ぷらすてぃっく

ゲーム・アニメ・ホビーなどオタ話や管理者 神代そらの日常をセキララにお届けするブログです。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014/06/08 (日) | -
- | -
 おはようございます。本日 『 劇場版魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s 』  の公開初日ということで予告通りバイト休みをとった神代です。

 恒例のリアルタイム更新 (前回次の記事はレトロゲーム関係と予告したのはコレのことをすっかり忘れていたからです。) ですが、現在 ゲオディノス札幌劇場の一階と二階の中間あたりにいます。映画フロアは7階…
そうです今回もチケット販売の列の真っ只中にいますっ!!
今回は前回と違い 『Fate』 など同日にアニメ大作初日がカブらないので、並ぶだろうけど、そこまでではないだろう、大丈夫だろうと甘くみていました。  さすが高町さんの人気は凄まじいですね。
 今作に合わせて深夜にストライカーズ(北海道では初放送)を放送してたのもきっと効果が高いのだと思います。

 えーっと、こんな状況ですので当然ながら既に初回分は完売ということで今は2回目(12:30上映)の分のチケットですら買えるかどうかってところです。 『げんしけん2代目』で見た事はありましたが実際には初めて 『列最後尾』 のプラカード持ちました。 速攻でどんどん後ろにリレーしていきましたけど。
 もし、3回目分(15:30上映)になるならチケット入手後一度買物などをしに離れようと思いますよ? (全席指定なので安心) それにしても暑い…気温はそれほどではないはずなのに密閉空間なので、人間の体温によるジメッとした暑さです。 
 ヒマなので人間ウォッチングしていましたが、ラノベ率高っ!! (特に電撃文庫) 見える範囲内ですが、3人に一人はラノベ読んでます。 ボクは立ち読みでは集中できないので持ってきてもダメですねー。
 次いで携帯(スマホ含む)を弄っている人が多くて(あ・ボクもこれ書いているのでそのウチの一人ですね。) ボクのすぐ前の方のが見えてしまったのですが待ち受けがフェイトちゃんの変身シーンです。 しまった、ボクはこんな日にレトロゲームの待ち受けだなんて気合が足りてませんでした、猛省。 
 慌てて画像を劇場版第1作のにチェンジ (もともと使っていたのでデータフォルダの中にはある) ちなみにボクの携帯開くたびにレイジングハートが喋る仕様になっているのでちょっと恥ずいです。好きでそういう設定にしてあるんでマナーなんかにしないですけど。

 一方半階くらい下に大きな声でよく喋る方がいらっしゃるみたいで、話が聞こえるので聞いていて飽きません。 どうしてこんなに並ぶ事わかっているのに徹夜明けで来てるんだろうなー別に今日じゃなくてもいいじゃんなーって自虐しています。 そうですね、混雑することは予想できるのに…でもファンとしては初日(できれば初回)に見たいのです!!こうして知らない皆で大好きな作品の劇場公開日を祝いたいのです!! 
 それは多分ココに並んでいる皆がそう思っている事でしょう。 事実こうして並んでいる事自体全く苦ではなくたくさん並べば並ぶほど列が長ければ長いほど嬉しいです。 Mだからじゃないですよ…多分。 ところでボクも前日殆ど寝てません。 『ゆるゆり♪♪』 リアルタイムで見てたので。
  
 そうこうしているウチに7階まで辿り付きました。(この時11時半くらい) 1階の入口にはフェイトちゃんのコスプレしたスタッフのお姉さんがいらっしゃったのですが、ここ7階にはなのはさんのコスを着たお姉さんが2人もいました。
 
 追記更新前には写真撮影OKが出たらUPしますね。と書いたのですが、まだこの段階では、お願いするタイミングがつかめずヤキモキしていました。 チケット購入ももうすぐ自分の番です。 そんな時1階にいたはずのフェイトちゃんがやってきて なのはさんと2ショットに!! 
 この作品のファンならばあえて説明する必要もないですがこの2人が揃っているなんて、最高のシャッターチャンスです。 今しかない!! 携帯を手にお願いしようとした瞬間、チケット自分の番になりました。
 なんっっって間が悪い…さすがに後ろの方に迷惑をかける事はできませんので、チケットを購入。 2回目の分は買えるのですが既に前の席しか残っていないという事なので、あえて3回目にしました。 無事チケットを入手した時にはすでに なのはさん だけになっていました。 Orz…

 でもちゃんと一人づつですが快く写真撮らせていただきました!! 快くブログ掲載許可も頂きましたので撮影順に掲載ですっ!!  こんなにあっさり快諾してくださるなら前回の時セイバーさんも撮らせてもらうんだった…とちょっと後悔。

 

 チケット売場近くにいたなのはさん。(バリアジャケット)

 

 1階にて誘導をしていたフェイトちゃん。(私立聖祥小学校制服)

 

 7階にてグッズ販売の列整理をしていた なのはさん。(バリアジャケット)

 3人ともステキな衣装で場に華を添えていただきファンとして大感謝です。そしてお忙しい中、写真撮らせていただき本当にありがとうございましたーーーー!! ただ…ただ欲をいうならせっかく3人いらっしゃるなら今作にちなんで はやてちゃんのコスも見たかったです。 (車椅子が邪魔かも?) 
 禁書目録の時は インデックス・お姉さま・黒子あたりでしょうか?期待していますっ!! とさりげなく希望を述べてみたり(笑)

 
 余談ですが、なのは『ちゃん』って何故か違和感があって使わないですね。 劇中であんまり呼ばれないからでしょうか。 呼び捨てか なのはさん とか 高町さん って表記する方がしっくりきます。

 あ・結局この写真撮影の後そのままグッズ販売の列に並んだのでこの日一日はずっと人ごみの中でした。 


 

 2時間近くならんだ結果買ったグッズは恒例のガイドブックのみ…ホントはマグカップとか描き下ろしイラストの入った『ともだちになれたんだタオル』とか欲しかったんですけど、財布の残弾数がかなり少なかったので思いっきり使う事ができませんでした。 

 凛々しくも百合百合しい表紙がいい感じのガイドブックは設定資料に加え、キャスト・スタッフのコメント 関連グッズ紹介 コミックなど充実の内容でお買い得ですが、今作のストーリー紹介(ネタバレ)もありますので読むのは観賞後をオススメしますー。

 
 感想ですが、ボクはこの劇場版をより楽しむ為、TV版A’sをDVD所有していながらもあえて見ずに臨みました。ですので、何となくの流れは耳に入ってきているもののほぼ新鮮な気持ちで楽しめます。
 今作はそんなTV版A’sがベースになっているので当然 強化系魔法による近接戦闘に特化した古代ベルカ式魔法 (なのは達が使う魔法は中・遠距離戦向きなミッドチルダ式) によるより迫力を増したバトルが冒頭から大きなスクリーンで繰り広げられ非常に見応えがありました。 (DVD購入当時に第1話だけは見ていたのでベルカ式は知っていました。)

 ジュエルシード事件(劇場版第1作)より半年、出会いを通じて、戦い、そしてかけがえのない友達になれたフェイトと再会したなのは。 2人はこれからの新しい生活と平和な日々に胸を膨らまします。

 そんな時、突然起こった 『魔導師襲撃事件』 謎の襲撃者が狙うは魔導師の力の源 『リンカーコア』 (体内にある魔力生成器官) 
 なのは達はわけもわからないままに襲われ、見た事も無い魔法を操る今までの敵とは数段レベルが違う自らを 『ベルカの騎士』 と名乗る襲撃者に 愛機を破壊され敗北し、リンカーコアを奪われます。 友達を守ることも、自分自身さえ守る事ができなかった2人は絶望から再び立ち上がり新たなる戦いに身を投じていきます。

 といった始まりですが、冒頭は、いつもどおり『魔法少女』の皮を被った熱血少年マンガ路線なので非常にアツい展開になっています。
 突然現れた強い敵。 それに対抗する為の新たなる力を求め、自らも鍛え上げる。 まったくすごい小学3年生です。 
 傷自体は癒えているとはいえ、完膚なきまで叩きのめされたその翌日には、さらに強くなる事を目指して摸擬格闘戦の特訓を開始します。(リンカーコア回復まで魔法は使えない) なのはも血筋的な才能(父・兄・姉は剣術の達人)によるものもあるんでしょうけどフェイトに一歩譲るとはいえ、すでに小学生レベルの体術を遥かに凌駕してますね。 
 一方修復中のレイジングハート達インテリジェントデバイスも自らの意思でさらに強化するよう、近代ベルカ式カートリッジシステムを組み込む改造を希望します。 (爆発的な破壊力を発するベルカ式の魔力運用は未熟な魔導師や半端なデバイスでは自爆装置にしかならない)  

 そうしてベルカの騎士にリベンジをするのですが、 そこは 『リリカルなのは』 なので勿論敵にも絶対に退く事のできない 『戦う理由』 があります。 中盤はそのあたりをたっっっぷりと見せてくれます。今作から登場の はやてちゃん とても良い子です。

 『リリカルなのは』はあんまり 『根っからの悪い敵』 っていないんですよね。(某禁書目録みたいですが) ですので、今回敵である『ベルカの騎士』もハッキリ言って主役級の扱いです。 
 『わかりあえないから戦う』 『わかりあう為に戦う』 それが中盤の戦いでした。 

 そして終盤は 『守る為の戦い』 力(魔法)は誰かを傷つける為じゃなく、誰かを守るためにあるんだという『リリカルなのは』主題そのものの、そんな展開でした。 もうこの時点で、なのはとフェイトは時空管理局のエース級の魔導師に匹敵してるんじゃないでしょうか? 


 ということで上映中何度観ている人間を泣かせるんだというような内容で非常に大満足でした。 笑どころはリンディ提督のお茶くらいでしょうか。 あとは燃えるか泣かせるかどっちかですね。 

 そういえば上映始めに 『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 の新作CMが流れましたが前日の『となりのトトロ』の時間に放送されたものだと思います。 新作映像が観られるとワクテカしてた方々がキレたという事に納得。 ただピアノが映ってるだけじゃあ…。 勿論トトロは何度見ても面白いですけど。 

 最近のアニメ映画恒例のリピータープレゼントは一回目待ち受け画像DL 2回目が描き下ろしミニ色紙(3種類あり) 3回目はフィルムコマ となっており、色紙が欲しかったもののもう1回チケット購入すると2回分で合計3000円…ミニ色紙の為に流石にそれはイタイので諦めました。(噂では夜にもう1回臨時上映があるような事を話している人がいた。) 待ち受けは早速DLして今使っています。


 あ・大満足と書きましたが一つだけ不満点を挙げるならば、 『劇場版3rd』 の告知が無かった事。  あったら盛り上がったんでしょうけどねー。でもストライカーズ分もありますし、A’sとそれの間の話でもいいと思います。 作って欲しいなー。
  パンフレットには 『ViVid』 からの応援コミックも収録されてましたのでTVシリーズ再開っていうのもいいですね。 当然そのあとは 『Force』 って感じでまだまだ続いてくれるといいのに。と 希望と期待と願いを込めて。 (ガイドブック内では原作の都築先生はは3rdまだ決まっていないだけ出来たらいいなと言っているので期待していいのかも。) 

 あと2年でなのはは10周年だそうです。まだまだ広がっていくリリカルなのはの世界を今後も応援していきたいですね。 とりあえずは、

 今冬 figma 高町なのは The MOVIE 2nd A’s Ver 発売決定!! 

 観てた最中に今回結構バリアジャケットがパワーアップしてたからまたfigma出たらいいのになーと思ってたんですよね。ということですので、TV版A’sを見ながらまったりとそちらを楽しみにしようかな〜と思います。


 さて、この後の気になっている劇場アニメスケジュールもちょっと書いておきます。(忘れないよう自分用に)


 7月21日 おおかみこどもの雨と雪
 

 8月4日 コードギアス 亡国のアキト 第一章 翼竜は舞い降りた


 10月6日 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語

 
 10月13日 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語

 
 11月17日 エヴァンゲリオン新劇場版:Q

 
 12月1日 劇場版 イナズマイレブンGO VS ダンボール戦機W


2013年


 2月23日 劇場版 とある魔術の禁書目録


 3月30日 ドラゴンボールZ


 大体こんな感じかな? おおかみこどもとコードギアスは給料日前だから初日に観に行くのはムリっぽいです。 9月が空いている(踊る大捜査線ファイナルは観に行きますけど)のでここら辺に『傷物語』が決まってくれると嬉しいかも。でも全然続報無いですねー、PSPの化物語が発売するあたりで何か動きがあるでしょうか? シリーズ全部アニメ化するならもう少しペース上げないと一体完結がいつになるやら。 それでは今日はこの辺で。でわでわー。



 P.S. そういえばコスプレではないのですが、並んでいたお客さんの中に明らかに日本刀をいれる刀バッグを背負ってる方がいましたがあれはなんだったのでしょう?
 服装はパンツ全体に無意味なベルトがいっぱい付いた中2病っぽい感じ(褒め言葉)でしたけど、人知れず魔を断つような突然街中で戦闘に突入する日常でも送ってらっしゃるのでしょうか? バッグの中がもし模造刀だったとしても通常持ち歩くには理由が無いと法律に触れるはずなんですけどねー? もっともポピュラーな理由『輸送』・『居合等習い事の帰り』でしょうか?(だとしてもすぐに抜刀できないように工夫しなければならないですけど) 謎ですねー??


 


2012/07/14 (土) 09:35 | アニメ
trackbacks(0) | comments(0)

 毎年5・6月は母の日、父の日のプレゼントに悩むのですが、いままでにあげた中でも良かった物・失敗した物があります。 
 気に入ってもらえた物はそれぞれ 母の日が 『APSカメラ』 父の日が 『パークゴルフセット』 だったと思います。 今でも普段使いで愛用してくれています。
 失敗した物は、母の日が 『キュー○イのヒアルロン酸コラーゲン』 父の日が 『甚平』 ヒアルロン酸の方は以前にも書いたとおりそういうのを飲む習慣が無いので面倒なのかずっと未開封のまま。 甚平は多分生地の麻の感触が好きじゃなかったのと、やっぱりそういうのを着る習慣が無かったから。夏で家にいる時は大体ランニングとももひき(?)なグンゼさんに貢献しまくり綿100%コーデなのでわざわざ着替えるという行為自体が面倒なんでしょうねー。
 
 おはようございます。ちゃんとこうして書いておかないと来年になって何贈ったか忘れてしまいそうな神代です。
 それでも今年は4月に妹が泊まりに来た際に母の腕時計が壊れたという話を聞いていたので、母の日はすんなり決まりました。 ヨドバシカメラさんとビックカメラさん(どうせならポイント貯めたかったので)をハシゴして手頃な物が買えました。一応Loftさんなども覗いてはみましたが…とても手が出ませんでした。

 問題は父の日です。ここ数年TVなどで紫外線の悪影響について取り上げられる事が多くなってきており、ボクも外出の時は日焼け止めを塗ったりしているのですが、アウトドア派な父があまりまともな帽子を持っていなかった記憶があるので、今回は 『帽子』  とそれだけでは寂しいので、 『札入れ』 (父は財布に拘りがないのでたまたま家にあった少女漫画の全プレの札入れを使っている)とセットあたりがいいかな?とある程度目星をつけて札幌へ出かけてきました。

 最初に行ったのが大丸百貨店さん。いつも買物の用事よりもクロークに荷物を預かってもらいに行く方が圧倒的に多い大丸さんですが、まぁ、ここで買えるような値段の物があるハズも無い事は最初から重々承知の上で、どんな感じかなーという位の感覚で紳士売場へ踏み込んでみました。 結果は、ムリをしても 『小銭入れ』 が限界な価格設定でした。 世の中の紳士。というかこの階に買物に来ている沢山のお客様は普段こんなに高価な財布を使っているのでしょうか…一生買える気がしません。 (安いのでも3DS本体が買えます。)
 せっかくだからとギフト物・季節の品の階も覗いてみました。 夏らしい涼しげな和食器などが目を惹きます。っていうかディスプレイが上手い、流石です。 価格設定もかなり現実的な感じなので、居心地がよく、しばらく物色していると盆提灯が!!
 実は子供の頃から盆提灯や走馬灯が大好きという変わった趣味のお子様だったので売場に行くとじーーっと眺めている事が多々ありました。 流石に自分用に購入とまでは踏み切れていません(部屋に合わないので)が今でも大っっ好きです。 お葬式の飾りもどこか通じるものがあり、身内に不幸があった際、親戚の子などはよく騒いだりしていたようですが、ボクはじっと大人しくしていたらしいです。 良い子なわけではなく単に葬式飾りがキレイで見入っていただけなんですけどね。
 盆提灯を堪能したあと浴衣売場が大きく場所をとっていましたので当然そちらに足が向きました。  
 今持っている着物は殆どが正絹なので、夏用にもっとラフに着こなせる木綿のが欲しいと思っていましたのでいっそ浴衣でもいいかなーという考えからです。 ここで売っている物は安いもので大体2万円くらいでした。 ドンキ○ーテさんなどで売っている2・3千円のだとチープすぎるのでこの位が妥当なんですが、んー悪くは無いんですけど、プレタの浴衣でこの値段なら、木綿の着物を仕立てても同じくらいなので今回は見送りました。 アレ?ついさっき札入れが一生買えないと思ったハズなのに着物なら全然普通の値段、というかむしろ安く見えてしまいます、不思議です。 いずれ遠くないうちには、ちゃんと自分用に仕立てた着物が欲しいですねー。
 
 その他レトロ調な扇風機などにも目を奪われ、あやうく自分の買物をしてしまう所でしたが、あくまでも父の日の買物の為に札幌に来たのです。忘れてはいけません。しかもこの日は夕方からバイトでしたので少なくとも14:30には電車に乗らなくてはならないのです。 モタモタはしていられません。

 次に向かったのはLoftさん。 母の日の際は玉砕しましたが、目当ては父の日特集コーナー。多分そんなコーナーがあるだろうと仮定しての事。ひょっとしたら自分が考えたプレゼントよりももっと目からウロコ的な何かステキな物に出会えるのでわっ!!という迷惑な程過大な期待を抱きつつ店内を物色してみました。
 特集コーナーはあるにはあった物のあまりパっとせず、(傘とかネクタイとか)フツーな感じでした。 店員さんも苦労して考えたのでしょうけど、ここで取り扱っているものでという縛りではコレが限界なのでしょうか。 
 ということで早々に見切りをつけ、自分の目で探す事に。  帽子コーナー、うーんあんまり種類が無いです… あ・この形の帽子ちょっといいかもって、ちがうちがう自分のを買いに来たんじゃない。それはまた今度。 様々なコーナーで一応父の日を推してはいるのですが、中にはソレどうみても便乗ですよねっ!というような品々までありました。 
 財布コーナー、大丸さんよりかなり手の出しやすい価格ですし、ブランドによっては日数が少しかかるけど名前を入れてくれる物もあるようです。コレは良い物だ。でも商品自体があんまり好きになれそうにないです。 硬くてしっかりしすぎてる感じ。 多分あんまり存在感のある札入れは父はポケットに入れた時にゴロゴロするので好きじゃないだろうと思ったからです。
 ボク的にはイタリア製のが皮も柔らかくなかなか良かったのですが、若干予算オーバー。買えなくは無いので、自己満足ではありますが、妥協せずにいいと思った物を買おうかどうしようか、そしてコレを買うとそれだけになってしまいプレゼントとして非常にボリューム不足なのと、果たしてこれが良い物だという価値が伝わるかどうか…ぶっちゃけ父が今使っている全プレ財布とそんなに触りごこちが変わらないんですよね…などと悩みつつ、さらに店内を廻ってみました。
 ふと浴衣姿のマネキンに惹かれ避暑コーナーに足が向きました。非常にディスプレイが涼しげで凝っていたのですが、そのコーナーで父の日にぜひ!と推していたのは残念ながらかつて失敗した甚平でしたので、これはアウトオブ眼中(死語)と思っていたら、和柄なステテコが数多くあり、3000円程度となかなかお手頃です。実はこの日結構気温が高く、その影響から、これからの季節にピッタリな納涼セットでもいいんじゃないかなと思い始めていました。
 何より普段履いているももひきはモロに下着って感じですが、このステテコなら庭くらいまでなら外出もOKっぽいくらいな気がしますし、これなら普段面倒くさがらずに履いてもらえるに違いない!! ヨシ!決めた! ということでレジへ。 ラッピングをしてもらいつつ、もうこの時には納涼セットの内容が頭に浮かんでいましたので、そのまま2階のお酒売場へ。

 普段安い紙パックなお酒しか飲ませてもらえない不憫な父に美味しいお酒を。と思ったのですが、ボクは呑まないので何を買ったらいいのか判断に困りました。
 そこで専門的な知識に助けてもらおうとハッピ姿の男性店員さんに、贈り物用に手頃な価格で、これからの季節にぴったりな美味しい日本酒ってどちらですか?とお聞きした所。その方は洋酒担当との事で、あースミマセンと謝ったら、親切に個人的な好みでなら、となかなか扱っているお店は無いというオススメな一品を教えていただきました。 なんか皇太子殿下も呑んでいらっしゃるものだとか。 OKです。 こちらも簡単にラッピングしてもらいました。 さー、次でラストです。それにしてもこの店員さん普段こんなお酒を呑んでらっしゃるんですね。この職場お給料いいのでしょうか…?
 
 再び大丸さんに戻り、ギフト売場の階へ。今買ったお酒にピッタリな器を買うためです。 実はさっき物色してた時からかなり惹かれていたのでした。 じっくり吟味し、結局色んなお酒に合う焼き物のカップにしました。 夏の暑い日に庭でステテコ姿で猫と戯れながらお酒を飲む父の姿が目に浮かびます。 自分的には大満足です。 1階のクロークからそのまま地方発送しました。 これにてミッションコンプリートです。

 それにしてもLoftの納涼コーナーで売っていた射的の景品みたいなミニチュアサイズのラムネやジュースが非常に涼しげで可愛らしかったので、今後コレクション目的で買ってしまいそうです。 エヴァ缶コーヒー・ポーション(瓶タイプ)に続いてまたも未開封食品が増えてしまうかも?
 自分一人ではあまり使わないカキ氷機も職場に持っていったら皆で食べれそうでいいなぁ、お店屋さんみたいに色んなシロップ用意してみたいなーと密かな野望が出来てしまいました。まぁ、今夏は過ごし易いという予報が出てますので、必要ないのかもしれませんが。 

 任務完了した時点で時刻は12:30.まだ余裕があります。この日、札幌神宮祭の最終でもありましたので、せっかく札幌に来たのだから今日のゴハンはそこで食べようと歩きはじめました。ボクの認識では、お祭り=露店です。  

 
 

 狸小路あたりでお神輿にエンカウント。おぉー盛り上がってきましたよー。 でも露店などが見えません。勝手なイメージでは歩行者天国に露店が建ち並んでいると思っていたのですが、神輿を見ている人達もとくに祭りな雰囲気は醸しだしていません。『札幌神宮祭』というくらいですからやはり札幌神宮まで行かないとダメみたいです。
 もうこの頃には頭の中は焼きソバ〜、わたあめ〜、たこ焼き〜など、某魔導図書館はらぺこシスターの様に食べ物で一杯です。
 方向はわかっていましたが、初めて札幌神宮に向かった印象としては『結構遠い。』 途中普段足を踏み入れないすすきのを通る事になったのですが、美味しそうなお店がいっぱいあり、もうここで食べちゃおうかなと何度も妥協しそうになりました。 
 札幌に滞在していられる時間も少なくなってきた頃やっと着きました。すごい人です。っていうか全く動けません。 牛歩戦術…そんな懐かしいフレーズが頭に浮かびました。摺り足でちょっとづつ進む…ホントにそんな感じです。 これは…奥に入ったら絶対バイトまでに帰れなくなる…そう確信しましたので露店の列の始めの方にあったフレンチドッグ屋さんでトッピングは当然砂糖にし、購入。 露店の隙間から裏道に抜け、なんとか脱出しました。 ここまで来て収穫がフレンチドッグ一本なのはかなり寂しかったですが、美味しかったのでそこそこ満足。 次回機会があれば休みをとってリベンジしたいです。 
 ※余談ですが、以前の記事で同意を求めた『フレンチドッグに砂糖』というのは北海道道東地域独特の習慣だそうです。どおりで他の人から『えっ!砂糖つけて食べるの』と驚かれたりする事が多いな〜とは思っていたんですけど…なるほど超納得のボクはオホーツク海や流氷は見飽きた生粋の道東出身です。 なまら美味しいべさ!! …わざとらしい北海道弁になるのは何故でしょう?

 
 さて、殆どすでに日記の様な挨拶文でしたが、本日のメインは6月17日にサッポロファクトリーホールで行なわれた 『リアル脱出ゲーム ある幽霊船からの脱出』 という催しに参加してきましたのでその様子をお送りします。ちなみに父の日のプレゼントを買いに行ったのは前日の16日。2日連続で札幌出撃です。日程的にしかたないとはいえ、交通費がイタタタタ…

 前々回の記事の最後で遊姉妹が言っていた『ファクトリーで行なわれる面白そうな事』っていうのはこの事ですが、参加費が一人2500円と高額な為、高校生のお小遣いの範囲内では現実的では無い為、今回は神代が突撃レポゥトとなりました。 カテゴリーが『ゲーム』ですがゲームはTVゲームだけとは限らないのですっ。 



 最近家庭用ゲームなどにちょこちょこ見かけるようになりました『脱出系アドベンチャー』ジャンル。この『リアル脱出ゲーム』というのは、その脱出ADVを京都を拠点に活動されている株式会社SCRAPさんhttp://www.scrapmagazine.com/が主催し、現実空間で実際に参加者が謎を解いて楽しむというゲームイベントです。

 以下公式ページhttp://realdgame.jp/よりコピペ


 リアル脱出ゲームとは



ある部屋にあなたは突然閉じ込められる。周りには同じ境遇の人たちがたくさんいる。
部屋にはさまざまなアイテム、暗号、パズルが隠されているようだ。
暗号を解き、鍵を開き、箱を開け、制限時間内に最後の鍵を手に入れることができれば
あなたは脱出に成功する。
しかし、時間内に脱出できなくても悲しむことはない。
また次の謎に挑めばいいのだから。


 リアル脱出ゲームについて思っていること


「どうやってリアル脱出ゲームを思いついたのですか?」と最近よくインタビューで聞かれる。実はこれといった気の利いた返事はできなくて「たまたまなにか新しいイベントをしたいなあと思っていたら、隣の席の女の子が”私最近ネットで脱出ゲームにはまってるんですよ”って言ったからやってみたんです」と答えている。それが正確ですべての答えだ。そんなふうになんとなくやってみたこの参加型ゲームイベントは物凄い人を集め、そこかしこで熱狂を巻き起こし、瞬く間にずいぶんとたくさんの人たちが参加してくれるようになった。

京都で最初にやったときは、フリー・ペーパーの一ページでひっそりと告知しただけだった。あっというまに予定のチケットは売り切れ、会場はものすごい熱気で人々は必死でその場所から脱出したがった。しかし、150人ほど集まった人々の中から脱出できたのはたったの6人だけだった。我々の作るリアル脱出ゲームは最初からずいぶん難しかった。次に大阪のHEPHALLというところでかなり大規模なリアル脱出ゲームを開催してみた。

それもあっという間にチケットは売り切れた。天井から死体が落ちてきて、赤外線を乗り越えて、暗闇を手探りで進み、鏡を使って光を壁に当てることで物語は進行した。人々はすさまじく熱狂していた。

たぶん、これは必要とされていたけれどまだ世の中になかったものなのだ。と我々は思った。論理上なにをしても良い場所に私たちは生きて生活している。でもその場所で自由に動き、誰かと熱狂を分かち合うことは意外と難しい。「見知らぬ人とともに閉じ込められる」という限定された状況でこそ、人は自由に熱狂できる。なぜならその場所にはきちんと自分で切り開くべき物語があるからだ。物語の中で、きちんとした役割を果たすことができればこの空間から脱出できる。きちんとしたひらめきと、クリエイティビティと、丁寧なコミュニケーションさえあれば誰しもここから脱出できるように我々のゲームはデザインされている。
でも、そういう場所は他にたくさんあるわけではない。ここは、必要とされていたけれど、他の場所にはまだないエネルギーを生む場所なのだ。限定された空間と時間は、自由な発想と大規模な熱狂を生んだ。

さて、これからどうなるのですか?とよく質問される。
我々はいつも困った顔をして「さあ?」と答える。僕らは物語の空間を作り出したけれど、「リアル脱出ゲーム物語」の作者というわけじゃない。
この物語の結末はしらない。
我々に前に待ち受ける困難がどれほどのものか想像すらできない。
しかし、今我々が作り出しているものをたくさんの人たちが熱狂をもって迎えてくれていることを我々は理解している。これからも求められる限り熱狂をつくりだしていくし、そのためにありとあらゆるアイデアと情熱を注ごうと思っている。

よく思うことは、今生きているこの日常の空間も、ほんの少し見方を変えればすばらしく意味深いものになるということだ。この机の裏側に暗号が隠されていたり、ソファーの下には鍵が落ちていたり、隣の青年は秘密文書を隠し持っているかもしれない。物語を通して世界を見ると、なんとステキでおかしくて謎めいているのだろうと思う。

リアル脱出ゲームというこの新しく愛しい遊びが、今あなたの隣にある現実を謎めいたものに変えてしまったらいいのに、といつも思っている。リアル脱出ゲームが物語と現実を繋ぐ、ちょっとした架け橋みたいになれば、我々はもう誇らしくって、残りの人生はずーっとビールでぐでんぐでんに酔っ払って居続けるだけで、意味ある人生だと胸をはっていえるだろう。

さて、準備はいいだろうか?
物語に入るための心の準備は大丈夫?
それはとても簡単なことだ。
物語を眺めるように世界を眺めてみればいい。

もしそれができないなら、リアル脱出ゲームに来てみればいい。
ここでは現実と物語が混ざり合っている。
一度来てみれば、そのどちらの理解も深まるだろう。

text by 加藤隆生


 要はゲームやアニメ・マンガの世界であるようなクローズド・サークルの状況を擬似的に作り、提供してくれるので皆で謎を解いて日常を忘れて楽しんじゃおう!! というステキイベントです。

 今回北海道では2回目の開催との事ですがボクは初めてです。
 どんなものかを知る為に当日までの間にアップされている他の脱出ゲームの紹介動画などを見てイメージを膨らませていたのですが脱出率が参加者に対してかなり低いようです。
 コレは気合をいれていかないと。と無駄に数日前から体調を整えたり、当日は11時から開始なので朝6時に起きてチョコなどで糖分を採り、頭の回転が本調子になるように調節したりとかなり過充電状態で臨みました。だってせっかく2500円ものチケット代払っているのですから脱出したいじゃないですか。ホントはDHAも採りたかったのですが予算の都合により断念。

 服装ですが、動画でみた『あるドームからの脱出』の様子は当然制限時間があるので参加者は皆全力ダッシュで謎を解いていましたので、コレは動きやすい方がいいのかな?と考えて両手フリーになるように荷物はリュックに入れ、キャップ型の帽子に髪をひっつめてのアクティブモードです。


 今回行なわれたシナリオは 『ある幽霊船からの脱出』 ちょっとファンタジー寄りです。できればリアル系が良かったのですが、これはこれで。 船からの脱出ということでどうしてもSFCの 『セプテントリオン』 を思い浮かべてしまいますがあれは沈没船なのであそこまでアクション系ではないハズ。 そういえばあのゲームってPS1でも発売されているんですね。無駄にポリゴンにしてしまったダメアレンジ版らしいです…動画みましたがジャンプポーズだけは完全再現でした。

 会場はこのブログでは毎度お馴染みサッポロファクトリーホール、実はもっと余裕を持って札幌入りするハズが、何だかんだで結構ギリギリの時間に到着してしまいました。 天気もかなり強めに雨が降るという最悪な空模様。前日はあんなに晴れていたというのに!! イヤ、待て、考え方によってはこれから幽霊船に乗り込むのだから、雰囲気としてはむしろバッチリ?と前向きに思う事にしました。

 足元がグズグズになりながら開始10分前に会場に着きました。今回は人気のイベント(神代が参加したのは追加公演日程)ということで、当日券があるかわからないとの事でしたので、イープラスさんで前売り券を買っておいたので、受付の人に渡すと、首から下げる札を渡され、そこに書いてあるテーブルにつくようにとだけの指示。 なんとなくですがゆったりとした怪しげな仕草(失礼?)がすでに受付からして雰囲気出しています。
 
 ボクのテーブルは 『9』 せいぜい苦しめって事ですね。わかります。

 会場内は薄暗くはなっているものの特に大掛かりなセットで船の感じを出しているわけではなかったです。テーブルも普通の会議室のような簡単な物に折りたたみの椅子です。 
 つまり、テーブルトークRPG=紙や鉛筆・ダイスを使いゲームマスターとプレイヤーによる対話型のアナログ式ロールプレイングゲームのような感覚で脳内イメージで補完するという事のようです。 TRPGは未だにやった事無いですが、 『ここは大海原です』と進行役であるGM(ゲームマスター)が言えば、その場は海なのです。

 空いているテーブルもありますが、大体40人弱くらいの参加者がすでに会場入りしていました。
 そう、この時まで個人個人でのプレイかと思っていた(動画のがそうだったので)のですが、割り当てられたテーブルごとのチームプレイだったのです!! 人見知りな神代には結構ショック。 でもまぁ、それはそれで。 ゲームなんかのクローズド・サークルだって大体はその場で初めて知り合ったどうしで話が進むじゃないですか。と割り切ることに。

 9番テーブルにはすでに2人の男女が座っています。 『こんにちわ〜』と挨拶を交わしたものの、非日常を楽しむ一時間程度のゲームですので、リアルネームで自己紹介をする必要性が特に無いので、そのまま少し会話をする事に。 会話の中でわかったのは関西弁で話すこの2人はカップルで、今回は2回目の参加という事。 前回別なシナリオで初参加したものの、脱出できなくて悔しかったのでリベンジだそうです。 
 シナリオが違うとはいえ、経験者が同じチームなのはラッキーです。ちょうど会話が途切れかけた時、ボク達のテーブルの残りのメンバーが席につきました。 30代くらいにみえる男女ですが、今度は夫婦だそうです。知り合い2組に挟まれてちょっと居心地悪いですwww。 2組ともお互いの相手とばっかり喋っていて、せっかくのこういう機会なのに知らない者同士との交流をあまりしないので、仕方なくボクが間に入って話をすすめる事に。休日にこんなに気を使うハメになるなんて… でも会話がないとチームとしてゲームに支障が出ると思いますし。 夫婦の2人は初参加との事。

  
 ここでわかりにくいので頭の中でニックネームをつける事にしました。

 最初から席についていたカップルの男性は経験者なので頼りになりそう : リーダー
 単純にその彼女は : カノジョサン

 あとからやってきた夫婦は単純にダンナサン&ヨメサン
 
 この4人にボクを加えた5人がこの幽霊船に挑む 9番テーブルのメンバーです。


  ところでボク達が座っている 『9』 と張り紙がしてあるテーブルには 何も無い訳ではありません。



 メモ用紙に使えそうな白紙(ただしそれ以外の用途に使うのかもしれないと深読みもしてしまう)

 人数分のバインダー 
  
 筆記用具

 ゲーム開始まで開けてはいけないそこそこ厚め(中に紙が結構入ってるっぽい)な黒い封筒 

 小さい宝箱 (ただしナンバーロックがかかっていて開かない)

 ブラックライト塔載だと推測される懐中電灯 (ただし電池は入っていない)

 架空の島々が書かれた海図 (ただし現在位置もスタート地点も方角すら書かれていない)

  
 
 これらがボクらに与えられた全てです。 推測するに黒い封筒に謎が入っていて解くと宝箱のナンバーがわかってその中に何か(多分電池)が入っていて、ライトを使って何かをするのでしょう。 海図は現時点では役割がわかりません。

 あと部屋の中を見回すと明らかに手作りっぽいヒントになりそうな何かがちょこちょこ見えます。 星マークとかそんなの。

  
 TVの『世にも奇妙な物語』とかに出てきそうな怪しい芝居がかった男性(素だったらスミマセン)の方がしきりにお手洗いを済ませておくように説明しています。
 
 『いいですか、これから皆さんは幽霊船から命をかけた脱出をするのです。 もちろんゲーム途中にそこのドアから出ればトイレに行けます、ですがより楽しんでいただく為にもなるべく、その必要が無いようにしていただきたいです。 くり返し申し上げます、いいですか、皆さんはこれから日常を離れた非日常なひと時を過ごすのです。 あのドアの向こうには死よりも恐ろしいものが待っています、そう…現実です。』


 というような口上です。バタバタと何人かがお手洗いに向かいます。 その方達が戻ってくるのを待って、開始時刻を少しすぎてから公演が開始されました。

 先ほどの男性とは別の若い男の人がステージに上がりゲームの趣旨とルールを説明していきます。勿論これも芝居がかっています。 っていうかこの人も演劇団員みたいに滑舌と声量がいいです。 事実上の進行役なのでゲームマスターとなります。


 ルールは以下の通り。


 会場内では走ったりしない事。

 壁やテーブル・椅子の上に上がったりしなければ解けないような謎は無いので危険行為はしない事。

 他のテーブルとの情報交換や覗き見行為をしない事。

 幽霊船は停泊しておらず常に海の上をすすんでおり、その航路は非常に重要なキーとなる事。

 一定時間ごとにスクリーンに映像が映し出されヒントが表示され見逃すとクリア不可能になる事。

 そして一番重要なのがブログやツイッターでネタバレをしないで欲しい事。


 ということなのでこの記事でもネタバレはしません。勿論公演ごとに謎は新しくなるらしいですが、それでもこれから参加しようとする方の興を削ぐことになるからでしょう。 このあとの記事でも謎には触れずに簡単に雰囲気だけ伝えられればと思います。

 あとは、宝箱の鍵はナンバーロック式ですので制限時間いっぱい使えば1から9999までの総当り方式で開ける事はできる でしょうし、一旦会場の外に出て電池を買ってくれば宝箱をあける必要すらなくなります。 ですが、そんな事をしても何の意味もありません、自分達が楽しめないだけです。 脱出すること、クリアすることが目的ではありますが、何よりこの『時間』を、『謎』を、楽しむのがこの催しの趣旨です。

 スクリーンにプロローグが流れ、自分たちがおかれた状況が説明されます。

 自分たちは招待状によりこの船のパーティに参加していましたが、船が進むにつれ雰囲気がおかしいです。 やがて船長からの挨拶がはじまりました。 どうやらそれによると今日はこの船の沈没記念日なのだそうです。 

 船長:『クンクン…?こんなめでたい日に人間の匂いがするぞ! 探せ!この船に乗り込んだ、まぬけな人間共を見つけ出し必ず殺すのだ!! 』

 そう、何かの手違いで自分たちの元に届いた招待状は、人間が決して参加してはいけない幽霊船で行なわれるパーティへの招待だったのです。

 
 制限時間は1時間。それまでに謎を解き、宝箱を開け、脱出への手掛かりを手に入れなければなりません。

 封筒をあけるとバラバラと問題の書かれた紙と回答を書き込む紙が出てきました。 回答の数からして、回答=宝箱の鍵ではないようです。 

 なお、基本的にはクロスワードや暗号問題・計算問題などさまざまな問題を解いていき、キーワードを完成させ、さらにそこから推理や思考をしていく事によりクリアに近づくといった流れなので、よく脱出モノであるような、


 『そうかこの落ちていたクランクのような棒をこの穴に差し込めば…やった!仕掛けが作動して階段が現れたぞ!!』

 とか、

 『ひょっとしたらこれをこう組み合わせれば、簡単なシロモノだが充分つかえるアレができるんじゃないか?ヨシ早速やってみよう!!』

 とか、

 謎の主催者が出てきて 『あなた方が身につけているバングルに書かれたそれぞれの数字…それに対応した扉を一度だけ開けることができるのです…フフフ…その事をふまえた上であるゲームをしてもらいます。さぁ、誰を騙し、誰を裏切り、誰を陥れるのかなぁ?』

 など、そういうリアルなストーリは展開されません。別な団体が主催する脱出ゲームには筆記用具すら与えられないそういうシナリオもあるみたいですけど。


 問題は全部で10問 ザッと問題全部を見渡し、自分が解けそうな問題に取り組むことにしました。
 ちなみにボクの得意分野は暗号やパズル系。 逆に苦手なのが計算系です。ナンクロとかピクロスとか全然ダメです。 会場の中にもヒントが隠されているといるとの事なので時間が無いので作業を分担しています。 さすがに経験者は判断が早いです。

 カノジョサンが会場をまわってとにかくヒントをまずメモってくると席を立ちました。
 ちょっとやっかいそうな計算系の問題をリーダーが解きます。
 ボクが暗号・パズル系の問題数問を一気に片付けます。
 ダンナサンとヨメサンはボクの解法にあいづちを打ってくれます。
ボクは結構楽しんでますけどいいのかな? そんなに難しくない謎だから何問か担当してもらっても良かったんですケド?

