ではえーーって感じです。ほぼ何の伏線も無しに新キャラ登場。 誰…これ? さすがに素人が思いつくようなストーリー展開にはならないものですね。飽きさせません。

 
 

 アニメ話といえば外せないのが第二期が只今放送中の 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』 です。先日遂に原作の最終巻が発売されましたので買ってきました。 が、ブログUPするまで読まないでおこうとまだシュリンクも破っていません。 先週放送分であやせの件が予想通りとはいえ、ネタバレしてしまったのが悔しい。 来週までには読んでしまわないとダメですね。 ところであやせの別れ際のアレ、『電影少女』(集英社 桂正和)の伸子ちゃんのパク…ゲフン、ゲフン。

 最初2期やるという話を聞いたときてっきり恋愛編終了までを描くのかとばかり思っていたのですが、今期で最後までアニメ化するそうです。 その弊害か今回第2期はかなりエピソードが削られていてとにかく本筋だけをなぞっていく構成で、一言で言うとガッカリな感じです。毎回うわ、ここも端折るの?っていう感想しかないです。全然面白くない。 そこそこちゃんとしてたの黒猫と付き合ってた話くらいじゃないですか? 
 ファンとしてはもっとゆっくりじっくり原作の面白かった所をちゃんと映像化して欲しかったです。
 理想的なのは

 アニメ第一期が原作1〜4巻 (桐乃帰国まで) 
     第二期が恋愛編と称される原作8巻まで (黒猫と別れる 桐乃ブラコンを認める)
  で、第三期で原作12巻のクライマックスまで

 というのが原作のボリュームを考えてもちょうどいいペースだと思うのですが、原作が完結することにより、ブームが沈静化し、その後映像化をしても商業として成り立たないから今回の様な半端なアニメ化になってしまったんでしょうねー。 だとするとそもそもが2期放送が遅すぎたってだけだと思います。 1期はあんなに面白かったのになぁー。 今回間の端折った話は後から番外編としてWEB配信やDVD発売時に未放映話として収録でもする気なのでしょうか…。とにかく残念な出来です。

 原作は10巻の引き(あやせ告白)をひとまず置いておいて11巻の過去話。京介と桐乃の関係に変化があり、桐乃は周りに急かされて、ホントならもう少し先延ばしにしておきたかった決着をつけなくてはならない色々な事に向き合わなければならなくなりました。 
 11巻ラストでは 『見てなさい、エロゲーよりもすっごい事してやるんだから。』 と本気宣言していましたが、まぁストレートな意味ではないでしょうし、心のどこかでは幼い時に真奈美に言われた事を受け入れているでしょうから、おそらく桐乃エンドにはならないと思います。 桐乃のは恋とか恋愛感情とは『まだ』違う物でしょうし、京介とヨスガる関係を望んでいるわけでもないでしょう。 なにより京介にその気が全く無い。 普段は妹たちに流されやすい人ですけど、ここぞという時にはガッチリ芯が通ってますので、もし仮に桐乃が迫ったとしてもいつもの京介節が炸裂して振られるだけでしょう。 ただ桐乃はああいう性格ですので結果はどうあれ、ちゃんと決着付けたいんだと思います。当たって砕けろはのぞむところ、イヤ、当たるんだったら(相手を)絶対砕くぐらいのつもりでぶつかる決意で臨む だけど、当たらないで回れ右は死んでもイヤっていう心境かな?

 11巻で一人フっている時に口に出したように、京介の中ではすでに一人に決めているようですので、桐乃だけでなく、それ以外の誰が迫っても玉砕するだけでしょう。 個人的にはエンディングは結局誰を選んでもおかしくないような感じでぼやかして欲しいタイプの作品なんですけど多分黒猫なんでしょうねー。 この兄妹の関係において黒猫の存在と功労が大きすぎです。その報酬として近い将来黒猫の描いたディステニーレコードのような理想の日々が来るのかもしれません。もちろん桐乃エンドならそれはそれでやってくれるぜアニキと尊敬し、褒め称えましょう。
 アニメ第二期DVDの限定版特典には10年後のSS小説が付いてるとの事ですが当然最終巻まで読んでるのが前提でしょうね。 この作品、原作読んで無いのにDVD買う人はまず皆無と断言してもいいですし。 読みたいですー。
 

 余談ですがボクは原作読んでて真奈美に好感を持った事がありませんでした。自分でも理由がわからなかったのですがとにかく毛嫌いしていたんですよね。 たとえ桐乃以外の薄い本を手に取ったとしても黒猫やあやせ・加奈子や五更姉妹(笑)くらいまでです。真奈美の本は買いません。あとゴメン、沙織バジーナ。 キミはやっぱりネタキャラなので。 あー、Yu-Ji 先生 http://gilgamesh-epic.com/ の桐乃×京介イチャイチャ本(全年齢向け)が見つからないです。いつも妹漫画で楽しませてくれてありがとうございます。 次は赤座姉妹(ゆるゆり)あたりが読みたいのですが如何でしょう?

 その理由も11巻を読んでハッキリしました。 真奈美以外のキャラは桐乃のことをちゃんと対等にライバルであり、友人でありとして扱っていますけど真奈美は最初から桐乃を同じ土俵に上がる事すら認めてないんですよね。 今のままだと京介が誰かと付き合う時の弊害としか認識してないんです、それこそお兄ちゃん子だった小学生の桐乃にかなりキツイ言葉をぶつけています。
 11巻で加奈子につぶやいた決定的なあの一言は、一番常識的で現実的な反応ではあるんですけど、そこを絶対譲れない真奈美の深い部分を無意識にある一定の読者(桐乃に感情移入できる人間)にだけ感じられるように今まで描かれていたのかもしれません。だとすると作者の文章力は恐るべしです。 フィクションの登場人物なのにあの一言は心臓を素手でつかまれるような破壊力がありました。
 他のキャラが2次元なら真奈美は3次元。決して悪い人間ではないのですがラノベの世界には必要ないラスボスです。真奈美の言うとおりじゃこの作品自体無くていいものになってしまいます。 多分京介は桐乃の人生相談が無かったらうやむやに真奈美と付き合ってたのかもしれませんが、物語がそういう方向に行かなかった以上、真奈美には読者の憎まれ役として役目を果たしてもらうしかありません。 
 
 この記事をUPしたらいよいよ最終巻を読もうと思います。 この業界の第二次妹ブームの火付け役 (第一次はシスプリ・乃絵美・鳴沢唯あたり)であり、他の妹作品とは一線を画したこの作品がいよいよ終りかと思うとなかなか感慨深いものがあります。 さて一体どんな結末を見せてくれるのでしょうか。ページをめくるのもちょっと緊張しますねー。 イヤ番外編とかであっさり戻ってきてもいいんですケド。 某サイトに掲載されている作者ロングインタビューも自分なりの価値観で読みたかったのであえてずっと読まずにいたので最終巻を楽しんだ後、振り返る意味で見てみようと思います。
 

 2012年 10月

 機動戦士ガンダムAGE 5   
 
 あの夏で待ってる 4 5

 図書館戦争 5 (完)

 キルミーベイベー 2 

 HUNTER×HUNTER 1 2 3 

 劇場版 とある飛空師への追憶

 輪るピングドラム 7 8 (完)

 モヤモヤさま〜ず2 13 14 15

 お買もの中毒な私!