 それでもあと数問が残りました。どうやっても手元にあるヒントでは解法が出ないです。どうやらこの問題はカノジョサンの行動がカギのようです。 ちなみにどんなに早く問題を解いても一定時間ごとにスクリーンに流れるヒントがなければ脱出はできませんので20分でクリアできちゃったとかそういうのは無いです。  
 
 それから少し時間はロスしたものの全ての問題が解け、キーワードがわかりました。 が今度はそれ自体が問題になっており、簡単には宝箱は開きません。 その間も船は進んでいます。 この時点では、ストーリーにからんだ時限式のヒントはただ忘れないようにメモっておくだけで何を意味しているのかもわかりませんでした。 海図のどこにいるのかもわからないのです。

 謎を解く為のパーツが足りない…そう思いながらも今まで集めたのヒントをつぶやいたりしながら考えていました。 あっ!そうか

 これってアレなんじゃないですかっ? 突然ボクが閃きました。 しかし結果的にはそれは一手足りずに間違いで、さらにそこからダンナサンが閃きボクの間違えた解法を別な視点に置き換えたことにより正解が導き出されました。

 
ついに宝箱が開きます…そこには…。
 
 そこからは使えるようになったライトを片手に新たなヒントを得る為カノジョサンとヨメサンが再び会場探索へ。 ボク達は海図の謎を解く為ににらめっこ、残り時間ももうあまりありません。 果たして無事生きて幽霊船から脱出できるのでしょうか。




 終了ーーーー。 薄暗かった部屋が真っ暗になり、仮面を被ったフード姿の亡霊達が各テーブルを回って最後の謎まで解けているかを判断しています。 

 結果は、残念ながらボクたち9番テーブルチームは全員殺されました。

 すっっっごい悔しいです。
 大体クリアまで8割って所でした。あとは時間さえあれば解けたんでしょうけど、敗因は全部の問題を解こうとしてしまった事 と キーワードが揃っても宝箱を開けるナンバーを導き出すのに時間がかかりすぎた事 ですね。 キーワードはある程度歯抜けでも充分推測でいけたはずなのに問題を全部解いてしまったのが完全に時間のロスでした。あと10分いや、5分あれば…結果は違っていたかもしれません。

 何より致命的だったのが一番大事なヒントがあるはずなのはわかっていたのに終了時間数分前まで見つけられなかった事。 どこだ、どこだってコレが一番時間ロスしました。 あーーーーこんな所にっ て見つけたけど、その時にはもう絶望的なほど時間残って無かったです。

 クローズド・サークルに挑むには洞察力・記憶力が重要だということですね。

 GMが再びステージに上がり、謎の解説などをしてくれます。 解き方まではわかってるだけに悔しいです。 今回12チームが参加したのですが、脱出できたのはなんと2チーム!! GMも言ってましたがかなり優秀だそうです。誰も脱出できないという時もあるそうですので。
 2チームを除く、会場にいた全員が惜しみない拍手を送りました。 そう、これだけです。脱出できても何か賞品がでるわけでもありません。クリアできたという事実ただそれだけ。 しかし、おそらく参加者の全員がこのイベントを心の底から楽しんだはずです。 だからこそのこの会場の盛り上がり、拍手の音だと思います。 

 今回ネタバレできないという事でかなり駆け足で雰囲気をお伝えしましたが、チケットが前売りでも2500円…遊園地の入場券並ですね。ハッキリ言って仕掛けなどは手作り感バリバリにチープです。しかし全く高いとは感じない、日常をただ過ごしているだけでは味わえない知的好奇心や欲求を満たしてくれた、そんな大満足な楽しいひと時でした。 

 ところでコレ上手くアレンジすれば高校とかの文化祭でも充分実現可能だと思います。屋台や喫茶店などありきたりな模擬店では無く、思い出に残るような出し物に取り組んでみるのも良いのではないでしょうか?
 ちなみに神代の高校時代は1年の時に教室でバッティングセンターというありえないアイディアな模擬店をやりました。3年間の中でやっぱりその年の文化祭が一番印象に残っています。


 この記事を読んでみてリアル脱出ゲームをやってみたい!! でもチケットは高いし、自分が住んでるところでは開催していない。そして何より、参加したけど脱出できなかった悔しいリベンジしたい!!という方に朗報です。


 2012年7月24日(火) 22:00 (開場21:00〜) 全世界一斉スタート


 リアル脱出ゲームオンラインVol.1 

 ホーンデットハウスからの脱出


 が開催決定です。

 リアルじゃないじゃんというツッコミが聞こえますが、初のオンラインでのリアル脱出ゲームという事でどのような進行になるのか非常に興味深いです。今回は早解きを競う個人戦になるみたいです。世界中で最初に脱出できたらそれは非常に名誉な事でしょう。逆に今回は仲間がいませんので、全ての謎を自分一人で挑まなければなりません。

 現在 イープラスさんにてチケットが販売されています。前売り500円。 先着順だったので売り切れてしまったようです。 Oh、紹介した意味まるで無し。 人数無制限じゃないんだ…会場で告知した時ちゃんとそれ言ってよぅ。


 ボクも参加したかったのですが、ウチのPCでは対応していないとの事で諦めるしかなかったです。
 スマホでも遊べるようですので、環境下の方は体験版だけでもプレイしてみては如何でしょうか?


 イベント終了後には出版されている書籍版脱出ゲーム 『人狼村からの脱出』 の紹介と販売をしていました。前回公演では150冊が完売したので、今回は数が無く10冊しか持って来れませんでしたとすごく品薄感を煽っていました。欲しかったのですが、出費が続いていたので今回はスルーです。待てば書店でも入荷するでしょうし。
 最後にアンケート(もちろんベタ褒め)を書いてチームメンバーにお礼を言って会場を後にしました。 問題用紙などは記念に持ち帰っていいとの事だったのですが、どうせ公開できるわけではないので、いいかなと貰ってこなかったのですが、すぐに後悔してしまいました。

 ちなみにこのリアル脱出ゲーム公演ごとに常時ボランティアスタッフを募集しています。今度は見知らぬ誰かを楽しませてみたいなーという主催者サイドで参加してみたいと思いつつも まずはクリアしてからと決意を新たに固めます。

 フリーペーパーも読んでみたいのですが、有料で取り寄せないとならない上、バックナンバーが欠品しているのでどうしよっか考え中。 お金持ちの方はオーダーメイドでリアル脱出ゲームを作ってくれるようです。(料金100万円〜) グッズも次々と作っているみたいで元気な会社みたいです。


 あそび心って大切だと思います。人生をおもしろおかしく過ごすための調味料です。 この会場にきていた人たちは主催者含めて間違いなく、人生を積極的に楽しむ努力を惜しまない『あそび』の探求者だと思います。 


 さて、そんな楽しい事はこちらから動かないと出会えない!! ということで今月の気になるイベントですが、 まず仮更新でお伝えしました、レトロ好きの夏の風物詩

 

 第9回北海道アンティーク骨董ジャンボリー 開催されます!! 開催されました。

 札幌市中央区北2東3
 サッポロファクトリーホール

 2012年7月3日(火)10:00〜20:00

         4日(水)10:00〜17:00

 札幌圏内のアンティークショップさんが沢山参加されていて、骨董、アンティーク、レトロ生活雑貨、古布、着物、時計、家具、ガラス工芸品、民具、おもちゃ、古銭など和洋のお宝満載だそうです。
 
 お給料日前なので、お財布ぴんちっ!ではありますが、これから出かけてみようと思います。 もし写真撮影ができれば突撃レポゥトもあるかも? どんな物が待っているのか超!!楽しみです。トランクとか雑嚢とか欲しいんですけどねー? あと手巻きの腕時計とか夏用の着物などなど流石にレトロゲームは…無いかな?
 
 昨日はどんよりで心配だった天気は良くなったけど暑い… 着物で行こうと思ってるんですけど? まぁ、そんな気温の心配なんかより、本職の方やアンティーク趣味の達人?な方々が沢山来ていると思われる会場に着物で行くのって結構勇気が要ります。ちゃんと着れてる?

 というような内容を仮更新で書きましたがちゃんと行ってきました。 写真撮影ダメって程でも無かったのですが、なんとなく雰囲気的に撮りづらかったので入口のポスターのみにしました。

 会場内は所狭しと商品が置いてあり、非常に通路が狭いです。 着物の袖を引っ掛けそうでコワイ。結構人が来ていましたが、骨董趣味というよりは、たまたまファクトリーにきたら懐かしいものが沢山あるから寄ってみたって感じの方が多いみたいです。 ボク含む着物の方もチラホラ。
 『あーこれウチにもあったわー』 『こんな高く売れるんなら捨てなかったらよかったわー』 とお決まりのフレーズがそこかしこから聞こえます。

 昭和初期な雰囲気(勝手なイメージですけど)がすごくいいグラスなど涼しげです。欲しいとも思いましたが、買うと確実にお財布が涼しげになります。
 おなじみブリキの看板も何点かありましたが、大体相場の価格でした。状態はそこそこ良かったですけど。 
 西洋アンティークのカギ(ドラクエに出てくるようなの)を結構前から探しているのですが、今回あったのはかなりサビが浮いているもの。 皮ひもを通して、アクセサリーにしようと思っているので、あんなに錆びてたら胸元が真っ赤になります。残念。

 今回のイベントを知るキッカケとなり、目当てにしていた 『彩古堂』さん(リンクに追加しました)は会場の一番奥に出店していたのですが、着物はあんまり数持ってきていないみたいでした。残念。レトロな半幅帯がちょっと欲しかったものの、やっぱりお店に行かないとダメみたいですね。

 ということで結局手が出るもので欲しい物があまり無かったのが残念だったのですが、色んなモノが見れて面白かったです。 どうみてもただのネジや釘っていうのもありましたがきっとあれも価値があるのでしょう。
 しかしなにより今回の一番の目的は、出店しているお店の詳細を知りたかったのでそれに関してはバッチリ目的達成です。丁寧な手書き風リサイクルMAPを貰ってきました。これで今度はどこにどんなお店があるのかがわかりました。 札幌白石区に通称リサイクル通りと呼ばれるところがあるようです、今後行ってみたい場所リストに加えておきます。


 もう一つのイベントはレトロゲーム音楽のライブです。

 まさかあのファミコンバンドかと思ってしまいますが、それも勿論行ってみたいですが、北海道でやってくれるわけはありません。

 今回紹介するのは、レトロゲーム音楽合奏部札幌支部 通称 『札幌ゲー音部』さんの7月ライブです。


 7月7日(土)

 14:00〜17:00 

 イーアス札幌内TwoFive

 〒003-0003
北海道札幌市白石東札幌3条1丁目1番1号 イーアス札幌 Aタウン1F 1020区画

 TEL:011-816-0069


 7日か14日でメンバーができるだけ都合のいい日ってブログで書いていたので、3日に休みをとってしまったボクは14日(この日はリリカルなのはの映画公開初日なのですでに休み希望出してる)になる事を願っていたのですが、残念ながら7日になりました。今回は行けません。
 あーこんな事なら3日は休みとらないでバイトまでに戻ってくれば良かったのにーと大後悔。
 でも頻繁にライブしてる様なので次回こそは聞きに行きたいと思います。
 リンクにも追加しましたが、ブログでは試聴でライブの感じが味わえます。 メジャーなのからマイナーな曲まで幅広いですねー。

 もう日程的に明日と紹介がギリギリになってしまいましたが、お時間の取れる方は足を運んでみては如何でしょうか? イーアス札幌には彩古堂さんの姉妹店も出店されています。
 
 今回は内容的にボリュームの少ない短文更新でしたが、短めでも更新頻度が多い方がいいのかな〜と思ったりも? 次回はレトロゲーム関係の記事になりそうな予感?ですっていつもですね。 でわでわ〜。


 P.S. たまたま、本当に偶然にステキなショーケースを展示している札幌ドンキホーテさんのプラモコーナーを担当しているガンプラマイスターさんのブログに辿り付きましたのでリンクに追加しておきます。 いつのまにかプロショップになっていたんですね。
 赤い走り屋さんはガンダムバーやエアガンバーによく出没していますとの事。 ガンダムBAR!?  そんな物が札幌にあったなんて…行ってみたいけど敷居が高いなぁー。 住所書いておきますのでお酒呑めるガンダム好きな方はぜひ。 っていうかプロフィール見ると殆ど寝てないんじゃ…体に気を付けて下さい〜。


 ガンダムBAR G-ジャブロー http://ameblo.jp/gandamubar-j/

 北海道札幌市中央区南5西4南興ビル地下一階(ラフィラ横のビル)
  
 011-512-5047

 営業日は月曜日〜土曜日の18時あたりからコロニーが落ちるまでだそうです。



 あとSEED派の方は

 BAR C.E.(コズミック・イラ)70 http://ce70.com/

 北海道札幌市中央区南6条西3丁目
 第8桂和ビル4F

 011-211-1001

 PM8:00〜AM6:00(始発電車が出るまで営業)

 定休日 日曜日

 
 もいいかもしれませんねー。

 

評価:
---
黒龍酒造
---
()
Amazonランキング: 14210位

評価:
---
D3PUBLISHER
¥ 4,000
(2008-11-27)
Amazonランキング: 10466位



2012/07/06 (金) 06:32 | ゲーム
trackbacks(0) | comments(0)

 ボクのカバンの中にはいつも手帳サイズのノートが入っていて、そこにはマイナーで忘れてしまいそうだけど絶対購入したい本の出版社・著者・ISBNなどの詳細や買い逃したくない玩具の発売日・同人サークル名→作家名早見表・探しているゲームのタイトル・行ってみたいお店や場所・その他日々気になっている事・ちょっとした役に立つこと(映画館ごとのサービスデイ等)・非常に役に立たない事(二次元作品の主人公使用銃早見表等)・あと仕事で使う事が多いゲームメーカーさんの販売店向け窓口電話番号等のもろもろが書かれているという話は以前したかと思いますが、なるべく走り書きにならないように記入する時は家でキレイに書き込んでいます。 
 出先でサッと書く時は、使い古しのノートの方にメモ書きして後から詳しく調べて清書します。ですので、常時2冊(+筆記用具)を持ち歩いているのですが、ただのノートなのでそれほど邪魔にはなりません。
 その清書用の方のノートですが、当然購入したい物が書かれてますので、購入した後、うっかり忘れてまた買わないように消さなければなりません。 使い古しの方を使っていた時(つまり以前のノートの事。こっちが一杯になったので清書用のノートを使うようになったのです。)は普通に修正線で消していたのですが、なんだか見た目的にゴチャゴチャになってしまいスマートではなく、今回のノートは別な方法にしたいと考えていました。
 
 話は少し変わって、神代は雑貨屋に行くと、ついついそれ程使用頻度も高く無いのに気に入ったスタンプを買ってしまう事があります。インクのかすれ具合が味があってなんとなく好きなんです。子供の頃に物置にしまってあったタイプライター(バイオハザードに出てくるようなすごく古いタイプ)を引っぱり出していじって遊んでいたからかもしれません。インクリボンの交換方法がよく分からなくて、文字が打てなくなってしまったので現在は使えなくなっていますが、いまだにウチの物置になぜ英字のタイプライターがあったのかはナゾです。(医療関係の仕事に就いた叔母さんの物という説が有力)ハイ、この話ポイントです、前の話と合わせて大分ヒントでましたよー。

 そうです、修正線がダメなら、スタンプでバシっ!と購入した事を分かるように印を付けたらいいのではないでしょうか!! という答えに辿りつきました。 アニメやマンガの生徒会長とかが書類に『承認!!』とか押してるあんなイメージですね。 (現実の生徒会長ってそんなに権限ない気がします。あんな机に座って山積みの書類を片付けてるってよりは雑用ばっかりのような…) 

 ということで、事務的なゴム印を探しに札幌の大型文具店セントラルさんに行ってきました。 探すは 『購入済』 の三文字です。
 1Fにはポケモン等キャラクター物のスタンプがあってこちらはこちらで魅力的だったのですが、ゴム印は地下の事務用売場の様です。 ありました。丁度いいサイズのゴム印が沢山あります、ありすぎて欲しいの探すの大変なくらいの種類があります。 
 んーーー、ん?、んんーー? 『購入済』という文字は無いです。 50音の早見表も置いてあったのでそちらでも探しましたがやっぱり無いです。
 …実は…薄々わかっていました…ゴム印は基本的に手書きの事務で帳簿などに使う 『勘定科目』 に使用するのが主な目的であって、その中には『購入済』なんて科目は存在しない以上あるわけが無いんですよね。簿記3級の試験を受けた時に勉強した記憶がうっすら蘇りました。 でもなんとなく購入済は使う事がありそうだからひょっとしたらあるかなー?と思っていたんですけど…。
 ちなみに使えそうなのは 『処理済』 『支払済』 の2つ。う〜、なんか思っていたのと違いますー。ニュアンス的に近いのは支払済の方なんでしょうけど、なんか購入するのが借金とか義務みたいで…イヤ、ある意味義務であってるんですケド(笑) あと『処理済』の方は他にも使えそうで利用頻度は高そう。 という事で迷った末、保留にしました。ノートに書いてある物を購入するペースはそうそう速くはないのでまだ大丈夫でしたので。 あ・1Fにあった 『みました』 っていうスタンプはバイト先で連絡ノートに使ってみたいので今度行ったら購入しようと無駄づかい計画を立てています、なんのキャラにしようかなー? 
  
 おはようございます、そんなゴム印よりホントは清書用のノートをキチンとした手帳にしたいと考えている神代です。(ここまで書いておいて…) 
 今のは色気の無いただのノートなので。でも実際買いに行くと結構高いという事と、ちゃんと選ばないと重くて持ち歩くのが大変になる場合がありなかなか決めることができません。
 以前セサミストリートの手帳を使っていた時はカバー(?)が硬くて重くてカバンの中で非常に邪魔だったのと、長く使う物なので飽きのこないデザインにすればよかったと後悔しました。(セサミは今でも好きでベッドにはクッキーモンスターとビッグバードのぬいぐるみも置いてありますが、これもちょっと飽きてきたので近々何か欲しい。)
 でも、ページ構成の入れ替えがしたいので、ルーズリーフ式希望なのは譲れないので結局はそれなりの重量にはなるんでしょうねー?
 
 ところで現在でもファンが多いRPGで 『ハイドライド』 シリーズというのがありまして、多分一番有名なのはファミコンにも移植されている 『ハイドライド3 闇からの訪問者』 (発売はナムコさん)だと思いますが、この『ハイドライド3』はやたらとリアルで 『時間』 『空腹』 『睡眠』 『重量』 の概念があります。 
 朝起きて冒険に出発し、お腹がすいたり、夜になり眠くなるとステータスが下がり戦いに影響が出るというシステムです、この中でも重量はかなり重要で、ありとあらゆるアイテム、貨幣にすら重さがあり、重すぎると動きが遅くなり、最悪身動きがとれなくなります。 武器・防具は基本的に強いものが比例的に重く、貨幣はお札が軽く、硬貨が重いです。 重量のみレベルアップすれば、より持ち歩ける上限が増えるので装備品は常に身の丈にあった物になり、お金だけ貯めて強い武器を装備、なんてプレイはできないようになっています。 そのお金ですら貯めすぎれば動けなくなるので物語途中で手に入る 『両替機』 は必須アイテムになっています。(これもある程度重い)
 最終的には50kgとかの装備でも平気で動けますが、そのあたりはいくらレベルアップで筋力がついたからってって感じではあります、現実ならアイテムも山ほど持ってたら重さ以上にかさばるでしょうし…まぁそこはゲームならではということで。
 
 神代は大抵トートバッグを持ち歩いていますが、その中には基本的に常に入っているアイテムがあります。
 財布・携帯・通帳などのはいったポーチ・痛み止めの薬などが入ったポーチ・ポイントカードやゲームセンターのカードが入ったファイル・ノート2冊・筆記用具・ブラシ・ポケットティッシュ これにバイトの時は制服が加わります。
  これら全ての重さが片側の肩にかかるので、ひょっとしたら肩こりに悩まされているのはコレが原因なんじゃないかと思えるほど重いです。
 財布だけですら結構ゴツイので落とすとドスッと音がします、まるで格闘マンガのパワーリストみたいです。 『やっぱコイツをつけたままじゃちっとツレェか…』(野沢さん希望)と本気を出す時に外すアレ。 『な・なにぃっキサマ今までそんな物をつけていやがったのかっ!!』(原作では天津飯だけどあえて堀川さん希望)って敵は驚くところですけど、財布じゃカッコよくないです。
 レベルアップすればスタスタ歩けるようになるなら、街の近くでちまちまちまちまスライムでも倒して、せめてこのカバンくらい平気で持てる程度のレベルになりたいです。
 今のところコレに手帳や携帯ゲーム機は増やせないですねー。職場でDSとかPSP持ってきて休憩時間に遊ぶっていうのちょっと憧れてはいるんですけど。っていうかアイテムが減らせない以上、素直に重量を両肩に分散できるリュックタイプにするべきなんでしょうか。 でもオタでリュックってあまりにもまんまでちょっと抵抗があるんですよねー。 さすがに沙織・バジーナ大尉みたいにビームサーベルはしませんけど。

 ハイドライドですが、『1』を非常にバランス良く移植していると言われているファミコンの 『ハイドライドスペシャル』 (ファミコン初のRPGらしいです。パッケージイラストがすごく好き) を現在探しています。 聞いた話ですとPSの 『ソナタ』 という恋愛RPGの中にも収録されているらしいのですがそれはそれで。 
 『ハイドライドスペシャル』といえば、発売当時のCMの出来が神らしいので動画探したのですが見つからないです。今の世の中大抵の動画はあると思っていたのですが…ショボーン。
 ボクはゲームのデモやCMってその時だけのすごく貴重な物のような気がして、バイト先でも展開が終わったデモディスクがなかなか捨てられません。 
 たまーーーに中古の本数が多くなったり、セールの目玉だったりすると再度展開したりするので使う機会もあるにはあるんですが、ディスクだと非常にスペースをとるので、自分の趣味がかなり入ってますが、データに変換してキチンと保存したいです、ボクがゲーム屋で働く以前の過去のゲームの名作CM集とかも作りたいですねー。 初代ゲームボーイ本体のCMとかニコニコ動画で見つけた時はホント嬉しかったです。カ・カッコイイ…すごく旅に出たくなります。
 そういえば今でこそメーカーさんからは販促用にDVDで送られてきますが、昔はビデオテープだったってホントなんでしょうか? PSのテイルズオブディステニーの動画見た時にそんな事が書いてあったので…一日中流してたらテープがすぐに擦り切れそうな気がしますw。

  『3』は、以前マニアックな友人からオリジナル版の面白さをとくとくと語られていたのでファミコン版は購入済みなのですが、現在の所挫折中…アクションRPGとして非常に面白いと思いますが、難易度が高いです。 でもタイトル画面のカッコよさだけでも買った価値はあるとは思います!! (逃避)
 『供戮蓮と言われそうですが、『供戡癲悖魁戮蕕靴い任后 一応オリジナルが全作収録されているパソコン版があるらしいので探していますが、プレミア付いているみたいで、高額な上、なかなか一般作の中古パソゲーって売ってるお店が少ないので難しいかもしれません。 

 さて、本日は最近すっかり月刊更新になってしまっているパターンをなんとか打開したい近況報告プチ更新回ということで、まずは2月分以来感想が書けていなかったレンタルで借りたDVDの感想から。


 3月

 
 オオカミさんと七人の仲間たち 3 4 5 6(完) (アニメ)

 神のみぞ知るセカイ 1 2 3 (アニメ)

 リトル・ランボーズ (洋画)

 えむえむっ! 1 2 3 4 5 6(完) (アニメ)

 スチームボーイ (アニメ)

 花咲くいろは 4 (アニメ)

 とらドラ! 1 2 3 4 5 6 (アニメ)

 夏目友人帳 4 5 6 (アニメ)

 プリティーリズムオーロラドリーム 1 (アニメ)

 Kiss×sis 1 2 (アニメ)

 働きマン 1 (邦画TVドラマ)


 
 3月分 特にピックアップしたいのが以下の作品。 他のが面白くなかったというわけではないです。ちゃんと見直す目的で借りた 『とらドラ!』とかモチロン大好きです。 

 ●『オオカミさん〜』は原作を買いたいって思うほどではなかったですが安定して面白かった(ゴハン食べながら見るのにちょうどいいレベル)です。林檎ちゃんと白雪さんの回が特に好きでした。 あ・ナレーションは超電磁砲の黒子にしか聞こえないですね。 続編も作れそうな終り方でしたけどそこまでヒットっていう話は聞いた事ないので2期は望み薄です、ヘンゼルとグレーテルの出番も非常に少ないのが非常に残念。

 ●『神のみぞ〜』は原作を少しだけ読んでいたので、TV放映時見れた時は見てたのですが、ちょうど中川かのんちゃんの話であからさまにキャラソンなどで商売しようという姿勢があまりに鼻についたので毛嫌いしていたのですが、ウチの店で旧作になったのでちゃんと続けて見て見ようかな?とレンタルしてみましたが、倉田英之さんが関わってる作品だったとは知らなかったです。 
 倉田さんは黒田洋介さんと並んで好きな作家さんなのでこれだけで見る価値アリ!!という事で全巻一気に見てしまいました。 主人公桂木桂馬を演じている下野さんはあいかわず流されるタイプの役にピッタリですねー、安心安定なキャスティングです。 
 続けて見てみるとなかなか面白かったのでストップしていた原作も続きを買ってみようかなと思っています。なぜならウチの店にはアニメ2期が入荷していないので… 
 原作読んでいた時から思っていましたが、普通にエルシィが一番可愛いと思います。 (断言!!)

 ●2月に見た唯一の洋画 『リトル・ランボーズ』は少年時代は毎日が冒険!!と言わんばかりのトムソーヤ臭がパッケージから漂っていたので前から気になっていたのですが、フランス映画(この作品はイギリスとの合作)はハズす時は思いっきりハズすのでなかなか借りれず、準新作になったタイミングで借りました。
 この作品は2人の少年が主人公なのですが、見始めた冒頭の印象はトム・ソーヤとハックルベリー・フィンではなく、ジャイアンとのび太?って感じでこのままだったらイヤだなーと思いつつも、津村さんと朴さんの吹き替えに助けられなんとかモチベーションを保ちながら見終えました。
 リー・カーターはハガレンのエドが普通に育って精神的にもっと幼かったらちょうどこんな子だったんじゃないでしょうか。イヤ、逆にすごいガリ勉優等生なエドも捨てがたいですね、メガネ似合いそうですし。 その場合ロイは先生ってそんな学園化されてる同人誌探したら沢山ありそうです。って何を書いているんだボクは。

 話を戻してボクがこの映画にキャッチフレーズをつけるなら『愛すべき全ての悪ガキたちにささぐ。』っていう一言。なんかセンス古いですがそんな内容です。
 テレビや映画・音楽などの娯楽を一切禁じるといった規律の厳しい教会の影響を受けた母親の下、育てられた気弱な少年ウィルの唯一の娯楽は空想し、ノートにそれを落書きする事。そんな彼が、学校一の問題児リー・カーターと出会う。性格は正反対な2人でしたが、父親がいない事など似た境遇から意気投合し、ある日カーターの家でみた映画『ランボー』に衝撃を受け、(ウィルは生まれて初めて見た映画) 自主制作映画を作ることが夢のカーターと共に『ランボーの息子』の映画を撮りはじめる。そんな中での友情や出会い・さまざまな経験・家族愛・親友との衝突など少年たちの成長を描いた作品です。 
 神代も空想する一人遊びや絵を書いたりするのが好きなお子様でしたので今作はウィルの方に特に親近感が沸きました。 
 旧ナムコさんのキャッチコピー 『クーソーしてから、寝てください』 ってすごい名言だと思います。空想する時間ってすごく大事だと思いますのでよく実践しています。たまに現実に戻りたくなくなりますケド。
 コメディータッチなので割と気軽に見れる作品でしたが、約90分という短編映画なのにちょっと内容が詰め込みすぎなせいかカーターの兄に対する心酔ともいえる程の親愛の情に感情移入できなかったのがボクにとって評価が分かれたところ。あと子供の無邪気な残酷さを表現したんでしょうが、ボウガンはやりすぎ…見ててちょっと気分が悪くなりました。 
 万引きや喫煙シーンがありますので、ホントのお子様にはオススメしませんが、『スタンド・バイ・ミー』とか好きな心が少年なオトナの方には間違いなくオススメです。 現在DVDはかなり安価で入手できるみたいで特典に監督自身が10代の頃ランボーに影響されて撮ったショートムービーも収録されているみたいですので手元に置いておくのに買ってもいいかな? 

 ●『えむえむっ!』はバイトの同僚A君から面白いよーと聞いていたので試しに借りてみたらハマったのでこれまた一気に見ました。 じゅんじゅんこと福山さん演じる主人公がドMということは予備知識としてありましたが、見てみると登場人物がみんな天然Sやボコデレ・女装趣味にマッドサイエンティストなど何かしら 『変』 ですね。何をもって変とするかは個人の主観とはいえ、明らかに普通とは違うテンションの人たちでした。
 そんなキャラが織り成すストーリーは非常にテンポがよかったですが、原作であるラノベではこのスピード感はどのように再現されているのかな?と原作について調べたら作者さんは若くしてお亡くなりになっていてこの『えむえむっ!』は未完だそうです。
 面白かっただけに続きは永遠に見られないということで大変残念です。もちろんこの手の作品(ハーレム物)で特定のヒロインとくっつくEDは誰も望んではいないでしょうから、もし続いたとしてもその辺はボカしたでしょうけど。(そういう点ではいちご100%は珍しいですね。)
 ハッキリとそれが何であるかは説明されてないですがOPでスタッフロールには意味深なSとMの文字が書かれているのがこの作品ならではでした(笑) 
 あ・何気にWヒロインの中の人は俺妹コンビですが、現時点でこの2人のどちらかと言われると嵐子に好感が持てます。でも神代の一番お気に入りはサブキャラ扱いなのが残念な自重しない激ブラコンお姉ちゃん(阿澄佳奈さん)でした。最近ボクの中でちっちゃいお姉さん役は阿澄さんがダントツハマリ役です。

 ●『スチームボーイ』はカミーユさんと話していた時にあの世界の大友作品 『AKIRA』 って実は見たことないですねーっていう話になったので見ようと思ったら借りられていたので、かわりにレンタルした作品(笑) 
 PS2にゲーム化されていて酷評(中古販売価格で180円位かな?)されていたという印象があって勝手に駄作という先入観を持っていたのですが、見てみるとなかなか面白いじゃないですか!! 
 すごい制作費と製作年数かけているだけあって映像はキレイでしたし、世界観や設定も好みです。(ボクは空想科学冒険活劇が好き)
 ただ肝心の物語はもっと簡略化できたんじゃないかなっていう不必要な複雑さを感じられました。父親と祖父との間でフラフラフラフラするだけの主人公、美麗な映像をたっぷり見せたいが為にムリに一見壮大(実は世界は狭い)なような、長大なストーリーを後付したような…そんな印象でした。
 何回か見直せばキャラの心情など色々と見えてくるのかもしれませんが現在のところ結局作品を通して監督が何を伝えたかったのかがわかりませんでした。ボクの理解力の無さが原因かもしれませんが…
 声優さんが主人公レイ役に鈴木杏さんというように主要人物が芸能人の方らしくアニメファンには受け入れられ難いですが、今作においてボクはその辺りそんなに気にならなかった(おじいちゃんの滑舌が悪かったくらい)です。俳優さんが多いせいでしょうか。 それにしてもどうして日本の大作アニメ映画って声優に芸能人を使うんでしょう?その方が話題性があるから? なにか大人の事情なのでしょうか?
 ということで予想してたよりヒドイ作品(スカイ・クロラと比べたら大抵の物は大丈夫)ではなく、なかなか面白かった(ここまで酷評しておいて…)ので今度こそ『AKIRA』を見てみようと思いますっ!!
 それにしても『スチームボーイ』はよく『天空の城ラピュタ』と比較される事が多いらしいですが、こうして見るとラピュタがいかに傑作なのかが浮き彫りになりますねー。

 
 ここからはゲームのお話。 と言ってももGWなどもあり4月・5月は大作・新作タイトルが少なくてゲームショップにとっては非情に苦しい時期だったのですけど。

 
 
 

 ホントはあまりにも衝撃だったので4月14日にこの事だけ記事にアップするつもりだったのですが、結局遅くなってしまいました。
 何が衝撃かって久しぶりに…本当に久しぶりに任天堂さんからデモディスクが頂けた事が!! そしてこんなに早くから販促物が届くなんて嬉しすぎます。 決算であまり業績の良くなかった任天堂さん今期はポケモンというビッグタイトルという事もあり気合入っています!!
 という事で当店では4月14日からずーーっと予約展開しています。

 

 ちょうどこの時、使っていた腕時計の電池が切れたのでポケモンセンターサッポロに行ってピカチュウ時計を新調しました。(税抜1500円)
 以前のピカチュウ時計を付けていって店員さんに同じ物を探しているのですが…と聞くと、限定品だったので完売したとの事。ベルト部分が汚れやすかったのですが、デザインが気に入っていたのに残念。職場でもお子様に好評なんですよーというような会話を交わして、今は新しいのが発売されたということで見せてもらいました。
 ピカチュウ(アニメ体型)があしらわれたベルトがすごくいいです。一目で気に入りました今回はラバー製なので長く使えそうです。 ふぁみちゅう団プロデュースのドット絵腕時計もいいな〜とは思ったのですが、ちょっとゴツかったので。
 缶バッチは制服に付けています。社則的にはそういったアクセサリーでの制服改造はダメなんですけどポケモン予約アピールという点で売ったモン勝ちという考えが強いのかAMには今のところ注意されていません。ピカチュウは当然として、何故ジラーチかというと単に大好きだからです。
 ちょうど4月14日に行ったのですが、当然ながらブラック2・ホワイト2の予約は特設コーナーを設けて激プッシュしていました。 
 ポケセンではホントにちょっとした小物を買ってもステキなショッパー(この写真で下に敷いています)に入れてくれるのですが、この日(多分)からブラ・ホワ2Verの新デザインに変わっていました。いつもながらお客様満足度向上に頑張っているなーと思います。

 ショッパーってフルカラーにすると実はすごくコストがかかるので以前バイトさせてもらっていたお店では、オープン当初はキレイなデザインでお客様にも大好評だったのですが、それが無くなる頃には同じ物を増刷する余裕(沢山刷らないと一枚あたりが割高になるが枚数が多くなれば当然それなりの価格になってしまう)は無く、単色デザインのスーパーの袋みたいなのになってしまいました。 さらにその後は無地の買物袋を包装紙屋さんから買ってきた物に…
 最初の上司がとにかくオリジナル商品にこだわっていて、ロゴのステッカーとかアメニティグッズとか兎に角作ってましたけど(この企画にボクは参加してません) TDLじゃないんですから地方のいち観光施設のロゴステッカーを作ったところで無駄づかいだとは誰も思わなかったんでしょうか…会議でちゃんと検討して欲しかったです。 
 なんか自社出版で絵本とかも作ってましたけどアレもどう考えても最初から不要です。多分未だに倉庫に大量に在庫があるでしょう。もっと身の丈にあった商売を心がけていれば、他の事にいくらでも資金を割り当てる事ができたでしょうに… あの施設のスタートダッシュを立ち上げたのは確かにあの上司の力は大きかったんでしょうけど、それ以上に余計な事もかなりしてくれたと思っています。 ひっかきまわすだけひっかきまわして責任もとらずに退社した…そんな感じ。 その後の後任も決してライトスタッフではなかったと思いますので、今も経営はかなり苦しいんじゃないでしょうか? おっとショッパーの話からグチになってしまいました。猛省。

 
 
 メディアファクトリー文庫 宮昌太郎+田尻智著 『田尻智 ポケモンを創った男』ですー。
 以前から欲しかったのですがブラ・ホワ2が発売するこの機会に読んでおこうと思ったら、近所の本屋さんに置いてなかったので札幌駅近くの紀伊国屋さんで購入。
 以前太田出版から単行本として発売されていたもの(現在絶版)に加筆修正を加え文庫化したものです。
 内容は雑誌『CONTINUE』に掲載されたインタビュー記事を元に構成されていて、今回文庫化にあたり、ハチクロの作者 羽海野チカさんとの特別対談(こちらはダ・ヴィンチの記事から)を追加収録したものになっています。 マンガとゲーム、ジャンルは違えどクリエイターとしてお互い通じるものがあったようです。
 
 田尻さんといえば、現在ボクの中でのイメージは、とにかくビデオゲームが大好きで、突き詰めた結果自分でゲームを作る人になっちゃたという印象です。 
 初めてその名前を目にしたのは、子供の頃にファミコン雑誌で読んだアーケードゲームの紹介記事だったと思います。(我ながらシブイ趣味のお子様です) まさかその後あのポケモンを創る事になっているだなんてその時には想像もつかなかったです。
 それまで比較的多方面に顔を出していた田尻さんはゲーム開発に携わってからはあまりメディアには登場しなくなっていたので、ポケモンの開発者が田尻さんだと知ったのもかなり後で、えっ!! あの田尻さんですか!と驚いたものです。(名前が覚え易かったので印象に残ってた)

 どんなにゲームが好きな方かというのは、セル版『ゲームセンターCX』BOX.3に有野課長との対談が収録されています (おそらく世界初のヤンデレ妹ゲーム クィンティの作者であるという事はこれで知りました) のでそちらでも知ることができますが、本書ではさらにディープな話が読めます!! (その分注釈がすごいことになっていますが) 
 ゲームに捧げた半生を振り返るインタビュー記事の他、田尻智年表や、幻の同人誌 ゲームフリークの創刊号がそのまま収録されていたり、『クインティ』と『ポケットモンスター』の開発資料も目にする事ができます!! 

 ゲーム好きな方には超オススメです!!

 昔、ゲームボーイで初代ポケモンを遊んだ子供達は大人になり、ひょっとしたらいま隣には、DSでポケモンを遊んでいる自分の子供がいるのかもしれないですね。 もしこの記事を読んで当時を懐かしく思ったら、今作 ブラック2・ホワイト2は一緒に遊んで思い出話を聞かせてあげるのは如何でしょうか? どっちがポケモンの知識があるか勝負しても面白いかもしれません。 負けられないですねー。 
 と偉そうな事を言っていますが、実は初代どころかシリーズをほとんど遊んだ事のない(積みゲーの山にはある)神代なのでした。(ここまでの話台無しだ!!) イヤ、ポケモン事体は好きなんですよ、本編をクリアしているハズのDQモンスターよりも何故か詳しいです(笑) やはり見た目の差でしょうか? DQモンスターはいかにも敵って感じで可愛いの(ドラキーとか)やカッコいい(キラーマシーンとか)の以外はあんまり好みじゃないんですよね。
 でも、そんな可愛いポケモンも進化後のポケモンであまり可愛いのがいないじゃないですか? でもクリアするには進化は必須でしょうし…ってなると進化前と進化後用に同じポケモンを複数捕まえなきゃならなくなって…っていうプレイスタイルなので、当然出発の段階で、3種のうち一匹しか連れていけないのをまず 『ぼっち通信』 で各3匹計9匹にしたんですけど、(本体は無駄に台数がある) 9匹にしたところでとりあえず準備OKって感じになって満足してしまって結局積みゲーに加わってしまいました…田尻さんスミマセン…Orz 。
 とはいえ、本書のあとがきにはポケモンで遊んだことすらないコラムニスト・ブルボン小林氏(ゲームホニャララでお馴染み)もエッセイを書いてますので大丈夫!! 氏もこの著書の感想を述べてますがこの本読むとちゃんとポケモンをプレイしてこなかった自分に今更ながら焦れます。

 
 

 4月19日は3DS 『ファイアーエムブレム覚醒』 が発売されました。シリーズ久々の完全新作で期待も大きく、入荷本数も45本とSLGとしては大量ですので普段デモディスクの無いタイトルは展開しにくい為スルーなのですが、今作は出来る限り展開してみました。予想どおり100均剣の使い勝手がいいです(笑)
 売れ行きは予約でほぼ半数埋まっていたとはいえ、フリー分は危なかしげも無く初日完売。その後もなかなかの本数が追加で入荷しましたが、しばらくは入荷→即完売が続くほどの人気でした。
 今作はマイユニット主人公や結婚システムの復活。シリーズファンには懐かしいキャラも登場するという事でボクもかなり気になっていたタイトルだったのですが、クロム×リズエメリナ×クロム・同性同士組み合わせが出来ないらしい(この件については発売後無駄に3時間ほど調べたので多分間違いなし)という事で、踏みとどまりました。 むー、ファイアーエムブレムらしくないですね、そもそもファンタジー世界なんだからいいじゃないですかぁ…もっとプレイヤーの妄想力を掻き立てるような自由度をっ!! 可能であれば本体と共に購入していたでしょう。 あ・もちろんいずれは買いますけど。DLキャラにはガチ疑惑のキャラもいるようですし
 新聞記事(朝日新聞 4月20日9面)にもなりましたが、この作品から任天堂さんが本格的にネット課金に参入しました。 12年3月期の売上高で初の営業赤字を出してしまった以上、会社として利益を追求していかなければならないので仕方ないですね。 それでも他社のようなガチャ的なことはしない方針という事で安心。 この分ならアンロックもなさそうです。 ファイアーエムブレムの 『異界のマルスシナリオ』 も一定期間無料でしたし、非常にユーザーに優しい配慮ではないでしょうか? 最近他社ゲームのネット課金DLCの多さに閉口気味だったのですが、少しは任天堂さんを見習ってほしいですね。特にバンナムさん。 それにしてもFEの限定プリペイトカードの絵柄( 言うまでもなくリズの方 )良かったなぁ。買おうかどうか迷ってる内になくなってしまったのが残念。 攻略本とかに収録されればいいですけど。 最近任天堂キャラがfigma(7月にサムス・10月にリンク)になっているのでそっちの方も期待したいですね。

 
 

 4月26日は今月の本命(入荷数的に)タイトル カプコンさんの 『バイオハザードオペレーションラクーンシティ』 が発売されました。
 65本という入荷予定数なのに、バイオの世界観を使った初のサードパーソンシューティングであるとか、発売前から海外での評価が低いという話やファミ通クロスレビューでも点数が低かったという不安材料が満載だったので、出来るだけ気合をいれて展開しました。
 ポスターもすっかり恒例の4重立体構造です。初期のデザインのものと後期デザインのものを組み合わせています。エリアマネージャーに言わせると予約だけの展開にするんじゃない!!との事。中古商品置いたら雰囲気崩れるじゃないですか…売る時はコレを売るんだ!!って感じで全力全開で推させて下さい…売れなきゃ売れないでブチブチ文句言うんですから。
 結果は予約62本で当日フリー分はほぼ無し!! やはりバイオブランドは強かったです。 
 発売後の反応は充分面白かったという方から、やはりなじめずに即売りにきたお客様も少なくなかったです。 しかし中古がくる一方でどんどん売れていくので、非常に回転がよく、お店としては久々に優秀なタイトルでした。
 普段シューティングゲームをされないお客様にも、バイオだからやってみたら、この作品からSTGに興味を持ったというお話も聞こえました。 
 ただSPS(三人称視点、自キャラが見えるタイプの視点ですね) でオススメの何かある?と聞かれてもPS3でのSTGはほとんどFPS(一人称視点 手先とかしか表示されないタイプ )なんですよね。リアルな世界観であればあるほどFPS。 (PS2のガンスリンガーガールはちょっと特殊なタイプですが、操作感としてはFPS寄りかな?)
 いままで触れてこなかった方にはFPSはまだまだ敷居が高いようです。 SF物のロストプラネット(3は超期待してますっ)とかならSPSもあるんですけどねー? これはSTGだけに留まらずモータースポーツやロボット物でも好みが分かれるところですが、視点変更が可能な物も多いので、視点固定されているのがSTGくらいでしょうか。 ちなみにウチの店ではSPSになるとアクションのジャンルに分類される事が多いです。
 ボクも初めてFPSをプレイした時は、これだったらガンコンで直感的に操作できるようにしてくれればいいのにっていうのがまず一番の感想でした。画面のスクロールは直線的でちょっと酔いそうでしたし…。 でもいつの間にか慣れていましたねー。
 ちょっと話は違いますが、今年のホリデーシーズン発売予定で注目を集めている 『WiiU』 では手元のコントローラーにも画面があり2画面を使った独特なプレイスタイルが可能ということらしいですので、ぜひぜひKONAMIさんにはその本体の特徴を活かした 『サイレントスコープ』 をアーケード版完全移植してほしいと願っています。ゲームセンター(もといゲームコーナー)で初めてプレイした時はスコープの中に専用の画面があるのが感動でした。

 オペラクと同日の発売日にはWii 『マリオパーティ9』 も発売されましたがバイオに喰われてしまったのか、42本入荷中初日販売は13本という結果に。
 ボクの手が回らなくて、ちゃんと飾り付けなかったのも悪いのですが客層カブらないから大丈夫だろうと思ったのがやはり甘かったです。反省し、クリスマスのキラキラモールを倉庫から引っぱり出し、いかにもパーティー!!という飾り付けに直した(セール展開も兼ねていたので写真はとりませんでしたが)ところスタートダッシュは遅かったものの週末にはキッチリとそして追加分もモリモリ売れるようになりました。今現在も中古が不足気味です。さすがマリオ、当店ではまだまだWiiは人気ですー。

 その他、タイトルのインパクト勝負かと思わせておきながらしっかり作られているRPG 『コンセプション〜俺の子供を産んでくれ〜』 ボクはイチオシだったのですが、イマイチ動きが悪かったです。販促物やデモ映像・初回購入特典のサントラとメーカーさん頑張ってたんですけどねー?

 
 先日の記事で書いたとおり、遅番に新人さんが3人補充されました。 今回は男子ばかり全員大学生です。しかもその内一人は なんとハーフ です。ウチの店も国際的になりました。
 学生さんばっかりなのは社の方針でなるべく、勤務時間を短く細かく区切って人件費の調節をしやすいようにとの事みたいです。フリーターだとガッツリ働かないと生活できないのであんまり雇いたくないみたいです。 スミマセン、長時間働かせていただく金食い虫で…。

 全員バイトに入ってから、もうすぐふた月くらいです。
 まだまだやってもらえる事が少なく、まだまだ覚えてもらわなければならないことが山ほどあります、目が離せません。でも週に3日くらいで数時間ずつじゃなかなか何も身につかないんですよね。それはわかります。でも後は、資質というか応用力というか、向上心も含め、モノになるかどうかは個人個人にかかってくると思っています。
 学校の先生ではないので、いつも1から10まで付っきりでマンツーマンで丁寧に仕事を教える時間は無いですし、ましてや同じ事を何度も教える時間はもっと無いです。わからなければ聞いてもらえれば勿論教えますが、聞かなければ理解したモノとこちらは判断しますので、わからないままにしていては、手痛い教訓となって返ってくるでしょう。自分自身に限らず他のスタッフに迷惑をかける場合もあります。 
 こちらからアレはわかった?これは大丈夫?って聞いてあげる期間はとうに終わったと思っています、とりあえず渡してあるマニュアル家に帰ってから一度でも通して読んでいるでしょうか? バイトの事はバイトの時間だけでって思ってるなら多分ウチの仕事はやっていけないと思います。特に最初のうちは。 
 学生さんですから生活のメインが学校なのはわかりますが、それでも仕事覚えよう!!って姿勢になってくれないとこちらも本当にわからない時に親身に教えようって気持ちになれないです。残念ながら感情のある人間ですので。 とりあえずカウンターに両手をついてふぅ〜って一息ついてる時間はないハズなんですけどね?
 あと歳が近い子ばかりなので、すぐにベッタリくっついて、お喋りを始めてしまうのは困りモノです。手動いてるならまだしも止まるんですよね。まだ話しながら作業できるほど余裕ないでしょキミら。 話している話題もあまりカウンター内向きではないのも困ります。箸が転んでもエロなお年頃なんでしょうけど友達ん家でダベってるんじゃないんですから… 喋ってる内容の8割くらいはあそこの子が可愛いとかここに書けないような事とかそんなのです。

 あと困るのが学校の授業とかって皆同じことをさせるからそういうのが慣れてしまっているのでしょうか、一人一人に違う作業を振ると安心感がないみたいで急に挙動不審になります。例えば

 神代:『すみません、これ切っておいてもらえますか?』とそこそこ量のある紙の束を渡す。

 新人さん:『ハイ。わかりました』

 
といっておもむろにハサミを手にとり、一枚一枚切り始める。

 神代:『ちょっ・・ちょっと待ってそれじゃすごい時間かかるからカッターでまとめてお願いします。』

 新人さん:『あ…ハイ、わかりました。』

 準備するもなかなかはじめない。

 新人さん:『………何枚くらいまとめて切ったらいいですかね?』

 神代:『えっ!!そんなの適当でいいよっ!!』

 思わず若干キレてしまいましたが、短気でしたでしょうか? だってそんなのいちいち作業の度に指示しなきゃできないんじゃ申し訳ないですけどこれから先、一緒には働いていけないです。

 まぁ、まだカッター使ってくれただけマシな方で、『カッターって怖いから』ってなかなか使ってくれない人もいたりします。 そんなに一般の人ってカッター使ったことないんでしょうかねー?
 ウチの店はカッターくらい使えないと作業にかなり支障が出ます。 まぁ店長ですらカッター使うの嫌がる人だから仕方ないのかもしれませんが。 ボクが雇う立場なら…言うまでもないですね。

 その他作業的な事ではないですけど、

 神代:『買取で何かまだ自信ないところとかありますか?』

 新人さん:『買取で査定してる時にゲームとかガーッて傷つけちゃったり、壊しちゃったらどうなりますかね?』

 神代:『えっ!そんな事考えた事もなかったし、聞かれたのも初めてだけど、想像するだけでもとんでもなく怖い事になりますので、そうならないようにできるだけ丁寧に扱ってください。』

 新人さん:『いや、それでももし壊したらどうなりますか?』

 神代:『う〜ん、そうですね、買取するまではお客様の私物を扱ってる扱いですから、それを壊したら新品購入価格を請求されても文句は言えないですね。事実そういう詐欺もあるらしいですし。ですのでくれぐれも大事に扱ってくださいね。』

 新人さん:『今までに壊しちゃった人っていますか?』

 神代:(くいつくなぁ…)『ボクの知ってるかぎりではいないと思いますけど。』

 新人さん:『そうなんだー、うわぁコワイなぁ。』

 想像しているのかゾクゾクしてニヤニヤしてるように見えます。

 神代:(そんなこと聞かれたコッチがコワイよ)『て・丁寧にねっ!!』

 ボクもよく初めて行なう失敗できないような事などは、まず最悪のケースを想像したりして、もしそうなった時の対処方法を考えてから行動しますけど、口には出さないです。大体どうしたらいいか自分で考えられるので。
 この新人さん、Mの資質が見え隠れするなぁ…不安だけどちょっと親近感(笑)

 他にも

 新人さん:『いままで悪い事したバイトっていますか?いたらどんなのが最高ですか?その後どうなりました?』

 とかそんな質問しかないのっ? もっと他に仕事的に聞かなきゃならない事あるんじゃないの?って言いたくなります。

 極めつけは、



 『ポットのお湯ってどうやって捨てたら熱くないですか?』



 なん…だ…と… それ聞いちゃいますか…聞かないと出来ませんか…Orz。  これが噂に聞く、 『ゆとり教育』の真の力ってヤツですか…こんな事が氷山の一角でなければいいのですが…先行き不安でいっぱいです。

 

 そんな毎日ですが、この6・7月中にそれなりになってくれなってもらわないとかなりキツい事になりそうです。 今までも学生さんのバイトは何人もウチの店を卒業していきましたが、そう考えるとかなりの逸材だったんだなぁと思います。全然安心して仕事任せられましたし。 働いてるっていう自覚と責任感がちゃんとあったなぁとついつい比較してしまいます。
 
 
 今日のサブタイはフランスの心理学者 アレクサンドロ・ビネの言葉です。 ビジネスの場面において上司が部下に仕事をさせる時、重要な仕事ほど忙しい人間に任せます。 忙しい人間ほど、その限られた時間を有効に活用する能力に長けており、過不足無く仕事を遂行できるからです=優秀な人材。 なので忙しい人間には自然と仕事が集まりさらに忙しくなります。 
 新しく入った新人さんには早く忙しい人間になってほしいなーと思います。 コンゴトモヨロシク…
 あ・勿論ボク自身もそんな人間になりたいです。頑張らなきゃダメですね。

 もちろん理不尽に忙しすぎるのは、会社の労働分配率がおかしい時だと思います。 いくら人件費節約が大事でも必要な人数もいないのはどうかと思いますし、バイトとはいえ、働く為にシフト予定に合わせてスケジュールを空けているのですから、その日になって、

 『勤務時間短いから休憩取らなくてもいいんだけど、人件費削りたいから休憩入っていいよ。』 (当然休憩時間に時給は発生しないけど規定の時間までは拘束したい時に使われるコマンド。)

 とか

 『今日はお客さん少ないから出勤しなくていいよ。』 (しかも朝のうちではなく、出勤予定の数時間前に繰り出されるコマンド)

 とか

 『今日は22時までだったけど20時で上がって下さい。』

 とか

 『今日は18時からだけど20時からの出勤で。』 (この2つはわりと頻繁に繰り出されるコマンド)

 などは人を雇う立場としてやっちゃダメだと思います。 ゲームのユニットじゃないんですから。 こういうことをするようにAMから直々に指導されているウチの会社は人間を扱ってるっていう事を時折忘れてしまってる様に見えます。 人を雇うって事の責任をちゃんと自覚して欲しいです。
 お客様が来ないから仕事が無いんじゃなくて、その時間を(会社にとっても)有効に使えるように仕事を割り振るのが雇用者の務めではないでしょうか。

 それでは今日はこの辺で。 ここのところの月刊更新なペースにもかかわらず毎日沢山の方にチェックしていただいているようですので記事編集作業の度に前日のアクセス数が目に入り、足を向けて寝れないなーと思っています。そんな自分を戒める為ついにアクセスカウンター(累計・本日・前日)を設置しました。(JUGEMで管理してるアクセス数は動いてるのにこっちは何故か動いてないので一旦はずしましたー。) 累計数値は近日中に計算して修正したいと思います。結構大変なので… あとテンプレートも久しぶりに変えてみましたが使いにくければ戻すかもしれません。ウチのモニターが悪いのかサイドがずーっと下までスクロールしないと表示されないんですよね? フォントも小さくてちょっと読みにくいです。 でもこの向日葵と青空がたまらなく好きでしたので。(このブログのテンプレートは空に関連するデザインで選んでいます。)
 次の記事は多分超短文更新になる予定なのでいつもよりは早いのではないかと思います。でわでわ〜。



 P.S.挨拶文にも絡んできますが、最近、FF〜♪とかドラクエ〜♪とか言う前に、実は名作と呼ばれるRPG全然プレイしてない!!という事実に気がつきまして、日本ファルコムさんのタイトルなど捜索中です。 こうして考えるとやりたいゲームとか一杯あるけど、人生ってすごく短いなーと思います。 模型もそうですけど、1年に1作作るか作らないかという今のペースでは死ぬまでに全然片付かない気がします。  あぁ、精神と時の部屋みたいのが欲しいです、あ・でもアレは歳はとるから意味無いですね、だったら、加速世界の住人にっ!って思ってしまうのはアニメのアクセルワールドにハマっているからです。あ・でもレベル4になる前に負けたらイヤだなぁ…ラノベが出た時にも気にはなっていたのですが、スルーしていたのが悔やまれます。
 バイトの同僚S君は次々とゲームをクリア(しかもちゃんとトロフィーもこなして)してますのでその姿勢全力で見習わなければなりませんっっ!! うー、でもアレもコレもと日常生活においてもまず優先的にやらなきゃならない事もあるし…イヤ!言い訳ですね!! やればきっと出来るハズ!! ちょっと色々動いたらお金が無くなって身動きが取れなくなる貧弱な経済面以外は……  
 

評価:
---
デジキューブ
---
(2001-11-29)
Amazonランキング: 6380位

評価:
---
Happinet(SB)(D)
¥ 1,280
(2011-06-02)
Amazonランキング: 3212位

評価:
田尻 智,宮 昌太朗
メディアファクトリー
¥ 650
(2009-04-22)
Amazonランキング: 25954位



2012/06/19 (火) 10:57 | 日常
trackbacks(0) | comments(2)

 小波:『この間通販で買ったニットのパーカーが初めて着たその日の内に片方の袖がポロポロとほどけてしまってかなりショックです。お出かけ先だったから必至で袖口握り締めてたよ…強制甘えんぼ袖で頑張ったのに家に着いた頃には肘くらいまで開いちゃってました。 おはようございます。編物は全くやったことないのでどうしようか途方にくれている遊 小波です。』

 明日希:『それって普通に不良品で返品できるんじゃない?』

 小波:『それが買ってからすぐ着ないで少し置いておいたから返品期間は過ぎちゃってて無理、裁縫は学校で習うから普通にできるけど、編物って自分で興味を持たないと一生やること無いからこういう時困る。もーいっそ半袖に切って端っこ瞬間接着剤で固めちゃえばいいかなっ!』

 明日希:『そんなプラモデルにたまに入ってるメッシュパイプがほつれないようにする為にやっておくといいよ的なマメ知識みたいなのでいいの?』

 小波:『だってお姉ちゃんだってお母さんだってお世辞にも編物できるとは言えないじゃん!!』

 明日希:『今回は縫い合わせてあった所が開いちゃっただけだから、そんなに難しくはないんじゃないかしら、自分で直してみたらいいんじゃない?』

 小波:『う・う〜ん……まぁ、これから夏だししばらく着ないから保留!!』

 明日希:『さてっと私は通販でトラブルは特にないけど・・・あ・でも不満はあるわね。おはようございます。先日通販を利用した時、1000円の物に対して、送料が900円ってどうなの?って思う遊 明日希です。』

 小波:『北海道だし仕方ないんじゃないの?』

 明日希:『うん、そうは思うんだけどね、でもね、代引き不可のお店なんだから、 ぱんつぐらい封筒で郵送すればいいんじゃないかなー?かなー?かなー?かなー?… (エコー) どうしてあんな大きなダンボールで送ってくるの?』

 小波:『大声でパンツゆっちゃったよこの人…。 んー、なんかどっかで聞いた事あるけど、小さいお店が通販をする時は、利用量が少ないと運送会社との契約料みたいなのが結構かかるから大手より高くなるとか、(逆に大量に発送があるなら全国どこでも200円とかかなりムリも言える) 人件費・梱包料の必要経費以上の利益を上乗せしてる所もあるっていうし、いちいち商品の形状に応じて梱包形態を変えると手間がかかるしね。 商品価格を下げて買いやすくしておいて実はその分送料に含まれていたりとか、こんなに送料かかるんなら勿体無いからもっと買わなきゃっていう心理をついているっていうのもあるらしいよ。 良心的なお店は送料全国一律500円以下くらいだと思うけどその時は、大抵お店で負担してるみたい。 勝手な想像だけど商品の価格も安くて送料も無料だなんていう某大河系通販サイトは相当運送会社泣かせてるんじゃないかな?』

 明日希:『確かにお姉ちゃんも送料勿体無いからって結局もう一枚買っちゃったのよね。そうすればなんとなく送料が半分になったような気がして…なるほど上手い心理攻撃だわ。』

 小波:『そもそも高校生にもなってパンツがウサビッ…ってお姉ちゃん音も無く背後に回るのはヤメテ!!怖いからっ! まぁ、お姉ちゃんみたいな単純な人もそういないけど、逆に買っちゃう人は送料無料(5000円とか)になるとこまで買っちゃうかもね。複数の注文をまとめて発送してくれなくて不親切なのに通販限定商品で送料が結構高額っていう所も困るよね。』

 明日希:『プレミアムバンダイの事ね。』

 小波:『そう!! 4月に久々のガンダムデカール新作がDXとして発売されたんだけどこの時一緒に5月限定の『HGUCジュアッグMSVVer』も頼んだんだよね。 同じ月ならまとめて発送できるんだけどそうじゃないから泣く泣く高い送料払ったよ。
 いつもより大きいA4サイズのガンダムデカールが1500円なのに送料と手数料で結局3000円弱になっちゃったけど、限定だから仕方なく…ホントにお財布が超痛かった。 っていうかデカールは消耗品なんだから通販だけとかホント止めてほしい。せめて定番商品にするか定期的に再販してプロショップでは買えるとかにしてくれればいいのに。 最近ダンボール戦機を推してるせいかプロショップの利点とか存在が薄れてるような気がするよ。 
 限定ガンプラも色替えくらいならスルーできるけど、金型起してまでパーツ作るんなら一般販売にして欲しい!! S.H.フィギュアーツとか主役ですら限定ばっかりでファンは搾り取られ過ぎだよ!! なんかこの通販商法はソーシャルゲームの課金みたいで好きじゃない。 でも欲しい商品はスルーできないし…だって金型(旧キットで300万円位 PGで900万円位?)って高いんでしょ、だったらガンガン売ったらいいのに。』

 明日希:『品薄感を煽る心理攻撃なのかもしれないわよ?限定だからメーカーに直接利益が生まれるし。それでそうまでして買ったデカールはどうだったの?』

 小波:『エンブレムとか軍マークは豊富なんだけど結構持ってるのとカブッてるのが残念。今までに無いエンブレム(ジャックザハロウィン汎用とか)が欲しい。あとコーションマークが少ない!! ラインデカールは他のメーカーでも出てるからなんとかなるけど1/144スケールのコーションは使えるのが少ないからバンダイさんが自社でVer.Ka系くらいのレベルで頑張って欲しい!! それにしても早速6月発送分として再販するなんて…やっぱり定番にしてくれればいいのに。』

 明日希:『デカールは保存が難しいんでしょ?』
 
 小波:『ウン、だからメーカーもあまり在庫持ちたくないんだろうね。 私は今までのも結構買ってて使ってない分は缶に入れて保管してるけど正直どこまで無事かは分からないから今回エンブレムがカブってるのは実はそんなに気にしてないんだー。 そういえばスケールモデルは水転写デカールが主流でプラモデルに同梱されてるけど在庫とかの分で保存状態って大丈夫なのかな? 可能ならガンプラにも標準装備して欲しいんだけど。 せめてやたらと細かいリRGシリーズだけでも。』

 明日希:『プロショップといえば模型情報別冊MSバリエーションの復刻版やっと買えたのよね。』

 
 
 小波:『ずっと探してたんだけど丁度再販されてたみたいでね。すごい大満足な内容!! ジュアッグが届いたらコレ見ながらぜひ迷彩パターンで塗装したいよ。でもザクマリナーもMSV版(水中用ザク)はプレバン限定になりそうだなぁ…。でも最近ユニコーンのお陰でMSV系がHGUCで発売されてるから手に入らないよりはずっといい!!』

 明日希:『こうして小波ちゃんは深みにハマっていくのでした。』

 小波:『何がプレミアムってとにかくかかる費用と手間がプレミアムだよ…(ガクっと膝をつきながら)とりあえず程よくガンダム話になったところで、今更すぎて誰も待っていないガンダムワールド2011の最終回をお届けするよ。残りの写真ちょっとなのになんでこんなに間が空いたのやら。』

 明日希:『でもこれちゃんと終わらさないととこないだ行ってきた2012の紹介できないしね〜。』

 小波:『(ボソッ)プラレール…』


 明日希:『シーッ、で・ではどうぞ〜。』

 

 

 


 


 小波:『ガンダムシリーズの年表と2010の時にはスルーされていた平成ガンダムの放映当時のポスターだね。』

 明日希:『∀ガンダムが水彩画みたいで変わってるわね〜。』

 小波:『Vとか宇宙世紀のはMSを下から見上げてる構図が多いけど、SEEDとかは正面からなんだね。ユニコーンはまた見上げる形に戻ってるから時代の流行ってわけじゃなくて、軍用兵器→ヒーローっていうガンダムのとらえ方の違いかな?』

 明日希:『小波ちゃん0083みたいなコクピットとパイロットっていう構図好きよね。』

 小波:『操縦席って萌えるんだよね。描写が細かいとすごくいい。番組違うけど機動警察パトレイバーでイングラムを起動する時のパチパチとモニターとかのスイッチいれるの好き。だからロボット物で思考を読み取って動くとかの設定だとショボーン。操作は複雑かつ不自由であればあるほどいい!! 軽快に動かせる巨大ロボットなんてあるかー!!』

 明日希:『リモートコントロールダンディは?』

 小波:『コントローラーを操縦桿に見立てて、リモコンでロボットを遠隔操作っていう鉄人28号的発想がレトロなアレは好き。あんまり知られてないけど地球防衛軍シリーズとか、DSの超操縦メカMG やスクエニのギガンティックドライブも同じとこで作ってるんだよね。なんていうか会社の方向性がハッキリと出てる作品ばかり。 このゲーム実際はキャラとロボットの両方を操作するから結構忙しい、ぜひGPSとジャイロ機能を使ってVITAで復活してほしいな。』

 明日希:『実際にプレイヤーが走り回るって事?』
 
 小波:『自分が動けば画面の視点も変わって、操縦しやすいポジショニングが重要だなんて、臨場感があってロボットの操縦に専念できると思うんだけど。』

 明日希:『交通事故が増えそうね。』

 小波:『がっこうのグラウンドとかでだけあそんでくださいとか。注意書き入れる?』

 明日希:『不審者学校敷地内に侵入って記事が目に浮かぶわよ?』

 小波:『じゃあWiiリモコンみたいに実際にはそんなに動かなくても遊べますみたいな。』

 明日希:『それでいいの?』

 小波:『よくない…、むー住みにくい世の中になったもんじゃのう。』

 
 
 


 

 
 


 明日希:『ガンダムA系の作品紹介ね。 ジ・オリジンはついに完結しちゃったわね〜。』

 小波:『エヴァと並んである意味【本物】なコミカライズ作品だったけど終わるのはガンダムの方が先になったね。』

 明日希:『毎月連載していればエヴァの方が先だったかもしれないけどね。』

 小波:『ところでWだけ写真大きくない?』
 
 明日希:『お姉ちゃんの趣味です!!』

 小波:『まぁこの3作品の中では今一番旬だしね。アニメのユニコーンが完結したらフローズンティアドロップをアニメ化してほしいな。緑川さんなら喜んでヒイロやってくれそう。』

 明日希:『MGも主役5機以降も展開してほしいわね。トールギスとか。』

 小波:『結構リーオーが欲しいって意見もあると思うんだけど。ヒイロとかトロワって何故かロースペックな機体が似合うんだよね。』

 明日希:『小波ちゃんGジェネでわざわざ乗せ替えしてたもんね。』

 小波:『いつやられてもおかしくない中で任務を遂行する劣勢萌え?』

 明日希:『こうしてみると当時の番組ポスターにそんなにメイン?ってキャラもいるわね。誰とは言わないけど。』

 小波:『んー微妙な所だね。基本的にWの5人ってあんまり周りと関わり持たないから、そう考えると帰るべき場所があって待ってる人がいるってだけでかなりメインといえばメインだし。』

 明日希:『言われてみればそうかもしれないわね〜。フローズンティアドロップまだ読んでないけど将来ちゃんと子供がいそうなのってデュオとトロワくらいしか思いつかないわね。あとは皆一人身っぽいわ。 五飛はさすがにサリーさんとはくっつかないでしょうし、ヒイロとリリーナはそんな関係じゃないし。カトルは沢山のお姉さんに囲まれてる感じかしら。』

 小波:『五飛はまさかのノインさんとくっついたりして。接点ないわけじゃないし。』

 明日希:『う〜ん相手がっていうより、五飛ってそういうの興味なさそうで。強くなる事しか頭にない感じで、将来は老師とか呼ばれてて沢山のお弟子さんに看取られて幸せに息を引き取るの。そんなイメージ。』

 小波:『ソレ幸せなの!?お姉ちゃんのW愛に疑問を感じずにはいられないよ。』

 

 明日希:『そんなWから1/10 ウイングゼロEW版ね。』

 小波:『なんだろう、どういうポーズをとらせたかったかは痛いほど伝わるのに微妙にコレジャナイ感が…』

 明日希:『足の閉じ具合と翼のボリューム。あと、両手にツインバスターライフルが無いせいね。』

 小波:『もしかしたら上から見たらカッコいいのかもしれないね。』


 

 小波:『2010の時とは違うポーズのエクシアだね。やっぱりこの大きなGNソードがポーズ付けのハードルを上げてる気がする。』

 明日希:『なんでかしら体は細いのに武器だけがゴツイからかしら?他のガンダムみたいにバレルの長いライフルも無いから射撃ポーズもビシッと決まらないしね。あら?今回色はなんとなくデザイナーズカラーを意識してるように見えるわね。』

 小波:『この色はねープラモデル作る時どっちで塗るか迷うんだよね。一応ザンライザーとか設定だけの機体の時やデカールがデザイナーズ版の時はデザイナーズカラーでっていう風に分けてるけど。MGのクアンタはどっちにするかかなり迷いそう。』

 

 明日希:『ストライクフリーダムね〜。』

 小波:『今年の彫像の中では一番いい感じかな?どうせなら連結したライフルを両手で構えるSEEDポーズの方がよかったかな。』

 明日希:『そういえば全部空中ディスプレイなのね。』

 小波:『コレを支えられる台座が凄いよ。アルティメットアクションベースだね。角度変えれなさそうだけど。』

 明日希:『ストフリはRGで発売する時は関節の金はちゃんと全部メッキにして欲しいわね〜。』

 
 

 小波:『今回の目玉、MS-06S シャア専用ザクの1/1頭部だよ!!』

 明日希:『写真撮ってみてわかったけどザク系はモノアイがこっち見てる時に丁度人がいないタイミングを狙わなきゃならないから結構大変ね。』

 小波:『イメージ的にはもうちょっとモノアイが光ってると思うんだけど、コレは動くだけなのかな?』

 明日希:『2010のガンダムは肩もあったけど今年は本当に頭だけだから意外と小さく感じるわね。』

 小波:『タラップや操縦席もあると期待してたんだけど今年は無いんだね。ザクのってあんまり劇中にも出てこないから見たかったのに。』

 
 

 

 
 小波:『会場全体を見下ろしながら、今回のまとめだけど、写真みても分かる通り、2010年に比べて規模はちっちゃくなってたね。』

 明日希:『2010年はOOの映画とのタイアップもあったからかもしれないけどクイズとか写真撮影できる所とか参加型の展示が全く無かったわね。スタッフさんの数も全然少なかったし。』

 小波:『私はガンプラの展示が殆ど無かったのも残念かな?勿論2010年と同じ展示をしても仕方ないからどんどん変えていく必要があるんだけど。 1/1ザクヘッドより1/144ホワイトベースの方が印象に残ったかな?お姉ちゃんは?』

 明日希:『お姉ちゃんはガンダムの誕生資料が面白かったかしら。』

 小波:『まさかの壁貼り展示!! 確かに良かったケド。』






 明日希:『ということで完結までが長かったガンダムワールド2011in札幌突撃レポゥト!! でした。振り返ってみるとちょっぴりションボリな内容だったけど、観に行った価値は確かにあったと思いますっ! とりあえず2012年に期待しましょう。』

 小波:『っていうかすでに観てきたんだけどね。続けて2012も紹介したいけど、1月にやったデフォルメ博の様子をちょっとだけ紹介したりしたいからその後かな?』

 明日希:『なんだか6月にサッポロファクトリーで面白そうな事も企画してるみたいよ?』

 小波:『あー、あのメールでお知らせ着てたイベントね。チケットが2500円なんだよね。写真撮影できるかわからないからそっちはお小遣いに余裕があったらって事で。 それでは今日はこの辺でお別れです。』

 明日希:『以上ガンダムワールド会場からでした〜。』

 

評価:
---
ヒューマン
¥ 6,000
(1999-07-22)
Amazonランキング: 3707位



2012/05/22 (火) 06:17 | アニメ
trackbacks(0) | comments(0)

 前回の記事以来、モノ作り熱(既製品・自作・立体物に限らずあらゆるモノ)が急激に過熱してきています。実際の作業には入っていないのですがムズムズムズムズとした気持ちを落ち着けながら、色んなジャンルの事を調べまくっています。
 実はスルーしてしまったエイプリルフールネタも、とあるモノ作りだったのですが、これも嘘に信憑性を持たせるために基礎的な事を勉強していたら、…これウソにはしたくないなー、とホントに作ってみたくなったので、さらに煮詰める事にしました。ある程度の記事にできるのはまだまだ先っぽいですケド。 世の中にはプロでなくても同人誌やゲーム・ガレージキットやetc…色んなモノを作れる才能溢れる方々がいらっしゃいますが、ゼロの状態から短い期間で『商品』として販売できる物にまで昇華させる事ができるなんて改めて考えるとすごいなーと頭が下がります。
 『好き』という気持ちを原動力にして、『何か』を創造できるのは神サマからヒトだけに与えられたステキな贔屓なのかもしれないですね。っと恥かしいセリフ禁止っ!!です。

 エイプリルフールネタといえば今年、熱かったのはリンクにもあるCGサイト 『New's Network』さんの『魔法少女まじかるゆーみ』 が良かったです。
 普段の更新頻度が1週間に1・2ページ位のWeb漫画なのに対して、今回はなんと脅威の17ページ!! ストーリーももうネタじゃなくてコレ公式設定でいいじゃないですかって思うほどクオリティーが高かったです。お忙しいはずなのに一体いつから準備していたんでしょう? 命も危なかったという突然の入院から復帰し、現在作品が読めること自体奇跡のようなものなので無理せず体に気を付けてほしいです。でも個人誌新刊の発売も一日千秋の思いで待っています。(どっちやねん) 新さんの漫画が好きすぎて生きるのがツライっ!