 IS 6 (完)

 そらのおとしもの 4


 10月はそこそこ色んなモノをバランス良く見れたかなと思います。その分取り上げるものも多くて大変かと思ったのですが、特にコレ!!っていうほど良い物が無かったので一言二言感想を。

 『劇場版 とある飛空師への追憶』 (原作:犬村小六 監督:宍戸淳 製作:トムス・エンタテイメント) はもともとライトノベルが原作という事なのですが、ボクはコミカライズ版(作画:小川麻衣子)の少女コミックの様な柔らかい絵が好きだったのでそちらを以前購入していて、劇場アニメ化ということで声優陣が芸能人という事に不安を感じながら見てみました。  この物語は身分違いの恋と一人の少女を守るための空戦を描いた作品で非常に複雑な世界設定となっていますので説明は省きますが、この劇場版はコミック版しか読んでいないボクですら感じるコレジャナイ感でした。 キャラデザが好みじゃないのはまぁ仕方ないとして、色々と説明不足な点や大事なエピソードが無かったり改変されていたりと、んー…ん〜ん?って感じでした。 パッと劇場版だけ見せられたとしたら話の本質が理解できたかどうかちょっと謎。 アニメと関係ないですが、ハセガワさんよりから発売されたサンタ・クルス号のプラモデルにはこの作品ならではの休息パーツがついてくるのが◎。 とにかくこのアニメをみるくらいならコミック版・ストーリーに興味を持ったら小説版で続きが描かれているそうなのでそちらをチェック!です。それでもスカイクロラよりマシですけど。
 あーっ!お客様に子供が飛行機が好きなのでとにかく飛行機が出てくる映画って何かないですかっていう漠然とした質問をされたとき、コレの事すっかり忘れてましたー。 いきなりだったので思いついたのは 『トップ・ガン』 と 『紅の豚』 なるべく殺伐としてない方がいいんですけどねー、大きい店にしか置いてないですが、自衛隊の航空ショーなんてあれば最適。 他に何かあったかなぁ? ウチの店には雪風もないですし、マクロスはちょっと違う気がしますし、ストライクウィッチーズはもっと違う(笑) ゲームなら間違いなくエアロダンシングジェットでGOをオススメします。 って滅多に在庫ないですってば。

 輪るピングドラム (原作:イクニチャウダー 監督:幾原邦彦 キャラクター原案:星野リリィ 製作:Brain’s Base) は、両親不在の為、3人兄妹だけだが仲良く暮らしていた高倉家、しかし、妹の陽謎は現代の医学では治らない難病の為余命わずかだった。しかし突然現れた謎の存在プリンセス・オブ・ザ・クリスタルが 『ピングドラム』 を手に入れれば妹は助かると言う、かくして2人の兄は妹の命を救う為、どんなモノなのかもわからないピングドラムを探す為奔走するのであった。 という内容で、物語前半は多少シリアスながらも楽しく見れます。 場面転換の時の表現やモブがピクトグラムだったりととにかく個性的な映像です。 一転後半は物語や人間関係が複雑になってきて難解になってきました。多分続けて見ないと話がわからなくなると思います。 ボクは見終った後、わかりやすくまとめてあった考察サイトでやっと全貌を理解できました。 後から知ったのですが、監督さんがあの 『少女革命ウテナ』 の方なんですね。そちらはちゃんと見た事はないのですが、独特の世界観は知っていたので納得。 
 詳しいネタバレは避けますが、作中のセリフ 『生存戦略』、『きっと何者にもなれないお前たちに告げる』 が代表するようにとにかく個性的なインパクトのある作品である事は間違いありません。 アニメなのに芸術作品・印象派 文学でいうなら宮沢賢治作品(劇中でも引用があります)そんな感じです。 受け入れられる人には大絶賛されるし、そうじゃない人には理解すらされない。

 劇中でもカッコイイ冠葉役の木村昴さんはもうすっかり、お兄ちゃん声優代表ですねー。カッコよすぎますよジャイ○ン、複雑な心境を抱える難しいキャラと作品にしっかり向き合っていて音声コメンタリーでの監督とのやりとりも楽しいやりとりをしつつも有意義な物に仕上がっていました。 
 ダラダラした副音声も全然キライじゃないですけど、具体的な作品名は伏せますが、フリートークが苦手な声優さんなのに、製作サイドは声優さんがとにかく喋ってればいいだろうと思っているのかひどいのはひどいですからねー。商品じゃないよコレっていうの結構あります。おまけだから無いよりははるかにいいのでちゃんと見ますけど、この辺ボクがニコ動の実況動画を好きになれない理由と似てます。話を引っ張るスキルのある人がいないのであれば、ある程度の進行表は必要です。
 色々書いてしまったので、敬遠されそうな作品紹介になってしまいましたが、高倉家3兄妹が皆可愛いのでまずはそれだけをきっかけに見てもいいと思います。 ボクは気に入りましたので、いずれガイドブックがわりに全3巻の小説も読んでみたいと思っています。

 ダラダラなのに大好きなドイヒー番組 モヤモヤさま〜ず2 珍しく新作なのにセット料金で借りるほどです。しかし今回はそれが仇になりました。 この同時リリースの3巻中にハワイロケの回が複数回あってしかもほぼ同じスポットに行くのでちょっと食傷気味でした。もういいよハワイは…。それ以外は安定の面白さです。

 久しぶりの洋画 お買物中毒な私! (原作:ソフィ・キンセラ 監督:P.K.ホーガン 製作:ジェリー・ブラッカイマー 主演:アイラ・フィッカー) は、ボク自身がお買物中毒なのでは?と思うほど物欲があるので、この映画を見れは何かいい教訓が得られるかもという事で手にとりました。

 主人公レベッカは一流ファッション誌で記事を書くことを夢見ながら地味な園芸雑誌編集部で働く毎日。 しかし彼女はクレジットカードの支払いも滞るほど重度の買物依存症でもあったのです。
 『女性にはどんな時でも買物をする理由がある』を自負する彼女はとにかく買物しまくります。そんな生活が普通のOLに続くはずもなく、ある日彼女のカードは限度額を超えてしまう。
  コレをきっかけに転職活動を開始、憧れのファッション誌の面接を受けに行ったのですが、出版社でひょんな事から経済誌の面接を受けてしまい、経済の知識などない彼女は当然面接もボロボロ。

 悪い事は重なり、翌日出社すると雑誌が廃刊、自分を含むスタッフは解雇との宣告をうけます。 突然無職になり途方にくれたレベッカは親友と飲み明かし、その酔った勢いで、自分が受けるはずだったファッション誌と面接におちた経済誌の編集部に手紙を出します。 それが間違って逆に届いてしまい、経済誌の編集長に経済をファッションに比喩し、庶民にもわかりやすい視点からの記事を書くと勘違いから気に入られ、 『買物中毒』のあなたが経済誌で何を書くのと親友に笑われながらも、レベッカは生活の為働き始めます。
 最初こそ上手く行きませんでしたが、編集長ルークのアドバイスを得て、みるみる読者の心を掴み彼女はP.N 『グリーン・スカーフ・ガール』 として大成功をおさめます。 オトコなんかよりも買物!と言っていた彼女もルークとだんだんいい感じになり、恋に仕事に充実した毎日が続くと思っていたら…。