 話を戻して関連して?ミニチュア熱も高まってきていて今興味あるのが、海外の製品?TRPGを行なう際にコマとして使用する小さいフィギュアです。 主としてホワイトメタルという金属で出来ているようで、そこに色を塗っていくのですが、大体30〜40mm程の大きさなのでチャレンジし甲斐がありそうです。(チョコエッグのような小さくて精巧なの大好き) TRPG自体も日本では決してメジャーなホビーじゃない(少なくともボクの周りでは趣味にしている人はいない)のにそもそもどうして興味を持ったのかと言いますと、


 お店のショーケースもっと凝った雰囲気を出せないかなー?(現在はガンプラやモンハンのフィギュアを置いてる程度)
               ↓
 粘土でゲームキャラクターを作ってもいいけど特にコレっていうものじゃない無個性のファンタジーっぽい感じにしたらちょっと変わってていいかな?(ちなみにカプコンさんのドラゴンズドグマの影響も入ってます。あのゲーム、ボクの中では海外製のTRPGみたいなイメージなんですよね。)
               ↓
 リアルなジオラマ…は流石にまだ技術が足りないですし、かなり時間がかかりそう。
               ↓
 ヴィネット位ならなんとか作れそうだし、チョコチョコ片隅に置いてもいいんじゃないかな?
               ↓
 じゃあ、ベースなどは自作するとしてもフィギュアはまだ作れないから1/35位のでミリタリーじゃない物ってないかな?→ ドラゴンやモンスターとかリアルなのは今まで怖くて興味なかったけど敵キャラとして飾るならコレもアリかな?大きいでしょうし。

 という流れで辿り付きました。 オーロラモデルさんなどが有名みたいですが、写真を見てすぐに惚れました。 小物やドア・階段 果てはダンジョンの壁とかまであるようです。 最初からヴィネットになっている指輪物語のドラゴンセットとかもイイ!! (といいつつもホントはイベント限定のワルキューレとサンドラが一番欲しかった…)

 最初はタミヤさんの人物フィギュアから改造しようかとも思いましたが、サイトにある簡単な改造の行程を見てもいきなり一足飛びでなかなかハードルが高くいきなりは無理かなと。タミヤさんでは定期的に人形改造コンテストが開催されているので、いずれはやってみたいですけど。
 とまぁ、そんなこんなで、ジオラマ・鉄道模型や建築模型・ガレージキットさらには最近注目のペーパークラフトなどの事まで調べ始めました。精巧なミニチュアの完成写真を見ているだけでドキドキしてキュンキュンして(死語)、時を忘れてしまいます。 ウン、人としてどこかおかしいのかもしれませんw

 この記事を書いている最中ちょうど深夜のTV番組でマツコデラックスさんがジオラマ好きという事を知り親近感により我ながら現金ですが、好感度上昇中です。 ちなみにその番組によると、ジオラマやミニチュアは実は男性よりも女性の方がハマりやすいのだそうです、理由は女の子が一番最初に夢中になる遊び『人形遊び』『おままごと』に通じるところがあるからだとか。 マツコさんが『だからオカマもハマるのね!!』 と凄い納得してました(笑) 意外な程しっかりした番組で面白かったです。ジオラマ…胸がアツくなりますねー。

 ここでちょっと興味深い話を小耳に挟んだので紹介。 ホンマでっかTVでも似たような話はやってましたが、いきなりですが手を見て人差し指と薬指の長さを比べてみてください。

 男性の方は人差し指の方が薬指より短く、 
 逆に女性は同じ位か人差し指の方が長い場合が多いそうです。
 
 保健体育で習ったとおり、胎児の期間、つまりお母さんのお腹にいる間に男性ホルモンに多くさらされると男の子に、さらされないと女の子として生まれるのですが、 この時点で指の長さも決まるらしく、男性ホルモンは細菌を殺す作用があり、指の先の細菌が死ぬことによって、短くなるのだそうです。(何故人差し指だけなのかは未だに不明)
 
 しかし少数派ながら例外もあり、男性として生まれていても人差し指の方が長い人は、女性的志向が強く、女性でも人差し指が短い人は男性的志向が強くなるとの事です。 (あくまでそういう傾向があるという研究結果ですので必ずしもではないですが。)

 ですので、ひょっとしたら模型好きには男女問わず人差し指の方が長い人が多いのかもしれませんねー?
  

 脱線してしまいましたが、とりあえずメタルフィギュアからということで、肝心の購入は人間サイズで1体1000円位みたいなのですが、TRPG関連商品自体札幌で手に入りそうな所があんまりなさそうです。 サイドのおすすめリンクにも入れてる手稲の『模型屋』さんが一番種類ありそうな感じですが、確かあそこはSF調な『ウォーハンマー』がメインだったような? 
 さらに調べてると以前挨拶文のネタになったリサイクルショップ『アレイズ』さんにヒットしました。 おー、名前からしてRPGだとは思ってましたが、もしかすると扱っているのかも?これは一度行かなければならないですねっ!! 前衛・後衛で4人くらいのパーティ組ませたいのでなるべく安いといいなぁ。 この件については現状では続報を待て!ってところです。

 あ・決してバイトに熱心なわけじゃなく純粋に趣味なのと、今のうちに色んな事ができるようになっておけば自分のお店を建てた時に役に立つはず!!…と思ってるだけなんですけどね? そもそも会社の人達にとっては『全然やらなくてもいい事』でしょうし、ホントいつ『余計な事はやめろ!!片付けろっ!!』って言われるかハラハラしながらやっています。 でも何事も経験なので。
 自分のお店はRPGに出てくるお店屋さんみたいな雰囲気を出したいです。(と言いつつ骨董品屋さんみたいな和レトロも捨てがたい) こうしたいっていう妄想だけはどんどん貯まってますが肝心のお金は…Orz。

 おはようございます。3月24日は『ミニ四駆』の日だそうでついでに今年は発売30周年だそうです。そんな事を知ってしまったら、お祝いせずにはいられません。 そんなわけで突然思い立ったように発売されたばかりでボディの塗り分けも簡単そうな
 
 

 『サンダードラゴン』
を衝動買いしてしまったのですが、組み立ててもいなく、24日当日に記事もUPできてないのでその日に買った意味もなく、こうして挨拶文に使うくらいしかできないことに気付いた神代です。
 そもそもミニ四駆は奥が深いらしいのでハンパにしか知らないとレビューもできないんですよね。 ボクの知識は VSシャーシ?なにソレ美味しいの?ってくらいです。電撃ホビーマガジンの記事を読んでいてもレベルが高くて半分も理解できてないです。 そもそもミニ四駆をディスプレイモデルとして扱っているボク(なのでグリスは未使用)と純粋に走らせる為に楽しむ方々とではアプローチの仕方が違いますし。 でもゼンキッシュ(MGが買える位の価格!!)は欲しいカモ。機能美萌え。

 ここでミニ四駆つながりで先日購入したコミックを紹介ですー。

 


 マイクロマガジン社から発行されております 久松ゆのみ先生の『ピコッとハニエル』1巻です。

 『人を幸せにする』という目的の為下界にやってきた下級天使ハニエルゲームが好きな女の子 ルイさん(ターゲットは天界で決められています。) の 『一緒にご飯を食べて、一緒にゲームをしてくれる人がいたらいいな』 という願いを叶える為、一緒に暮らす一見非日常な、でも普通の生活を描いた作品です。
 表紙見てもわかるように(わかる人にはですが)ハニエルがHORIさんの『グリップコントローラーPS』を持っています。攻略本を開いたままプレイする為に片手だけで操作できる様に開発された優れ物でスパロボやダビスタなどに最適な周辺機器ですが、これでもこの作品の中に登場する機器の中ではメジャーな方なのです、もともと『ゲームサイド』というレトロゲームを中心に紹介する雑誌で連載されていた事もあり、前半はネタがかなりマニアックです。(後半は掲載雑誌がなくなりWeb連載になったので一般向けにある程度自重) 
 毎日毎日ゲーム三昧、マニアというよりはゲームフェチなルイさんの日常に振り回されていたハニエルがだんだん馴染んでかけがえの無い家族になっていくそんなお話です。イヤ、そんな感動話じゃないんですけど。
 設定25歳前後のルイさんは毎日家にいてSRPGでキャラクターのジョブをコンプリートしたり、ゲームのし過ぎでご飯を食べるのを忘れて死にかけたりしてますが、かろうじてニートではなく、その正体は有名ブロガーのようです。
 レトロゲーから電子ゲーム、最新のオンラインゲーム・同人ゲームや果てはエロゲーまで幅広くこなし、スイカを16連打で割れる特技(元ネタは一緒に写っているDVDに収録されている映画 GAMEKING高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦) を持っているだけではなく、フィギュアやプラモデル・ミニ四駆なども作るのが得意です。(体の小さいハニエルの身の回りのものはルイさんが作っています) 
 『スハダクラブ』『コンゴトモヨロシク…』の意味がわかる人や、 『箱は重要なの!! 2Mビットとかついてるところが重要なの!! 箱を捨てたら当時の風情は戻らない!!』 や 『フルカウル世代じゃなくダッシュ世代ね。タイプ1・2・3シャーシの方。タイプ1シャーシはサイドローラーがが無かったからオプションでつけなきゃダメだし、肉抜きも自分でしなきゃならないし、そもそもプラがヤワいから結局エンペラーをタイプ2に乗せかえたんだよね。』っていうような会話を普通に繰り出してくるルイさんに激しく共感が持てる方はぜひ一度読んでください。 っていうかどうやらルイさんは作者の生き写しみたいですね。マニアックネタ全開のエッセイ漫画も描いていらっしゃるようですので、今度そちらも探してみますー。 あ・ハニエルの外見は作者が『ねんどろいど』を見て思いついたらしいです、確かにそんな体型です。
 ルイさんにはマリさんという姉が一人いて現在は結婚して家を出ているのですが、作中で触れられるまでルイージとマリオから名前を取っていた事に全く気が付きませんでした。むー不覚。
 タイトルのピコッとハニエルの『ピコッと』はセガトイズさんのキッズコンピューターピコからだそうですが流石にそれは言われなきゃ誰もわからないです。8ビット的なピコピコ音からかと思っていました。 初期タイトルは 『バグってハニエル』 これはわかる人多いと思いますが、ハドソンさんに怒られそうなので改題したそうです。2巻が待ち遠しいですー。
 
 
  ところでミニ四駆はスケール表記が1/32なのですが、コレって実車からの縮尺なのだと思います、ですが今回購入した『サンダードラゴン』は実車が存在しなく、もともとは『ラジコンボーイ』という漫画に登場するオリジナルのラジコンらしいのでラジコンカーからの縮尺にしないとダメなんじゃないでしょうか? あとダッシュシリーズやフルカウルシリーズはどちらもミニ四駆漫画からのキット化なので1/1ですよね。 最近はホビーが題材の作品が少ないので助かってますが、これらのホビー漫画読んだら絶対影響受けてやりたくなるんでしょうねー。 まぁ、ラジコンに関してはすでに『ふたばチャージ』(ゆ〜のす通信)や『あしたフルチャージ!』(田宮模型WEB連載)に影響されまくっていて手遅れな気もしますが。 
 それにしても配信のみのゲームなのが悔やまれてならない、『モーターストームRC』が現在、店内のプレイステーションスポットでよく流れていてバイト中後ろ髪を引っ張られまくっています。 なぜパッケージで発売してくれないのですかっ!! レースゲームは多々ありますが、ラジコンということで俯瞰視点というのが新鮮です。プレイするならぜひ欲しいですが、PS3用のプロポ型コントローラーって発売されているのでしょうか?非常に大事な事です。
 PCやPSでは確かラジコンのゲームはこの他にも発売されているハズ…これは探さずにはいられないですっ!! 

 図らずも3月はタミヤさんに貢献しましたねー。 ところで一見何でも置いてそうな大型の量販店では実は万人向けにガンプラ等がメインで、タミヤさんの製品やスケールモデルは意外と品揃えが悪かったりします。  そんな時は本当に模型を好きでやってる、ショーケースやウインドウに作品をかざっているような個人経営の模型店を覗いてみましょう。きっと探しているものが見つかるハズ。 って偉そうに言ってますが、ボクも近所の模型店が異常にスケールモデルの品揃えがいい事に気がついたのはごく最近なのでした、人間視野が狭いと何も見えてこないんです。 札幌でも駅周辺を離れればいいお店一杯あるんでしょうねー。
 余談ですが、最近ヨドバシさんの玩具売場が配置換えしたようで、プラモコーナーにショーケースが設置されたのですが…やっつけ作業なのか愛が全く感じられない作り方と飾り方で、アレでは購買意欲を損なわせて逆効果だと思います。箱の積み方も雑。
 大学の模型サークルさんとかに展示をお願いしたら快諾してくれそうな気もするんですけどねー? そういったいわゆる『お得意さん』とのパイプを太くする事も重要だと思いますが、個人経営店ではないので商売の仕方が違うのかもしれません。 
 札幌駅周辺のショーケース穴場ハンターとしてはドンキホーテ狸小路店さんの展示が、あー好きな人がやってるんだなーと感じられ、非常に買いたくなります。ぐっじょぶです。


 ちょっと気になった事なのですが、おすすめリンクにもしている『ゲーム屋さんのお店だより』さん、最近忙しくて見ていなかったのですが、久しぶりにいってみたら、『日記だより』に変わっていて内容もなんだか路線変更していました。ボクと考え方が近くて、同じゲーム屋店員という立場から勝手に親近感を抱いていたのですが…何かあったのでしょうか?しかも更新停止されるようで非常に残念です。 →更新作業中に再度確認してみたら新しい記事増えてました!! でもさらに路線変更してしまってますね。 んー、またゲーム話が読みたいですよー。


 
 近況報告ですー。春はお別れの季節…なのか、ウチのお店のベテランさんが次々と辞めていきます。たびたびコメントを下さっているカミーユさんもとうとうお店を去りました。 ボクと殆ど同期でお店に入ったので先越されちゃったなーという気持ちが強いです(笑) あ・でもまだちゃんと就職決まったわけじゃないですのでおめでとうとは言わないゾっ★(ウザい) 決まったらちゃんと報告するようにっ!!(そして何故か上から目線)
 このあとも4月中にさらに減る予定です。寂しいですが仕方がないですねー。っていうかそんな事言ってられない位遅番シフトがヤバイです。 Aスタッフ以上がボクしかいなくなってしまい、あとは新人さん(学生さん)の2人です。 それではあんまりなので早番から急遽ベテランさんが一人シフト変更になるらしいのですが、遅番と早番の業務内容がかなり違うので、そのあたりがツラそうです。 

 さらに追い討ちをかけるように先日からレンタルの準新作が100円(通常200円)のキャンペーンを実施していて、貸し出し&返却、そしてクレームが毎日鬼のようです。 5月6日までって言ってますけど、ウチの会社の事ですからどうせ『好評につき!!』とか期間延長していずれはそのまま100円が固定になるんでしょうねー。

 新しく人も採るらしいですが、研修期間が実質無くいきなり、お店に出て、OJTで覚えていくウチの会社のやり方ですと人数に余裕がなく、忙しい時に新人さんが増えるとそっちにも目をかけなければならない分余計に忙しくなるので、このままですと冗談抜きに死ぬ…かもしれません。 
 現状勤務時間が増えました & お休みの日もなんだかんだでお店でご奉仕活動してますので完全オフが無いです。 オレ…この戦いが終わったらゆっくり休むんだ…(死亡フラグ) 
 収入的にはありがたいんですケド、まとまった自分の時間が全然とれません、生活リズムもグチャグチャになってます。この記事も3月末からずっとチマチマ書いてたのにUPまでずいぶんかかってしまいました。 あまりに更新期間が空いてしまった為、オフ友でもある廉さんからもご心配のメールいただいてしまいました。…といいつつもショタゲー1本フルコンプするくらいは元気ですのでご心配なく(笑)。


 前々から思っていたのですが、バイトさんを入れては数年で使い倒して、新人さんにまた0から教育していくウチの会社の体制は、どうなんでしょう?
 一見人件費は安くすみそうにみえますが、マニュアル化が追いついていなく、内容も試行錯誤なので日々変化し、かつ、かなり複雑な業務内容ですので一人前になるには結構な時間と労力がかかります。 なのにいずれは辞めていってしまう。 まるで高い家賃をいくら払っても永遠に自分の物にはならない賃貸住宅のようです。
 一人前のバイト=なんでも出来る万能型 ではなく、例えば営繕・レンタル部門のスタッフ、販売・ゲーム部門のスタッフ、買取・加工専門のスタッフ、携帯・古本部門のスタッフ…というようにマニュアルを細分化して個人個人の覚える事を少なくし、専門部門ごとに一人前のスタッフを育てるのであれば、現在より育成期間の短縮になり、バイトの使い捨てでも運営していけるとは思うのですが…ファミレスとか多分そうですよね? ホールはホールだけ、キッチンはキッチンだけとかそんな感じだと思います。でも現状ウチの会社はその体制にできていないのでアレもコレもとやたらと覚えることが多いです。マニュアルの変更や業務連絡なども全員にいきわたり、理解・把握してもらうまでにはかなりの時間がかかります。専門部署体制なら担当部署のスタッフにのみ伝達すればいいのでこのあたりにも利点があります。 
 現実問題として、社員さんなのにキャリアの長いバイトさんにくらべて絶対的に経験値が足りない分、仕事を知らない・こなせない人もひょっとしたらいるかもしれません。 『アレもコレも体制』が通用するのは店舗面積の小さいコンビニくらいまでだと思いますよ? 『専門部署体制』でもベテランになってきたスタッフさんを部署異動すれば結果なんでもできるスタッフに育てる事だってできるのですから。

 また他の案としては、月々の給料は多少高くても、社員を増やして少数精鋭でキチンと育てていった方が会社の将来にはいいと思います。 (ボクたちは失業の危機ですが) 
 バイトさんなら個々の能力差による現場のバランスやシフトの希望を考慮しなければならないのでどうしても余裕をもって雇っておいて、出勤時間や日数で調節しなければならないですが、しっかり教育を受けた社員さんならそのあたりは全く考えなくていいですし、そうすると穴埋め用に人数を増やす事もいらないので、スタッフ数を半分位までは減らせると思います、結果人件費は安くなるのではないでしょうか? せめて店長の他にもう一人くらいは社員さんがいてくれたら楽なんですけどねー。 
 あ・ウチの会社は転勤の頻度がハンパないですのでたとえ社員募集してもボクは社員にはなりたくないです。(そんな選り好みする立場ではないんですけど) っていうか店舗業務的にどこの店に行ってもやる事はそんなに変わらないのに、そんなに転勤させるメリットがあるのか理解できないです。内部不正を防ぐって事以外に思いつかないですが、真面目に働きたい人には大迷惑な話です。 一応費用は会社持ちらしいですが、細かい所で確実に自費負担とストレスが大きいと思います。その分の労力を他に向けさせて欲しいです。


 ちょっとグチっぽくなってしまいましたが、お店を卒業された皆さん、季節の変わり目ですが、体に気を付けて下さい、なにをおいてもまず、健康第一ですよー。

 
 
 

 3月17日の公開初日に札幌シネマフロンティアに 『劇場版ストライクウィッチーズ』 観に行ってきましたー。 この日は『僕らがいた前編』 『プリキュアオールスターズNewStage』 の初日でもあったので、これはかなり混むのではと覚悟(と期待)をして行ったのですが、チケット売場で並ぶくらいで、残念ながら普通でした。 
 大きく分けて4種類のお客さんが並んでいて、それぞれ大体何を観にきたのかわかっちゃうところが悲しいです。 
 中高生の女子組&カップル=『僕らがいた』 
 一般人とオーラが違うボクたち(アウターでお洒落することが苦手で無難すぎる黒を選択してしまうが逆に浮いてしまう別名黒い集団)=『ストライクウィッチーズ』
 そのボクたちともまた違ったオーラを纏っている大きなお兄さん達=『プリキュア』(ボクも観たかったですが) 
 家族連れ=『ドラえもん』
って感じです。

 『僕らがいた』はCMでも印象的な『好きだバカ!』っていう台詞が乙女回路にキュゥっ!!ときている方が多いようで、チラホラその話題で盛り上がっているのが聞こえました。使ってみたいんでしょうけどなかなかシチュエーション的に使いどころが難しく人を選ぶ台詞ですね。
 『僕らがいた』はアニメでチラっとしか知らない(神代は小学館系の少女漫画の所有数が何故か少ない)のですが、高校生から始まって作中では20代半ばまで成長してますが、実写では美男美女とはいえキャストに無理がないのかちょっと気になる所です。メイクとかでなんとかなる範囲なのかな?といってもそこは物語の本質とは関係ないので気にする方がおかしいのかも。舞台だと役者の年齢と役なんて全く気にしないですし。
 劇中設定どおりに北海道の釧路市でロケが行なわれたそうなので、北海道庁では観光面の経済効果を期待して激プッシュしているみたいでウチの店でもポスターや釧路市の観光マップを設置するように道庁から依頼がきました。
 原作どおりの場所でロケを行なう。基本とはいえ、さすが映画です。その辺りすら適当に流してしまったTVドラマの『いいひと。』とはエライ違いです。あ・アレはヒドすぎて途中で『原作』が外れたんでしたっけ? 観てないけど『劇場版 最終兵器彼女』の方はどうなんでしょう。(高橋しん先生の作品大好きなので、アニメ版はしっかりDVDを購入。)

 おっと話を戻して、『スト魔女』の感想ですが、そこそこ混んでいましたので今回もまた後ろの方です。通路側の席が空いていたのでそちらを指定。(ボクは片方だけでも人がいない方が落ち着くのと、もし席を立つ場合の事を考えて毎回できるだけ通路側を希望。)

 気になる内容はファンの期待に充分応えた出来でした!!
 
 今作のストーリーは、2期の最終回その後からで、魔法力を全て失った宮藤は扶桑皇国に戻り、医学校に進むために勉強の日々をおくっていましたが、そこへ彼女の運命を変えるひとりのウィッチがやってきたというというところから始まります。 パネル(もうちょっと凝った感じにしてほしかった…)で宮藤の隣にいるのがその新キャラの服部静夏 軍曹です。 
 静夏の話によると坂本さんの計らいで、宮藤が希望するなら医学の最先端を学べるようになんと欧州へ留学させてもらえるとの事。画して宮藤は再び扶桑を旅立つ事になります。(いつもながら決断が早い)
 欧州へは空母天城(雲龍型ではなく赤城型の方。史実では関東大震災の為、未完成の幻の艦ですが、スト魔女の世界では震災がなかったので完成し就役しています)での船旅ですが、静夏は宮藤を無事に送り届ける任務の為同行するのですが、勝手に憧れを抱いていた『英雄』宮藤とはじめて目の当たりにする本人があまりにもかけ離れていた為、また、考え方の違いから2人は衝突します。 宮藤がどんな行動に出るかなんて事はファンなら用意に予想がつきますが、静夏は事ある度に面食らっています。 このあたりが今作のキーですね。 あ・ちょっとビックリな事にガリア奪還の功績により宮藤は少尉にまで特進していました。坂本さんも帰国していたようですが、坂本さんが忙しくて会ったりはできなかったみたいですね。といっても2期終了時からそんなに経ってはいないんですけど。

 第501統合戦闘航空団も現在は解散しており、元メンバー達はそれぞれの目指す生き方を歩み始めています。 劇中ではそんな彼女たちの姿が堪能できました。 501のメンバー以外も赤ズボン隊第502統合戦闘航空団のウィッチも登場します。 
 ガリアに宮藤が来ている事は伝わっているみたいですが、当初は合流するメンバーが少なかったですね。 『宮藤元気かなー』とか『どうしてるかなー』とか『芳佳の治癒魔法はもっと凄いのに』とか逢えたらいいなーくらいですね。 もちろんいの一番に合流したリーネちゃんとの激しい再会は百合百合しくて非常に良かったですw。 文字通り全速力で飛んできました。
 と、これ以上はネタバレになるので、後はぜひ劇場で観ていただくとして、これだけは!!
 ED後は完ではなく『つづく』でした!! ある程度予想はしていましたが、3期? OVA? どんな形は分かりませんが、ストライクウィッチーズ復活です!! 新キャラも増えましたし、なんといっても第501統合戦闘航空団再結成ですっ!!!!  館内では拍手こそおきませんでしたが、つづくの文字をみた観客からは『やった』 『3期やるのか』などの静かなザワめきがありました。 嬉しいですねー。 アキバとかだったらノリよさそうですから劇場が震撼するほどの雄たけびがあがったんじゃないでしょうか?   
 
 

 ストパンフパンフレットも買ってきましたー。 内容も設定資料なみに充実していて厚いです。 グッズもキャラクターごとに発売していましたので、ハルトマンのが何か残っていれば欲しかったのですが、坂本さんやミーネさん・ちょっと惹かれたけどスルーしたバルクホルンさんとかしか残ってませんでした。(涙)
 いつも思うのですが初日でほぼメインのグッズが売り切れてしまって、公開中に再入荷とかしてるんでしょうか? もっと入荷数を増やしたらいいのにと思いますが売れ残っても困るからなのか人気ゲームの様に配分制なのか真相は闇の中。 
 あ・一緒に写っている軍服は以前バイオハザードリベレーションズの時にも写っていたドイツ軍のジャケットで、中のブラウス・サマーベスト・ネクタイ(フランス軍)という感じで家にあるものでまとめてみたらリーネちゃん風だったのでなんとなく。
 ジャケット以外(これをアウターにするにはまだ寒いので)は今回観に行った時にも着ていったものです。もちろん普段着でありコスプレじゃないので下は履いてますケド。

 この日は まんだらけさんの移転リニューアルオープンの日でもあったので、映画館を出た後、友達と合流して、その足で行ってきました。 
 新しいお店はノルベサの2階フロアをほぼ全面使うほどの店舗面積で、非常に充実していました。他店舗からこの日の為にかき集めたのか品揃えも凄かったです。ありとあらゆる分野で欲しい物がありすぎて、リミッターを解除して買物しまくりたかったのですが、ギリギリのところで理性が働き、破産を免れました。 
 以前の店舗は建物が古いせいか若干薄暗い印象だったのですが、明るくなり、清潔な好印象です。オタク的視点としては商品の蛍光灯退色が心配なのはまた別な話ですが。
 店内の特徴としてコスプレ衣装売場やイベント会場?に大きく場所を割いているのも印象的でした。この次の日の翌日(日曜日)にはモモーイこと桃井はるこさんが来るらしかったのですが、さすがにバイトなので行けませんでした。知っていたら2連休希望だしていたのにぃー。(妹からのメール指定着信ボイスをモモーイにしてる位好きです。)
 開店初日のゲストはコスプレイヤーのうしじまいい肉さんが来ていて買い物して参加券を貰うと撮影会に参加できたのですが、恥かしながら神代この方全く知らなかったのでスルーしてしまいました。コスプレでもスポーツでも人のをみるより自分でする方が楽しいので興味なかったんですね。 あとから聞いたところ有名な方らしいですね、失敗したかな? 
 ボク的には普通にレジを打って接客していたセイバーさんの方が目立ってた印象です。 コスプレといえば、北海道ではたまに大きなイベントが開催されてるらしく職場で以前お誘いを受けたのですが、その時は敷居が高く感じられたのでお断りしてしてしまった(っていうか衣装も無いです。)のですが、そのうちまた機会があれば、見る方で参加できるなら行ってみたいですねー。まずはそこからです。
 爆誕した新生まんだらけ さらに濃ゆくなり大満足です。 あらゆるジャンルの商品を扱っている上、広すぎて隅々まで物色するのが大変なのでぜひ永住したいですねー。




 

 ここからはゲームの話。3月はゲームメーカーさんも決算前ということで大作が多かったですが、なんと言ってもクリスマス前からずっと展開していたPS3 『ワンピース海賊無双』が3月1日遂に発売したのが印象深かったです。久しぶりにバンナムさんの販促キットも多く(それでも少なく、使い難いモノばかりでしたけど)賑やかにすることができました。 
 ほぼ等身大なルフィ立て看板は目立ちましたが変な所に置くと他の物の邪魔になったりするので使いどころが難しかったです。
 特集平台には見えにくいですが、船の甲板をイメージした紙をパソコンで作成して敷いています。

 

 ワンピースといえば宝!! ポケット〜のコイン〜それとYou wanna be my Friend♪ ということでダンボールに金紙・銀紙を貼ったコイン(に見えているなら嬉しい…)をとにかく沢山作って100円ショップで購入した西洋剣を突き刺し、海賊帽を引っ掛け、兵どもが夢の跡って感じで、共に飾りました。
 頭の中のイメージで海賊の剣といえばカットラスなんですけど、売って無かったので。でも今後他のゲームでも流用できそうなので結果良かったのかもしれません。
 最初は安っぽいソフビ製なので金属色で塗装するつもりだったのですが、ソフビはプラモデル用の塗料では塗装できないんですね。知らなかったです。Vカラーという専用の物で塗装するらしいのですが、結構高額みたいです。 最初は所詮子供用なので大人の手にはショートソード位の長さしかなく迫力不足なのは仕方ないかと見くびっていましたが、無塗装なのも段々見慣れてきて、なんと言っても鞘付きなのでシャキーンっ!!と抜き放ったりするのが楽しくすっかりお気に入りです。ムダに抜刀していました。 クっ…コレが古より伝わりし剣(つるぎ)がもつ魔性の魅力というものだというの!? (黒猫風に)。 

 今回も当然ながら余計な事なので、材料費300円(税別)は自腹。 コイン作成も帰宅後に家でやりましたが、その手間に見合うだけの本数が売れてくれたので満足でしたー。 ただ反省点としてはコインが学芸会レベルなのでもっと改良の余地があるようですね。時間があればドラゴンクエストモンスターズの時にリベンジしたいと思いますが、小さなメダルって登場するのでしょうか?(ジョーカー等積みゲーなので未プレイ) ドラキーとかスライムとかも粘土で作りたいですねー。

 …ちなみに売れに売れた分、現在進行形でそれらがかつてのエクシリアを越える勢いで返ってきています… これはGWセールあたりで3980円!!とかセールの目玉商品になりそうな予感がします。

 

 3月8日はトロ・クロの参戦(PS3版のみ)が個人的に嬉しいカプコンさんの『ストリートファイター×鉄拳』 立て看板の構造が非常に凝っていてお気に入りでした。 販促物は一見派手な物の版権絵のパターンが少ないので同じ様な展開になってしまうのが悔やまれます。キャラの体格差を活かした立ち絵とか欲しかったです。 今回もポスターを複数枚使って、背景→リュウ→一八→ロゴの4重立体構造を作ってみました。 手間もかかったし割と気に入っているので発売後もショーケースの上に飾っています。 
 ネームバリューがある2作のコラボとはいえ、初動売り切り型の格闘ゲームで新規タイトルという事で、本部発注も17本(内360版は1本)という少なめの入荷でした。 
 デモもかなり長い期間流していて個人的には面白そうに見えていたのですが、予約は全然入らなく、初日売上は両機種各1本と大爆死しました…その後も動きがなく、それどころかウチの店で売れた本数以上に中古が売りにこられてしまう程。 ゲームセンターで稼動しているものではないというのと、最近のカプコンさんのベスト化と完全版化の発売スパンが短いのが原因ではないかと思います。半年くらいでキャラ追加&バランス調整したアッパーVer(しかも低価格)が発売されたしりたら、発売直後に新品で購入した方達はガッカリするでしょう。たとえ無料でアップデートできたとしてもです。 さらに今回は初めからVITA版の発売に合わせて、キャラ追加することが最初から告知されていましたのでユーザーは特に警戒してしまったのかもしれません。
 カプコンさんに限らず完全版商法を続けていると、自分の首を締める結果になるのではないでしょうか、ボクのようなバージョン違いも全部欲しいっていう人はかなり少ないと思います。ボクも中古で安くなってからしか買えないですし。 (格ゲーだと最近やっとソウルキャリバー靴鯒磴い泙靴拭) 
 インパクト的には2大格闘ゲームのコラボというのが強力なウリでしたが2Dになってしまった鉄拳のファン的には今回のシステムはどうだったんでしょう?(ボクはどちらかといえば2D格闘派なのでOK) タイトルをどうするか難しいですが、次回作があるなら 『カプコン×バンダイナムコ』 のメーカーキャラ対決だと嬉しいです。 アイルーVSクロノア とか リュウ(ブレスオブファイアの方)VSスタン・エルロン とか、ひょっとしたら ヴァリアントアーマーVSモビルスーツ もなんていうのもアリかも? おー、ゆめがひろがりますなー。
 いずれにせよ 『格闘ゲーム=家庭用版で練習してテクニックをゲームセンターで活かしたいから買う』 というのが購入の第一動機でありセオリーなのにその大前提を無視してしまったのはかなりの痛手だと思います。まだまだ 『友人集まって、またはネットで対戦する為』 だけでは購入動機としては弱いと思います。 
 ちなみにボクは格ゲーでは基本的に必殺技はあまり使いません。なるべく通常技の絡みで闘うスタイルです。 スキが大きいっていうのもありますが、必殺技は『必殺』の技なハズなのにポンポン連発とか、あまりカッコよくないなーという自分勝手な美学の為。 (実は掴んでからの攻防が熱いトバルNo1とかすごく面白いと思っていますが、キャラに魅力を感じないUFC等スポーツ系の格ゲーは全くプレイしないです。食わず嫌いなのかもしれませんが…) 
 なのでキャラの練習しているとコマンド入力ができない超初心者に見えるのか、よく対戦に入られてボコられる時があるので、ひたすら地味な練習をする為に家庭用版がゲームセンター稼動中に発売される昨今は大変嬉しいです。 アルティメットガードやブロッキングとかジャストディフェンスとか避けとか飛び道具連発を飛び道具以外で対処できるガードシステムが大好きです。

 

 3月22日はSEGAさんの 『クロヒョウ2』 が発売されました。1月頃からデモディスクは届いていたのですが、展開場所に空きがなかったので結構ギリギリにしか店頭で流せなくて申し訳ないです。ディスクには『1月末号』って書かれてましたので第2弾も来るのかと期待していたのですが結局その1枚きりでした。 『龍が如く』ならスタッフ用のバッチやネックストラップ等が販促キットに入っていたりするのですが、(バイナリードメインはお面でしたw) 50本程度の発注数だからなのか今回はそういった物は無かったです。 あっ、でも初音ミクの時はあったから数量とは関係ないのかも? そんなですので予約数もそこまで伸びる程ではなく、売れるのか心配でしたが、割とサクっと完売しました。中古もそれほど返ってきていないので、まだまだ楽しんでいただいているようです。
 クロヒョウは如くシリーズのようにヤクザモノというわけではなく、格闘家の物語って印象が強いので(未プレイ)個人的には好みです。別に如くシリーズにしなくてもいいんじゃないかなと思っているのですが必要なの?
 特集平台はホント時間が無かったので実はワンピースの時に敷いた船の甲板をイメージした紙がそのままです。モニター動かさないと剥せないので、一人では無理。 自分の中では、格闘家だもん修行はきっと道場だよ→この板間は道場の床をイメージしてるんだよ。ということにしました。
 
 それにしてもバイナリードメインの時からそうでしたが、ここまで開発スタジオを前面に推し出して展開するゲームって珍しかったです。 (小島監督ですらここまでは) 
 『名越さんステッカー』とか送られてきた時は一体コレをどうすればと思いましたが(笑) ゲームのお客様に『クロヒョウ2よろしくお願いしますー』と配ったら以外にも結構受け取ってもらえましたので早々に無くなりました。 中には俳優さんか何かと勘違いしたのかレンタルのお客様が『これ貰えないの?』と聞いてきたくらいで。 答えはもちろん『よろこんで!』

 

 3月ラストの大作は 『キングダムハーツ3D ドリームドロップディスタンス』 拡げすぎてしまった大風呂敷がプレッシャーなのか、なかなか3が発表されませんが今作は時間軸的に2.5あたりの位置付けだそうです。 やっと少し物語が進みましたw。
 なんといっても画像が美しすぎます!! GBAやDSの頃から他の作品より頭一つ飛びぬけている技術力で、なぜここまでできるのか!! と思うほどでしたが今作はそれ以上です。 ただデモは大きく画面一杯にしてほしかったですね。なんか周りがかなり邪魔でした。
 多分放映するモニターの比率の問題で、3DSは16:9 に対して販売店の殆どはまだまだウチのような 4:3のブラウン管 が多く、デモ映像を作る際、どのタイプのモニターにも対応できるようにするにはこうするしかなかったのだと思います。 他の作品ならそんなに気にしないメーカーさんが多いですが、ディズニーキャラの縦横比が狂う可能性がある事にウォルトディズニーカンパニーさんから許可が降りないんだろうとボクは推測しています。 初代キングダムハーツよりも15年も前にハドソンさんがファミコンでミッキーのアクションゲームを製作した時も、キャラのドット絵のチェックやイベントの時の警備がかなり厳しかったそうです。さすが世界のミッキー妥協一切無しですねー。 
 
 デモといえば逆に最近のは16:9用に編集しているメーカーさんも多く、そのまま流すと映像が縦長になり、昔のカンフー映画みたいになってしまいます。 プレイヤーの設定で直せるものもあるんですが上手くいかない時もあり、仕方ないかなーと思っています。

 バイオの時もそうでしたが、シリーズ初の3DSということで心配だったので、特集平台はちょっと気合入れて、ほぼ1/1キーブレード(っぽいモノ)をスチレンボードで作って天井から吊るしてみましたが、 柄のチェーンや鍵の先端部分のディティール(設定ではミッキーの耳みたいな形でくり抜いてある)が難しかったので省略して、ただのギザギザにしてしまった為、なんだかシャーッハハーって笑い声が聞こえてきそうな剣になってしまいました(笑) また、台は黒とグレーでチェス板風にしてみました、KHと言えばなんとなくそんなイメージだったので。  凝ってしまったのと追加入荷がドンドン入ってくるので、ドラクエモンスターズのキットが届くまではこのままの予定です。 (ファイアーエムブレム覚醒はデモディスクが無いので)
 売れ行きはどうかな?と思ったのですが、40本強サクっと無くなりました。
 ボクとしては『1』実家に置いたまま、ターザンのところで放置しているので、ファイナルミックスのシナリオも加えたPS3・360版HDVer(吹き替え・字幕選択可能)が発売される事を期待しているのですが、他の作品と比べて権利問題が難しいのかもしれません。 でもホントにいい作品なのでまだまだ未プレイした事の方にはぜひ遊んでほしいので、なんとかシリーズを振り返るチャンスが欲しいですね。 なんか今作に合わせて1や2のベスト版新品が結構な数売れたらしいという記事見かけましたのでどうせならもっとキレイにしてほしいなーと。 過去に売ってしまって買い直したい人にもいい購入動機になると思うのですケド。

 
 本日のサブタイ 『市虎三伝』(しこさんでん)とは、戦国時代、ほうそうが人質として囚われていた時に、国王である魏王に、もしだれかが街に虎が出たと言ったら信じますかと尋ねると、信じないと答えました。では、もう一人が同様に言ったらどうかと尋ねると、疑い始めるかもしれないと答えました。では三人ならどうかと聞くと、信ずるようになるだろうと答えた故事からきています。
 根も歯もないことでも、多数の人の口からくり返し言われれば人は信用してしまうという意味です。 
 有名な『火のないところに煙は立たない』の対極にある故事ですね。

 ゲーム業界では、そんな言葉のとおり、各方面で囁かれているうちに、だんだん信用してしまいそうな噂が飛び交う事が多々あり、その度にユーザーや販売店は踊らされています。ちょうどファミ通の記事でも噂の真相みたいな特集が組まれていましたが、夢のある噂についてばかりでした。
 ということで今回は先日目にした現実になると非常に困る噂をご紹介。

 
 とある海外のサイトでPS3の後継機にあたる次期ハードの噂情報について、

 

■ コンソールの名称

 * “Orbis”なるコードネーム/仮称で呼ばれているらしい

 * Orbisはラテン語で「円」「輪」「軌道」などの意味を持つ

 * 同じラテン語で「生命」の意味を持っていたVitaと組み合わせると「生命の輪」となる

 * ソニーのポータルサイト上にはOrbis.SCEDev.netというURLのページが存在

■ 計画段階のスペック

 * AMD x64 CPU

 * AMDの次世代GPU“Southern Islands”を搭載

 * 最大解像度4096x2160でゲームを表示

 * 解像度1080pで3Dゲームを表示(PS3は720p)

 * OrbisはPS3ソフトの後方互換性を持たない

■ リリースタイミング

 * 2013年ホリデーシーズンのリリースを計画

 * 今年初めに選ばれたデベロッパーが新型コンソールの開発キットを受け取っている

 * GDC開催前後にその改良版が配布された

 * 2012年の終わりにはさらに最終形に近いベータ版が用意される

 * このように早期に開発環境を提供することでローンチゲームが充実するはず

■ 中古ゲーム対策

 * 噂のXbox後継機と同じく何らかの中古ゲーム対策機能が組み込まれる可能性が高い

 * 全てのゲームはBlu-rayディスク版とPSNダウンロード版の2種類が用意される

 * ディスク版購入時はゲームデータをHDDにフルインストールする

 * 購入したゲームはひとつのPSNアカウントのみでの利用に固定される

 * PSN版のデータはいつでも無料で再ダウンロードが可能

 * 何かをするにはPSNアカウントを作ってオンラインでいる必要があるため、中古ディスクを購入してオフラインのみでプレイ、といったことはできない

 * 買取に出された中古ディスクを入手した場合、プレイに何らかの制限がかけられる

 * 中古ディスクに対しては、トライアルモードでの起動に制限、何らかのコンテンツ制限、追加料金を支払ってフルゲームをアンロック、といった仕様が噂される


 以上コピペでした。 ここで気になるのは中古ゲーム対策の部分。 特に 『購入したゲームはひとつのPSNアカウントのみでの利用に固定される。』 ですね。 この仕様ですと中古ゲームを購入しても遊べない、または何かしらの制限がかかる。という事になります。友達との貸し借りもできません。 
 現在でもゲームによっては中古ではオンラインプレイができないものもありますが、そういうタイトルに限って、オンラインプレイにウエイトがおかれているものが多いですね。結局充分に楽しむ事ができない。勿論中古で買ってもらっても、ソフトメーカーさんは一銭も儲からないのですから、なるべく新品を買ってもらうため、工夫をするのは当然、中古で買った人の面倒まで見る義理はないのが普通なのですけど。 ゲーム自体がこの仕様になってしまうのは流石に中古ゲームショップで働く身としては、想像するだけでも背筋が寒くなります。
 この仕様すでに一部のパソコンゲームでは行なわれていますが、ネット認証と呼ばれており、発売後一定期間は中古を購入しても認証されないようになっています。一定期間後は、ゲームディスクとネット環境さえあれば、ファーストプレイ時のみネット認証を行ないますが、そのあとは普通にプレイ可能です。 かなりユーザーの事を考えてくれてはいますが、それでも煩わしい仕様ですね。
  中古ショップは認証解除日以降にしか買い取ってくれませんし、そもそもネットに繋いでいない人は遊ぶ事ができません。 パソコンですらこうなので、家庭用ゲーム機のソフトを新品で買ってきてもまず、利用登録を行なわなければならないなんてネット接続率がどの位の割合かなんて問題以前の話かもしれません。
 別な話ですが、メーカーとしてはバグが出てもパッチで修正した方がコストがかからないからネット接続100%推奨なんでしょうね。 でもそれはさすがに甘えかなとも思います、最近の作品はボリュームがあり、複雑ですからバグが出るのは仕方がないのかもしれませんが…デバックに充分な時間を割いているのかも疑問な未完成状態のものを発売してるとしか言えないところもあります。 


 一方こちらは上記に対する経済的な視点からみた意見

  
 

本日早朝にも中古製品をブロックする機能を有したPS3後継機“Orbis”の噂をお伝えしましたが、Wedbush証券アナリストのMichael Pachter氏が次世代機の噂にて大きく語られるようになったこの中古対策に対し新たな意見を述べています。

Pachter氏はまず、中古対策を搭載することはソニーとMicrosoft両社の利益にはならないと指摘。AcitivisionやElectronic Artsが僅かに利益を得て、海外大手小売りのGameStopが大きな損害を被ることになるとし、またそれ故にGameStopが中古対策を持つコンソールを店頭に並べることはないとも述べ、結局は売り上げの面で自身の首を締めることになると主張しました。

さらにこの売り上げ損失から考えれば、各社が先行して中古対策を搭載することはまず有り得ないとPatcher氏。また各社が同調して一斉に中古対策を搭載するような可能性についても、「(各社は)そこまで邪悪では無い」と否定的なコメントを残しています。

またDFC IntelligenceのDavid Cole氏もこの意見に賛成し、中古対策は新製品を購入するために中古製品を次々と売っていくようなコアなコンシューマー利用者を止めることになるため、搭載される可能性はかなり低いと主張。IDCのリサーチマネージャーLewis Ward氏も、ディスクを研磨する“魔法の杖”のような中古市場を販売側が促進していることを認めつつも、ネット接続に制限があるような家庭にとっては中古取り引きこそがコンソール機購入の1番の理由になっているとコメント。また結局はDRMのように特定のハッキング行為で対抗策が立てられるとも指摘しています。



 以上コピペ ボクとしてもこの意見なので中古対策機能はつかないと信じたいですね。 最近は中古を購入しても、ユーザーの判断でメーカーさんに儲けが出るように、オンラインパスを販売しているところもあります。 これはオンラインプレイをする為の権利を小額で購入することで、新品購入者と同じようにオンラインプレイが楽しめるというものです。
 中古で買う奴には作品のメインであるネット対戦をさせてやらん!!とちゃぶ台をひっくり返すガンコ親父のように一蹴するのではなく、作った作品をどんな形(新品・中古・借りたり等)であれ、プレイしてくれるユーザーを大事にしてるそんなメーカーさんが確実に増えている事実があるということコレは今後のゲーム業界に希望が持てます。
 今回は中古で買ったけど、作品のファンになってくれれば次回作は新品で購入するかもしれませんし、長い目で見てもメーカー&ユーザーどちらにもいいこと尽くめだと思います。 もちろんそんなことをしないで、廉価版を発売し、あくまでも新品のみネットプレイ可能というところもあります。 ただ、ボクのように廉価版・普及版・ベスト版言い方は色々ありますがパッケージのデザインが変わってしまうため、それを購入する事を嫌がるユーザーは必ずいます。(メルルのアトリエの修正版パケもヤです。) もちろん廉価版になる前に、フルプライス版を買えばいい事なのですが、すべての欲しいゲームを新品で購入はさすがに夢物語です。発売後かなり経ってから評判を聞き、興味をもつソフトもあるでしょうし。
 こんな時、オンラインパス販売制度は非常に嬉しいですね。 パス代金だって環境整備や次回作への資金となっているのだと思うと全然安価だと思います。 勿論モンハンPみたいにそれすらも必要ないのはお財布的に非常に嬉しいですけど。

 販売側としては怖い噂に踊らされましたが、数年後には真偽がハッキリしていることでしょう。 ユーザー側としてはどんな形になろうとも、新品で発売日にバンバン買えるくらいの収入があれば大抵の事には対応していけると思います。 節約神(ガーディアン)モードでお金を貯めて、欲望解放神(リミッットブレイク)モードで無駄づかいですねっ!! ん?なんか矛盾しているような…。
 
 といったところで本日はこの辺で、模型話やマンガ・アニメ話などまだまだ書き足りないのですが、一応カテゴリーをゲームにしてしまったので別記事に分けます。
 あ・もう5月目前なのに『鬼が悶える』も今年はまだですし、完結しないうちにガンダムワールド2012が始まってしまいます。(今年も4月29日から5月6日までサッポロファクトリーで行なわれます。)ので、そろそろあの2人にも登場してもらわないと…その他、突撃レポゥトもアチコチ行ってもらっているので消化しきれていない写真が貯まっていてSDカードの容量がヤバイ。
 このまま次の記事にとりかかりたいところですが、本日もGWセール準備の為の準備(ややこしい)をする為、休みですがお店に出かけようと思います。本日発売の『マリオパーティ9』の飾りつけも全然できませんでしたので不安ですし… う〜GWに妹が泊まりにくるので、散らかってしまった部屋も片付けたいのにぃ…。



 P.S. 劇場でパンフを買う際、非常に混んでいる中でボクの直前で列の動きがピタっと停まってしまいました。 見ると20代後半位の女性の方がプリキュアのグッズをカウンターの上に沢山拡げてもらっています。(商品は全てカウンター内なので通常は欲しい物を店員さんに告げて購入する方式) ボクは、あー、たまにいる『とりあえず全部の在庫見せて』っていうタイプのお客さんなんだなーと思って10分くらいそれを眺めていたら 『お会計は1万9千〜円になります。』って えぇぇっ!! 見せてもらってたんじゃなくて全部買うものだったんですか!! その時ボクの頭の中には『アニメ店長完全燃焼版』が鳴り響いてました。 ここまで情熱をぶつけてアニメを支えて下さっている方にホント頭が下がります♪ 
 購入後店員さんに、大人は来場者記念品がもらえなくてすごく残念だったとか、自分の集めているグッズの話とか、映画の見所などを熱く語っていたのはご愛嬌ということで生暖かく見守ります。 オタ特有の好きな事を話す時のアノ、相手が初対面であろうが、例え周りが引いていようが関係なしにハードルの高い話を続けるハイレベルなテンションは身に覚えがありすぎて笑えないです。
 



2012/04/26 (木) 10:00 | ゲーム
trackbacks(0) | comments(0)

 ボクが借りている部屋はお風呂を沸かすという設備はありません。湯沸し機からお湯が出るだけというホテルのお風呂のような感じになっています。大半の賃貸の部屋はそうだと思います。
 これだとどうしても沸かしたお風呂に対して、入浴時の温まり方が全然違います。多分浴槽や浴室自体がそれほど温まらないうちにお湯が一杯になってしまうからだと思います。
 そんなですので、熱いお風呂好きのボクは、いつも46度位の設定温度にしたお湯を入れ少し冷ましてから入るようにしているのですが、それでも『芯から暖まったー』という程にはなりません。お風呂は命の洗濯なはずなのにこれでは疲れもとれません。ガス代も特に冬はハンパないです。
 ということで新しい分野の癒しグッズとして、ドラッグストアーで温泉の素を買ってみましたー。

 

 相方の居ないガスパール君に特に意味はないのですが、だた入浴剤をテーブルに置いて撮るのもなんだったので。
 色々種類があったのですが、『じゃらん』さんのプロデュースという点と一袋159円というそこそこな価格。あとカッパが可愛かったので。(そうか?) もっと効能とかで選べよって感じですが、色々試すつもりなので問題無しです。
 実家ではお風呂の残り湯を洗濯に使う為、今まで入浴剤は使ったことがありませんでした。
 袋を空け、お湯にいれると湯船が乳白色に変わっていき、気分が盛り上がります。しまった!! お風呂上り用に浴衣も用意しておけばさらに温泉の雰囲気UPでよかったのにぃ とちょっと後悔。いざ入浴です。
 
 初体験の感想としては、う〜ん?正直よくわからないです。もっとシュワシュワ〜って感じで入ってアァ〜〜♪、上がってもしばらくホカホカ ってなるのを期待しすぎたせいかもしれません。肌も本物の温泉に浸かった時みたいにツルツルになったわけでもないですし…。でも普通のお湯よりは肩こりとかほぐれた気がします。あ・シュワシュワしないのはあくまで今回購入したのは『温泉の素』で『入浴剤』じゃないからかもしれませんねー。
 おはようございます。温泉といえば、今年母方の祖父が米寿という事で、仲のいい親戚同士で初夏頃に温泉小旅行を企画していると実家から電話があり、なんとかそれに合わせて帰省できないかと誘われている神代です。 
 とりあえず返事はお茶を濁しておきました。温泉は行きたいです。レトロなゲームコーナーとかもありそうで非常に興味があります。モヤっとしたお土産屋さんや温泉街も覗きたいです。でもこの話は気が進まないです。だって知り合い同士でお風呂なんて恥かしいじゃないですか…両親となんて小学生以来一緒に入ってないですよ。という事でなんだかんだで理由をつけて参加しないつもりです。おじいちゃんゴメンなさい。

 
 バイト先の決算棚卸やら今回の記事の為に準備や作業に時間をとられたので久しぶりの更新となってしまいました。近況報告ですが、ほとんど家とバイトの往復の毎日だったので、とりあえずは2月にレンタルで見たDVD作品の感想などから。 

 
 純喫茶磯辺 (邦画)

 アンパンマン 勇気の花がひらくとき (アニメ)

 百万円と苦虫女 (邦画)

 花咲くいろは 3 (アニメ)

 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079 1 2 3 (アニメ)

 機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線 1 2 3 (アニメ)

 オオカミさんと七人の仲間たち 2 (アニメ)

 Colorful −カラフルー (アニメ)

 夏目友人帳 1 2 3 (アニメ)

 河童のクゥと夏休み (アニメ)

 ワンピース 呪われた聖剣 (アニメ)

 サンダーバード (洋画)

 

 パッケージから漂うなんとなく手にとりたくなる匂いを感じさせていた『純喫茶磯辺』をやっと見ましたが自分の中で勝手に描いていたイメージ(珈琲の匂いが染み付いた少し古臭い喫茶店を舞台に人間模様を描く『深夜食堂』みたいな内容)とは違う内容でしたが、そもそもコメディのジャンルに陳列されているのだから、そんな内容を期待する方が間違いで、ストーリー的には可も無く不可も無くな作品でした。 ただ特筆すべきは宮迫さんの演技があー、お父さんだなーと思えるところと、仲さんが演じる父子家庭で育つ思春期の娘の父親に対する絶妙な距離感の娘心が良かったです。 途中中だるみ感がありましたが嫌いじゃない作品でした。

 『百万円と苦虫女』は純喫茶磯辺の中に宣伝が収録されていてなんか面白そうと感じたので。
 とある事件で傷つき、まわりと上手くやっていけなくなった主人公が、100万円貯まる度にそれを元手にその街を離れ、新しい街で新しい仕事を見つけて、またお金を貯める…そうして淡々と生きていく…そんな内容なんですが、もともと見た理由はそんなにポンポン100万円を貯めるなんてどんな内容なんだろうっていう下心から。
 結果としては100万円を貯めるヒントはストーリーの中には無く、普通にバイトして100万円貯めてました。 ウン、現実問題どんなにストイックに暮らしていてもそんなすぐに100万円は貯まらないと思います。時間経過の描写は無いですがかなり短い期間で貯めているようにみえますので。(例えば海の家で働いていて、シーズンオフになる前にはもう貯まっていて出て行きます。) なのでその辺を期待しても無駄ですのでストーリーを楽しむ作品のようです。(当たり前)
 物語自体は変わった作品でなかなか面白かったです。主人公が女性なのに安易に恋愛要素が絡んでこないのも作品の趣旨がブレなくていいと思います。(後半どうしても話のヤマとして恋愛要素が入ってきますが) ラストもありきたりではなく好感が持てました。 オススメですー。

 いつかBD-BOXが発売したら購入して見ようと思っていた『MS IGLOO』 とうとうガマンできずに見てしまいました。一期の方は流石に一昔前のCGな感じが気になりましたが内容は全然面白かったです。 そして1/35スケール位のプラモデル(ガンダムに限らず)がとてつもなく作りたくなりました。ウェザリングとか歩兵の塗装スキルが欲しいです。
 視点を人間にすると実際はザク一機倒すのも大変なんですねー。MSって巨大です、脅威です、化物です。

 『Colorful-カラフル-』は2月に見た中では一番の当たりでしたっ!! 
 他アニメ作品のDVDに『おめでとうございます、人生やり直してみませんか?』のセリフが印象的なCMが収録されていましたので何度も目にはしていたのですが、キャラデザがそんなに好みではなかったのと新作料金で借りる気が起きなかったので、見るのが今更になりました。 
 前世で悪事を犯し、死んでしまった主人公の魂が、『小林誠』という自殺して死んだばかりの中学生の男の子の体を借りて下界修行『ホームステイ』を行い、修行期間の間での行いが認められれば輪廻(生まれ変わり)のサイクルに戻れる(不合格なら存在自体が完全に消滅する)というお話です。
 ボクは見始めてからすぐに物語に惹きこまれてしまい、EDまで微動だにせず(涙腺は決壊してましたが)に見てしまいました。
 ありきたりな感想ですが命の大切さを考えさせられる作品です。イジメ・援助交際・恋愛・不倫など内容がちょっとハードなところがありますので、中学生以上→全世代の方にできるだけ多く見て欲しい作品です。 一日一日を大切に生きようと思えるはずです。なんでもない普通の日が輝いて見えるはずです。 
 原作本はまだ買いに行けてないのですが、必ず読もうと思います。 BDも買おうかなぁ…

 カラフルと同じ監督ということで多大な期待をして見てしまったのがいけなかった『河童のクゥと夏休み』 ボクはどうしても好きになれなかったです。 
 結構リアル路線なクゥのビジュアルに嫌悪感があった(異種族間の友情を描くという点で大先輩のE.T.へのオマージュでしょうか?)のとどうしても必要とはいえ冒頭のかなりショッキングなシーン。このシーンいる?なダラダラとした中盤、そしてなにより物語の大半見せられる人間の嫌な部分。ホントに最後まで見ているのが苦痛でした。一応ハッピーエンドなのですが、それでそれまでの嫌な気持ちがプラマイゼロになることも無く…ウチの店ではキッズコーナーに陳列しているのですが、子供には見せたくないなーという作品でした。見終わっても特に得られたものは無い…そんな内容だったように思えます。肝心の友情や絆もクゥが意外な程精神的に大人なので一線引いた感じに見えました。
 友情の大切さを教えるならもっと他にいい作品がいくらでもあると思います。カラフルが良かったのは原作の力が大きかったのでしょうか? 監督の他作品も見て判断したいと思います。 あ・田舎の背景の作画はキレイでした。 

 NHKで『プリンプリン物語』という人形劇を取り上げた番組をたまたま見て、ずいぶん昔なのに人形劇でこんなにクォリティの高い作品があったのですかー!! と目からウロコが落ちるほど衝撃を受け、無性に人形劇を見たくなって、有名どころはなんだろう?と考えた結果かろうじて名前くらいは知っていたのが『ひょっこりひょうたん島』『サンダーバード』でしたので、今回洋画の『サンダーバード』を借りてみました。結局は実写作品なので本末転倒ではあるのですが(笑) 
 メカや基地がカッコよかったのでメカフェチにはなかなか良いかと。 世界中の災害現場の救助に向かう本来のストーリーは少なめに、本編は大人たちの留守中に基地が悪者に乗っ取られてしまい、残った子供達だけでなんとか頑張るという内容は、見ているとなんだか『ホームアローン』や『スパイキッズ』・『グーニーズ』に近い感じの感覚を覚えます。そのあたりが好きな方であれば楽しめるのではないかと。 機会があれば昔のサンダーバードもみてみたいですねー。確か『週刊〜』シリーズにあったと思いますがさすがに何十巻も買うわけにはいかないです。
 せっかく札幌周辺に住んでますので、今年は舞台や演劇とかそういうのも実際に見てみたいなーと考えています。(もともとそっち方面が好きで文化祭とか異常に気合の入るタイプなので)ですが、さすがに劇団四季はちょっとお財布的にムリそうです。でも死ぬまでには一度は見ておいた方がいいんだと思います。きっとお金には変えられない『何か』が得られると思います。

 
 続いてはゲームの話。 2月後半の大作はアクションゲームが主でした。

 

 SEGAさんの『バイナリードメイン』 仲間に声で指示を出す事ができるアクションよりのSFシューティングです。『龍が如く』スタジオ製作ということで、新規タイトルとはいえ、そこそこの本数の入荷がありました。予約特典にはヘッドセットが付きました。予約分だけではなくあとからの入荷分にも追加でつけてくださった太っ腹です。
 販促物は見ての通りいつもの如く豊富なボリュームで自作も工夫も必要もないくらいです。ただ天井の低いウチの店には立て看板が大きすぎるのがちょっと…イヤイヤ、クロヒョウ2販促に役立ってるから結果OKですね。
 予約も多く、ほぼ初日完売という感じでしたが、現在は中古が沢山帰ってきています。早い方は次の日にはもう売るほどに。売られたお客様に感想を聞くと『面白くないわけではなくボリュームが少ない』との事でした。ふとヴァンキッシュの時も同じ様な事を聞いたなーと思い出しました。あの時は新品が全然売れなくてどんどん値下がりしたのが黒歴史です。
 でもSTGって普通そうだと思います。ひたすらストイックに自分のテクニックを磨く。ハイスコアやタイムアタックなど自分の中で遊び方を高めるジャンルだと思いますので、ボリュームを求めるのはちょっと違うような…演出・ゲームバランス・操作性・中毒性そのあたりがSTGの醍醐味かな?と。

 
 2月23日には個人的に大好きな開発会社サイバーコネクトツーさんとカプコンさんの究極タッグ作品 『アスラズラース』があり、『何様だ!! 神様だ!!!』のキャッチコピーが自分の中でかなり気に入っていたので、2月のタイトルの中では一番ド派手に、そして作風にちなんでどこかアホっぽい(褒め言葉)とにかく勢いが全て!!な飾り付けにしたのですが…写真撮り忘れました。同じ発売日・開発のナルトほどの勢いは無かったですが、予約も多く、発売日の翌日には完売しました。
 
 他、小粒な所では、『テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイブ』は当然ながら速攻完売。ただ最近のバンナムさんなので販促物がとても少なかったです。 特典も短編アニメテイルズ劇場DLコードではなく、形に残るディスクにして欲しかったなぁと。特典装着率ですら100%に満たなかったですし… ゲーム内容は中古があまり返ってきていませんので良作のようです。 据え置き機でHD化してほしいですね。 
 デモが無いながらも健闘したのは、3DS 『牧場物語 はじまりの大地』 特典のアルカパストラップも可愛かったです。 完売後も何度か問い合わせがありました。
 
 個人的な感想ですが、売上本数はまだまだとはいえ、ソフトのラインナップ的にバラエティに富んでいて一番元気のあるハードが当店では3DSになりつつあります。 
 妹はドラゴンクエストモンスターズの為に、本体購入を考えているようです。 ボクもそろそろ欲しいです。 使っている方がお客様にも色々説明しやすいですし、ニンテンドーチャンネルで3DのゲームセンターCX見たいです。妹は青系にすると言ってましたが、ボクは買うなら飽きのこないアイスホワイトかなー? レトロゲームとかに散財していなければとっくに買えているのでしょうけど(笑)

 3DSといえば、店内でWi-Fiが使えるようにしたいと密かに思っていますがうーん… 個人経営の小さな喫茶店とかでも使えるのにゲーム屋であり、ニンテンドーポイントも取り扱っているウチの店が使えないのは情けないのを通り越して恥かしいです。 たまにネット環境の無いお客様にもできないの?と聞かれます。
 牧場物語を見てふと思い出したのが、本体発表時から現在まで今の所新情報があまり無いですが、今年こそ『どうぶつの森3DS』発売するでしょうか?皆クビを長くして、待っていると思います。
 
 
 

 さて今回のメインですー。前回の記事でバレンタインデーのお返しでちょっといいこと思つきましたと書きましたが、初めてやる事でしたのでその時点では、成功するかどうかわかりませんでした。この記事自体も作業と同時進行で書いていますので、最終的に失敗して終り。の可能性もあります。それはそれでいい経験かなと思いますのでたまにはそんな記事もアリかと。ということで本日は、プラモデルやフィギュアではない、一風変わったホビーレビューです。


 今回の目標は、『なんかやたら凝った手作りに見える事。』
           『でも実は偽物で食べられないのねん。』


 の2点です。こんなしょーもない事にマジになっちゃってどうすんの? というまるでFC『たけしの挑戦状』のEDのような失笑をもらう事が最終目標です。 ウン、ホントにしょうもない。でも飽きっぽいくせにそんな事に全力を尽くす自分はちょっと好きです(笑)

 お菓子作りは以前バレンタインデーにチョコムースを作ろうとして、秤がないので目分量で作って失敗。 
 フルスクラッチ造型の方は『カードキャプターさくら』のケロちゃんが好きすぎて1/1スケールで作ろうと、粘土など材料を揃えて、図面(そんな大層なものではないですが)まで書いたところで、 『おしゃべりケロちゃん』が手に入ったので、大きさに不満はあったものの満足してしまい結局作らずじまいという結果に。

 ということで、リベンジとなる今回は田宮模型さんから発売されている『タミヤデコレーションシリーズ』の材料を使用する事にしました。

 

 大体の材料は札幌のホビーショップで購入し、必要と思われるクッキー型等の道具は100円ショップで本物のお菓子作り用のものを用意しました。
 あとは実際の作業中に足りない物を買い足していきます。 

 このデコレーションシリーズは、プロの方も使っている本格的な物で、札幌でも扱っている模型店が数店しかなく、しかも同じ事を考える人が多いのか(それとも需要がなくて仕入れていないのか)結構あちこち回らないと塗料などが揃いませんでした。塗料のビンやパッケージが可愛いデザインで飾っておくだけでも満足しそうです。ってそれじゃダメなんですけど。
 足りなくなると補充が難しくなる為、念のため生地に使う軽量紙粘土は2個買っておきました。

 
 

 紙粘土のままですと色が白ですので、粘土をこねる時に、 『タミヤデコレーションカラー』 (アクリル塗料)の D-10番ミルクティ と D-6番オレンジシロップ を混ぜてよく練ります。 
 写真は実は悪い例で、色を混ぜる時は一気に混ぜないとダメです。写真のように色が薄いからと後から足すとなかなか粘土生地に均等に混ざらなくなり、マーブル模様になってしまいます。それでもさらに練りこめば一応混ざりますが、粘土作業は手早く進めないとどんどん固まってきますので、やはり一番最初に色の濃さは決定してしまった方がいいです。 粘土が乾くと色が濃くなるので、完成のイメージよりちょっと薄い色ぐらいがちょうどいいです。
 この時手が汚れるのを防ぐ為、使い捨てのビニール手袋などを用意しておくと非常に良いです。手芸専用の物でなくても100円ショップで買えるもので充分です。ボクが使ったのは70枚入りの物。フリーサイズらしくブカブカでちょっと作業がしにくかったですケド…。

 

 生地をめん棒で平らに伸ばしてクッキー型で形を抜き取ります。 このあたりは本物のクッキーと同じ作業ですね。 
 余談ですが、フォークとスプーンの形の型も買ってきたので抜いたのですが、フォークの先の部分がとても抜きにくかったです。 あまり細かい形の型は選ばない方がいいかもしれません。ボクが不器用なだけかもしれませんケド。

 

 歯ブラシなどを使って表面を叩き、ザラつかせて本物のような質感を作ります。 まだこの時点で粘土は柔らかい状態です。ココまでの作業を一気に手早く進めます。
 ちなみにこの歯ブラシは妹が赤ちゃんの時に実際使っていた物で使い古しです。 どうしてこんなの持っているかというと別にボクが特殊な性癖の変態というわけでは無く、模型作業にはなにかと歯ブラシが役に立つので、ヘッド部の小さい赤ちゃん用の物が使いやすい為、ずっと使っている物です。 わざわざ新しいのを買って用意するのではなく、ちょっと使い古しの方がよく馴染む気がします。

 
 

 

 生地の厚さにもよりますが、最低でも約一日は乾燥させますー。 ここまでやってやっと一息つけます。
 当然混ぜこめる色を替えればいろんな生地ができますので、 D-4レモンシロップ D-5メロンシロップ D-9いちごミルク を使って星やハートを作りました。 作業が楽しくなってきて、ちょっとこの時点で暴走してますので 『本物に見える』というコンセプトからやや外れた気もします。 実際のクッキーでこんなに鮮やかに色をつけることができるのかはわかりません。 これらはクッキー以外の『何か』という事に自分の脳内設定を修正しておきます。砂糖菓子とかそんなの。

 
 
 最初から決めていた事なのですが、ただクッキーを作っても面白くないので、自分の趣味であり、お仕事でもある 『ゲーム』 を題材にヴィネット風の飾りつけにしようと考えていました。 
 お菓子や食べ物に関係あるゲームキャラ = カービィ という図式が0.2秒で頭に浮かびましたので、形も単純で作りやすそうな『カービィ』に決定です。 寂しいので、シリーズ伝統の1面ボス 『ウイスピーウッズ』(資料無し)も一緒に製作。 奴との戦いは相手の武器を吸って、吐き出して攻撃するというカービィの基本であり、極意ですので。 身をもってチュートリアルしてくれるいい奴?です。
  
 写真は埴輪のような顔が不気味に並んで、軽くグロ画像になってます。 手足などの部品は部品ごとに形を作り、あとから接着する予定です。 それにしてもなんでアルミホイルを使ったんでしょう?反射で写真が撮りにくいです。別に本物のお菓子じゃないんだから紙とかでも全然良かったハズなのに…自分でも謎です。
 それぞれカービィはマジパン ウィスピーウッズの本体はクッキー、葉の部分は駄菓子のカルメラのようなイメージで作成してますが、ツヤ出しニスを買い忘れたので、マジパンのツヤが出せません。

 

 一休みの間にポスターを紹介。 プラモデル好きの方でしたら、『おっ!タミヤさん遂にSF物のスケールモデルを発売するんですかっ!!』 と思ってしまいそうな程、タミヤテイストが溢れています。でもコレは模型ではなく、5月10日発売予定のPS3ソフト『STARHAWK』のポスターなのでした。そもそもタミヤさんはポスターあんまり作んないですしね。作って売ったら売れると思うんですけど。 先日発売された『イラク軍戦車T55エニグマ』購入者に抽選でポスター当たるキャンペーンやってたらしいんですけどボクが知ったのが抽選後だったのが残念すぎます。
 配色といい、文字のフォントといい、イラストの構図といい、絶対コレ田宮模型好きな人が意識して描いてるでしょ!!といわんばかりの遊び心たっぷりなデザインで、ボクは超お気に入りです。 一番下のソルジャーなんて、『1/35 SF歩兵セット』って感じでそのまま箱絵に使えちゃいますよ。
 前作は配信のみだった『WARHAWK』をアメリカザリガニさん達がワイワイやっているDVDを見た時、大人数ですごく盛り上がっていたので、パッケージで発売する今作は非常に気になっています。さらに前作のDLコードが初回特典についてくるなんて太っ腹すぎです。 今作はオフラインでも遊べるらしいので友達が少ない人でも安心ですwww


 

 充分乾いたら 『焼き色の達人』でリアルに仕上げます。 化粧品のようなパレットとスポンジツールがセットになったツールですが、手軽に『汚し・劣化・退色感』が表現できる同社の『ウェザリングマスターシリーズ』と同じ仕様だと思います。まさかウェザリングマスター初体験が『ドロ汚れ』でもなく『サビ色』でもなく『焼き色』になるとは(笑)
 焼き色の達人は『うす茶』 『茶』 『こげ茶』がセットになっており、まず全体に筆の方で『うす茶』をつけて、次にスポンジの方で端に『茶』をつけて擦ってなじませます。最後に角などエッジ部分に『こげ茶』をつけて立体感を出します。ぶっちゃけ今回使ったツールの中で一番重要です。コレを使うか使わないかの差は決定的だと思います。
 最後に焼き色が落ちないように『つや消しニス』を塗ってコートとすると共に質感と整えて完成です。
  
 

 また、本来ジオラマや鉄道模型のストラクチャーに使う 『情景テクスチャーペイント 雪』 つまようじを寝かせてこするようにつけると砂糖を表現できます。写真のは乾いてないのでとてもそうは見えませんケド。 こちらも乾燥後に取れないようにつや消しニスを塗りますー。

 

 作業的にかなり楽しいのが、この『ホイップの達人』 チューブをしぼるだけで簡単にソフトクリームや飾りつけができます。
 あ・ボクはソフトクリームの販売経験があり、なんとなく要領がわかっていましたので、いきなりコーンに盛り付けましたが、初めての方は一度紙の上などで練習してからの方がいいと思います。量は充分入っていますので。
 乾燥すれば固まりますが、それまでにせっかくツノを立てたのにだんだんヘニャ〜となってしまいまいた。 『重力が憎い…』と思わずアラサーのOLみたいな事をつぶやいてみたり。

 

 手足等の細かい部品の接着には『タミヤクラフトボンド』を使います。紙や粘土同士の接着に非常に効果的なだけでなく、D-12チョコレートと混ぜる事でチョコレートソースの表現もできてしまいます。ということでカービィの瞳はそうやって書きました。 だったら D-2いちご と混ぜればストロベリーソースになるかな?と思ったのですが、成分が違うのか上手くいきませんでした。 あくまでお菓子でありフィギュアではないので塗装はあまり精密には行なっていません。キャラの雰囲気が出る程度です。

 

 各部品が出来ましたのでいよいよ飾りつけです。100円ショップで頭の中の完成イメージに近くなるように使えそうな物を買ってきました。 草原のイメージでペーパーパッキンの緑を使いたかったのに売ってなくて残念です。 休みの日にじっくり時間をかけたのですが、こうして何か作るために考え事しながら100円ショップを物色するのは非常に楽しい作業でしたー。

 

 さすがにホワイトデーなのに本気で食べられる物無しっていうのはあんまりなので、木箱の底に本物のクッキーを仕込みます。

 

 これも最初から決めていたのですが、DSのケースからカービィが飛び出してきたっていうイメージで作りたかったので、ちょっと職権乱用ですが、バイト先で余ってる、本物のDSケースを用意しました。 『星のカービーィスーパーデラックス』 『あつめて!カービィ』 『星のカービィ 参上ドロッチェ団』のジャケットはカラーコピーで作った偽物です。 DSのケースを使ったことによりそれをさらに入れる木箱がかなり大きくなってしまいましたが、丁度いいサイズのが100円で良かった…
 ところでこの時点で、底に入れたクッキーは完全に隠れますので言わなければおそらく気がつかないと思います。このあたりがボクのイタズラのコダワリ。

 

 あとはパッキンを敷き詰めて、部品をどんどん盛り付けて完成!!
 