 というようなストーリーなのですが、流石にこのレベッカの買物中毒はボクなど足元にもおよばなくて親近感は覚えませんでした。 買物が楽しいっていうのはイタイほどわかりますけど。
 とにかく軽い感じで楽しめるラブコメディです。 ベタベタすぎる乙女全開なストーリーも、好感のもてるヒロインも元気をくれていいと思います。 結局現実離れすぎて『人の振りみて我がふり直せ』の心境にはならなかったものの。なかなか当たりの作品でした。
 

 2012年 11月

 あの夏で待ってる 6 (完)

 夏雪ランデブー 1


  11月が急に少ないのはとにかく金銭的にも心にも余裕がなかったから。 『おねがいティーチャー』 『おねがいツインンズ』 を見てきた人間には思わずおかえりと言ってしまいそうなくらい世界観に共通点が多い 『あの夏で待ってる』 (原作:IchiKa 監督:長井龍雪 脚本:黒田洋介 キャラクター原案:羽音たらく 製作:J.C.STAFF) 一応直接的な続編というわけではないらしいです。
 
 とある目的で地球にやってきた宇宙人の貴月イチカが事情により、霧島海人の家に同居する事になり、暮らしていく日々を重ねながらだんだん心を通わせていく、でもイチカはいつか地球を離れなければならない為、自分の気持ちにフタをしようとする。 2人の周りにも個性的な友人達がいてそれぞれがぞれぞれ一方通行の恋に悩んでいます。 そんな王道青春ラブコメにSF(ちょっとふしぎ)要素で味付けした本作は景色が美しい長野県の田舎町を舞台にどこかノスタルジックな雰囲気で時に切なく、時に弾けて一生懸命に一夏を輝いている少年少女達を描いています。みんな現代っ子とは思えないほどピュアですねー。 
 サウンド方面も安定のI’Ve Sound ・主題歌の作詞にKOTOKOさん 作曲に折戸伸治さんと透明感のある音楽が作品にマッチしています。
 前作までを見ている人には檸檬センパイに思わずニヤリとしてしまいますがとにかくこの人に限ってはイチカ以上になんでもアリな謎な人ですねー。 『停滞』 持ち? 檸檬センパイがいるからこそここまでのドタバタな作品がちゃんと物語として成立するといっても過言ではありません。 


 
 2012年 12月

 TIGER&BUNNY 1 2 3 4 5 6

 さんかれあ 1 2 

 機動戦士ガンダムAGE 6 7

 這いよれ!ニャル子さん 1

 劇場版 けいおん!

 神・ヴォイス

 新劇場版 エヴァンゲリヲン :破


 12月はけいおん!については度々書いてますので、今回は邦画作品 神☆ヴォイス (監督:佐野智樹 脚本:櫻井圭記 製作:Team.G.V. 主演:梶裕貴・羽田野渉) をピックアップしますー。

 キャッチコピーは 『みんな声優になりたいか!?』 ハイ、なりたいです。なれるものなら。
 この作品は完全に主演の2人目当てにみました。 特にこの時期あたりから(言うまでも無くアクセルワールドの影響) 梶さん非常にお気に入りでしたので。 シリアスからコメディまで幅広い演技力で、今期もかつての保志さん並に活躍されていますね。
 
 白池悠宇(梶裕貴)はかつて久保寺辰真(羽田野渉)とともに活躍する人気声優だったが、とある事件から現在は活動を中止。声優の世界からも自ら姿を消そうとしていた。 そんな時彼に小さな声優養成所の講師の話が舞い込みます。 声優の仕事に背を向けていた彼は当然気乗りしなく、普通であれば断わるところですが、そこは親友であり、ライバルの久保寺が講師を務めていた養成所。 今は事情により教え子たちに指導をできない彼が戻るまでという約束で、この話を引き受けます。

  というような内容です。 とにかくこの作品主人公2人だけでなく、豪華な面々で沢山の声優さんが登場しますので、それだけでも一見の価値アリです。 

 とても声優としてやっていけるのかというような非常に個性的な生徒達をはたして一人前の声優に育て上げる事ができるのか? そして白池自身は本当に声優を辞めてしまうのか! 久保寺は一体どこにいるのか?

 そして田中ルフィ真弓さんは一体何役こなすつもりなのか(笑)!!!

 気になる方はマッハでレンタル店へGO!です。


  

 近況報告の続きですが、3月にはボクが持っている数少ないスキル、販売士免許の更新講習がありました。

 漢字検定などの資格とは違い免許なので維持・更新にお金がかかるのは仕方ないのですが…更新料2000円、講習受講料4000円 収入の少ない時期お財布につうこんの一撃です。
 一応履歴書を書く時には資格・免許の欄を賑わせる事に一役買ってはいますが、それ以外で果たして何かの役に立っているのかあまりその恩恵を感じた事はありません。 若干更新する事の必要性に疑問を感じながらも取り直す事になれば面倒ですので渋々代金を支払い、札幌商工会議所で講習を受ける事になりました。
 3級の人は午前中(ボクは3級)のみ、1・2級の人は午後も含めて夕方までというタイムテ−ブルなので朝早くよりそれなりに広いホールに満席になる位の様々な年齢の男女が集まっています。 座る席は自由となっていますので積極的に講習を受けたいわけじゃないけれど、さりとてちゃんと話は聞くという姿勢で会場の真ん中あたりにし、会場内は飲み物持参OKという事でしたので、缶コーヒー (最近こういう嗜好品は特別な日しか買えません) をお供に加え、受付で受け取った2冊のテキストをナナメ読みしながら開始時間を待ちました。

 講師は販売士免許1級を有する中小企業診断士の方との事。 話を聞くかぎり中小企業診断士というのは業績不振のお店や企業の再建する為に相談にのったりするアドバイザー的な職業らしいです。 
 ここでちょっと気になったのがボク3級、講師の方1級 数字の上ではそんなに差が無いような気もするのですが立場&収入は雲泥なんですよねー。だってRPGでいうならレベル3とレベル5ですよ?微々たるものじゃないですか、お互い街の周辺にいるザコ敵には苦戦しなくなってきたけどどちらにしても橋を渡って次の地域に行くにはちょっと不安…程度ですよ? そんな人に教わるのは何となく釈然としませんがボクは3級以上に興味が無いので教える側に回る事は永遠に無いでしょう。

 講習の内容は、テキストを適当になぞりながら歴史・講師の実体験によるエピソードなどでした。ですので担当する講師の当たり外れでその時間が意味のあるものになるかどうかが違ってくるのだと思います。どうせ高いお金払うのですから有意義に過ごしたいものです。

 まぁ、おわかりのとおり、ココに書くくらいですから勿論そんな良い時間にはならなかったのですケド。

 開始から1時間半ほど経った頃、ちょっとウトウトしかけていた時に、講師の方は職業柄よく本を購入するらしいのですが、そんな流れでとある札幌の老舗本屋が3月で閉店するという話からこんな一言が飛び出しました。 