 メッセージカードを立てられるようにしたのは、背景になっているDSのケースが一応お花紙で覆ってあるとはいえ、予想以上に殺風景になってしまうので貰った人があとで写真を挟んだり、いろいろな用途で使えるように。 なので渡す段階では簡単に手書きでホワイトデーと書いた紙を挟んだだけにしてあるのですが、それでもこんな時ちゃんと西洋書道を練習しておけばもっと綺麗に書けたのにと後悔。
 計3セット作成製作したのですが、ウィスピーウッズに結構粘土を消費してしまったので、本当はミニドーナッツや苺などのフルーツ、キャンディーなどの他のお菓子を作る予定がボツになりました。粘土以外の材料はまだまだ残っていますので、また作ってみたいと思いつつも今回は『ホワイトデー』『人にあげる』 という締め切りがあったからこそ完成できたのであって、自分用だとなかなか完成まで辿り付けないんだろうなーと自己分析してしまいます。

 ということでなんとか完成しましたが、イタズラ心から始めた今回のデコレーション工作。今後の自分にどんな利益があるのかはわかりませんが、昨日までの自分がやらなかった事が今日の自分はできるようになったという点で、方向性はともかく少なくとも一歩前進したという事で晴れ晴れした気分です。作業自体も非常に面白かったです。今後もいろんな新しい事にチャレンジしていきたいですねー。 

 
 本物と本物と見分けがつかない偽物どちらが価値があるかという質問に対して、ボクは本物は何もしなくても本物で、偽物は本物であろうとする意思がある点で圧倒的に本物より価値があると答えます。 偽物というとそれだけで『悪』のイメージですが、それだけではないと思います。
 コレ先日の『偽物語』でちょうど同じセリフあったんですけど、ボクのこの考え方 どうやら貝木さんと同じらしくてちょっとショックでした(笑)  でも模型とかも全部 いかに本物に近い、もしくは本物以上な偽物を作るかを追求する趣味なので仕方ないですねー。

 最初は作業と同時進行だった記事がいつの間にか遅れ始め、アップまでこんなに時間がかかってしまいました。もうすぐ春休みに突入される方もいらっしゃると思いますが、お休みにじっくりと手作りデコレーションスイーツ作成・価値のある偽物作りなどいかがでしょうか? といったところで今日はこの辺で。でわでわ〜。

 


 P.S. 
 
 実制作期間        4日間
 
 塗料             960円
 軽量紙粘土         650円
 つや消しニス        250円
 粘土用型          160円
 焼き色の達人        480円
 ホイップの達人       820円
 ワッフルコーン       140円
 情景テクスチャーペイント 630円
 クッキー型          315円
 めん棒            105円
 手袋              105円
 ラッピング用品等      1470円

                 計6085円

 

 ・・・イタズラは程ほどにっ!!!


 
 
 

評価:
森 絵都
講談社
¥ 1,575
(2011-11-12)
Amazonランキング: 286239位

評価:
---
ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥ 5,004
(2012-05-10)
Amazonランキング: 361位

 
 
 
 いきなり写真ですが、PSPのソフトを拾いましたー♪。
 何故かウチの店の外のゴミ箱に入っていたので、最初は『あー、買ったけど中のソフトしか要らない人が捨ててったのかなー?』(携帯ゲーム機のソフトだとたまにそういう方がいます)と思って、パッと見捨てたばっかりでキレイそうだったので、ケース交換用に使えるかなーと(PSPのケースはソフトをホールドするツメがよく折れる)何気に拾ったのですが、開けてビックリ、キチンとソフトもマニュアルも入っていました。しかもケースに擦れキズも無く、マニュアルに折れも無い、UMDも勿論綺麗。下手な中古より綺麗な状態でした。
 ゴミ箱に捨てた時点で所有権を放棄しているとどこかで聞いた事があったので、遠慮なく貰ってきました。
 おはようございます。缶コーヒーを買ったのに、先に自販機の周りに落ちていた空き缶を拾ってゴミ箱に入れようとした時に発見したので、買ったコーヒーを取り出すのを忘れた神代です。
 ボクは、仕事中に限らず、ゴミが落ちているのが許せないので、拾ってゴミ箱に捨てるのですが、たまにはこんなイイコトあるんだなーとちょっと嬉しくなりました。
 勿論ゴミをポイ捨てする人は許せませんケド。平気でそれができる人はちょっとどこか精神的に普通じゃないんじゃないかな?と思います。現行犯で見つけたら口を開けて捨てたゴミを放りこんでやりたいとちょっと過激な事を思うくらいキライです。

 拾ったゲームですが、前から欲しかった『グランナイツヒストリー』と長谷見沙貴先生の原作だということしか知らなかった『もっとNUGA-CEL!』でした。 グランナイツ〜は何気にヴァニラウェア製作のゲームを入手するのはコレが初なのですが、この開発会社は(というより代表の神谷氏は)最近の風潮に流されず2Dやドット絵に拘りを持ち、まるで絵本の世界がそのまま動いているような非常にクォリティの高い作品を作ることから、以前よりチェックはしていたのですが、PS2の『オーディンスフィア』ですら未だに中古で2000円弱はするのでなかなか買えなかったのです。あ・神谷氏の有名なタイトルだと他に『朧村正』(Wii)・『プリンセスクラウン』(サターン・PSP)あたりでしょうか。コレも以前から狙っています。

 もっと〜の方はPS2で発売された『NUGA-CEL』の続編だと思ってたのですが、そうではなく、追加要素を加えた完全版でした。長谷見先生は『ToLOVEる』の原作で有名ではありますが、このゲーム自体には単なるギャルゲーかと思っていて特に興味が無かったのでスルーしていました。今回も売ろうかなと思っていたくらいでしたが、とりあえずマニュアルを読んでみるとシミュレーションRPGじゃないですかコレ!! 言うまでもなくファイアーエムブレム・スパロボ・サモンナイト・ブラックマトリクスなどドット絵SLRPG大好きっ子としては、これは売れません。っていうかノーチェックだったのが悔やまれます。即刻PS2版も探しましょう。(TVモニターで遊びたいから) それにしても長谷見先生の作品はいつもながらタイトルが上手いなぁ…


 さて、まずは近況報告から。

 

 2月はバレンタインデーということで実家からチョコ&弁当箱が届きましたー。ちょっ…コレ可愛すぎて食べられないじゃないですかっ!!(神代はペンギン好き、以前リアルなサイズのぬいぐるみを購入すべきか迷った末、手に入らなくなり非常に後悔しています。) お弁当箱はボクが最近お弁当を作っていると教えたので妹が買ってくれました。チョッパーと迷ったらしいですが、神代家=猫でしょ。という事らしいです。ボクのジジ好きというか黒猫(俺妹ではなく)好きをよく知ったベストチョイスです。超さんきゅーですよー。

 義理チョコなどもいくつか頂いてます。大変美味くいただきましたです。 ここで場を借りて御礼いたします。皆さん手作りやラッピングなど凝ってるんですねー。 クリエイター魂に火が付きました。
 ということで、お返しのホワイトデーですが、ちょこっとイイコト思いつきました。(いま悪巧みをしている顔してますww) ラッピング用品買ってこよっと。ちゃんとできるかなぁー?


 続いてはゲームの話。

 

 3DSで本格的なバイオハザードということで期待していた『バイオハザードリベレーション』の飾りつけはとにかく立体に拘りまして、カプコンさんから複数枚もらっているポスター(ミニポスター含む)をフルに使用しての多重階層で、キャラクター達が飛び出して、非常に手間(と糊)がかかっているのですが、写真にするとあんまり分かり辛いです(涙) ホントはもっと瓦礫っぽいのを置いたりと凝る予定だったのですが、休みの日一日潰しての作業をさらにオーバーするわけにはいかないので止めました。エアーガンとかも一緒に飾りたかったですが、あいにくボクの愛銃(CZ75後期型)は実家なのでこれも断念、ハンドガンしか持っていないないですし、妹の(S&WPC356)とあわせても2丁しかないで迫力不足ですしね。かわりにあんまり内容と関係なさそうですけど若干ミリタリーっぽく小物で仕上げてみました。
 今作は日本語音声と外国語音声が同時収録ということで、洋画は吹き替え派という方や携帯機で字幕見えにくい方には嬉しい配慮です。
 売れ行きは入荷40本強をほぼ即日完売というさすがバイオという安心の売れ行きでした。 ボクは1はジル・2はクレアしかクリアしてないのでそろそろ話についていけませんが、バイオ1はゲームをやっていて初めて悲鳴を上げた程コワイ作品なので大好き(?)です。11月の6発売までに1からちゃんとやり直したいですねー。
 ただ、このゲームなんとなくゾンビから攻撃受けるのが生理的にイヤなので(ゾンビのウイルスが感染しそうで) 基本(セーブデータ的に)ノーダメージで進もうとするのでロケハンに膨大な時間がかかるんですよね。攻略本みるのイヤですし…もし初回クリアでそんな縛りプレイしてる人がいたらボクと同じプチM属性ですよ?

 
 

 全国の彼氏さんが待ちに待った『NEWラブプラス』 今回はなんとなく爽やかな朝食の食卓をイメージした飾りつけにしてみました。殆ど写っていませんがボクのfigmaマナカを置く事は最初から決めていたので、キス顔で飾っていますが、なかなかコーナーのメインビジュアルが決まらずにちょっと困っていました。NEWラブプラスの版権絵でこれだ!!っていうのがあんまりなかったので。ポスターの絵もキャラが小さかったですし。 
 そんな時、発売日直前のファミ通にヒロイン3人の描き下ろし表紙イラストがっ!! キミに決めた!!(ポケモンのサトシ風に) ということで、ネット上に誰かがアップしている画像が絶対あるだろうと確信し、探し出し、無理やり大きく印刷しました。
 KONAMIさんは版権にキビシイ事でディズニー・任天堂に並んで有名なのでボクが画像スキャンで作るのは問題があると思いますのでわざわざネットで探しました。すでに非公式でUPされてしまっている画像を使用するのは多分大丈夫かと思います。そんな事している販売店はいくらでもあるでしょうし。そもそもKONAMIさんのソフトを1本でも多く売る為なので、ご容赦して欲しいです。無印の頃から無数に画像がUPされていますがUPした方が訴えられたという話も聞きませんし。
 それにしても前回メタルギアの時に、本社に直接電話して本当によかったです。結構販促物が貰えるようになりました。以前のラブプラス+の時など全て手作りだったのに、すごい進歩です。 幻想水滸伝もいままでなら貰えなかったでしょうけどちゃんと送ってくれました。感謝!! お陰で発売日前に予約で完売しました!! 
 あ・NEWラブプラスの売上ですが……大爆死しましたOrz…
 
 ウチの店に限らず地区全体も非常に寒い売上でした。初回入荷数20本強(限定版含む)に対して初日売上本数は1本しかも予約の人…当店はネネさんのクリアファイルも付くと言うのに何故!!
 こういうタイトルは大抵PCの猛者ですから地方の人はネットで購入する方が殆どだからでしょうか?ギャルゲーの需要があまりない、ウチの客層に合っていない事は分かってましたけどここまで売れないとは… それとも、とらのあなさんやアニメイトさんとかでイベントがあったり、もっといい特典とか付いたのかな?ウム、ならば仕方ない!!

 ラブプラスと言えば、ボクは厳密にはプレイした事がない(アーケード版は1回プレイした)のでどの娘が好みなのかまだ決めかねていますが、ここでネネさんのちょっとお気に入りの一般向け同人誌を紹介。

 

 もみじ真魚先生(著書 ぽち軍曹・わさびアラモードっ!!)のサークルこもれびのーとさん(サイドのおすすめリンクから飛べます)で発行している『エクストリームラブプラスどうでしょう』ですー。 リアルでカノジョとのデートをさまざまな場所で行なう(公共のマナーに反する行為は非許可)ラブプラスユーザーの真骨頂ともいえる楽しみ方(競技)、エクストリームラブプラスを筆者が日本縦断長距離自転車デートとして行なったその記録をまとめた物です。おそらく筆者は商業のお仕事よりもこっちの活動の方が有名なんじゃないでしょうか?
 コレに至った動機は、.魯船ロの竹本君の自分探しの旅に影響されて ◆嵜緲砲匹Δ任靴腓Α廚覆瀕紅崛箸好きだったから O∈椶終わって丁度大きな時間ができたから い修靴討覆砲茲蟾イな女の子とデートしたいと想う男の本能  だそうですが、それにしてもこれだけの長距離デートを行なったパワーは凄いです。愛ですねー。ラブプラス好きの神ですね。
 競技中はリアルタイムでツイッターとHPで実況報告もしていたそうで、もらったアドバイスが旅に活かされたりしています。
 旅の写真と可愛いイラスト・旅行中のさまざまなアクシデントなどをエッセイマンガ風に収録していて一緒に旅をしているような感覚を味わえ、とても楽しめます。
 ボクがこの同人誌の存在を知ったのは結構遅かったので中古同人ショップで少しづつ買い集めていたのですが、今回の冬コミで描き下ろしを含んだ総集編が発売されました。勿論速攻で購入。でもそれはソレ。今後も残りのを探しますよー。 あー旅に出たくなるなぁー。 総集編は1470円と大変お手頃なのに分厚く大ボリュームで読み応えもありますので超オススメ(特にネネさん好きには)ですー。
今後の活動としては遂に世界に飛び出しました。応援していますっ! HPもかなりの頻度で更新されていますので目が放せません。ブログ記事内のネネさんイラストも可愛いです。 
 余談ですが開発者の方々(お義父さん・お義母さんと呼ぶらしい)とも交流があるようで、NEWラブプラスから『もみじ』と『まお』の名前をカノジョが呼んでくれる仕様になったそうです。『彼氏の一念親をも落とす』ですねww ここまで夢中になれる作品なのかー早く3DS本体を買ってやってみたいです。

 あ・今回も売場にボクの作った販促POPを貼ったのですが。(写真撮った時はまだ出来てなかった) 恒例のベタなキャッチコピーは 『飛び出すカノジョにキミのハートは無我夢NEW。』 です。立体とNEWをどう入れようか悩んだ結果ダジャレになりました。でも結構お気に入りです。 24日までは本体と同時購入で割引ありますです。

 

 ついでに紹介。もみじ先生はオリジナル物も発行していまして、その中の一つ『いっしょにゴハン食べたいッ』ですー。 同棲中のカップルが毎回何かの料理が食べたくなり、食べる。ただそれだけの内容なのですが、美味しそうに食べる2人の幸せそうな様子がとても良いです。読んでいるとお腹は空きますが、心は満腹です。 男の子でも女の子でも美味しく食べられるっていうのはそれだけでチャームポイントだと思います。一緒にゴハン食べていて、『うわーこのうどん醤油漬けでベタベタやなーこんなん食べられるかい。』とか文句ばっかり言われるとちょっとゲンナリです。あ・関西の方がというわけではなく例えが実体験なのでこうなりました申し訳ないです。でも関西の方って地元の物にコダワリと絶対の自信がありますよね。それ自体はいいことだと思います。きっと美味しい物ばかりなんでしょうねー。少食なのですが、食い倒れに挑戦してみたいです。
 テーマは、1はラーメン・2が苺というかパンケーキ、3が縁日、5が蟹です。4はうなぎなのですが、作者の都合により5より後に出る予定です(というかつい先日出ましたがまだ買いに行けてません。) いきなり5が売ってて買い逃したかと思ってビックリしましたよ。同人誌は商業誌と違って絶対買えるわけではないのでわりと購入優先順位は高いのですが、なかなか何冊もというわけにはいかないですねー。 いつか行ってみたい(参加も)コミケなんて行ったら、リミッター解除で数万円位はすぐに使ってしまいそうでコワイです。今ですらこの冬コミ分で浪費した総額の計算したくないというのに。

 あ・ゲームに話を戻して、ここで書いておきたい最近のちょっと嬉しい事ですが、ペルソナで御馴染みのアトラスさんが、今まではコナミさんが流通を行なっていたのですが、今後はSEGAさんに替わるそうです。
 何が嬉しいっていつも盛り沢山に販促物をくれるSEGAさんですから、『ペルソナ4ゴールデン』6月14日発売予定)『ペルソナ4ジ・アルティメットインマヨナカアリーナ』発売の時に、デモディクスやポスターすら無い!!なんて事にはならないからです。 
 ハドソンを完全に吸収するコナミさんですが、ハドソン的ブランド作品を発売する予定もないようですし、そもそも自社のタイトルである、パワプロ決定版のデモディスクすら送ってこないくらいコンシューマーゲームに、いまいち力が入っていない気がしますので、これは…CSゲーム部門さらに縮小フラグでしょうか? 大好きな会社なので心配です。 といっても大好きだった頃=古川もとあき氏等がいた頃(ボクのKONAMIさんのイメージはこの時代で固定されています)とは中身(開発スタッフ)が殆ど違うのかもしれませんケド。

 SEGAさんは『ソニック』・『バーチャ』・『龍が如く』など自社タイトルはアクションゲームに強いのですが、RPGタイトルが不足しているので、ユーザーから高い評価を受けているRPGを多く製作しているアトラスを流通ブランドに加えたって所でしょうか? もともとプリクラなどでSEGAさんとは仲いいはずなので今までコナミ流通だった事の方が不自然だったのカモ。 
 はっきり言ってSEGAさんの方がコナミさんより営業力・販促力が上なので、良質な作品にもかかわらず爆発的なヒットを出せずにいたアトラスさんの商品は今後露出度が高くなり、売上を伸ばすことは必至ではないでしょうか? 非常に楽しみです。あ・ペルソナだけじゃなく、グローランサーシリーズ新作もファンは待っていますよ。

 
  ここから本題でちょっとグチです。以前にも書きましたが、ボクのバイト先には店先にガチャガチャ(カプセルトイっていうのが正式名称なんですが神代はガチャガチャ派)を設置しています。昨年末頃、これらを卸してもらっている取引会社が変わりました。そう、以前超電磁砲フィギュアなど頂いた会社さんとは契約を打ち切ったのです。

 このガチャガチャは店舗の付加価値創造の一端を目的として設置してるハズ。


 取引先が変更になったのは本部決定の事項なのでおそらく全店舗だと思います。理由は聞かされていませんが、売上不振かマージンの関係だと思います。


 余談ですが『ガチャガチャ』というこの呼び方は1977年に設立された株式会社コスモス(現在は倒産し、子会社だったヤマトコスモスと足利コスモスが一部業務を引き継いでいる。)のカプセルトイが全国に広まった時に呼ばれ始めたそうで、この会社は流行商品の安価なコピー商品を次々と発売し収益を延ばした会社です。
 販売機は20円・50円・100円タイプなどがあり、昭和時代の駄菓子屋の店先に置いてあるイメージで想像すると浮かんでくる金属製の取ってを回すレトロな機種です。現在も探せば販売機自体は見かける事もできますが、中身のおもちゃは他社の物になっています。
 吉本興行のワッキー貝山さん(ペナルティーのワッキーではない)が熱心な収集家として有名だそうです。

 カプセル自動販売機自体はアメリカで考案され、球体ガムの販売機(いわゆるガムボールマシン)がその主になっていますが、『カプセル自動販売機用の商品』というのは開発されていないとの事なので、フィギュアや様々な玩具がカプセルトイ用として開発・販売・普及しているのは日本独特の文化のようです。
 日本には1965年におもちゃのバイヤーとして日本に来ていたスタンレー・シャーレット氏が広瀬久照氏と共同で有限会社Value Merchandiseを設立、輸入し、浅草に第1号機を設置。その後当時ブームだったボウリング場からの依頼が増え、1970年頃全国的に広まったそうです。この会社の怪しい魅力全開(褒め言葉)の製品は『モヤモヤさま〜ず2』でもよく取り上げられていますね。



 話を戻して、早速新しい業者取扱いのマシンが設置されました。 以前の業者さんはブルーを基調としたユージン(タカラトミーアーツ)製の販売機だったのですが、新しい業者さんのはバンダイ製で明るい緑と黄色が目を惹きます。どこかで見たカラーリングだなーと思ったのも当然。あぁ、ケロロ軍曹ですね。コレ。 やっぱり販売機に入れる商品もバンダイ寄りになるのでしょうか?その辺は勉強不足です。
 台数も以前より増やし、プラモデル取扱いが無くなって縮小しかけたホビー系商材がすこーしだけ賑やかになり、前の業者さんに申しわけなく思いつつも、この厳しいご時世、営業努力の結果(マメな商品補充や設置店舗巡回・商品知識・流行の勉強)なので仕方ないのかも?とも思います。
 ちょうど会えたので新しい営業さんにこれから宜しくお願いしますとご挨拶。(バイト如きですが…)当たり前の事なのかもしれませんが、今回の業者さんは定期巡回した時に何を補充したのか、新製品は何を入れたのかなど報告書をちゃんとあげてくれます。以前の業者さんはくれなかったので、そのあたりもやはり仕事に対する姿勢の差なのでしょう。
 ウチの会社全店舗のガチャガチャ委託業務を取引するという事は相当な利益があると思います。業者さん的にも気合が入っているのかもしれません。
 沢山の業者の中から現在の業者に決定するまで上の方で会社同士のやりとりが当然あったと思いますが、権利を勝ち取った価値は大きいでしょう。


 と、ここまで長々と書いたボクが言いたいのは、ウチの店のカプセルトイ販売機の設置場所について。

 
 以前の業者さんの時は、入口に置いてありました。その後、2階に古着屋が入ったので入口の半分をそちらがディスプレイに使うのでスペースが無くなり、販売機は少し奥、非常口(といっても以前使っていたもう一つの入口)のところに移動になっていました。

 ところが今回の設置場所は店内の最も奥、レンタルコーナーの隅になったのです。これでは目立たちません。アニメコーナーなのがせめてもの救い。
 ちなみにこの場所はデッドスペースなので、ボクがゲームのポスターをイーゼルで立てて置いたり、少し時期が経ったゲームの立て看板を凝ったいい出来なのに、発売後すぐ捨てるのは忍びないので、『ウチはゲームショップですよ!!』アピールの一環として雰囲気作りに置く。そんなスペースでした。そこそこの広さを遊ばせておくよりはー。って感じです。それくらい目立たない。

 2回目の定期巡回の際、業者さんにも、何とかもっと入口近くに移動してもらえないかとお願いされました。当然ですね。
 理由は後述しますが、単純に好きな分野の商材だからという意味では無く、ボクも同意見でしたので、店長に掛け合ってみますと約束しました。 スペースがないわけじゃないです。工夫次第でいくらでも置けます。
 ちなみに非常口の所には消防法でここを塞いではならないと指導を受けましたので、置けなくなっています。
 ですので正面入口脇のスペースに置くのがベストな選択となります。実はオープンして間もなく2階の店長さんが替わり、それからは入口の半分を使ったディスプレイはしなくなりました。ということで、ガラーンと空いていたのです。ガチャガチャを設置するのに何の問題もありません。
 早速店長に移動の申し立てをしたのですが、賛成とも反対ともつかないロクな返事が返ってきません。クリスマスの繁忙期前までには何とかしたいのに、いつまで経っても、工夫も検討も何も考えてなさそうで、重い腰を上げなかった(まぁ、大体いつもそんな感じですが)ので、店長が不在の際にボクの独断でガチャガチャを移動しました。
 殺風景だった入口にキレイに並んだその姿は壮観です。ケロロ似のカラーリングも目立って、お子様だけではなく、大人の方も衝動買いされていきます。やはり、売上的にも正解のようです。(当然委託商品なので売れれば売れるほど利益があります。)

 巡回で訪れた業者の方にも大変喜んでもらえ、しばらくそのままのレイアウトで営業していたのですが、突然、店長より元の場所に戻すように言われました。 理由はエリアマネージャーの指示だそうです。
 なんでも外からガチャガチャの機械の裏側が見えて見栄えが悪いからだそうです。
 えっ?何ですかその取ってつけたような理由は。そもそも以前にだってココに置いてたじゃないですか、何を今更。 しかもその時の販売機よりデザイン的に裏面はかなりキレイになっていますし、それにその理由なら見えない様にゲームやDVDのポスターなどをガラス面に貼ればちゃんと隠れます。というかしつこいですが以前はそうしていました。
 とバイト如きが喚いてもなんの力もありません。
 かくして、ガチャガチャは再び店内の深き闇の深淵へと沈んでいったのでした。

 で・それでその後の入口スペースですが、買取レジの横に設置してあった買取価格の告知コーナーをわざわざ什器(棚)を組んでまでそちらに移動しました。 距離にして1・2メートルの移動です。 確かに中古ゲームショップとして買取は超重要ですが、わざわざガチャガチャを押しのけてまでのその短距離移動がそんなに効果あるのでしょうか? 疑問です。 あと個人的に非常に納得がいかないのは、買取コーナーの什器の裏側が外から丸見えで見栄えはさらに悪い事。 仮にも建前だとしても上記理由で移動したハズならそれじゃダメでしょう? さすがに怒りますよ?
 よっぽど入口にガチャガチャがあるのがイヤだったんでしょうねー。 でも上手い口実が無かったって所なんでしょう。 イヤ、なにもそんな無理に理由付けなくてもイヤならイヤってハッキリ言ってくれれば、上司権限で命令すればいいじゃないですか、そっちの方がまだマシです。

 そんなですので、現在ボクはガチャガチャの業者さんの合わせる顔がありません。だってそんな荒唐無稽な理由で元に戻したなんて言えませんので。

 便宜上、上ではガチャガチャを押しのけてまでと書きましたが、ボクが怒っているのは、この時蔑ろにしたのはガチャガチャの販売機ではなく、その業者さん自体をということに本質はあります。

 例えば普通の会社の営業マンが新規で新しい取引先に自社の商品を置いてもらえるようになった時、これから売って売って売りまくる為、粉骨砕身の意気込みで頑張るぞという姿勢で仕事に臨むと思います。なのにいきなり自信を持って仕入れた商品の置かれた場所はお店の中でもヒッソリとした目立たない場所。それじゃお客様にアピールしようがないです。頑張りきれないです。(勿論現実にはそんなこともあると思いますが)
 
 取引を結ぶと言う事は一緒にお店の売上を上げてお互いの利益の為、頑張りましょうと杯を交わすことだとボクは思っています。
 
 ならばちゃんとした理由も無しに、一方的に相手を蔑ろにしていいハズがありません。 今回のウチの店のケースですと、ひょっとしたらどうしてもそのスペースに買取告知コーナーを作りたかったのかもしれません。でもその場合でも、もう少しこうしたらいいんじゃないかという様な、妥協案を考えてあげるべきなのではないでしょうか? お互いの利益を上げる為、譲り合ったちょうどいい中間点を見つけてあげるべきなのではないでしょうか? これはボクの好きな分野の商品だからというわけではありません。 会社が取引を結ぶということはそういう事だと考えるからです。

 ウチの店がした行為は相手にとっては『商品を置かせてやってるだけでもありがたく思え』って位の意味合いではないでしょうか?

 そんな自分のトコさえよければいいというような考え方のウチの会社は何処とも取引をせずに自分のとこだけで何でもやれば?って思いますし、そんなやり方もあると思います。迷惑かけないですし。そんな形振り構わない姿勢だから同業者にも嫌われてるんだと思います。

 
 お店の売場作りや商品の陳列というのは決まりごと・定石などはありますし、勉強すればこれらは覚えられます。しかしあくまでそれは基本的な事で、あとはセンスと経験・工夫とやる気です。 実際は常に主観と客観のぶつかり合いです。 
 ウチの店ではわりと自由にやらせてもらっていますが、販売店で働いていらっしゃる方の中には、自分なりの考え(主観)でこうだ!!と陳列したものが、上司の好み(客観であり、上司にとっては主観)で、たいした理由もなしにやり直させられることもあると思います。
 勿論、自己満足になってはいけないので色んな人の意見を聞き、客観的な側面から売場つくりを目指さなければなりません、と言っても客観は主観の集まりなので何をもってこれで良しと判断する『正義』は結局のところ自分自身がいままで『培ってきたモノ』なのだと思います。それを人に伝えるのはなかなか難しいです。

 ウチのエリアマネージャーは、よくセールの時に『売場にセール感を出せ。予約の特集など2の次、3の次。何処をみても一目でセールだとわかるようにアピールをし、魅せろ』といいますが、これがAMの主観です。 それも一理あるとは思います、なにより売ることがまず第一前提ですから。しかしお店の中が360度セールでどこを見ても同じ様な商品がカブって置いてある…そんな店に魅力があるでしょうか? 極論を言うなら、どんなに広い店内でも一部分さえ見ればそれでいい事になってしまいます。そんなお店はつまらなくないですか?ココはセールの商品を推しているコーナー・ここは新作ゲームを推しているコーナーって分かれているメリハリのある売場の方が来店する楽しみがある。というのがボクの考え。たった2人の考え方でもこうも違いますので、色んな人のいろんな考え方があるでしょう。 だからこそお店の仕事・客商売は面白い。と思います。
 なのにたいした理由も無く上記のガチャガチャのような事をされるとですね。ちょっと怒りたくなるわけなんですよ。 みんな一生懸命なんですよ?

 店長の仕事の姿勢もプラチナムカつきます。ボクがガチャガチャを移動した時は何も言わなかったくせにAMからの指示が下るとさっさと作業に入りました。 自分の意見ってないんですか? 常に考えて、疑問を持って、向上心を持って仕事しないんですか? やることを指示されてそれをやるだけなんてバイト以下じゃないですか? まぁ、今更ですけどね。

 売場の展開もそうです。例えばセールの展開ならAMの言うような売場にしたいのであれば、それを各店長に実際に具体的に指導し、また、店長からも意見を出し合い、もっとよりよい展開を目指して、さらにそれをボクらと一緒に作業をしたら、いい店になると思いませんか? 売上アップ間違いなしだと思いませんか? 貴重な勤務時間を使って、会議で一体何をやっているんだアンタ達はっ!! …と、いつもながら便利ですシン・アスカ(笑)
 
 セール展開の方針ですら、ボク達にまる投げですので、ホントウチの会社、どんだけバイトまかせなんですか…ひょっとすると他の店は違うのかもしれませんがウチの店はこんな感じです。もし他の店もこんなならウチの会社は終わっています。ってうわー、こんな事書いてたらクビにされますね。
 でもだってそうでしょう?スーパーとかでセールをやる時は絶対に上司自らが社運を賭けて、先陣を切って売場づくりを工夫して部下や従業員に指導していると思いますよ? 上に立つ人間は率先して誰よりも働かなければならない。と思うのがボクの持論です。そういう社員がいる企業が生き残っていくと思います。 あ・その点では今のAMは高く評価しています。さすがです。

 と、怒るだけ怒ってスッキリしました。 今回頭の中で考えているモヤモヤを上手く言葉に変換出来ない上、ちゃんとした結論も書けていないので、非常にお見苦しい文章になってしまいました。ここまで読んでお付き合いいただいて本当にありがとうございます。


 今回のサブタイ:一般に青年が主張する内容は正しくない。しかし、青年がそれを主張するそのこと自体は正しい。はドイツの哲学者ゲオルク・ジンメルの言葉です。 ボクがこうして書いたり実際に上司に噛み付いたりしてる内容は客観的にみたら間違っているのかもしれません。でもそれを言う事自体は正しいのです。 一番ダメなのは何も考えないで流されること。 ドンドンぶつかりましょう? 話しましょう? 自分の意見を持ちましょう? それで決定的に意見が分かれたなら、それはそれで。 でもそう簡単にそんな最悪の方向に物事はむかないと思いますよ?

 とある所で発見したビジネス格言ですが、いくつか気に入ったので紹介しておきます。

 上は、言葉ではなく行動にて下の模範となれ。上がやって見せねば、下は育たず。

 下は、いくらでも上を突き上げよ。正しいと信じる心あらば、遠慮は無用。その遠慮は上への非礼にあたる。

 競合他社が敵ではない。己に内在する受身、消極、無関心こそが我らの敵である。

 両親、妻、恋人、子供に胸をはれない仕事は断じてせぬこと。真の誇りとはこう言うものだ。

 苦難、困難、災難が成長の源泉である。易しきに流されず、難しさと徹底的に取り組め。

 出会う仲間、仕事とも縁。善き人生のために、その縁を大切に。
 
 ビジネスで成功する一番の方法は、人からいくら取れるかをいつも考えるのではなく、人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることである。

 ホントにそうだなーと思います。 というところでちょっと今回はグチってしまいましたが、他人に嫌な思いをさせるような仕事の仕方はしたくないなーと改めて思いました。 次回も宜しくお願いしますー。


 P.S. ところで札幌の某家電量販店3階のガチャガチャは、とても目立たない隅っこ…トイレの通路前に設置されています。それは…あんまりじゃないですか? まぁ…このお店は1階入口のガチャガチャがメインなのでいいのかもしれませんが…

 
 
 



2012/02/23 (木) 06:31 | 日常
trackbacks(0) | comments(0)

 一月末日がバイトお休みだったので、昼間は家事をして、夕方にちょっと食料やお弁当のおかずを補充しに行くついでにBOOKOFFさんをのぞいて、帰りにマックポテト(割引セール中)をテイクアウトしてきてつまみながらギリギリ2回目の更新するよーと思っていたのに、気がついたらホタルの光が流れていました。えっもう閉店時間?えっもう休み終了ですか…?軽くタイプスリップした気分です。 充実した休みにするぞーって気合入れている時ほどグダグダな感じになりませんか?と思わず問い掛けてみたくなったり。

 おはようございます、基本的に立ち読みはしない神代です。 買った後の楽しみなくなりますので、買おうかどうしようか迷っている本をパラパラっとするくらいですね。立ち読みしないのに何時間いたんだよって感じですが、結局購入したのは2冊です。(お財布にはいつもギリギリしかお金入れてないので)長居してスミマセンです。 仮にウチの店にそんなお客様がいたらちょっと引くカモ。猛省。
 ということでそんなオマヌーな出来事で更新が遅れたわけですが、そもそもギリギリにするから悪いんですね。挨拶文も急遽変更してますが、本来のはちょっと長そうなので次の更新で、ちなみに今回は自分なりの締め切りを2回もブッチしています。一つは1月末日。もう一つは2月4日までだったんですが(理由は後述) 漢字変換能力が酷すぎて、普通の文章書くのに3〜4倍くらいかかります。 なるべく同じ音のカブらない言葉を考えて変換していらない文字を消して、って組み合わせて単語を作るので、あとメモリが末期なので、とにかく重く、レスポンスが悪くて、変な所をクリックした事になってしまって文章消してしまうとか多々あります。(今回も2時間くらいの作業分やっちゃいました)マメに保存しないとホント泣きます。
 そんな感じでパソコンが限界すぎてかなりストレスです。(ニコニコ動画も急に見れなくなった)と言う事で、


 決めました! 2月にバイト代入ったら後先考えずにパソコン買っちゃいます!! 宣言しますっ!!

 
 と宣言する事で、自分の逃げ道を塞いだわけですが、問題はネットの接続ってどうやるのかな?って事ですね。 今のPCはお兄ちゃんに設定してもらったので全然わからないんですよねー? 今のPCから無線LANの子機を外して新しいのに刺せば繋がるのでしょうか? 買う時お店の人に聞いてみましょう。



 と、ボヤいてても仕方がないのでいい加減気を取り直して、日々の戯言をチラチラと。
 それにしても近所のスーパーで売っているミニウインナーが買いに行くたびに少しづつ高いものに替わっていて困ります。最初は26本入りで200円位だった物が、今では300円弱の物に。袋のデザインなどがよく似ているので気がつかないで買ってしまう方もいるでしょうけど値上がりではなく違う商品です。安い商品が仕入れられなくなって仕方なくなのかもしれませんが、300円はイタイですね。でもお弁当に『タコさんウインナー』は必需品(といいつつ赤ウインナーはもっと高いのであらびきな茶タコ)ですので泣く泣く買っています。3本づつ使うので、10日近く持つのでコスパ的はそんなに悪くないのかもしれませんが…いっそ業務用のを買ってきた方がいいのかな?ってパソコン買うって話からえらく金額の小さい話に…こんなんでホントに買えるのでしょうか(笑)

 今年から一月ごとにレンタルなどで見たDVDタイトル(購入しているのは割愛)を記録しているのですが、1月は…結構本数見たつもりでしたが、こうして挙げてみるとそんなにでもなかったですねー。映画も行けませんでしたし。ウチの店に毎日のように来店する常連さんはよくそんなに見る時間あるなぁーと思います。


 モヤモヤさま〜ず 10・11・12

 花咲くいろは 1・2

 スカイ・クロラ

 侵略!イカ娘。 6

 機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録 1・2・3

 秒速5センチメートル

 魔法少女まどか・マギカ 5
 

 Oh、見事にアニメばっかりでした。パトレイバーやイノセンスなど押井守監督作品は好きなので『スカイ・クロラ』期待してたんですが、う〜んって感じでした。 芸能人を声優として起用する意味があるのかなぁ、ただでさえ寡黙なキャラクターが多い作品なのに滑舌悪い人ばかりでボソボソボソボソと喋られても…映像はキレイでしたけど、それだけな印象でした。 ストーリーもモヤっとしてましたので、楽しむというよりはただ見ただけって感じになってしまいました。 監督がこの世界観を理解しきれなかっただけかもしれませんので、原作を読めば違った視点で見れるのかもしれないですが…個人的には好きになれなかった作品です。
 まぁ、それでもセリフの聞き取りづらさでは『容疑者室井慎次』が今の所ダントツでトップですけど。

 もうひとつ好きになれなかったのは、決して作品自体が悪いわけではないのですが、『秒速5センチメートル』。新海誠監督の作品は『ほしのこえ』で背景のキレイさに驚愕し、それが1人での製作だったという事で、それ以来高く評価しているのですが、今作はなんとなく見る機会が無かったので、今回初めて見ました。 3話の短編が収録されているこの作品。遠野貴樹という男の子が一貫して主人公を務めていますが、第一話を見た時には『あーすごく良かったなー』映像もすごくキレイで気に入ったからブルーレイ買っちゃおうかなーと思っていたのですが、2・3話を見て、なんとも後味が悪くなってしまい、鬱になりそうでした。
 子供時代の初恋から始まり大人になってからの恋愛を描いた物語で、現実なら別にごく普通の事なんですが、アニメなんだからちょっと都合よすぎなくらいでもハッピーエンドにして欲しかったなーと。あと3話目がなんとなく端折り気味に感じたのでちょっと展開の速さについていけずエンディングまで一気に墜落させられた気分です。もう少し、クッションをおいて軟着陸させてほしかったかな?と。
 聞いた話では小説版があってそちらの方とで相互補完しているらしく、それを読むと登場人物にもっと共感でき、このアニメをより深く楽しむ事ができるらしいのですが、今のところは購入してまで読む気力は無いですね。
 忘れてたんですけどこの監督の作品ってたいていBADENDなんです。第一話で見るの止めておけばこんな気持ちにはならなかったのに…ただ、言っておかなければならないのは、見ている視聴者にこれだけの影響を与えるのだからそれだけすごい作品でそこは評価すべきところという点。駄作ならそんなに感情移入しないでしょう。
 

 
 さて、今回は久しぶりの漫画レビューです。前回の『ゆるゆり』レビューも確かこの時期だったとおもいますので、ほぼ一年ぶり…。 もう少し更新頻度を上げましょう…
 
 ボクは相変わらず書店で平積みにならないようなコミックばかり読んでいます(見かけた時に買わないと忘れてしまうから)が、今日ご紹介するのもそんな作品。 一迅社 百合姫コミックス 藤枝 雅 著 『飴色紅茶館歓談』 ですー。  べ・別に百合漫画ばかり読んでいる訳じゃないんだからねっ!、しかし今回もコミック百合姫からというのが紛れも無い事実。

 初出は2003年の『コミックZERO-SUM増刊WARD』に読みきりで掲載その後、コミック百合姫Vol5(2006年秋号)の付録に再録され、Vol.6より連載開始。らしいです。(調べました)
 以前百合姫で見かけて気に入っていたので、単行本出たら買おうと思っていたのにその後すっかり忘れていて、お店に届いた2巻の発注書(ウチの店は書店だった頃のなごりで未だに書籍関連のFAXが届きます、ボクの楽しみの一つ)を見て思い出し、それから1巻のドラマCD付き限定版を探しはじめたのですが、発売からかなり経っているので、ちょっとしたプレミアが付いているようで全然無く、諦めかけた頃、偶然にも全然ジャンル違いのお店に別な用事で行った時にたまたま片隅で売れ残っているのを発見して、速攻でレジに持っていきました。ちなみにそれでお金が無くなったので、その時本来買うハズの物はスルー(笑) 後悔はありません、むしろ幸せ絶頂です。 

 
 
 ストーリー

 この作品はとある紅茶専門店を舞台にした、紅茶で繋がる女の子達の甘やかな絆の物語。

 の一言に尽きます。 『飴色紅茶館』の若き店主、犬飼芹穂と同店アルバイトの琴織さらさの2人を中心に2人をとりまく女の子達の恋と友情も描かれています。
 とにかくもうひたすら甘いです。1話目からお互いのことを想っているのに、全体を通して見ても決してストレートな描写は無い(キスシーンとか無いです)にもかかわらず時折絶大な破壊力を秘めた甘々セリフが飛び交うのがこの作品の特徴。 『ゆるゆり』がちょっと邪道な百合姫の看板なら、こっちは正統派に百合姫のもうひとつの看板作品です。

 少女漫画でよくあるようなすれ違いとか誤解とかライバル出現とかで2人の仲が危機に!! とかそういうのとは無縁です。ドラマCDのコメンタリー内で浅川悠さんが触れているように、男の人が夢見ている女の子の世界なんじゃないかなー?と思います。確かに現実だったら女の子がこれだけ集まったらもっとギスギスドロドロすると思います。(この発言が場の空気を読んでいたかどうかは別問題として。他キャストの皆さんが慌てて取り繕ってました。) 


 舞台となる『飴色紅茶館』は都心部から西に外れた閑静な街、駅から少しある緑多い公園へと続く道の途中、僅かに奥まったところに密やかに佇む優しい優しい時間が流れる小さなお店。決して流行っているわけではないですが、お店の雰囲気と店長の煎れる紅茶の味に惚れ込んだ常連には女性客が多く、また劇中百合漫画『ローテシアに花束を』の聖地としてファンにも親しまれています。

 
 

 キャラクター紹介とキャスト(ドラマCDより) 若干ネタバレ含みます。


 琴織さらさ (写真左第1巻ドラマCD左から2番目・右第2巻ドラマCD左から3番目)

 キャラクターボイスは、水樹奈々さん

 17歳の女子高生。髪型は黒髪のストレ−トロング。(調理中はアップにしている。)
 紅茶専門店 『飴色紅茶館』の最初の客で常連になり、現在はアルバイト。 
 旅行はあまり好きではなく、修学旅行中は終始上の空(これは主に芹穂さん中毒)で自由行動の時間を使って、京都→東京間を本気で往復しようとしたがハルに止められた。
 真面目でキッチリした性格。
 成績は学年主席級。クラスでは委員長を務めていて、同級生からは『クールレディ』と呼ばれている。
 好きな紅茶はセカンドフラッシュ。
 面倒見が良く、拾ってきた犬猫を15匹以上飼っている。
 おっとりした芹穂を助け、飴色紅茶館の経営を実質支えている。
 七夕には天の川に見立てた紅茶など季節のイベントなどに合わせ、新メニューなどの企画・考案・調理をしている。 
 将来的には飴色紅茶館専属のパティシエを目指していて、高校卒業後の進路は製菓の専門学校へ進む予定。練習中ながらもスコーンなどをすでにお店に出している。
 芹穂とのデートの際はスマートにエスコートする為、待ち合わせ時間の2時間前から下見する程気合を入れていた。
 お店の新しい制服デザインを選んでいる時の芹穂のカフェ女給姿が言語を絶する程好みのど真ん中ストライクだった。
 卒業後は芹穂と一緒に住む約束をしている。(2巻ドラマCD)
 
 姓の由来は琴座と織姫から。


 犬飼芹穂 (写真左第1巻ドラマCD左から4番目・右第2巻ドラマCD左から2番目)

 キャラクターボイスは、ゆかな さん

 25歳。紅茶専門店 『飴色紅茶館』の若き店主。髪型はミルクティーのような茶色のボブ。(後日談のtonariでは伸ばしはじめている。)
 宝くじに当選した賞金を元手に飴色紅茶館を開店した。おっとりした性格で経営等は苦手(自覚もしている。)だけど紅茶の腕前は一流。
 童顔で天然の所為か年齢より若く見られることがある。
 開店初日は入口の札を「Close」のまま営業していた為、お客が一人も来なかったが、さらさがそれに気がつき一番最初の客になった。
 友人の菫曰く、『普段は大人しいのに想像もつかないとこに飛んでいくふわふわした子』で、学生時代は学園祭で突拍子も無い事を言い出し、クラス中を巻き込んだなどの逸話がある。 また、恋愛関係も疎く(昔からもてる癖に鈍いらしい)、さらさとの事も菫に指摘されて自覚した。
 開店当初はどうしようもないくらい赤字に悩まされており、賞金の残りで営業を続けていたが、それもとうとう立ち回らなくなり七夕の日を最後に閉店しようと一人で決めていたが、さらさに涙ながらに説得され、思いとどまった。以降さらさもお店の経営・営業方針に深く関わるようになった。(この時にさらさが買っていた宝くじも当選していた?)
 電話を使うことが苦手で、携帯電話も持っていない。FAXも不得意だったが、さらさが修学旅行に旅立つ際に作った、『芹穂さん用困った時マニュアル』のおかげで少し克服した。

 恋愛感情の自覚無しのままに、芹穂なりに経緯があったとはいえ、修学旅行から帰ったばかりのさらさに『五十年後も隣にいてね?』と告白のようなお願いをした。
 自覚後の初デートで『そういう意味なの』という告白と共に指輪を渡すなど、他者から見ると行動が一足飛び。
 第2巻ドラマCDで珠李に抱きつかれたさらさを見て、モニョモニョしたところから意外と独占欲が強い?
 お店が流行りすぎるとさらさとゆっくりする時間が減るので程ほどでいいと思っている。
 新制服選考の際、ゴスロリ制服を着たさらさを一目見て即決。 その後さらさの反対を押し切ってお店の臨時制服として採用したかは不明。

 姓の由来は大犬座か子犬座だと思われる。(最初姓が麦星と表記された事もあったが、後に公式的に犬飼になった)
 

 獅子尾ハル (写真左第1巻ドラマCD左端)

 キャラクターボイスは、浅川悠さん

 17歳。さらさの友人で同級生。 髪は少しクセのある茶髪のショート(tonariでは伸ばしている。)
 情報を集める事に快感を覚える性格で、男勝りな口調で自称情報屋。さまざまなジンクスを紹介する『ハルのジンクスハウス』というサイトを運営していて、いつもノートパソコンを持ち歩いている。ジンクスはそれがあるコトで少しだけ幸運な気がするという考えから創作も含んでいて、たまにネタ出しに苦しんでいる。サイト人気はなかなかのようで、飴色紅茶館の助けになったりすることもある。
 役に立つこともあるかと思ったという理由で、店舗の見取り図をいつの間にか3Dデータで作成してたりと頭脳労働やパソコン関係はかなり強い。(学校の勉強はキライ?)
 飴色紅茶館の常連をとおりこしてほぼ身内。忙しい時には臨時バイトとして日乃夏と共にお店を手伝ったりしている。
 真面目な人をからかうのが好きで、さらさの事もよく弄っている。(ワカメ紅茶などきっちり報復は受けている) 
 女性同士のカップルが発生しやすいこの店を密かに『百合色紅茶館』と揶揄している。
 好みのタイプは、自分を受け入れてくれる人で、一緒にいて疲れなく、束縛とかしない大雑把な人。趣味が合うなら見た目はどうでもいいらしい。(日乃夏いわくそれって日乃夏のことじゃん?)
 テンションの高い日乃夏とはさらさ抜きだと一人で相手にしなくてはならない為、疲れるといいつつもいつも一緒にいる。
 エスカレーター式に大学部に進もうと思っていたが、試験がある事を知らなかった為、卒業後の進路は悩み中。
 同じ学校の卒業生に姉がいる(姉の頃には試験はなかったらしい)

 姓の由来は獅子座から。

 
 白鳥日乃夏 (写真左第1巻ドラマCD右端)

 キャラクターボイスは、こやまきみこ さん

 16歳(誕生日の関係)。 さらさの友人で同級生。ハルと同じく飴色紅茶館のほぼ身内。 髪型は明るいグレー系のウェーブのかかったゆるやかなロング。
 常に笑顔をたやさず、明るくて騒がしい性格。一人称は『日乃夏』言葉の語尾を伸ばしたり、「おー」が口癖など子供っぽいところもあるが、趣味の日曜大工は趣味の域を完全に逸脱している程のレベル。お店の制服(自作?)で工具を振り回す姿は自称『チェーンソーの魔術師』。
 さらさにイベント用のお店の飾りつけを頼まれただけなのにお店を基礎から改装し、短期間でオープンテラスを作ってしまったり、予約でお客用のイスとテーブルが足りない時は、作ったりもしている。
 好みのタイプは自分よりちっちゃくて、黒髪ロンゲがストライクゾーン。
 最近告白され、彼女ができたらしくクリスマスにはデートの予定が入ったため、当日お店の手伝いはできなかった。
 さらさの事を『さらさん』、ハルの事を『ハルるん』と呼んでいる。

 姓の由来は白鳥座から。


 雨川菫 (表紙登場なし)

 原作のみ登場の為キャラクターボイスなし。 個人的には、沢城みゆき さんのイメージで読んでます。

 25歳。芹穂の高校時代からの友人。 しっかりもので行動力があり、現在はフランスで料理の勉強中。1巻で名前が登場するも一時帰国は2巻。 出番は少ないものの物語の転機において非常に重要な人物。
 髪型は肩くらいまでのストレート(カラーイラスト無しの為色不明) 特徴的なボーイッシュ口調で話し、芹穂をよくからかう。 
 芹穂のさらさへの恋愛感情に本人よりも先に気付き、指摘する。 その時にかつて芹穂の事が好きだったと本気とも冗談ともとれない発言をしている。フランスには付き合っている彼女がいる。

 姓の由来は天の川から? 

 
 以上が原作のメインですが、ドラマCDの方で初登場するキャラクターもいます。


 早乙女愛華 (写真左第1巻ドラマCD右から2番目)

 キャラクターボイスは田村ゆかり さん

  年齢は作中に登場していないがさらさ達と歳は近いらしい。 
 髪型は赤系のツインテール(縦ロール) 普段からロリータファッションに身を包んでいる。
 将来を期待されている人気漫画家、ドラマCD第1巻で登場。以降準レギュラーで2巻では原作にも登場している。
 女の子が好きで、女の子が好きな女の子も好き、という真性の女の子好き。趣味と実益を兼ねたマンガのセンスは天才的であり、多くの女性ファンの心を掴んで放さない。 担当が詩子に替わってからはその人気がますます上がっている。
 『ローテシアに花束を』の作者でアニメ化もされ、コミックの売上ははもうすぐ100万部に届く勢い。
 自由気ままでわがままなお姫様タイプの性格だが、どこか憎めない雰囲気を持っている。
 とある出来事から、飴色紅茶館の常連になり、多い時は3日に1回は来店し、店内でネームをきったり、担当の詩子と打ち合わせをしている。本人曰く、百合エナジーが満ち溢れているので、仕事場よりはかどるとの事。
 百合臭を敏感に嗅ぎ取れるらしい。
 考え方など似たところがあるせいか、さらさと気が合うらしく、お互い呼び捨ての仲。さらさ的には素が出せる相手。
 また、さらさの愛読書でもある、ローテシア作中には芹穂とさらさがモデルのキャラクターが登場していて、蜜色紅茶館という名でお店も背景として使われている為、飴色紅茶館はファンの間では聖地となっており、ネットでお店が特定された直後、ファンが大量に来店し、混乱した事もあった。

 姓の由来は乙女座から。


 南城詩子 (写真左第1巻ドラマCD左から3番目)

 キャラクターボイスは堀江由衣さん
 
 年齢は作中に登場していませんが、入社2年目の新人編集者。
 髪型は黒系のショート 
 百合世界をこよなく愛しており、人一倍の情熱を持っている。
 愛華の担当編集者で、愛華の作家性にほれ込んでおり、熱が上がると劇中のセリフを読み上げてしまう。
 第1巻ドラマCDでは愛華と詩子の話がメインで、人気が急上昇してきた愛華の担当を新人が務めているというのが会社の方針に合わず、このままでは担当が変更になってしまい、2人が離れ離れになってしまうというストーリーです。どうなったかはぜひドラマCDを聴いて確かめてほしいです。
 第1巻あとがきではこの詩子にはモデルがおり、作者の担当編集者Uさんに大きく影響されていると書かれています。
 
 姓の由来は南極星から。
 

 鷲塚咲雪 (写真右第2巻ドラマCD右端)

 キャラクターボイスは悠木碧さん

 さらさの同級生。ドラマCD第2巻で登場。
 髪型は黒髪の芹穂よりは長いボブ。
 愛華の漫画の隠れ大ファン。愛華の漫画の聖地が飴色紅茶館であることを知っていて、ネットに情報を流してしまった事が発端になり、ドラマCD第2巻の話が始まる。
 基本的に人見知りのようだが、聖地を訪れ、暴走気味にテンションが上がりすぎた珠李を初対面ながらほっとけなく(自分が原因というのもあったのかもしれない)嗜め、世話を焼いた事をきっかけにお互いかけがえの無い関係となった。
 卒業後は地元で進学希望だが人生経験の為という親の勧めにより、家を出る予定。

 姓の由来は大鷲座から。


 小熊珠李 (写真右第2巻ドラマCD左端)

 キャラクターボイスは寿美菜子さん

 高校3年生。 関西在住の関西弁の少女。
 髪型は茶系の緩やかなロングをシュシュで一つにまとめて肩に掛けている。
 愛華の漫画の熱心な読者で、受験の下見の為に上京したついでに聖地である飴色紅茶館を訪れた。
 天真爛漫なところがあり、人懐っこく素直。良い事でも悪い事でも思ってる事は口に出す。
 ひょんな事から咲雪と共に憧れの飴色紅茶館で働く事になり、滞在中は咲雪の家にやっかいになる。ドラマCD第2巻のメインは咲雪と珠李の二人。芹穂とさらさは出番が少ないですが、時系列として菫帰国後の為、お互いの気持ちを確認済みの為、揺ぎ無く甘々です。
 卒業後はさらさと同じ製菓の専門学校を希望しており、クリスマス用の新メニューで悩んでいたさらさにアドバイスをする。

 姓の由来は小熊座から。

 
 とまた今回もついついWikiよりも濃ゆい人物紹介になってしまいましたが、とにかく甘くて甘い、ひたすら甘々な作品です。原作雰囲気が気に入ればドラマCDを聞いたら悶絶すると思います。(特にゆかなさんが可愛いです。)

 優しいセリフが特徴でポットさんとコジーさんの例えや七夕の話、さらさのお茶会の話と代表的なのを例に挙げるまでもなく、全編そんな感じで、読後感が幸せ気分でおなかいっぱいになります。
  
 この作者の作品は一部を除いて世界観が共通のようで、キャラクター達がそっちに出演する事もあるようです。まだ入手してませんが、『ことのはの巫女とことだまの魔女と』のドラマCDには飴色紅茶館の面々も登場するようで、こちらの方が世に出たのは先だそうです。雑誌に付録としてついていたCDはちょっと手に入れるのは難しいかもしれませんが、中古ショップなどを探してみようと思います。
 『ローテシア〜』も劇中作では留まらず、作者内ではかなり設定が煮詰めてあるようなのでこっちも漫画で読んでみたいですねー。

 おっと忘れるところでした、珍しく装丁についても触れたいのですが、コミックのカバーは非常に凝ったデザインとなっています。レースのコースターをイメージしたような部分が箔押しで加工されていて、高級感のある紙質と共に非常に作品にマッチしています。 
 表紙イラストも通常版と限定版で異なるものになっていて、神代は2巻限定版の2人が非常に気に入っています。
 
 この飴色紅茶館歓談は2巻で最終回を迎えており、非常に残念に思っていましたが、2巻あとがきの中で今後他のキャラクターにスポットをあてた、読みきり形式の『飴色紅茶館茶話』が始まるそうで大変楽しみです。 単行本になるのは一体いつになるか分かりませんが、今後も要チェックしていきましょう。

 百合姫はメジャーな本ではないので、本屋さんでは探しづらかったのですが、今年からは表紙がなもり先生に統一されましたので見つけ易くなりましたね。 『ゆるゆり』もアニメ第2期決定ということで、ぜひぜひ今回紹介したこの『飴色紅茶館歓談』もアニメ化して欲しいなーと思います。

 本当は2月5日に札幌で行なわれたバンプレストプライズ品展示の『デフォルメ博』開催の告知もしようと思っていたのに…今回の更新は非常に遅くなってしまいました。知らなかった方も多いと思うので告知だけでもしておけばよかったかなーとちょっと後悔。 次回分は続けて書きはじめようと思いますので、そこまでは遅くならないハズ? なので気長にお持ちいただければと思います。(どっちやねん) でわでわー。



 P.S. 自分のお店を持つという野望を持っている身としては芹穂さんを羨ましがらないわけがないという事で、実は昨年末に、吹雪の中年末ジャンボ宝くじ(バラ10枚)を買ってきていました。こんな苦労したんだからひょっとして当たるんじゃない?とドキドキしていたのですが、当然そんなものを当てにしているような欲張り者に当たるはずもありませんでした。 それにしても芹穂さんは宝くじが当たる前は、どんな所で働いていたのでしょう?OL?FAXも満足に使えないようでは良い就職口は無いような気がします。
 
 あ・2月14日から震災復興グリーンジャンボ宝くじが発売されるらしいので余裕があったら、今度は当たりそうな札幌の売場で無欲の精神で買いたいと思いますー。(イヤ、買う時点で無欲じゃないと思いますけど。)





2012/02/08 (水) 09:26 | 漫画
trackbacks(0) | comments(2)

 年末に健康診断に行ってきました。(バイト先で義務付けられているので)働き始めてから、体調悪くなってもよほどでない限り、自然治癒で回復するまでジッと寝て直す野生の狼のような生活を送っているボクですので会社のお金でいろいろ調べてもらえるのは大変ありがたいです。(しかも出勤時間扱いになる)
 病院からは午前中は診察の方が沢山来院するので、午後から来てくださいとの事でした。
 意外?な事にボクは小さい頃から結構病院にかかる事が多い脆弱なお子様でしたので病院に行くのはキライじゃないです。(でも歯医者は大キライ) なんていうかあのあらゆる刺激の無いぬるま湯のようなゆったりと時間の流れる雰囲気が好きなのです。入院も慣れっ子ですー。
 なので待たされるであろう事はあらかじめ分かっていたので休みの日に一日かかってもいいつもりで行ってきました。 
 予想通り、受付で午前からの患者さんの診察がおしてますのでかなり時間がかかりますが?と言われましたが全然いいデスヨー♪ と待合ロビーの居心地の良さそうな所を選んで座りました。 しまった、読もうと思っていたラノベをどうやらバッグに入れ忘れたようです。まぁ、忘れた物は仕方ありませんし、あまり集中してしまうと呼ばれても気が付きませんので丁度いいと、ロビーに置いてある本を読む事に。
 『週刊宝石』があったのが意外でしが、他は流石に刺激の無い絵本や雑誌ばかりです、あと新聞。 その中で『クロワッサン』をチョイス、あまり読んだ事ないけど『オレンジページ』みたいな感じかなーと特集からお料理レシピ・エッセイ記事までジックリ隅々なめ回すように読んでやるぜ!!と読み始めました。
 フムフム、お肉は牛・豚・鶏をバランスよく1日に100gくらい採るといいのかー、肉1:魚1:野菜:4を良く噛んでゆっくりと食べる事が大事らしいです。お肉が足りないなー→じゃあカツ丼。はダメな食べ方、その脇に山ほどのサラダが正しい食べ方なんですね。タメになるなー。おっ室井滋さんのエッセイが面白い。家を建てる際に職人さんには毎日差し入れをするのがいいんですね、最近はそういう事をする人が減ってきたとはいえ、そういう人付き合いは確かに大事だなー、そういえば小さい頃はお父さんがたまに一服のお菓子を持って帰ってきていたなーとか小一時間ほど経った頃に呼ばれました。結局全部は読めませんでした。クロワッサン…情報量が多い雑誌です、侮り硬し。
 検査は特に滞りなく済みました。 ヒヤッとしたのが密かに気合を入れて臨んでいる聴力の検査でヘッドフォン装着してるにも関わらずバッグの中に入れてる携帯のメール着信音が聞こえてしまい、意識がそっちに向いてしまって、危なく検査の音を聞き逃す所でした。あのヘッドフォンはもっと完全に周りの音を遮断できる構造にしてほしいですね。健康診断では異常ある・なししか調べてくれないのですが機会があれば、どこまでの高音域が聞こえるのか限界まで調べてみたいです。
 そして最後はおじいちゃん先生による問診です。自画自賛しますが、心電図の波形が素人目に見ても恐ろしくキレイでした。こんなに規則正しいんだ(笑)
 何か運動してるの?としきりに聞かれましたが、そんなに運動不足な風に見えるたのでしょうか? とりあえず以前は空手や合気道やってましたけど最近は時間無くてサッパリ、とにかく歩く事位ですね、みたいな事を言ったら、『あいきどうって何?柔道と違うの?気功とかそういうの?』と変な所に食いついてきました。…そんなマイナーですか?
 実はこの機会に診てもらおうと思っていた事があり、一通り終わったあとに最近気づいたうなじのしこりについて聞いてみました。めざましテレビの大塚さんの白血病のニュース見た時に自分の首触ったらなんかあるーって発見したんですよね。
 結果としてはうーん、よくわからないねーと言われました。リンパ腺の炎症の痕じゃないかという事です。ちょっと様子見という事になりました。 っていうかそのリンパの炎症って覚えがないんですけど大丈夫なのでしょうか?

 

急性リンパ性白血病:一般に「血液のがん」といわれる白血病のひとつ。白血病の一種であるリンパ球が幼若な段階で悪性化し、主に骨髄で異常に増え、急速に進行する病。小児に多く、成人での1年間の発症率は約10万人に1人とされる。発症原因の多くは不明で、予防法も明らかになっていない。白血球減少でウイルスへの抵抗力がなくなり、発熱や肺炎、敗血症などを引き起こす。また、頭痛や吐き気などの症状が現れることもある。



 小児じゃないから大丈夫だもん…白血病自体も長期生存確率がかなり低い(30〜40%くらい)のですが、敗血症もかなり恐ろしいみたいです。一人暮らしで発病して発見が遅れれば確実に死にますね。 せめて身の回りの整理をする猶予を与えてほしいです。オタの同士は激しく同意してくださると思いますが、死後発見されたくないものが多数ありますので。
 
 あけましておめでとうございます。年明け早々不穏な挨拶文で申し訳ないプチMな神代です。
 なんでプチMかと言いますと、今回もそうですが結構拘束されたり・自由を奪われたりするのキライじゃないんですよね。自分の力ではどうしようもない事で自由が利かないっていうシチュエーションだとすぐに諦めがつくんです。今回は病院の都合で待たされたわけですが、コレ自分ではどうしようもないですね、なので全然OK。 
 逆に自分のせいで人を待たせたりするのは耐えられませんので、待ち合わせなどはかなり早くに着くようにして現地で時間をつぶします。

 お陰さまでそんな経験はないですが、

 『自分のせいではない理不尽な多額の借金などを抱えてしまい、その肩代わりで身請けされ、一生ただ働き。』

とか、

 『誘拐されて力づくで拘束された。』

 としても、自分の力が及ばない所なので多分すぐに諦めてその生活に慣れると思います。 
 って思うだけならまだしも五体満足で、寝食の心配をしなくて、痛い事されないなら、その他の娯楽を捨ててもいいので、ペットとして飼ってくれるならそれはそれでいいなぁ と思ってしまう時も時々あります(笑) いっそ誰かに心を壊わして欲しいとかその方が楽だなぁと思ってしまうのは今の生活にかなり心が病んでるんでしょうかね?
 って思っていたので常々自分はドMだなと思っていたのですが、バイト中にたまたまそんな話になった時、A君にじゃあそんな境遇になったとして、『おらー散歩に行くぞー』って、ご主人様に全裸散歩強要されたらOKなんですか?って聞かれた時に即座にムリムリムリっ!! そ・それは耐えられないって思いました、エ・エロスっ!! です。そんな発想思い付きもしませんでした。って えー…『大抵の事』は許容できると思っていましたが、愛玩動物ってそんな事もされるのですか?どうやら自分の理性はまだまだ大丈夫の様です。という事なので、首輪で散歩位なら全然平気なので、あーボクはプチMなんだなーと考えを改めたのでした。

 あ・検査結果は、中学生頃からヒドイ時は自分の体じゃないみたいに感じてしまうほどなので自覚していましたが貧血体質なので鉄分を多く採るようにとの事を言われたくらいでした。っていうかこんなにサプリメント飲んでるのにまだ足りませんかっ!! 今でも普段フワフワフラフラしてるのにもし飲むの止めたら普通の生活できないんじゃ…? もっとほうれん草やレバーをバリボリベルボリ召し上がらなくてはならないみたいです。

 新年一回目の更新である本日は去年の抱負達成度と抱負の宣言です。っていうかコレ年末に書くべき内容…ゲフンゲフン。

 栄養のあるものを食べる。 :規則正しい生活も含んだこの抱負は、2011年末頃になり、ようやく習慣ついてきた感じです。セール準備などの都合で夜更かしになることもありますが、基本的に朝8時頃には自然と目が覚めるように体のリズムが整ってきました。
 休憩時間に食べるお弁当もほぼ皆勤賞で作れています。弁当に入れるおかずは沢山ストックできるわけではないので、(卵とかあっという間に無くなる)ちょこちょこスーパーに出かけますので、冷蔵庫の中に絶えず新鮮な食材が入っていることになり、ちゃんとした自炊が増えました。お米の減りは早いけど、結果コストパフォーマンス的な面も含めて、食費は減ったと思います。

 
 わからない事はガッチリ調べる。 :うーん、そこそこ達成した気がしますが、50円レンタルが始まり、バイトが忙しくなってからはペースが落ちました。現在は欲しい物についての下調べが多いです。着物・自転車・カメラとかですねー。
 今持っていないジャンルの知識が一気に身に付きそうなのでDSの『ご当地検定』とかいきなり欲しくなったりとか、たまたま手に入ったので、お酒飲まないのに『日本酒の基本』という本を読んでみたりと、知識収集の欲求自体はますます強くなっています。自分が死ぬまでにどれだけ知識を詰め込めるかがとても楽しいライフワークです。

 
 映画やアニメを沢山見る。 :実写映画はあまり見れなかったのですが、アニメはTVで放映している物は勿論として、『生徒会の一存』、『刀語』、『薄桜鬼』、『雲のむこう、約束の場所』、『イヴの時間』、『魔法少女まどか★マギカ』、『あの花』 他やニコニコ動画のプレミアム会員に入会し、配信されているアニメを見たり、映画館にも何度か足を運んだと思いますので、そこそこ充実していたんじゃないかなーと思います。その度に感想などをブログに書いていけばいい記録になるのにそれが出来なかったのが残念でした。 
 逆に地デジ化など大きな話題があったTV自体をあまり見ることがなくなりました。年末年始を例に挙げても再放送と映画のスーパーコンボ状態でしたし、普段も韓流・再放送ドラマ・あたりさわりのないバラエティー番組の再放送・テレビショッピング・番宣の為のSP番組のオンパレードで地上波のTV番組があまり面白く感じられないです。
 放送内容にワクワクを感じられないボクが枯れているのか、テレビ局の製作サイドに問題があるのかはわかりませんが、結果としてTVを見る時間は激減しました。以前は北海道文化放送(UHB=フジテレビ系)を軸にしていたウチのチャンネルは最近は、番組内容が一番充実していると感じられるのはNHKなので、NHKが軸になっている事が多いです。ただNHKも力が一番入っているのはBSのように感じますので、そのおこぼれを総合やEテレで放送してるって感じですね。見逃していたのや知らなかった番組とかをたまに深夜にまとめて放送してくれるのがちょっと嬉しいです。民放の再放送とは印象が異なります、受信料払ってて良かったです。
 ボクと同じ様に感じている方が多くなると、だんだんとTV離れしていくでしょうから、スポンサーが付かなくなる→番組制作費が少なくなる→番組が作れないから再放送等が多くなる→視聴者が離れるの悪循環になってきて、ひょっとしたら日中でも番組休止時間とかできるかもしれないですね。少なくとも2〜3時間などの枠のスペシャル番組は縮小していくのか、お金をかけない方向の番組が増えるかのどっちかではないでしょうか? WEB配信の番組が増えるのは間違いないでしょう。
 制作費をかけなくても面白い番組は作れるかというと、それはできると思います。企画のアイデアを出す方達の手腕次第ですケド。
 ボクは『モヤモヤさま〜ず2』が大好きですが、最小限の出演者で街(しかも近所)をブラつくだけなのにちゃんと番組にしてしまっている所がスゴイ。マンネリになりそうなのにならないのはスタッフの努力の結果ですね。DVDも好評だそうですが、現在放送中の番組のDVD売上は制作費にプラスされるのでしょうか?いい循環かもしれません。 
 ただ、ソレが当たったのをマネして、ブラリ系の番組が他局でも乱発されたのは閉口です。 温い系芸能人やお姉系・バラエティー芸人がそこらで飲み食いするだけの番組は見流すだけなら丁度いいですけど、積極的に見ようと思わせる程ではないので、もう見飽きてお腹いっぱいな感じです。