 
 『ぶっちゃけ面倒くさいんですよね、本屋行って本買うの。』


 
 は・・・? 一瞬会場の空気が固まったような気もしましたが講師の話は続きます。 私が買う本はあまり一般に需要の無い本なので大きい書店でも置いてないかもしれない。 沢山の本の棚からあるのかないのかわからないソレを探すのは非常に面倒。 もっと言えばお店に足を運ぶのすら面倒。 

 その後はそれにくらべてamazonはイイ。検索すれば一発で見つけられるし、24時間いつでも買えるし、家に居ながら注文できるので時間の無駄にならないなどと褒めちぎっていました。

 確かに…確かにそうかもしれません、amazonは非常に便利です。一般消費者からの意見であればなおさら納得です。amazonさんも決して未来からやってきた無人販売機械ではありません。企業努力の末あれだけ便利なサイトを維持している事は重々承知しています。

 しかしこの場は、販売士免許更新講習。 つまり取扱商品こそ違えど着席している大部分の方が何かしらの商売に携わっており、リアル店舗で働いています。


 どうしたらお客様に来店していただけるか日々工夫を凝らし頭を悩ませていると思います。

 ひょっとしたら話題に出た老舗書店で働いていた方もいらっしゃるかもしれません。

 できるならこの講習の時間は中小企業診断士である講師の方から経験に基づいた売上アップに繋がる何かヒントになるようなタメになるお話が聴きたいんです。



 そんな中でお店に行くのが面倒くさいだなんてセリフ、空気読まないにも程があります。ネット通販に圧され気味の実店舗商売の経営が難しい昨今の事情を辛口で表現したわけではありません。この人素で言ってます。
 他の誰がお店から足が遠のいても中小企業の手助けをするのが仕事である貴方は、日頃から積極的に色んなお店に足を運び実際にその目で見て、良い点・改善しなければならない点などを常に新鮮な視点で観察・情報を収集し、リアルタイムで的確なアドバイスが出せるように勉強していなければならないのではないのですか? それとも依頼を受けた企業やお店しか見ないで最良の意見が出せるのでしょうか、だったらスゴイですねー。(棒読み)

 ちょっと話が逸れますが、この事象はちょうど電子辞書紙の辞書の関係に似ています。

 電子辞書は軽くて携帯に便利。どこでも使えますし、探したい単語がすぐ見つかります。
 紙の辞書は重いし場所をとります。でも探したい単語に辿りつくまでに今必要ではない全く関係ない単語も目に入ります。 その中には自分が知らなかった言葉や意味が含まれているでしょう。(辞典を全て暗記してるなら別ですが) そこから何らかの発見や発展をする事だって決して皆無ではありません。
 ひょっとしたらそんなのは時間の無駄という人もいるかもしれませんが、ボクはそういうのを非常に大事にします。いつも言っていますがこの世の中にはまだまだ知らない事が沢山あります。気がつかなければ一生触れる機会もないかもしれないなんてすごく勿体無いです。 そんな事のひとつが例えば辞典の頁をめくっただけでその機会が訪れるきっかけになるかもしれないのです。それはとてもステキな事だと思うんですけどねー? 
 例えばある商品を探してお店に行く、探している時に全く気にしていなかったモノ(それは商品に限らず)に出会えるかもしれない。でもそれらは足を運んだからこそ出会えたのであってネット通販でいきなり注文をしていたら…って事です。
 もちろん最近のインターネットはスゴイのでそこから得る物も沢山ありますし、それを使わないと大損をする場合もあるので既に生活の上で必要不可欠なモノになっています。 ボクもよくそれで夜更かしをしてしまうのは否定できません。

 話を戻して多分この講師の方はそういう考えは持っていないのでしょう。それが悪いとは言いません。 電子辞書も勿論良い物です。 でも人を指導したり、モノを教える立場にある人間は必要な時に必要な物をチョイスできる柔軟な思考が求められるのではないでしょうか? それをただ面倒の一言で片付けるこの人はこの場で教鞭を振るうにはふさわしくないとボクは思います。

 この感想は多分ボクの独りよがりでなく、ちょうどこの時ボクの前の席に座っていたスーツ姿の男の人が知人同士で来ていたらしく隣りの人と 『なんなんだこの講師は、今回は完全に人選ミス。ハズレだな。』 とか 『これで今日午後もあるから受講料8000円?金払ったの勿体無いけど昼で帰るかな?』(これは半分本気・半分冗談といったニュアンス) という会話をしていました。

 この講師に対する憤りのおかげですっかり目が覚めたボクはこの後も一体この人が他にどんな発言や自慢話をするんだろう、しっかり聞きとどけてやるといった前のめり姿勢になり、結果無事講習を完了し免許を更新できました。これであと5年は大丈夫です。次回更新するかどうかはその間にゆっくり考えることにします。

  
 

 さてこの話題で今回はラストのつもりです。長かった…それにしても記事が消失した事を加味してもずいぶん更新にかかってしまいましたが、サボっていたわけではなく、基本的に空いてる時間はちゃんと書いてました。 ただパソコンがますます調子が悪く、このブログページを表示するだけでも誇張なしにお湯を沸かして、コーヒーで一息ついて、やっとという位ですので、かつてのダイアルアップ回線が音速に思えてきます。しかもそのままフリーズする確立が6割くらいあります。調子が悪ければ何回やってもアクセスできない時もあります。 さらにウインドーを複数開くとさらにフリーズの確立が上がります。ウインドウズの利点まるでナシです。

 新しいPCを買いたくても食べる事にすら困っている経済状態。 どうにかしなければ八方塞りだと思っていた矢先。 ちょうどリンパの件で病院に行った日、帰宅するとこんなチラシがウチのポストに、


        パン工場で働いてみませんか?


 某有名なパン会社の工場が町から少し離れた所にあるとは以前から知っており、冗談まじりで仕事が無くてどうしようもなくなったら常に募集してるソコに行けばいいよねみたいな事をよく言っていたアノ会社です。
 
 チラシによると4月中のみの短期募集。おそらくGWで需要が増える生菓子・惣菜用の要員でしょう。しかも1日だけでもOK・即日から働けます!! みたいな事が書いてあります。つまりかなりシフトに融通が効くという事と勝手に判断。 しかも常々主張しているようにボクはあの愛と勇気だけが友達だという餡子野郎好き、勿論あんなほのぼの職場では無いとは頭でちゃんと理解していますけど仮にもパン工場。 パン屋さんという職業に憧れた事もないわけではないので大変興味があります。

 ウチの店のシフトは1週間単位で作られますので、週末頃になってやっと来週の予定がわかります。 まず間違いなく働けるのはゲオのバイトが休みの日の深夜、あと週に1日・2日 勤務時間の少ない日があるのでいっそその日が無くなる様に休み希望を出し、ソコも深夜工場で働けば最大週に3日働けます。 逆を言うとそれ以外の日はすべてゲオ  そう、4月は休み無く働くつもりです。 これで稼げないハズが無い!! 

 親切な事にチラシの裏が簡単な履歴書になっていてボクの苦手な趣味・特技の欄や自己PRの欄がありませんのでかなり書きやすいです。 その日のうちにサクっと書き上げ、面接申し込みの電話をしました。 体調が万全という状態ではなかったのにも関わらず、ボクにしてはかなり行動がスピーディですがそれもそのはず何故なら数日後には休みがあるのでその日から働きたかったからです、ところがそう上手くはいかず 『ただいま面接の予定が込み合っていまして…』 という事で休日の日が面接日になりました。一日分収入源が減ってしまうので一応チラシには即日から働けるという事が書いてありましたが、採用された場合その日の深夜からシフトに入れるのでしょうかと聞いてみると、 『実際は手続き等がありますので即日はチョットないですね。』 というお答え。 大人ってウソツキだー。 電話を切った後、考えてみたら受かるとも決まってないのにちょっとガッツキすぎたかと猛省&ひょっとして悪印象を与えてしまったのではと後悔。


 面接日 予定時間よりかなり早く家を出てJRで工場最寄の駅で降りました。最寄の駅のハズなのに結構歩きます。 それでも担当者がドン引きしそうなくらい早めについたので時間つぶし&緊張をほぐす為に、缶コーヒーでも買おうとコンビニを探しました。 しかし無い。 結構工場を離れてやっとコンビニを見つけた時にはもうほとんど自分のいつもの徒歩行動範囲内のすぐ近くまで戻ってきていました。 以前車で通った時には街から結構離れている印象だったのでJRで行ったのに意味無しです。

 甘いコーヒーを飲んで落ち着いて再び工場へ、待合室に入るとボクの他にすでに2人いらっしゃいました。20代後半位の男の人とご年配の女性です。

 一人づつ順に面接会場に呼ばれるので、部屋にはボクと女性2人になりました。黙ってるのもなんなので世間話をする事に。 聞くと女性の方は60代で自宅は隣りの市で結構遠いとの事。 とても工場で肉体労働なんて風には見えない華奢な方なのですが、そんな歳になってもこんな過酷な労働条件の所で働き続けなきゃならないんだなーと口には出しませんでしたが日本の将来が不安になりました。老後はゆっくりしたいです。 ボクと同じで工場で働くのは初めてなのでどんな感じの仕事なんでしょうねーなどと話しているうちに前の方の面接が終り、部屋にはボク一人になりました。

 10分くらいしてボクの番が来ました、最後だったのでそのまま待合室で面接を受ける事に。
 まず電話での非礼を詫び、一般の面接と違うのは殆ど自己PRとかが必要なかった事。 どれ位シフトが入れられるのかとかそういった質問にこちらが答えていく方式でした。 掛け持ちなので基本オフの日の深夜を希望していますが、時間の融通とか効くのであれば午前中から17時 (通常は9時〜18時までだがそれだとゲオに遅刻するので) くらいまでの早上がりが可能か、などボクからも質問させてもらいました。 面接官の方からは基本的には皆同じ時間働いているので途中で抜けるのはあまり歓迎できないとの回答。

 大きなミスも無く(多分) 面接が終了し、その日のうちには合否の連絡が来るという事で、工場を出ました。

 この日は稀に見る快晴で、ボクの心も何か前に進んだという晴れ晴れした気持ちになり、その後無駄に徒歩で隣りの市まで散歩してしまうくらいハイ♪でした。

 
 何も成してはいないけど、何もしてないわけじゃない。 


 まさにそんな心境。 この言葉は、以前にもちょっと書いた 『高杉さん家のおべんとう』 という漫画からですが凹みそうな時、不安な時、結構助けられています。 脱線しますがコレ最近になってやっと6巻を読みました。 帯に書いてある文章が えーっそういう展開になるの?って感じだったのでちょっとすぐに読みたいという気分にならなかったので。 結果見事に帯に騙されました! ハルがヘタレで良かった!! この帯はここまで読んでいる ”くるりん応援派” にはマイナス要素なんじゃないかなー?とは思います。例え内容がそうだとしても、です。 ただくるりんはくるりんで気持ちに整理をつけた様に見えなくも無い…そもそも恋愛感情かと言われるとまだ違うと思うし… とりあえずハルはくるりんに愛想を尽かされてしまうとかなり高確率でお一人様決定になりそうですって事で引き続き目を離せない作品です。
 似たような理由で3巻で止まっている 『少女素数』 もそろそろ読まないと… 4・5巻とラストまで一気に読むつもりです。 ぱっクンにすみれはやらん、やらんぞう。(笑) まぁ勿論この作品にガチは期待してはいないですけど…でも意外とあんずには期待できるカモ? とわかる人にだけわかる話でしたが本題に戻りましょう。

 夕方には電話が入り、合格でした。 一応最初の日は17時までの特例昼間シフトを入れてくれました。後の事はそれからという感じでシフトを決めていくそうです。 入社手続きや説明があるので初日は7:30には出勤するように言われました。 
 つまりこの日は朝から夕方まで工場、のちゲオで閉店までという流れになります。 果たして体力が持つのか? 不安要素はありますがバイト戦士誕生です。


 初日。 送迎バスに乗って指定時間どおりに出勤。 入社の手続きと今日の勤務部署・制服等について説明を受けました。
 びっくりしたのは自分の制服というモノがなく、毎日制服置き場に行って、誰が身につけていたかもわからない上着や帽子・ズボンなどをサイズの合うものを探して着るという事。 朝晩24時間で人が出入りしてますのでわりと乱雑に置かれていてサイズ見つけるの大変です。 それにしても洗濯済みとは言っても体に密着する制服なのでちょっとイヤ…  しかも働く部署によって長袖・半袖・ヘアネットなど身につける制服が変わりますので慣れないと時間がかかります。 
 一通り着替え終わると下着以外はほぼすべて制服で完全武装されます。 

 髪の毛が帽子から出てないかなどチェックし、まずローラーで服についたゴミを取ります。
 
 次に工場エリアに入る前に食品を扱っているだけあって非常に衛生面には気をつかわされます。

 ●掃除機のような機械で20秒間体のゴミを吸います。

 ●手洗い場で再度体にローラーをかける
 
 ●うがい…うがい液ってなんであんなに毒々しい色なんでしょう?味よりも色が苦手です。

 ●爪の間などもブラシを使って石鹸でしっかりと手洗い

 ●最後にアルコールで消毒。


 これでやっと工場エリアへの扉をくぐることができます。 ちなみにお手洗いは工場内にはありませんので必要な時はここまで戻ってこなければならない&最初から全部やりなおしです。

 SF映画のような重厚な扉を開け狭い個室に入るとロックがかかり閉じ込められます。 TVなどでよく見かけるエアーシャワーです。 一定時間浴びるとロックが解除されいよいよ工場です。

 初日の担当は生菓子部で神代はケーキなど超好きなので内心アタリだと喜んでいました。 
 まず迷路のような工場を縫うように生菓子部署の事務所へ向い、そこへ出勤簿に名前を書きます。ココに書いた時間から時給が発生します。 事務所と作業場は離れていますのでまた迷路のような工場内を急いで作業場へ。

 ここでまたローラーがけ(出勤ボードに使った後の粘着テープを貼るきまりがある)、手洗い・ゴム手袋をはめてその上からアルコール消毒すると作業場への扉のロックが解除されます。

 ここまでで結構手間取ったので甘い匂いの充満している作業場ではすでに朝礼が始まっていました。 
 皆さんの日頃の努力のお陰で○様から○○を○個ご注文を頂きましたので今日の作業は〜みたいな感じでその日の作業工程の話や安全面の話などなどの後、 社のスローガン?みたいなモノを ”目指せナメック星へ!!” なポーズで全員で復唱します。 全員でワイワイ言っているのでよく聞き取れずまだ暗記もしてないのでボク口パクです。