 ちょっと話が脱線しますが、そもそもボクはニューハーフ芸能人やお姉系芸人にあまり良い印象を持っていません。元来ニューハーフになった方や性同一性障害の方は生まれた時から、心と体の性別が一致していないからそれを手術等で本来あるべき姿にしたのだと思いますので、もともと女性(男性)の心だった方が、体も女性(男性)になる事であり、至極当然の事だと思います。そんな当然の事をわざわざメディアで元男性(女性)でしたー→うわーそうは見えないですねー。みたいに公表したり、取り上げる事、ましてやそれを自ら『自分の売り・個性』にしてるというのがホビロン(ホントにビックリするほど論外)というか嫌悪感を覚えるんですよね。 勿論本人たちの言い分もあるでしょうから、当事者でもない他人が口を挟むことではないですし、自分の勝手な考えを押し付けるべきではないのですが、少なくともそう感じる方はいるのではないでしょうか?
 もっと世間に普通な事として受け取って欲しいと考える一般の性同一性障害の方が迷惑してるんじゃないかな?と思います。 そもそも『障害』って病気みたいな言い方にも異議ありです。
 そんなですので、TVで出演されている方でボクが認めてる(何をエラそうに)のは 佐藤かよ さんくらいです。って思ってるのにたまに司会者が『こんなにキレイなんですけど元男性なんですよね』ってわざわざそこに触れるとイラっとします。女性に対してとても失礼だと思いますので。
 あ・美川憲一さんとかはもう別次元で『性別:美川』みたいなああいうものだと思っていますので、気になりませんが、キャラ作ってお姉系で売ってる芸人さんは大キライです。

 と、話を戻して、ブラリ系で他と違うな・ちゃんと番組になってるなと思えるのは後は知性が感じられる『ブラタモリ』 (NHK)くらいですねー。
 制作費をなるべくかけない(推測)番組で『ゲームセンターCX』を例に挙げなかったのは地上波じゃないから。もちろん大好きです。WEB上では似たようなゲーム系番組多数ありますが、今の所、それぞれちゃんと『芯』があるので有象無象にはなってないですね。◎です。
 ローカルですが、 『タカトシ牧場』 もなかなか上手く番組になってると思います。地域と密着して地方活性化にも一役買っているこの番組の功績は、TVだけじゃなく、これからの様々な分野でのヒントになるのという点で褒めるべきところです。 難を言えばイマイチ番組に対する情熱がタカトシから伝わってこないので他の方が良かったかなー?と。そういう芸風だから仕方ないのかもしれませんが。
 もうどれが元祖なのか分からなくなってしまうほど溢れかえっている、ひな壇芸人等を集めてのトークのみ番組も具体例は挙げませんが、ちょっとマンネリ気味ですね。
 芸人の本気カラオケ番組とかもソレをわざわざ全国放送でやる意味があるのか疑問です。歌手はそれが仕事ですけど、キミらは違うじゃん。専門外の事をそんな公の電波にのせられてもって感じです。芸能人がアニメの声優やるのと同じです。逆に声優さんが普通のバラエティにでしゃばり過ぎるのも見ててイタイです。最近だと某スパロボにもよく出ている野球アニメで有名なMさんとか… まぁ、器用な人は何やっても、それなりに上手いんですけど。そんなオールラウンダーな人は、ほんの一握りだと思います。
 
 『模倣』は日本の文化ってよく聞きますが、本来は『模倣』+『独自の工夫』で元の物より、より良い物を作り出す事は日本人以外には無理。的な意味だったと思います。
 ゲーム業界も昔からそうですが、他を認め、褒めるべき所はマネしてもいいけど、そこで楽した分、ちゃんと自分で考えた部分を付け足して良い作品を作っていってほしいと消費者は願っていると思います。

 企画をたてる方の『産み』の苦労はあると思いますが、放送時間(発売本数)を絞るのも手だと思いますので、面白いものが見たいなと思います。
 そういえばボクが大好きな作品で、劇場アニメも終わって、休みたいってつぶやいてた某漫画家先生の最新刊まだ購入していませんが、コンビニでチラっとみた限りでは、ホントに少し休んで充電した方がいいかなと感じました。毎巻スゴク楽しみにしてますのでちょっと残念。映画観に行けませんでしたねー。どうだったのでしょう。
 無から有を作り出すクリエィティブなお仕事は大変そうです。言われた事も満足にこなせない自分にはとてもできないので、その仕事に就いてるってだけでも尊敬してしまいます。なのでなるべく批判はしたくないのですが、それだけ期待していますという事で受け取ってもらえますと嬉しいです。 

 ってTV見る時間が減りました話から、予想以上に重い感じになってしまいました。そんな事言ったらボクの日常をわざわざこのブログで全世界に配信している意味ってあるのって事にもなってしまいますね。ちょっとキツク書きすぎました。反省。

 活字の本を読む。 :殆ど読めませんでした。まずは読みたいと書いていたハズの田尻智さんの本もまだ入手すらしていないです。ただ、活字メインの本以外では様々なジャンルの雑誌やHowTo本をそこそこ読んだので引き分けという甘い判定で。


 ゲームを強化する(レトロ含む) :購入は結構していたのですが、ちょこっと遊んで次のゲームというようなツマミ食いばかりしていたのでクリアしたものが一つも無いです。一番遊んだハードはDSでした。構えずにすぐ始められるし、いつでも止められるプレイスタイルがちょうど良かったみたいです。ただ据え置きも携帯ゲーム機もそうですが、動体視力を酷使するせいか1〜2時間くらいで、すごく眠たくなってしまいます。小学生の時にはお姉ちゃんと交代プレイとはいえ、8時間とかやってたんですけどねー。


 模型を作る!! :ニッパーすら握らなかった2010年よりは遥かにマシでしたが、結局作りかけを増やしただけになってしまったので、完成まで製作のモチベーションを維持するが今後の課題です。欲しい物を買ったつもりではありますが、ついついお店の販促物に使えるなーっていうのを選んでしまうので、締め切り(関連ゲームの発売日)を過ぎてしまうといつでもいいかーになってしまいます。そういうの関係なしに欲しい物をどんどん作る様にしないとダメですねー。ココ最近では、サウザンド・サニー号 ・ スパロボ系 ・ アーマードコア ・ D-スタイルガオガイガー ・ スターウォーズ系(ファインモールド) などなど新たに気になっているものもあります、良い入門書があれば、AFVやレシプロ機などのスケールモデルも挑戦してみたいです。 若干今後発売するゲームに影響されている気もしますが、それ含めて純粋に欲しいので仕方ないですねー。っていうか積みプラと作りかけを作りなよ…。


 500円玉貯金始めました。 :惨敗です。金庫には現在500円玉は全く入っていません。やはりいつでも取り出せる物に入れてもダメですね。ちょっと借りるだけ、使った分以上に後で補充しておこうと思ってもなかなかできなくてそのまま無くなってしまいました。なんという意思の弱さ。


 

 という昨年の反省を踏まえて今年の抱負というかやりたい事ですが、基本的には昨年のものはそのまま継続で。さらに追加していこうと思います。

 
 あたらしいバイト先(or就職試験)を1社は受ける!! :そもそも生活を朝型のリズムに戻しているのはこの為なので。 受かれば暫くはかけもちの2足のワラジでだんだん今の所を減らしていって、そっちで正社員を目指せればと思います。夜中働くのはやっぱりキツイですからねー。ただ収入の関係もあるのでそのあたりが心配。っあれ?前にも宣言したような気が(汗

 
 整理整頓を心がける!! :よく妹が泊まりに来る直前にあわてて部屋を片付けたりしてるのですが、年始に片付けた際上手くデッドスペースを利用したので劇的に生活スペースが広がったので現在快適です。ということから、まず普段から散らかさない所から気をつけようと思います、札幌に出撃したあと買った物で溢れかえるので要注意ですが。 部屋が広いとなんとなく余裕ができるのか、ゲームが取り出しやすくなるのでゲームをする時間が増えたり、あと特に模型制作がはかどります。この様に他の目標達成にも影響するので、快適な空間を維持する事は重要なようです。 なるべくこの部屋には家具は買わないようにしていますが、今後必要によってはカラーボックス程度は購入すべきかもしれません。
 捨てる勇気に目覚めたわけではないですが、少々物を減らす為に、中途半端にコピーしたDVDを思い切って廃棄してしまうのもいいかもしれません。ブリーチとか完結してないジャンプアニメはいつまで続くのか分からないのでもう限界です。原作買ってるのでアニメ版は見るだけや動画データでいいかなって思います。 最近セルDVDも1万円台でBOXが発売されてますし、レンタル版には無い特典映像なども含まれている事がありますので、保存したい作品はなるべく購入する方向で。
 あと、サイドのWEB本棚がほったらかしになっていますが、所有物のリスト化はしようと思います。本・ゲーム・DVD・CD等ですね。『積み』が多くなると持ってたかどうかわからなくなる事が多々ありますので。

 
 お出かけをする!! :本を読むだけでは勉強になりません。それは誰かが記したものをただ読んで知ったつもりになっているだけ、という事で、どんどん外に出ます!! よく買物に行くのは札幌中央区なのですが、もっと色んなところに買物目的以外にも出かけたいです。 せめて小樽くらいまでは行ってガラス工芸とか体験とか? 以前の記事でイタリアあたりにミニスケッチブックと色鉛筆持って(猫ウォッチングに)行ってみたいと書いてますが、それはなかなか実現しなさそうなのでせめて近場から。 ただあの旅先でサッと描くイラストって才能いるんですよね。 買物もまだ行った事ないお店で気になるところがあるので、ちょこちょこ動きまくりますよっ!!


 イラストを描く!! :上記のイラストとは別物、いわゆる普通の漫画的なイラストですね。昨年は模型趣味を復帰できましたので今年はこれも再開したいと思っています。妹もスキャナー買ったので本格的に描くようです。おっとフォトショップ送ってあげなくちゃ。 ペンタブとかも使ってみたいですねー。今の所デジタル画材は使いこなせないのでアナログ塗りの方が格段に作業が早いです。とりあえず年賀状…はもう遅いから頂いた友人に寒中見舞いという形でお返しイラストハガキを送りたいと考えていますよ?1月中にはなんとかしたいです、決してこうやって書く事で締め切りを延ばしたわけではナイデスヨ。


 他にも色々と考えてる事はありますが、あんまり宣言しても出来ない事が増えるだけなのでこのくらいでしょうか。
 レッツトライ♪とにかく何かを始めよう!!(元ネタ不明) と思ってしまう『年の初めマジック』ですが、そんな中終わってしまう事もあるようで、 創刊雑誌『Beep』から数えて約27年の歴史があったそうですが、ゲーム雑誌『ゲーマガ』さんが廃刊になるそうです。 独自の特集や付録が充実していたので購入していた時期もあったのですが、残念です。ソフトバンクさんはゲーム雑誌の発行社では一番の古株だったらしいですよ。
  あともう一つは、コナミさんに吸収されていたハドソンさんが3月に事実上完全消滅するそうです。合併とか統合とかここ数年多かったですが、これほど名前が知られているゲームメーカーさんが無くなるのは寂しいですね。今年一番最初のショックな出来事でした。
 ハドソンさん、今まで沢山の楽しい作品をありがとうございました。現在所有しているソフトはこれからも大事にしたいと思います。

 本日のサブタイは諺ではなく、続編も決定した大好きなアニメ『交響詩篇エウレカセブン』より、主人公レントンの父であり英雄アドロック・サーストン氏のお言葉。 この言葉好きなんですよね。 似たような言葉(というかこれを元にしたのかも)で新約聖書「マタイ伝」に『求めよさばら与えられん。訊ねよ、さらば見出せん。門を叩け、さらば開かれん』という幸せを掴む為のヒントが書かれています(スミマセン機会がなくてちゃんと読んだ事はないです。)が、その言葉よりもこっちの方が良い意味で『貪欲』で好きです。今年も今まで以上に厳しい世の中になると思いますが、そんな中、求めたからといって、誰かが幸せを与えてくれるほど甘くないので、狩り獲って、勝ち取って、もぎ取るくらいの意気込み で頑張りたいと思います。具体的に何を頑張ればいいのかは、まだまだ手探りですケド。

 
 といった所で、本日はここまでにしたいと思いますが、今年1年充実した年にしたいと思っています。細々とやっていますが、本年もどうぞ当ブログをよろしくお願いいたします。




 P.S. 年の初めマジック効果で、ボクの様に何かを始めようとかこれを今年はやろうみたいな気合でムダにエネルギーを放出しているお客様が見えられることがあります。 『今年は中国語をマスターしたいの』といらっしゃったお客様、おや?よくみたら以前ウチの店長に4時間もクレーム入れた方じゃないですか、で、それでその理由でどうして当店に? 『DSでなんかそういうの覚えられるゲームないかなー?』 ちょうど中古で学研さんの中国語ソフトがあったのでソレを購入されていかれましたが、それだけで中国語マスターできたら、ミリオンヒットするんじゃないでしょうか? そんなに効果あったらボクも数ヵ国語分欲しいです。 まず勉強しようというのにウチの店にくるという発想が間違っている気がします。勿論、非常にありがたいですけどね。 えっボクですか?昨年末頃、勉強しようと思って、脳トレDS買ってまだ積んでますがそれが何か?


  

評価:
---
アニプレックス
¥ 4,311
(2012-02-01)
Amazonランキング: 18位

評価:
---
ハドソン
¥ 36,000
(1987-10-26)
Amazonランキング: 14061位



2012/01/19 (木) 09:53 | 日常
trackbacks(0) | comments(0)
 約1年半ほど実家に帰れていないので、せめて年末までには帰省しようと思っていたのですが、休みをねじ込もうとすると、割と忙しいスケジュールになりそうだったので結構大変だなーと思っていた所、偶然覗いたゲーム周辺機器メーカーHORIさんのサイトで大きな出費をしてしまいました。おはようございます、以前の記事で書いたPS2専用スティックコントローラー『リアルアーケードPro2』(以下RAP2)の為に帰省を諦めた神代です。 
 ボクが見た時はプレオーダー中で一定数の予約が集まったら生産決定というものでした。サーバートラブルのせいで期間が延びていたようなのですが、そうでなかったらすでに終了しているところでした。もっと色んなところで告知しましょうよー。一応年末の恒例とはいえ、知らなかった方も多いのではないでしょうか?
 たかだかゲームのコントローラーに1万円…この出費の多い12月にはかなりキツイのですが、今回の生産で『最後』ということに後押しされ、レトロゲーム仲間のカミーユさんを巻き込んで清水の舞台から飛び降りたつもりでオーダーボタンをクリックしました。ホントならこの時点で記事を更新して、『プレオーダーやってますよ告知』をするハズだったのですが、ココ最近今年の抱負を思い出したかのように、規則正しい生活を心がけた結果、睡眠と栄養が生活の優先順位上位になっていた為、更新が遅くなってしまいました。
 午前中に起きて家事を済ませたり、お弁当を作ったりしていますが、3日坊主にならないように頑張っています。これが習慣づけば朝型人間に戻れる!…ハズです。ポイントは服に着替える!! 当たり前の事なんですが、ボクは基本起きたら、出かける用事が無いかぎりはパジャマで過ごしてしまうのでトロトログズグズダラダラしてしまう事が多いのです。これが服を着るとスイッチが切り替わるのでシャキーン!となるのでした。 そんなわけで慣れないうちは余暇時間が作れなかったのですがだんだん余裕出てきました。まぁ、それでもレンタルしてきた映画のDVDとか結局見れないまま返却してしまったりとかもあるんですケド。
 話を戻して、RAP2プレオーダーの結果、めでたく生産が決定しましたので、正式注文し、入金も済ませましたので、あとは届くのを待つだけです。といってもこれから作るので、届くのは4月頃みたいです、忘れた頃に届くのでサプライズな喜びが味わえるかもしれません。 
 ところでボクはゲームをする時は正座がプレイしやすいので、スティック型のコントローラーですと膝枕状態で使う事になりそうですが、そうするとグラグラして安定しないので、旅館で使っているようなお膳みたいなのがあるとちょうどいいなぁと考えています。アレって個人で買えるんでしょうか?ホームセンターやドンキホーテさんでも売ってるの見たことないです。 
 ところでかなりどうでもいいことですが『膝枕』って頭を乗せているのは、どう見ても太ももだと思いますのでその名称には語弊があるように思えますw 『太もも枕』だとなんとなくえっちぃからでしょうか?でも膝枕だとなんかイメージ的に硬すぎて漫画に出てくる古武術の技名みたいじゃないですか? 『八朔神代流組み打ち術 表四十二式 膝枕』 (イメージ声優は辻谷耕史さんあたりで)みたいな、そんな感じです。あ・当然 表と裏の技があって、裏の方が禁じ手でエグイ技なのはお約束で。 



 12月のセール連発が鬱すぎです。おまけにレンタルセールまで重ねるのが最近の定石なので忙しさMAXです。好きでやってるバイトですのでセール自体が嫌なわけじゃないです、商品がどんどん売れるのはいいのですが、ロクにメンテナンスの時間もとれないのでどんどん売場がボロボロに…クリスマスセールは25日までで一旦終了→年越し・新年セールは31日〜がいいと思うのですが、儲けに貪欲なウチの会社は23日で内容変更31日にまた内容変更の連続セール耐久マラソン真っ最中です。
 セールの飾りつけとか展開方法だってそんなにポンポン思いつくわけではないので、こうなってくると目新しさがないセール売場になってきます。クリスマスの飾り付けを片付けて正月っぽくしなければならない(お金はかけない方向で)時の事を考えると気が重いです。お客様を全力でお迎えする準備ができてない状態でセールを続けるのがイヤなのです。

 そんなですので更新する時間がとれなくて、記事を出す時期を逃し、結果メイン記事に使えなくなる場合が多いです。ボクは基本的に書きたい事などA4のコピー用紙に走り書きして貯めているのですが、それが結構一杯になってきたので少しでも年越し前に整理しようと思いますのでとうとう大晦日になってしまいましたが、今日はそんなこまごました記事や近況報告など少し放出したいと思いますです。ではいってみましょー。
 
 まずは11月に札幌で行なわれた、

 

 PSVITA体験会
に参加してきて実機を触ってきたのでその感想を発売前にお届けしようと思っていたのですが、もう発売してしまった以上その記事をメインで書いても今更意味がないなーっていう感じの話です。写真撮影も禁止でしたので文章のみで地味ですし… ですが、一言だけ言いたいのは、UMD読み取り音が無いだけでこんなにプレイが快適だなんて!! ですね。 画面のキレイさやタッチパネル操作よりもボクはココを評価します。
 初期不良や設計上の不満点がかなり多いみたいなので初代ゲームボーイ本体が欲しいなと思っている程ハードマニアなボクですが、初期モデルはスルーしようと思います、改良を加えた新型番になったりした頃には買うと思います。 
 会場では1作品体験(プレイ時間制限は10〜15分)する事に一旦外へ出て入りなおさなければならないのですが、初日ではなかったのと、かなりの悪天候だった為かあまり並ぶ事無く数本プレイできました。
 アンチャーテッド・パワースマッシュ・アルティメットマーヴルVSカプコン・真かまいたちの夜を試してきましたが、この時はリッジレーサーが一番並んでいました。手っ取り早くVITAの性能を評価するには一番いいタイトルだと思う方が多かったのでしょう。ボクもそう思ったのですが、バイトのある日だったので時間も限られていた為、並んでいる間に他のを多くプレイした方が有意義だと判断した結果です。 今思えば発売後のリッジレーサーの評価があんなことになるなんて… 
 この時に体験できたのは殆どがロンチタイトルのソフトだったのですが、その中で、『GRAVITY DAZE』というタイトルがありました。この頃にはまだ雑誌などでもあまり露出していなかった作品で、プロモーション不足だったのかプレイしている方が殆どいなかったのですが、タイトルからして重力の作用を使ったパズルゲームあたりかなーと思ってボクもスルーしてしまいました。 帰宅後なんとなく気になったので調べて見ると、あの『SIREN』のディレクター外山圭一郎さんの新作だったそうで、さらにPVもあったので見てみるとすごく面白そう!! プレイしてこなかった事を非常に後悔することになりました。 今現在VITAオリジナルタイトルの中では一番期待している作品です。体験版が配信されるようですので本体をお持ちの方はぜひ。

 あと余談ですが、この日、札幌着物デビューしてきました。天気は悪かったのですが比較的暖かかったので。 せっかく慣れてきたのに、今はもう雪が降ってしまったので、道中着やコートが無い以上、暖かくなるまでは家の中でしか着物は着れないですねー。 本州ならまだしも北海道では羽織だけでは凍死します。着て歩けない間は勉強に充てたいと思います。ボクの中ではすでに着物は、趣味になってしまっています。調べれば調べるほど面白いです。

 ちなみに最近購入した着物関係?の本はコチラ。どちらも古本屋で購入です。

 
 
 白泉社 花とゆめコミックス サカモトミク著 『とらわれごっこ』 全6巻

 大きくて強面、学校中に恐れられている小熊くん(189cm)、とクラス一小さい大熊さん(147cm)の純情ラブストーリーです。 ある日教室で大熊さんが、牛乳をぶちまけてしまった小熊くんの荷物は、高価そうな着物。謝っても許してくれなそうな雰囲気に圧され、小熊くんにとらわれてしまった大熊さんが連れて行かれたのは、何故か彼のおばあさんが営むアンティーク着物のお店『こぐまや』だったのです。 
 というところから始まるお話なのですが、この『とらわれごっこ』というタイトル自体はこの第一話のストーリーからなのでその後はあんまり関係ないです。まぁ、第一話で小熊くんに大熊さんの心がとわられてしまったっていう点では合っているのかもしれませんが。(上手い事言ったつもり) 表紙を見ても分かるとおりですが、1話の後も何かと話に着物が絡んできます。 毎回2人の着物のコーディネイトもなかなか凝っていて楽しいです。 小熊くんのおばあちゃんがすごくバイタリティに溢れていて好きです。
 サカモトミク先生の本は初めて購入したのですが、この話の舞台になっている『こぐまや』が入っている古い旅館を改造した建物『猫町アパートメント』には小さなお店が沢山入っている設定で、他の作品や登場人物ともリンクしているようですので、今度そちらも読んでみようと思っていますー。

 

 徳間書店 近藤ようこ著 『あしたも着物日和』 『着物いろはがるた』

 文学的な作品を描く漫画家 近藤ようこ先生が三十路近くになって突然目覚めた着物ライフについてのアレコレや作者なりの着こなし、悪戦苦闘、面白話をギュッと詰め込んだエッセイ漫画です。ボクの様な着物初心者でも面白おかしく読むだけで、着物の勉強になったり、着物のベテラン?さんだとあるある話が楽しめると思います。…先生があまりにも絶賛するのでますます川唐など木綿の着物が欲しくなってしまいました。自分で『仕立て』(お店に頼むと2〜3万円位)ができれば反物(1万円位)買うだけで済むのになーとか思っている自分がコワイ。そんなに難しくは無さそうなんですけどね。

 余談ですが、この本見つけた時、一緒に見つけたのは、マール社 『武器』 定価3150円が750円だったんですよねー。すごく財布が寂しい時だったので、2冊在庫あったしと、その日は泣く泣く諦めたのですが、後日行ってみると無くなっていました。かなり読み応えがある、とても良い本だという事なので惜しい事をしました…かなり厚い本なので置き場所に困るかもしれませんが、いつか手に入れたいです。あぁ、本の置き場所の心配をしなくてもいいように、ココロ図書館に住みたいです。あ・何度かブログにタイトルは書いている気がしますが、『ココロ図書館』は高木信孝先生の作品で、ほどよい百合具合も楽しめる神代大好き漫画なので、そのうちちゃんとコミックレビューしたいですが、本が実家なので多分『カシオペアドルチェ』の方が紹介が先になりそうです。アニメにもなっていてDVDも持っていますが、作画や音楽が綺麗な作品なので、そろそろBD-BOXにならないかなーと密かに願っています。

 
 お次はクリスマスの話、昨年はエリアマネージャーにちくちくと突っつかれた店内の飾り付けですが、今年は、文句言われない様に最初から、クライマックスだぜ!! 

 

 

 

 飾りつけしてくれたスタッフの皆が、ボクのかなり適当なイメージイラストからココまで頑張ってくれました!! 感謝!! ボクは大まかな感じで考えるだけで後は試行錯誤で埋めていくので当日に時間がかかります。 ちなみに一番下のモニターが2つ並んでいる写真はモニターがプレゼント袋から飛び出してきているイメージというHさんのアイデア、斬新です。エクセレント!!
 ボクは2枚目の写真にあるダンボールの煙突に時間と手間がかかりすぎました。大物は前もって作っておければいいんですけど、普段なかなかその時間が取れないのがイタイ。
 この飾りつけやセール準備したのが、モンハン3Gの発売日前日。 ボクは結局完徹になり、そのまま朝のモンハンラッシュを盛り上げさせていただきました。 その後、一旦帰宅し、2時間後にまた出勤。 起きてる時間が、48時間を突破する事になり、ちょっとボロボロでした。


 今年の妹へのクリスマスプレゼントはPCソフト『雅恋〜MIYAKO〜』
 
 

 PSPでも発売されている乙女ゲーですが、PC版の方が完全版なのでこちらになりました。 あと荷物送るついでにセールで買ったPSP『シャイニングハーツ』『テイルズオブエクシリア』の攻略本(バンナム公式)を入れておきましたので、しばらくは退屈しないかと思われます。 
 それにしてもエクシリアの中古価格の下落っぷりがヒドイ…沢山売れた商品は買取で戻ってくる量がハンパではないので仕方ないのですが、新品で買った身としてはツライです。 『機動戦士ガンダム エクストリームVS』もかなり売れた(再入荷分合わせて100本くらい)ので、こちらは値下がり待ちです。なんか公式のアーケードスティックが発売されるみたいですねー。絵柄が入ったのは飽きてしまうので、RAP3でいいかなと思っています。 そういえば以前 バイオハザード専用コントローラーなんて物がありました。銃のグリップのような形状も特徴的でしたが、ハーブティーが同梱されているのが設定的(バイオハザードはハーブでライフ回復)にニヤリでしたが、バイオ以外には激しく使えないのが弱点。『専用』だから間違ってはいないんですけど。(しかもラストエスケープ以降は操作が複雑になったため非対応)

 おっと話を戻して、今年一年頑張った自分 トクニガンバッテナイケドナ!! へのご褒美というかクリスマスプレゼントというか明日への励みを買ってもいいんじゃないかなーと思っていまして、その候補を挙げていきます。物欲全開です。 この話題からして一体いつからチマチマ書いてる書いてるんだよって感じですが、この時点で少なくとも24日なのでクリスマスには絶対間に合わないのですが、あくまで購入動機ということで。 RAP2買ってるじゃん!! と言われそうですが、商品届かないので実感がないので。

 選択条件としては、

 何か機会が無いとなかなか自分では買えない物。 

 殺伐としていない物。

 生活の役に立てばなお良し。 

 人の物を選ぶ時もそうですが、この3点です。 なので殺伐とした西洋剣や居合刀・普段も買うガンプラなどは今回除外です。そもそも数年前のクリスマスに自分用に買ったのですら積んでいますので…でも普段買えないようなプラモデルは可です。なんでしょうこのゆるいルールは。

 
 時計…以前から欲しがってる懐中時計がそろそろ買わないと手に入らなくなりそうなので。 でもそれとは別にポケモンセンターで買った腕時計がボロくなってきたので腕時計も買わないと。バイト中には腕時計してないと不便なのですが、毎日使っていると痛むのが早くて困ります。ピカチューの時計気に入ってたんですけどねー。

 寸胴鍋…カレーやパスタ・シチューなどをよく作るので。以前からあれば便利そうなので欲しいのですが、普通の鍋でもなんとかなってしまうのでなかなか買えません。

 パスタボトル…買う場合は寸胴鍋とセットで。常時パスタをストックしているのであったら台所が機能的だなーとは思っているのですが、安いのなら500円位なのになかなか買えない、そんな商品です。

 やかん…コーヒーや紅茶をよく飲むのに、いつもお湯を沸かす時は鍋で沸かしてしまうので未だに買っていないのです。カップに注ぐ時、油断するとお湯がこぼれます。 買うときはデザイン重視で。

 財布…頂き物のホーキンスの財布もそろそろ痛んできたので、アンティークっぽいデザインのとか欲しいかもです。高価なものでなくていいので。上記の時計の会社が本来皮工芸のメーカーなのでそのあたりかな? 『わちふぃーるど』さんhttp://www.wachi.co.jp/のは欲しいけど結構高価なのでムリそうです。

 加湿器…乾燥してくるとすぐ喉を痛めるので少し前から結構欲しいのですが、気を付けて使わないと今度は湿気がありすぎて大事な本たちがカビてしまったりしたら…と思ってしまいなかなか購入まで踏み切れません。 加湿器は大きく分けて3種類あるのですが、スチーム式・超音波式・気化式とあり、それぞれメリット・デメリットがあるのですが、買うならスチーム式かなー?この時期が一番お店の品揃えがいいので、買い逃すとまた1年待たなければなりません。
 最近のブームにより、様々なタイプの物が発売されましたが、ボクは車用の香水も苦手なのでアロマも多分酔ってしまうと思うのでその機能ついていない普通のでいいです。スチームと気化式のいいところどりなハイブリット式というのもありますが、高価すぎるので除外。メンテナンスが楽で丈夫なのが一番。

 ストール・カーディガン…基本的に寒がりなので、寒いよりすこし暑い位が落ち着きます。ですので真夏以外は家にいる時もカーディガンを羽織ってたりします。今は以前人から頂いた(多分結構イイモノ)のを主に使っていますが、痛んできたので、家にいるとき専用になってしまっています。なのでそろそろ新しいのが欲しいなーと。選択肢にストールが入っているのは着物の時も使えるかなという事で。 イヤ、必要な物なんだから普通に買えばいいんですけど。

 つげ櫛…神代は黒髪好きです(天然茶髪は可)ので自分も染めたり・抜いたりしないのですが、整髪料も基本的につけません。椿油だけです。つげ櫛はこの椿油にひたして使用するのに最適な櫛なのですが、安い物でも3〜4千円するので前から欲しいのですが、なかなか買えないのです。

 トイカメラ…普段デジカメを持ち歩くのが大変なので、(貰い物で初期型なのでかなり重かった)ブログの写真を撮る時などは基本携帯のカメラを使うのですが、それとは別にフィルムの味わいが好きなのとトイカメラならではのアバウトな写真が撮りたいので。コレを持って旅行に行きたいのです。価格はピンキリで、もう少し本を買って勉強してからですが、買うなら割とメジャーなHOLGAになると思います。自分で現像もしてみたいです。

 シルバニアファミリー基本一式…家・家具・なにかの動物一家ってところですね。公式HPを見ているだけでも癒されますー。 最近札幌に大手の手芸店が出来たので、色々とドールハウス用の材料も購入し易くなったと思いますので、買ったままではなく、ディティールアップしたいです。
 某社から『週刊赤毛のアン』が発売されおり心惹かれますが、以前ボクは『週刊わたしのドールハウス』で懲りたのでコレには手を出しません。あんまり品質が良くなかったのか、毎号作った部分を合わせても段々ズレてきたり、塗装の色合いも一定にならないのでマダラになったりでアップではお見せできないような出来になってしまったので。アレ?ボクの作り方が悪いのか?
 勿論全号分が揃った時のその存在感は圧倒的ですけど、小冊子付属のせいか結構な金額になるので、本格的な海外製のドールハウスを購入した方がいいと思います。(大きさがHGUCデンドロビウムの比では無いので、普通の家だと飾る場所に苦労します)なのでちょっと手を出してみたい人にはシルバニアファミリーが最適なのですが、コレを買ってしまうと引っ越しとか大変になるのがネックです。前から気になっていたプレミアムファンクラブが今年で終了してしまったのが大変悔やまれます。

 1/6ドール…主に金銭的な理由でなかなかディープな趣味にできないドールですが、そろそろ新しいのが欲しいです。狙っているのはアゾンさんのですが、札幌にはアゾン商品の正式な取扱い店が無いのが残念です。イエローサブマリンさんに少し置いてましたが、トレカがメインになってきてからは行っていないのでお店自体がどうなっているのかわかりません。ボークスさんで置いてくれればいいのですが、ライバルなのでソレは絶対にないでしょうねー。実物を手にとって見て購入したいんで通販だとちょっと足踏みしてしまいます。 なのでコレも本という代替物でとりあえず欲しい気持ちを抑えてます。

 長編漫画大人買い…普段から漫画買ってるじゃないですかと言われそうですが、大人買いはなかなかできません。もちろんそれ位の金額は使っているのですが、いつもシリアス系・ライト系・読み物系・少年・少女・青年・小説・サブカルなどをバランスよく買うようにしているので、1作品を一気に全巻購入というのは過去にドラゴンボールくらいです。 買うなら、『聖闘士星矢』 『Dr.スランプ』 『はいからさんが通る』 『ガラスの仮面』 など昭和の名作あたりでしょうか、あー『ブラックジャック』とか手塚治虫系もいいですねー。ジュンク堂書店に行くと破産しそうなくらい欲しい本が沢山ありますのであまり行かないようにしています。(笑) しばらく買ってないブリーチとワンピースもそろそろ買わなきゃーとは思っていますが、ついつい平積みにならないような本から優先的に買ってしまいます。

 お茶orコーヒーセット…ちょっとしたお菓子と共にブログや休日の友ですが、大抵インスタントなので、そろそろ本格的に手を出したいと思っています。キッチン狭いんで置く所が困りますけど。以前に紅茶の本と葉は購入したのですが、本格的に道具を揃えるまで金銭的理由でいかなかったのでリベンジしたいです。

 習い事…月謝5000円くらいまでならギリギリなんとか、自分の身になる事なので非常に有意義です。 習いたいのは現時点では独学な『着物の着付け』 あと上とカブりますが、『茶道』。その他 『書道』 『弓道・アーチェリー』 『居合道』 もいいなぁと、『合気道』も再開したい気もしますが、フェンシング以外(剣が折れそうで弱そうなイメージなので)の西洋剣術にも興味があります、しかしコレは外国に行かないと習えないようで残念。 着付け教室は10回とか期間が決まっているので習いやすいですが、商売が絡んでいる所が多いので、気をつけないと必要ない終了証明書とか高価な着物を買わされるので要注意らしいです。いずれにせよ今のバイトを続けている限りは余暇時間が無いので難しいですね。
 
 

 と考えていたところ、妹からクリスマスプレゼントが届きましたー!! スターバックスのコーヒーセットですっ!インスタントですが、とりあえずこれで一旦落ち着くのでお茶・コーヒーセットは今回は除外でいいかな?
 『poroco』とか読んで影響されて、自分でも隠れ家的なカフェの新規開拓したいなーと思う一方、敷居が高くていざとなるとお店に入れないチキンなボクは未だにスタバに入れないのに妹に先越されたーと思っていたら、先日行なわれた『ネオロマクリスマス』に行くために乗った飛行機の機内販売で購入したとの事でした。 お土産のお菓子と一緒に頂きましょう。 来年こそはカフェ巡りしたいですが、札幌でコーヒーや紅茶を頂きながら、さらにお菓子が美味しくて、自由に読める本が置いてあるような、雰囲気のいいそんなお店無いかなー?  あ・下に敷いてある布はストールではなく、ダッフルコートの裏地です。でもストール=こんな柄のイメージなのはやはりKanonの影響なのでしょう。買うとしたら、そこそこ厚手のこんな柄がいいです。そういえば気にした事なかったですが、寒がりのせいか、ボクは、夏も冬も関係なく暖色系しか身につけてない気がします。 寒色系の服は持ってないですねー。



 今回のサブタイですが、普通の文章に見えますが、一応日本に古くから伝わることわざです。意味は、今日がんばれば、その成果が明日出てくる。 努力はきっと報われるということです。 逆を言えば今日頑張らない人には、良い結果は得られないという事ですね。当然の事とはいえ、忙しいと忘れがちになりますが、時々は思い出して、来年も頑張ろうと思います。

 さて本日時間が無く、駆け足となってしまいましたが、今年も一年当ブログをご覧頂いてありがとうございました。 ここ最近は、バイト環境の劣悪化により、更新頻度が激減してしまいましたが、更新停止する気や、閉鎖する気は、全くありませんのでご心配なく(あっ、誰も心配していないですかっ!?)
  リアル生活では振り返ると周りの皆さんに助けてもらうばかりで何もお返しができていない一年でしたが、来年は今年よりもいい年にできるといいなと思います。
 ブログはむしろ書けない分だけ書きたい事、やりたい事の欲求は貯まるので、モチベーションは上昇中ですので、宜しければ2012年もまた見ていただけると大変嬉しく思います。
 それでは皆様も良いお年を〜。(ボクは初売り準備の為、年越し前に帰宅できるかどうか微妙ですwww)



 P.S. ところでブログ記事やサイドで貼り付けている商品たちなのですが、これらはJUGEM経由でAmazonさんを検索して貼っています。ところが最近フィギュア関係のサーチが非常に弱いです。楽天さんとかならちゃんとすぐ見つかるのにfigmaなんて新しい物は全然ヒットしないです。別にアフィリエイトで稼いでるわけではないのでいいのですが、できればAmazonさんで統一したいのでなんとか検索機能を強化してほしいなーと思います。来年も欲しい物一杯です!!

評価:
---
ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥ 4,680
(2012-02-09)
Amazonランキング: 119位

評価:
ダイヤグラム・グループ,田島優,北村 孝一
マール社
¥ 3,150
(1982-12)
Amazonランキング: 55425位

評価:
---
アスキー
¥ 1,000
(1998-03-07)
Amazonランキング: 26961位



2011/12/31 (土) 09:34 | 日常
trackbacks(0) | comments(0)
<< | 2/32PAGES | >>