 書き忘れていましたが社員とパートさんとは帽子で見分けがつくようになっています。さらに社員さんの帽子にはラインが入っていてそれにより役職がわかります。 イメージと違っていたのは驚くほどパートが少ない事。 大体30人弱いるうちのたった5・6人がパートであとは全員社員でした。 ゲオとは真逆です。
 ちなみに面接の時にどんな仕事内容なのかを聞いていたのですが、イメージしていたベルトコンベアに流れてくる商品にクリームを塗ったり、苺をのせたりなど実際に商品を加工するような作業はベテランパートさんや社員さんの仕事で、ボクたち臨時パートは出来上がったものを箱に詰めて運んだりなどそういう簡単な作業がメインになるとの事でした。 


 ボクが最初に任された仕事はライン(ベルトコンベアの事や作業そのものを指す場合もある)に立たされクリームをぬったスポンジが流れてくるのでそこに綺麗な円を描くようにイチゴを配置する作業でした。あれー?やってみたかった事なのでいいですけど聞いていた話と違うなぁ(笑)

 最終的にカットされショートケーキになるので綺麗に並べないと苺が入ってないor見た目が汚いケーキになってしまうので、神経を集中して作業してました。 ラインはスピードの調整ができるので複雑な作業の時はある程度遅くなっています。 
 このラインのスピードにより、何が何個仕上がるかがある程度予想がつく為、注文数によっては絶対に残業になるのわかり、朝礼の段階で本日は○時間残業予定で終了予定は○時ですと宣言されるのがなんか新鮮でした。

 工場の作業というと同じ作業を時間までただただくり返しというイメージだったのですが、この職場は大体長くても2〜3時間でラインが変わり次のラインの準備をする為一度徹底的に機械を綺麗にします。 同じコンベアを使って色んな菓子を作りますので味が混ざったら大変です、当然と言えば当然なのですが、これがいい気分転換になります。8時間近く同じ作業をさせられてたら精神的にダメになってたかもしれません。

 先ほどの作業は途中からでしたが、通常ラインが始まる時には仕様書が最初に流され次に一つ見本を作ります。自分の作業と注意点を全員が確認したらスタートです。

 次のボクの作業は容器を用意する事。 先ほどの作業とは違い人数も多く一人一人の作業が単純化される為、流される商品数とラインスピードが段違です。 作業自体は簡単なのですが、切れ間無く商品が流れてくる為、ストックから容器を取り出すヒマが全然ありません。 ボクが滞ると後ろの人に迷惑がかかるので必死です。


 ベテランさんに手助けされながらも、なんとか午前中の作業をこなし、お昼になり、交代で1時間の休憩に入ります。
 この会社では入社すると従業員カードを渡され、食堂でゴハンを食べる時にそれを通すと自動的に給料から天引きされるシステムです。 ちなみに定食は200円程度と大変お財布に優しいですし、パンは菓子パンであれば無料です。(食堂からの持ち出し厳禁) 

 この日はまだ緊張してて食欲が無かったのと、あまりお腹に負担をかけたくなかったのでパンを食べ、お茶(無料)も必要最低限だけにしておきました。

 ものの10分程度で食事が終わってしまったので休憩室で体力温存です。 座敷で寝てるベテランの方もいて、5分でも10分でも横になって寝るその風景は、農家である祖父の家へ手伝いに行った時を思い出させ懐かしく思いました。 でも皆NHKの連続ドラマの時間になると起きるんですよねー朝も見てるハズなのに安定の高視聴率www 

 
 工場へ入るまでの準備に時間がかかる事はもうわかってましたのでかなり早めに休憩を終え、午後の作業に戻りました。

 その後は特に大きな問題もなく仕事をしていましたが、感じた事で印象に残っているのは、こんなに手を動かさなきゃ時間は経たないし、お金ももらえないんだ。という点。 とにかく秒単位で沢山の物を作るので凄まじい数の製品が出来上がります。でも時計を見てもせいぜい30分しか経ってないとかそんな感じで体感時間が物凄く長いです。 精神と時の部屋で修行する気持ちがちょっとわかりました。 それでもなんとか17時。朝に部長に早上がりを伝えておいたのでバイト終了です。 ……いつまで経っても上がっていいよと言ってくれない……17時20分 着替えもあるのでもう限界。 自分から上がらせてもらうようにお願いしました。 が、一人作業を抜けるのが非常に気まずかったので、夜ゲオがある時の昼間にシフト入れるのは無理だなーと感じました。

 帰り道 初日の勤務を振り返り、多少足腰が疲れたものの意外と楽だったしこれならいけるカモと工場での勤務をして良かったと足取りも軽くゲオに向いました。  



 しかしそんな考えは甘かったのデス…


 
 2回目のシフトはいよいよ深夜 言い渡された部署は 『クールデリカ』 惣菜パンやお弁当担当を作るところです。

 体に染み付つきはじめてる ”手うが”等 工場入場の儀式を済ませ気合を入れて作業に臨みましたこの日最初のライン、ボクの担当作業はサンドイッチのレタスをパンに挟む事。 これが非常に苦手でした。 レタスはカットしてあるのではなく、そのまま束で用意してあるので、そこから手で適当な大きさにちぎり、完成しサンドイッチになった時にボリューミーで青々しく、美味しそうに見えるように一瞬で配置しなければなりません。 
 最初のうちは葉っぱのいいところが沢山あるのでキレイにできるのですが、だんだん残り物になってくるとあまり使えない固い芯の部分や色が鮮やかでない部分ばかりになってきて、使えそうなところを探すだけでも大変になってきます。しかもなるべくロスを出さず材料は本当に使えないところ以外は使い切るのが前提ですので補充はなかなかできません。 その間にもどんどん商品は流れてきますのでかなり雑な仕上がりになり、ベテランの人に 『ちょっとレタスさんもっと頑張って!!』 と激を飛ばされます。 ちなみにベテランさんはハムとか卵とか簡単なモノやってます。 っていうか仕事逆じゃないですか? 多分誰もがレタスやりたくないんでしょうねー。 すごく時間が長く感じました。 

 この部署での作業はホント 当たり外れが多かったです。 数や形が決まっているものは非常に楽なのですが、左手おしんこ3g・右手煮物8gとか感覚頼りで、しかも同時にこなす作業などもあり、そうなると大変でした。 
 ボクは大丈夫だったのですが、終始この作業場では胃を刺激するようなお腹の空く匂いが充満しています。これがだんだん異臭に感じられるようになってしまい最後には吐き気がしてしまう方もいらっしゃるようです。

 休憩時間、 この日のメニューはカレーライス、まだまだキツイ作業は続くのでしっかり食べておこうとボクも従業員カードをリーダーに通し注文しました。

  深夜は昼間に比べて働く人が少ないので薄暗い食堂には数人しか利用していなく、皆適度な距離をとって無言で食べています。租借の音とカチャカチャ食器のこすれる僅かな音だけが聞こえてきて、どことなく疲れた顔をした虚ろな目の工場員達。 どこかで見たような光景だなーと思いながらも食べていると、ふいに頭の中にドキュメンタリー番組のナレーションのようなシブイ声が響きました。


 『過酷な作業の中、体一つで外界から隔離された男達の唯一の楽しみは食事時間。疲れた体を癒す為、備え付けの菓子パンで糖分を摂取することは嗜好であり、同時に欠かすことのできない栄養源でもある。』


 そうかー 『密着!刑務所24時』 とかそういう番組で見た雰囲気にそっくりなんだと一人ウンウンと納得です。

 この日は最初から残業の予定でしたのでただでさえ午前・午後の作業 (深夜でも休憩で区切りをつけて午前・午後と呼ぶ) のバランスが悪く午後の方が長いのですが、あまり得意では無い作業に当たるとさらに長く感じました。 でも何より


 レタスが一番憎い…


 クールデリカ部は何と言ってもこの一言に尽きます。

 この日印象に残ったのはお弁当を作る行程。 照り焼き系弁当でお肉にたっぷりと塗られている食欲をそそる甘辛いタレは、実はゴム手をはめた手で直接塗って伸ばしていた事。 もちろんゴム手はキレイなので何の問題も無いのですが、なんか…なんだかなーってモヤモヤな感じです。少なくともあの光景を見ると美味しそうには見えません。 人によっては完全に食べられなくなる事もあるそうで、世の中知らなくていい事はあるんだなーと思いました。


 その後はボクのダメっぷりが上に報告されたのか(考えすぎ?) 幸いな事にクールデリカに回される事はありませんでした。 

 それにしても数回とはいえ、久しぶりに、仕事をもらわなくては何もできない、あの何をしたらいいかわからない感を味わわされ、新人なのだから仕方ないのですが自分の中では劣等感に似たイヤーな感じでした。 (すき家の時はとにかく常に仕事に追われてましたし、教え方が上手かったのか不慣れながらも動けたのでこの感覚はありませんでした。)

 そんななのに 『家遠くないんだよね?特別にもうちょっとやってく?』 とかで一人残されたにもかかわらず、でもすごく忙しいわけではなく明確な仕事が無いのでとりあえず掃除や洗い物しかできる事がない、でも洗ったもの物を片付けるのに配置一つ人に聞かなければわからない役立た感で凹みました。勿論それが当たり前なので向こうはそうは思ってないでしょうケド…

 稼げたのでありがたかったですけど新人ってこんな気持ちなんだなーと再確認し、密かに今度新人が入ってきたら優しく仕事教えてあげようという事に気付かされたのが最大の収穫だったかもしれません。
 とキレイにまとめてみましたが、ボクは工場向きではないようです。流れ作業が簡単なものなら妄想にでも耽ったり、頭の中でゲームをしたりして時間が過ぎるのでしょうけど、部署によってはちゃんと集中してないとミスるので心身共に疲れます。 予定通り4月だけで退社した後、一度人数が足りないのでいきなりですけど今日から3日間シフト入れませんか?というようなお誘いがあったのですが、丁重にお断りさせていただきました。 もう工場で働こうとは思う事はないでしょう、それくらい性に合いませんでした。

 そういえばこの会社はパンについている点数を集めるとリラックマのお皿などがもらえるキャンペーンをよく行なっていますが、できあがった製品にハネ品があると直す為に袋を破いて開けます。その破いた袋は当然破棄されますが、その時は専用のゴミ箱に入れます。
 最初プラの袋に紙のシールが貼ってあるので厳しい分別の為かと思っていたのですが、ポイントシールを工場外へ持ち出されないようにする為でした。 確かにかなりの量のシールを廃棄する事になりますが、そんなの拾ってまで景品欲しいかな〜? キャラクターグッズが好きなボクですらクビになる危険を犯してまでそんな事したくないです。 そこまで徹底するのはちょっと自意識過剰すぎる気もします。
 廃棄といえば数量間違って作りすぎてしまったケーキとかポリのゴミ箱いっぱいに捨てなきゃならない時もあり、勿体無くて勿体無くてツラかった…。 社員のおばちゃんが極々まれーに味見させてくれたりもしましたがそんな幸せな日は少なく、大体は勤務中異常に甘いモノが食べたくなる誘惑に負けて帰りにコンビニで買ってしまうのでした。 


 ゲオも合わせて4月ほぼ無休で働いた結果ですが…勿論それなりに収入はあったものの滞っていた支払い関係を済ませると殆ど手元には残りませんでした。せいぜいボクと妹のパジャマを新調したくらい。 って事はもし工場で働いてなかったら…考えただけでもゾッとします。 


 ここまで書いてわかるとおり、起きてる間は仕事。家にいる僅かな時間は体力回復に努めていた為、ブログ更新が遅れる一因となりました。 
 5月は反動がきたのか体のリズムが崩れたのか常に眠い感じであまり長時間パソコンを弄っていられなかったのといい加減年賀状イラストを仕上げないとならなかったのでこれまた記事が完成しませんでした。 

 ということでこんなに遅くなってしまいましたがやっとなんとか更新できました。 大変お待たせしてスミマセン。 

 この後は更新できなかった分ちょっと貯まっているけど時期ハズレな写真やネタがあるので 『巳来へ向って一歩前進!!』 の番外編として続けて紹介する予定です。 ホントはそれらも書き上げて全部一気にUPする予定だったのデスがそれだと6月も更新無しになってしまうのでさすがにそれは避けたかったので。

 
 今回のサブタイトル 『巳来(みらい)へ向って一歩前進!!』 はウチの母からの年賀状に書かれていたフレーズから。
 新年早々見た瞬間えぇーと脱力してしまいました。 帰省した時にアレ何?とおそるおそる聞いてみたら案の定 未来の 『み』 と巳年の 『み』 をかけたものだそうで、ちょっと閃いたからごく親しい人への年賀状にはこの一文を書き加えた。とドヤ顔されました。 上手くない…決して上手くないよママン(涙) 普通こういうのは2つの意味を持たせるから上手いのであって、巳来という言葉が存在しないのであれば ただ字を変えただけでダジャレにもなってないデスヨ? と思いつつもまたも自分との血のつながりをハッキリ再認識させられたようで妙に恥かしかったです。
 ということでこんなハズかしい言葉いっそもっと使ってやるーと今回のサブタイトルにしました。(自分の年賀状にも使いました。まだ出してない人もいますが絵はできてますのでボチボチ届くと思います。) 工場で働いた事で一歩前進できたのかな?  というところでコトシモヨロシク…(今更すぎ)


 
 P.S.


 日程が近くなっていますがちょっと気になっているイベント告知〜


      勇者募集〜勇者選考会開催〜


 2013年 7月6日(土) 雨天決行

 9:00開場 10:00開始〜 終了予定18:00

 開場 北海道札幌市中央区中島公園1−5 中島公園自由広場

 地下鉄 南北線 『中島公園』 『幌平橋』

 費用 一般2500円 学生(中高大)2000円 小学生1500円
 ※ 別途 ドニチカキップ購入 500円

 主催 事づくり札幌実行委員会

     011−213−1168 /平日10:00〜17:00

 公式HP http://xn--rhr239m.biz/
 
 昨年のリアル脱出ゲームにに続いて今回もリアルで行なうゲーム大会のようです。 
 
 実は公式HPの肝心な所がウチのPCだと見れません。 一体どんなイベントなんでしょう。と言いつつももすでに前売りチケット購入済みなので参加予定です。 こんな面白そうな事に参加しないわけがないです。ワクワクが止まりません。 
 これからはじまるオレたちが紡ぐ冒険譚に予備知識なんて必要ないのさ…(川のほとり心地良い風が吹く丘にて対岸の城下町に別れを告げながら)  そしてたんきゅうのたびははじまった…

 ただ前回はイベントのプロ、今回はなんだか主催が町おこしっぽい感じの団体なのでしょっぱいイベントになる可能性もあります。 参加者が殆どいない寂しいイベントになる可能性もあります。 それでもイイ! 楽しめるかどうかは自分たちで決めるんだ!!という方はぜひぜひ一緒に冒険しましょー。 札幌中を駆け回るんですっ!!


 あ・リアル脱出ゲームも8月にはあるらしいです。 今回は潜水艦だったかな? こちらの詳細はもう少し近くなってから。

 
 もう一つゲーム関連イベント


 ゲームミュージックライブイベント 

 サウンドテスト 0002


 2013年 7月13日(土)

 開場16:30 開始17:00〜

 会場 house of jazz
     北海道札幌市中央区南3条西27丁目1-15
     地下鉄東西線 『円山公園駅』から徒歩5分

 チケット 2000円(当日券のみ)


 出演バント 札幌ゲー音部
         
         Multi-tap

         オール1ブラザーズ


 公式HP 
http://santesu.main.jp/

       または各出演バンドのHPでご確認下さい。


 以前から行ってみたいと書いていた 札幌ゲー音部さんも出演されるライブイベントです。
 ゲー音部さんの普段の活動はその名のとおり一緒に音楽を楽しむ部活動のようなセッションが主のようで、楽器のできないボクには敷居が高かったのですが、今回はライブなのでお客さんとして楽しめそうです。 しかも他の出演者さんも豪華な顔ぶれですごく興味があります。 
 この日は妹が泊まりに来ている予定なのですでに休み希望は出してあります。 2週間連続で土曜日に希望出してスミマセン、せっかくなので妹が興味あれば一緒に行って来るカモ?ただいま検討中〜。 でもボク自体がライブハウスに行った事が無いのでドキドキです。こ・怖くない? 

 しかし、今ただでさえでも、楽器や音楽がやりたくて仕方が無いのにこんな所行ったら確実にそのまま楽器店に直行しそうです。 まずはキーボードから始めて楽譜読めるようになりたいんですよねー。あとぼっちでも伴奏&主旋律である程度 音楽になりそうなのキーボードなので。 
 初心者向けの機種でもそこそこ色んな音が出せそうですので価格と機能のコスパでちょうどいいところを考えながらながら物色中です。 
 そして最終目標はギターですっ!! 欲しいのです。弾きたいのですっ! しかもこちらはすでにいつか購入するならの機種は決めています。 一目ぼれです。 音や扱い易さとかでなく見た目で決めてしまうのがボクらしいですねー。 

 待っていなさい ゲー音部!!! いつかこの私めも参加してみせますぞっ!! (緒方キタキタ賢一ボイス希望) 


評価:
伏見つかさ
アスキー・メディアワークス
¥ 662
(2013-06-07)
Amazonランキング: 59位

評価:
やなせ たかし,トムスエンタテインメント,キョクイチ=
フレーベル館
---
(2007-11)
Amazonランキング: 121929位

評価:
幻想職業案内所,スタジオエクレア
笠倉出版社
¥ 890
(2012-11)
Amazonランキング: 108439位



2013/07/04 (木) 01:43 | 日常
trackbacks(0) | comments(4)


2014/06/08 (日) 01:43 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

乙ですーこちらにもコメ残しておきますwww

花咲くいろはとピングドラムは僕も見ましたよ( ^ω^)
あ、なこちーは貰っていきますね。

掛け持ちっていざやるとしんどいですよねー
僕もなんだかんだ2年はやってましたけど、今考えると
ゲロ吐きそうですwwww

5月で仕事辞めて、就職活動して、6月の中ごろになんとか
次が決まりました|ω・)
次が決まるまでの間、初ニート経験しましたwwww
もうニートやりたくないでつwwww

そして、また掛け持ちしないとなーと思う今日この頃www
貯金が全然出来ないんですよねー・・・

新しい仕事に就いてから丸々一ヶ月給料がまだ出てないので
なんともいえないのですが、場合によっちゃ掛け持ちコースです(´・_・`)

お互いに無理せずにやっていきましょう!
でわ〜ヽ(*゚д゚)ノ

2013/07/17 02:27 | カミーユ

 カミーユさん お久しぶりですーコメントありがとうございますっ!! 

 コメ返し大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。 本文でも触れていますがとうとうPCが逝ってしまい、強制ネット断食生活を強いられていたもので…ちなみに今この文章はネットカフェで書いていますが、人様の家のPCやキーボードは使いにくいですなー。だが椅子とPCデスクは快適でゴザル。 秘密基地っぽい。

 掛け持ちは体にも精神的にもかなりキツイですよね。ボクは一ヶ月間って期間を最初から決めていたのでまだいいようなもののそうでない方も世の中には一杯いらっしゃるんですよね。

 ボクはニート期間だったことはほとんどありませんが、先が見えない状態のカミーユさんの心中お察しします。

 ぜひぜひ今度ホントにゆっくりお話したいですね。 愚痴話大会になっちゃいそうな気もしますケド(笑) 
 大人になるとなかなかゆっくりダベってていい場所って少なくなりますよね。 家以外だと居酒屋くらいでしょうか?
 実は今オフラインゲーム(素直に言うとボードゲーム)に興味がでてきて、皆でどっか集まってワイワイできないかなー?って考えてます。 マックとか図書館…駄目かな? カラオケルームはなんだかなーだし、自遊空間はコストが高すぎ。 駅に快適な休憩スペースができたのでそこが今のところ有力候補地です。  

 でわ、時間が限られているので今日はこの辺で。お体にはくれぐれも気を付けてくださいね〜。  実はボクは…(記事へ続く)


2013/08/21 23:05 | 神代そら

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
もう更新はしないのでしょうか?

2014/02/10 16:15 | たぬき

 たぬきさん、コメントありがとうございますっ!! あ〜、このやりとり久しぶりですー。 
 前回の更新後、PCが逝ってしまい急に音信不通になってしまいご心配お掛けしております。 コメ返し程度はネットカフェから行えたものの本文の更新をするにはコストパフォーマンスが悪すぎでしたので新しくパソコンを購入してから…と思っているうちに体調不良などもあり、結構経ってしまいました。 何かする度に、こういう風に書こうと頭の中で記事にする脳内更新がクセになっていました(笑)
 こんなことなら携帯から少しお休みしますとお知らせしておけば良かったです。猛省。

 結論から言いますとやっとPCを購入しましたので、もう少しで新しい記事をUPできると思います。
 もー、間空きすぎてその間の事も含めて何から書いてよいやら…書きたいことはいっぱいなのです。 
 
 ということですのでそんなボクのページをまた読んでいただけるのであればもう少しお待ちくださいませ〜。


2014/02/19 12:15 | 神代 そら

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック